10
2
4
6
7
9
11
13
14
16
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

秘密戦隊ゴレンジャー回想録。

今回は戦隊シリーズの元祖である「秘密戦隊ゴレンジャー」を取り上げます。




とは言え、世代が微妙にずれているのであまり視た記憶はないのですが。

その上、結構最近までスーパー戦隊に所属するかどうかが曖昧でした。

わりと長い期間、この作品と次作のジャッカー電撃隊はスーパー戦隊からハブられてた気がします。

原因は、この作品に関してのもロボが出ないのと原作に唯一石ノ森章太郎が関わってる事。

ジャッカー電撃隊に至っては、ロボがやはり出ない上に唯一の打ち切り作品であり、それに伴う放映空白期間があったせいだと思われます。

その期間、なんと一年

なので、少し前まではバトルフィーバーJからが「スーパー戦隊」と勘定されていました。

ここからは完全に連続して放映されており、基本フォーマットもほぼ固まっていたからですが。

加えて、放送時間も変わっていました。

しかし、近年の見直しもありようやくこの2作品がスーパー戦隊入りしたのです。


では、ストーリーを。


世界征服を企み、国際的に暗躍する「黒十字軍」。彼らの侵攻を食い止めるべく、国連は「イーグル」という国際的平和組織の秘密防衛機構を設立、スイス・ジュネーブに本部を置き、世界を各10ブロックに分けて黒十字軍に対抗していた。しかしある日、黒十字軍は日本ブロックに焦点を絞って総攻撃を仕掛け、全国の各支部(北海道・東北・関東・関西・九州)は壊滅してしまう。
しかし、各支部に1人ずつ奇跡的に生き残った者がいた。関東支部の海城分隊長の弟で、秘密工作のスペシャリスト・海城 剛、東北支部の分隊長・新命 明、九州支部の精密技術班員・大岩 大太、北海道支部の化学分析班員・ペギー 松山、そして関西支部の新米隊員・明日香 健二である。
イーグル日本ブロックの最高指揮官である江戸川権八は、彼ら5人を新宿の秘密基地に呼び寄せた。
ここに、イーグル日本ブロックが黒十字軍に逆襲するために創設した特別部隊「ゴレンジャー」の戦いが始まった。



(Wikipediaより転載)


何と言うか、結構ハードなストーリですよね。

敵組織によって、防衛組織の殆どがいきなり壊滅してしまっています。

ここまで最初からメタメタに所属組織がやられてしまったのは、戦隊ではゴレンジャーハリケンジャー位ではないかと。

メタルヒーローだとブルースワットなどが挙げられますが。

日本支部が集中砲火を浴びたのは、恐らくゴレンジャー結成計画が漏れていたモノと思われます。

黒十字軍、中々恐ろしい組織ですね。

こいつらはかなり有能で、4話の時点で既に秘密戦隊のメンバーの素顔と詳細なデータを入手しています。

何処が秘密戦隊だと言いたくなる所ですが、これはもう一般市民には秘密って事で良いのでしょうか。




(;´∀`)




また、ゴレンジャーはその変身方法が謎に包まれている事でも有名ですね。

なんせ、あっという間に変身を完了してしまうので分からないのです。

今では考えられない事ですが、変身アイテムもありませんでした。

設定にも無い様なので、秘密戦隊の秘密ってこれなんじゃないかとも思ってしまいますね。

また、スーツとしての性能も微妙で人間の潜在能力を最大限に引き出す効果位しか無いみたいです。

防御力は不明ですが、近年のスーツみたいにダメージで脱げたりはしなかった記憶が。

衝撃吸収機能はに、体温調節機能はに内蔵されている様です。

所謂パワードスーツとはちょっと違うので、モロに変身者の能力が変身後に影響しそう。

変身前が強ければ強い程、変身後に引き出せる能力も多そうです。

おまけに変身時に何故かピカチュウ10万ボルトの電流が流れるそうで。

そりゃ、訓練を受けた強靭な強者しか変身出来ない訳です。

この性能の微妙さが、黒十字軍との戦闘を長期化させた原因ではないかと考察している方もいましたね。

次がいきなりサイボーグ化戦隊ですし。

更に専用武器がアイマスクに収納されており、戦闘で大いに役立ちました。

ただしキレンジャー以外



( ̄д ̄)エー




そう、キレンジャーだけは何故か専用武器の配備が43話まで遅れているのです。

キレンジャーって、何か組織内で差別でも受けていたのでしょうか?

