06
2
3
5
7
9
10
12
14
16
17
19
21
23
24
26
27
28
29
30
   

ウルトラマンギンガ回想録。

新ウルトラマン列伝枠で放送されていた「ウルトラマンギンガ

本編完結と言う事なので、取り上げてみました。




まあ、テレ東系は映らないのでYouTubeの円谷公式チャンネルでの視聴でしたが。

良い時代になったものですね。

では、ストーリーを。

遥か昔、全てのウルトラ戦士と全ての怪獣・宇宙人は銀河の彼方で激しい戦いを繰り広げていた。
その最中、何者かが謎のアイテム・ダークスパークを使い、ウルトラ戦士や怪獣達を小さな人形・スパークドールズに変えてしまう。そしてスパークドールズは宇宙に散らばり、その幾つかは地球にも降り注いだ。
時は流れ、現代。17才の高校生・礼堂ヒカルは予知夢に導かれ、夏休みを機に7年ぶりに生まれ故郷の降星町へ帰ってきた。ヒカルはその町でスパークドールズを使用者と一体化させ一時的に巨大な姿へ戻す力を持つギンガスパークを手に入れる。
そして、スパークドールズにされたウルトラマンタロウと出会い、自分が「選ばれし者」だと知る。
やがて悪意を持った人々がスパークドールズと一体化(ダークライブ)し、怪獣となって暴れ出した。
ヒカルは大切なものを守るため、ギンガスパークとスパークドールズでウルトラ戦士や怪獣に変身(ウルトライブ)し戦いに赴く。


(Wikipediaより転載)



最初にデザインを見た時は、少し驚きました。

今までのウルトラマンとは、ちょっと違った特徴があったからですが。

それは、発光する部分が非常に多い事。

額・胸・足にそれぞれ光る部分があります。

普段は青く輝いていますが、必殺技を放つ時その種類によって色を変える性質がある模様。

闇夜でも凄く目立つので、夜の戦いの方が映える気が。

今まで6種類程確認されており、かなり必殺技が多い部類に入るウルトラマンですね。

技はどれも必殺クラスな辺り、初期のウルトラマンに近い存在ではないかと。

他にも分身したりテレポートしたり、主人公の意識だけを移動させたりと結構な多芸でした。

戦闘力も極めて高く、明らかな強敵以外では殆ど苦戦した事がありません。

本編では、かってウルトラ6兄弟が総出で倒した強敵グランドキング粉砕

劇場版では、チートラマンと言われたノアとほぼ同等の能力を持つダークザギ(SD)を倒しています。

ラスボスのダークルギエルも、全てのウルトラ戦士と怪獣をスパークドール化するチート敵でした。

ですが、希望の力を満ち溢れさせたギンガの前に撃砕される有り様。

ここまで最初から普通に強いウルトラマンは、単体ではギンガとゼロ位ではないかと。

他のチートラマンは合体が必要だったり(サーガなど)、永い時間をかけて進化しなければ力が戻らなかったり(ノア)、永い年月をかけて地道に強くなる(キング)などが必要でしたしね。

更に身長もミクロから無限大にまで自在に変化させられ、隙がありません。

と言いたい所ですが、まさにこの巨大化時があったりするから困る。

最終回で変身した際、巨大化時に邪魔され中途半端な大きさになってしまった事がありました。

こんな経験をしたウルトラマンは、やはりギンガだけだと思います。

ただ、ギンガの変身に欠陥があるのか、邪魔したダークルギエルが凄かったのかイマイチ不明なままですが。



(´ε`;)ウーン…




その変身アイテムのギンガスパークも、中々チートな能力を持っています。

何と、スパークドール化した存在になら大体ウルトライブ(変身)出来てしまうのですよ。

完全にスパークドール化した存在であれば何にでも変身可能とあって、当初はウルトラ版ディケイド(あるいはゴーカイジャー)とか呼ばれてました。

最も、意識を残したままのタロウにだけはウルトライブ出来ませんでしたが。

本当なら、凄まじくチートで便利な能力であるウルトライブ。

ですが、蓋を開けてみればその能力はイマイチ使い勝手が悪かった印象があります。

最初からギンガになれれば良いのですが、主人公の勇気の力が満ちないと変身出来ません。

なので、最初は怪獣にライブして戦う事になります。

怪獣VS怪獣の、大怪獣バトルが毎回見れるのは良いのですが…

ギンガスパークやギンガライトスパークでライブした場合、オリジナルより弱体化しているような気がするのですよ。

人間が核になっているせいもあるのか、妙な弱さが目に付く事が多かったです。

第一話でいきなり強豪怪獣に数えられるブラックキングにライブしましたが、サンダーダランビアの前に苦戦一方でした。

本編であの強さを見ていた視聴者は、弱すぎると驚いた事でしょう。

スペシウム光線もウルトラブレスレットも弾き返したあの強さは、全く発揮される事はありませんでした。

その後も一回出番がありましたが、やはり負け試合

で、2話ではそのサンダーダランビアにライブしたものの、今度はケムール人翻弄される始末。

あれは流石にイライラしましたね。

なんせ、怪獣がギンガ登場までの噛ませ犬みたいな扱いでしたし。

相性が悪かったのもあるのでしょうが、それにしても酷いダメっぷりでした。

そのケムール人は流石に役立たずで終わらず、特殊能力で色々役に立ちましたが。

そして、第5話でかってウルトラマンAを苦戦させたドラゴリーも登場しましたが、善戦程度で終わってしまいました。

対して、ダークスパークでライブした存在は普通に強かった印象が。

特にウルトラマンダークは、ギンガをフルボッコする強さでした。

このウルトライブ怪獣不遇は、恐らく尺が足りなさ過ぎたせいではないかと。

全50話程度の通常の作りなら、2話構成などで怪獣にも十分な見せ場が与えられたと思います。

ですが、これだけの設定を全11話の短編で活かすのは難しかったのでしょう。

なので、結局ギンガ登場までの繋ぎとして活動する以上の活躍はやり辛かった可能性が

もっと大きな可能性を秘めていたウルトライブも、大した印象を与えられないまま終わった感がありますね。

そう、この話数の少なさがそのままギンガの泣き所となっているのです。

なんせ、謎の殆どが未解決のまま終わってしまいましたし。

これは流石に唖然としました。

かろうじて、ギンガが遠い未来から来たウルトラマンだと言う事が判明したのみ。

最初の戦いの詳細も、ダークルギエルの正体も、ギンガとは一体何かも。

全く明かされる事はありませんでした。

特に、ティガやダイナまで混ざって戦闘を行っていた最初のバトルは謎だらけです。

他の次元にいるはずのウルトラマンや怪獣が、何故一処に集まって戦っていたのか?

時系列的には一体何処に当たるのか?

あれが遥か昔の話なら、主人公達が居た地球は一体何なのか?

そもそも何故、未来からウルトラマンが来なければならなくなったのか?

選ばれし者の印を持つ礼堂の一族とは、一体何だったのか?

思い付くだけでも、これだけの謎を投げっ放しのままです。

ジャンナインがジャンキラーに戻っていた理由も、全く不明でした。



(´・ω・`)



この様な物凄い消化不良感を残しながら、ウルトラマンギンガは完結

色々良い所もあっただけに、非常に残念です。

主人公であるヒカルの好青年っぷりやら、仲間達との

タロウとの奇妙な友情に、人間の悪意を利用する敵。

どれも話的に魅力的なモノでした。

正直、ほぼ同時期の仮面ライダーウィザードよりこっちの方が何倍も面白かったです。

やっぱり、主人公に魅力が無いと話がつまんないですよねぇ。

ウルトラシリーズの主人公は、どれもみんな魅力的でした。

この安定感は、東映も見習って頂きたいモノですね。

ヒロインの描写も抜かり無く、某占い娘の如く空気になってしまう事はありませんでしたし。

と言うか、ライダーシリーズはヒロインを適当に扱いすぎな傾向にある気が。

ギンガのヒロインである美鈴役の人って、仮面ライダーBLACKの秋月杏子役の人に似てません?