物凄いカレー好きで有名ですが、それを殆ど偽装された基地である喫茶店においてツケで喰っていたそうで。

そりゃ確かに恨まれそうですが、流石にそれだけが原因とは思えません

と言うか、ツケで食べなきゃいかん程秘密戦隊って薄給だったんでしょうか。

カレー位喰える給料位出せよと思ってしまいます。

それはさておき。

恐らくは、初代キレンジャーは柔道の達人なので武器自体が当初必要なかったのでしょう。

二代目キレンジャーも相撲の経験者で、特に武器を使用して戦うタイプではありませんでした。

それが、戦いの激化と共にあった方がいいと言う事になったのではないかと。

まあ、それでも位は持たせてやれと言いたくなりますが。

リーダーのファイヤーマンアカレンジャーは、レッドビュートと呼ばれるムチを使用。

そう言えばレッドタイガーもムチ使いでしたが、何か関係でもあるんでしょうかw

それはともかく、この武器は様々な形状に変化する特徴を持っています。

また、巻き付けて電流を流す事も可能ととんでもなく高性能ですね。

この超高性能ムチの開発費が高騰したせいで、キレンジャーの武器まで費用が回らなかった可能性も浮上してきました。

サブリーダーの仮面ライダーV3アオレンジャーが使用するのはブルーチェリーと呼ばれる

ではなくです。

アオレンジャーが弓の達人なのかとも思いましたが、元はレーサーを目指していた位のメカ好きなんだそうで。

…何だか良く分からなくなって来ました。

リロードが面倒な弓より、銃の方が使い勝手が良いと思うのですが。

もしかしたら、銃刀法辺りが一枚噛んで居るのかも。

で、ミドレンジャーの武器がミドメランと言う名のブーメラン

投げて良し、斬り付けて良しの遠近両用武器です。

後のデンジマンも必殺技に使う位、特撮界ではメジャーな武器ではないかと。

そして紅一点であるモモレンジャーは、何故かアイマスクではなくイヤリングに爆弾を仕込んでいます。

いいわね?行くわよ!」の名台詞と共に投げられるこれは、黒十字軍に相当なダメージを与えました。

何と言う女ボンバーマン

単純な破壊力では、こいつが一番強力だと思います。

他にもカード型手裏剣を扱ったりと、結構多芸ですね。

で、ようやくキレンジャーに支給された武器はキーステッカーと呼ばれる

そう、です。

これは酷いと思われる方もいそうですが、勿論ただの棒ではありません

何と、先端の手の様な部分でジャンケンが出来るのです。



(;・∀・)




ま、まあ冗談(?)はさておき、先端をグー・チョキ・パーに変化させる事で様々な攻撃方法を生み出された模様。

グーで強烈なパンチを、チョキで切断を含めた攻撃を、パーで命中率を向上させた打撃を喰らわせる。

中々玄人向けの武器と言えます。

そう言えば、似た様な武器を超神ビビューンのズシーンも使用してました。

また、キレンジャーの元の装備であった万能無線機の機能まで内蔵されていますね。

ですが、やはり戦力的には微妙だった様で、初代キレンジャーはとっとと九州に栄転と言う名の逃亡

二代目キレンジャーに至っては、たった12話でまさかの殉職です。

その為、哀れにも初代キレンジャーはまた秘密戦隊に復職する羽目になってしまいました。

この頃の東映は、何か黄色に恨みでもあったのでしょうか。

そう思いたくなる位、扱いが酷い気が。

思えば、黄色がデブでカレー好きと言う固定概念を生み出したのもキレンジャーでした。

まあ、初代キレンジャーは流石に戦死はせず最後まで戦い抜きましたが。



(;^ω^)




ゴレンジャーの必殺技は、バレーボール型爆弾を敵にぶつける「ゴレンジャーストーム

順番にパスする事で安全装置が外れ、時には敵の弱点や習性に合わせた変形しつつ敵を葬る必殺技でした。

やはり、爆弾最強と言った所でしょうか。

5人いなくても撃てますが、その際は威力が減少します。

43話でスーツが強化された際には、「ゴレンジャーハリケーン」へと強化。

ボールの形状もラグビーボールへと変化しています。

ですが、この辺りから敵も味方もギャグの割合が多くなってしまいました。

敵の怪人のギャグ化もさる事ながら、ボールも入れ歯鶏がらスープなどもう意味不明なモノに変化して敵を倒して行ったのです。

私があんまりゴレンジャーを見なかった理由は、大体この辺りにあるのですが。

今はそうでもないですが、昔はギャグ系のヒーローモノが大の苦手だったのです。

かと言って、子供の頃なのであんまり暗くてシリアスなのもダメでした。

従って、まともに全話視聴を行うまでになるにはデンジマンまで待つ事に。

まあ、結局サンバルカンの途中で飽きてしまい、ゴーグルファイブほぼ全話とダイナマンの半分が空白期となってしまうのですが。

ちなみにサンバルカンは、後に再放送で最後まで視聴しています。

それはさておき。

ゴレンジャーのマシンは、まずバイクのゴレンジャーマシーンが挙げられます。

これは、ブルーとグリーンのマシンがサイドカーになっており、キとモモを乗せる事が出来ました。

後に後継機のスターマシーンも登場しますが、両方とも最終回で失われてしまう事に。

そして、万能戦車のバリタンクも所持しています。

今なら他のマシーンと合体してロボになる所ですが、残念ながら合体機構は無し

更に大型飛行要塞であるバリブルーンがありました。

をモチーフとしたローターで飛ぶマシンで、四肢を広げた犬にローターを4つ付けた様な形をしています。

以前、死んだ飼い猫をラジコンヘリコプターに加工した外国人が話題になっていましたが、それを見てバリブルーンを思い出した人も居たのではないかと。

何と言うか、あれは凄いデジャヴを感じました。

しかしながら、このバリブルーンは42話で爆散

話数も非常に不吉ですね。

後継機に、今度はをモチーフにしたバリドリーンが就役します。

これはもう視た感じまさに鳥!と言ったデザインで、非常に格好良かった記憶が。

様々な武装を以ってゴレンジャーを支援しましたが、これも残念ながら最終回で失われています。

最後に、バリキキューンと呼ばれる気球型マシンがありました。

レーダーに引っかからないのが利点らしいですが、一体どうやって自在に飛んでいたかはです。

気球は基本風任せですしねぇ。

とは言え、ただの気球では無く機銃やマジックハンドを装備しています。




(`・ω・´)