それはさておき。

最終的に学校の卒業生ばかり狙ってたのも、ダークルギエルが校長を乗っ取っていたせいと判明しています。

これも、なるほどと納得出来る展開でした。

ただ、尺のせいかダークルギエルの強さベリアルエンペラ星人に比べたらイマイチだった気がします。

あの古代の戦闘を一瞬で終わらせる力を持つにしては、お粗末な最後でした。

目的の「全ての生命体の時間を止める事」にしても、何故それをしたいのかが不明なまま。

流石にこれくらいは、判明しても良かったのでは?

まあ、月面での最後の戦いは迫力があって良かったとは思いますが。

加えて、満を持してのタロウ復活もテンション上がりました。

主題歌をバックに、ダークルギエルを圧倒するタロウはとても格好良かったです。

そんな良い所も沢山あっただけに、たった11話で終わってしまったのは残念過ぎでした。

3月に映画が公開されますが、私的には第三期を希望したいです。

あれだけで、ウルトラマンギンガの歴史を終わらせてしまうのは凄く勿体無いからですが。



(゚д゚)(。_。)(゚д゚)(。_。) ウンウン




キャラクターに関しては、絞ったせいかみんな存在感がありましたね。

主人公とその仲間達は話のメインだけに、あの短い時間の中で良く描写出来ていたかなと。

特に美鈴は父親とのエピソードも登場し、それに伴う主人公との絆までしっかり描写されていました。

後にギンガライトスパークでライブしたりと、活躍場面もきっちり用意されており抜かりはありません。

ジャンキラーを操る友也も、ツンデレライバルの王道を行く良いキャラでしたね。

仲間になった後も、それ程弱体化しなかった印象があります。

むしろ強すぎるせいで、何かしらのハンデを負う事が多かった気が。

ジャンナインの火力と変形も、凄くカッコイイと思いました。

是非ULTRAーACTを一般販売しなおして欲しいですね。



(`・ω・´)




玩具に関しては、ジャンナインの変形するフィギュアを欲しいと思いつつ手を出さず終い。

ギンガスパークは、大量のソフビが必要になる(財布にとって)悪夢の様なアイテムなので手を出していません。

後、宮野真守が歌う主題歌は非常に良かったです。

EDも、ウルトラシリーズ恒例の安定した良さを持つ名曲ですね。






ウルトライブと言う、チートかつ魅力的な要素を以って生まれた「ウルトラマンギンガ

素材が良いだけに、残った謎を解決する第三期を願って止みません。



( ´ー`)フゥー...

theme : ウルトラマン
genre : サブカル

comment

No title

最近の特撮は伏線を投げる傾向にある。
しかし、近年の仮面ライダーとは大違いで美鈴は存在感があったと思う。
戦闘シーンはとても良かったが、怪獣をギンガに変身するまでのつなぎとして扱うのはいかがなものか。
決して弱い怪獣だとは思っていなかっただけにショックが大きい。
それに2期が始まるまでの間が長すぎる。
主人公やその仲間については友情や勇気などが満ち溢れていたように感じる。
ギンガライトスパークでヒカルの仲間たちがライブするシーンは感動的だった。
変身者以外が空気やマンセー要員になるのは時代遅れだと。
東映もいい加減やる気を出して他作品を見習って欲しい。
鎧武もそうだが大人にしか理解できないような複雑なストーリー展開ではお子さんたちが可哀想だ。
そろそろ昭和ライダー的ストーリーに回帰しても良い頃だと思うのだが・・・。

No title

>タイム弁当様。

コメントありがとうございますv

放映話数が短いだけに、良い部分が相当殺されてしまってる感じは凄くしましたね。
普通に全50話位でやって欲しかった、惜しい作品だと思います。
ウィザードを11話位で終わらせて、残った分ギンガにあげたら丁度良くなる気がするのは私だけ?w

確かに、2期までの時間が異様に長かったですよねぇ。
あれ、何か意味があったのでしょうか。
本編の展開を薄ボンヤリと忘れかける頃に再開ってのは、ちょっとよろしくない気がします。

ヒカルの仲間達がライブするシーンは、かなり驚いた記憶が。
あれは中々良いアイデアだったと思いますね。
怪獣の出番も増えますし、ちょっと弱いのも根本的なパワー不足と戦闘に不慣れなせいなのが原因と納得出来ますし。

東映に関しては、何かウィザードで完全に何かが決定的に狂ってしまった印象がありますね。
白魔ドライバーの投げ売り2000円、ビーストドライバーの投げ売り1500円などを見ていると、ホントそう思います。
それ以前のベルトは、こんな事無かったのですが。
鎧武にしても、今の所主人公は微妙で戒斗や光実の方がキャラ立ってて目立ってるのが気にかかります。
その癖玩具は高いし、年末には最早新ベルトと新武器が発売と玩具投入の異様な早さがガツガツとした悪印象を感じなくもないですし。
バンダイが悪いのか、東映がおかしいのか、それともどっちもなのか、判断付かない辺りが妙に不気味に思えて来ます。

No title

ダークルギエルが校長に憑依していたという事実はとても驚いた。
友也のキャラも結構好きである。
ただ、やはりギンガの出所を明かさないのは良くない。
それにたまに出る変なギャグも笑えなかった。
特にガルべロスが幻使いじゃなくパンチ使いになっていたのが・・・。
ガルべロスはトラウマ度が高いと思っていたので余計ショック。
まあ、別物と割り切ってみるのが妥当なんだろうが。

最近のバンダイ及び東映はどうかしている。
というかここ最近の日本がおかしい。
フジテレビは何のメッセージ性もないドラマを量産するし、一度やめた政治家が復活するし。
・・・って関係ないですねw

No title

>タイム弁当様。

ギンガの正体は、恐らくもっと引っ張るつもりなんでしょうね。
情報を小出しにして、コンテンツの延命を図るなんて珍しくないですし。
何と言うか、妙に円谷らしくない戦略な気もしますが。
そもそも、何故「銀河の覇者」なんて呼ばれてるのかくらい、教えてくれても良いのではと思います。

日本に関しては、何か迷走している様にも思えますね。
方向性を決めかねているというか、何と言うか。
取り敢えず、東映とバンダイだけでももう少し何とかなって頂きたいです。
まあ、次の戦隊の情報見る限り絶望的な気もしますが。
Secret

プロフィール

Kivagami

Author:Kivagami
玩具とネトゲ、そして仮面ライダーを始めとする特撮をこよなく愛する孤高人。
中でも悪のライバルキャラとか六人目とかに目が無い。
特撮系イケメンも好き。
クールガイなら尚大好物。
うさぎを始めとする小動物も好き。
現在、19匹の小動物に囲まれてお世話に奔走する日々。

現在ネトゲ流離い人、定住&安住の地を求めて旅は続く模様。
永遠の孤独(ソロ)という、非常にありがたくない称号を持っているらしい…?

注1:基本的にリンクフリー&トラックバックフリーですが、当ブログのテーマとかけ離れ過ぎな場合は削除しますのでご了承下さい。

注2:当ブログの趣旨は基本ツッコミですが、それに加えて「良いモノは良い、悪いモノは悪い」とはっきり述べるレビューブログでもあります。
決してモノを叩くのが趣旨のブログではありません。

注3:コメントの書き込みは基本的に歓迎いたしますが…
当ブログの趣旨を理解頂けていない書き込みだったり、明らかな捨てハンだった場合は警告無視とみなし、削除対象となる事を明記させて頂きます。
コメントをなさる時は、よく内容を吟味なされた上、ちゃんと名乗って頂ける様お願い申し上げます。
特に悪質な狂信者や荒らしだと判断した場合、通報及びアクセス禁止などの手段を執る事もありますので、その点を良くご理解下さいませ。

注4:最近ソフトバンクの携帯からの荒らしコメが良く来るので、一時的にアクセス不能にしてあります。
なのでお手数ですが、それ以外かPCからのアクセスをお願い致します。

注5:このブログに使用されている文章及び画像の無断使用を禁じます。

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

UNIQLO CALENDAR

里親募集WhiteCat

小動物図鑑

リンク

RSSフィード