ゴレンジャーの敵である黒十字軍は、かなりの規模を持った敵でした。

なんせ国連肝いりの部隊を圧倒するレベルなんですから。

しかも、戦隊メンバーを1人殺した上にほぼ2年も粘っています。

ですが、その永きに渡る戦闘が災いしたのか次第にギャグに走る様になってしまいました。

長引く戦闘で怪人のネタは尽き、人材の精神摩耗が進んだせいでしょうか。

そのせいか、コミカライズを担当していた石ノ森章太郎までが漫画を「ゴレンジャーごっこ」に変えてしまう有り様。

かように、長期に渡る戦いは恐ろしいモノなのです。

多分。

ボスの黒十字総統の正体は宇宙人であり、また黒十字城そのものでもありました。

この面倒な敵を撃破する為、ゴレンジャーは全てのマシンに爆弾を積んで特攻させる羽目に陥っています。

やはり、爆弾最強なんですね。

後にこいつが黒十字王と言う名で蘇り、海賊戦隊ゴーカイジャーなどと戦ったりもしましたが。

また、怪人の中でも野球仮面はやたら蘇っては良く倒されています。

個人的に記憶に残っているのは、やはり火の山仮面マグマンでしょうか。

もろに火山がモチーフになっており、その姿は非常にインパクトがありました。

その他にも3人も大幹部がおり、ショッカー並の陣容の厚さを誇っています。

これで怪人巨大化技術を持っていたら、まさに無敵だったでしょう。

ともかく、強大で恐ろしい敵だったのは確かではないかと。




:(;゙゚'ω゚'):





玩具に関しては、何故かバリドリーンの超合金を所持していました。

ですが、何処かに旅行に行った際に忘れてきたらしく失われてしまっています。

今でも、忘れられたバリドリーンがたまーに夢に出る辺り、結構ショックだったのでしょうね。

他にはバリタンクもあった気がしますが、イマイチ定かではありません。

どっちにせよ、ロストしてしまってますが。

主題歌に関しては、物凄く有名だと思うので特に語りません。

歌詞にメンバーの色を織り込んだ、見事な主題歌ではないかと。

EDは普通にカッコイイ曲だったのですが、途中から何故かナレーションがメインの歌と呼ぶには微妙なモノに変わってしまいましたね。

カラオケでは非常にやり辛いと思われます。





スーパー戦隊の元祖として君臨する「秘密戦隊ゴレンジャー」

それがシリーズにもたらした功績は、非常に大きなモノでした。



( ´ー`)フゥー...

theme : 特撮
genre : サブカル

comment

Secret

プロフィール

Kivagami

Author:Kivagami
玩具とネトゲ、そして仮面ライダーを始めとする特撮をこよなく愛する孤高人。
中でも悪のライバルキャラとか六人目とかに目が無い。
特撮系イケメンも好き。
クールガイなら尚大好物。
うさぎを始めとする小動物も好き。
現在、14匹の小動物に囲まれてお世話に奔走する日々。

現在ネトゲ流離い人、定住&安住の地を求めて旅は続く模様。
永遠の孤独(ソロ)という、非常にありがたくない称号を持っているらしい…?

注1:基本的にリンクフリー&トラックバックフリーですが、当ブログのテーマとかけ離れ過ぎな場合は削除しますのでご了承下さい。

注2:当ブログの趣旨は基本ツッコミですが、それに加えて「良いモノは良い、悪いモノは悪い」とはっきり述べるレビューブログでもあります。
決してモノを叩くのが趣旨のブログではありません。

注3:コメントの書き込みは基本的に歓迎いたしますが…
当ブログの趣旨を理解頂けていない書き込みだったり、明らかな捨てハンだった場合は警告無視とみなし、削除対象となる事を明記させて頂きます。
コメントをなさる時は、よく内容を吟味なされた上、ちゃんと名乗って頂ける様お願い申し上げます。
特に悪質な狂信者や荒らしだと判断した場合、通報及びアクセス禁止などの手段を執る事もありますので、その点を良くご理解下さいませ。

注4:最近ソフトバンクの携帯からの荒らしコメが良く来るので、一時的にアクセス不能にしてあります。
なのでお手数ですが、それ以外かPCからのアクセスをお願い致します。

注5:このブログに使用されている文章及び画像の無断使用を禁じます。

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

UNIQLO CALENDAR

里親募集WhiteCat

小動物図鑑

リンク

RSSフィード