10
2
4
6
7
9
11
13
14
16
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

今週の仮面ライダー鎧武&獣電戦隊キョウリュウジャー。

恒例の仮面ライダー鎧武 第17話「桃のライダー、マリカ光臨!

獣電戦隊キョウリュウジャー ブレイブファイナル「だいばくはつ!さよならキョウリュウジャー

感想です。




まずキョウリュウジャー

見事なまでに大団円な最終回でした。


氷結城に乗り込んだダイゴとアミィは、デーボスの攻撃で吹き飛ばされ落下。

やはり、変身せずにラスボスとやり合うのは無理でした。

最終バトルでここまで面倒臭い制約を課せられた戦隊って、結構珍しい気が。

一方、地上では大体の決着が付きつつありました。

シルバーはカオスを倒し、他のみんなも雑魚を何とか片付けます。

プレズオンにもバイオレット(新)が乗り込み、キルボレロを撃破

ボロボロになりながらもスピリットベースに戻って来る一同ですが、空蝉丸が目を開けません

キョウリュウゴールド、まさかの戦死です。

本当に死んでいるとは、流石に思わずびっくり。

その哀しみに浸る暇も無く、スピリットベースをキルボレロが強襲

巨大戦で負けたのにまだ生きているとか、しぶといにもがあります。

大地の闇でも、わざと負けてやってきたカオスがトリン達と戦闘開始。

絶望的な状態ですが、その上氷結城が宇宙へ飛び立ちます。

ダンテツの指示でプレズオンがそれを追撃

アミィを助ける為、ダイゴは浮上する城からアミィをプレズオンへ落とします

この2人、いつの間にやら相思相愛の仲になっていた模様。

幾つか伏線はありましたが、少し描写不足だったかなと感じましたね。

後、弥生(´・ω・)カワイソス。

そしてダイゴはたった一人でデーボスとの最終決戦に望みます。

落っこちたアミィは、すかさずプレズオンが回収

ですが、もし事情を知っていたら弥生はアミィをスルーしたかも知れませんねw

事情がバレる前で良かったです。

地上に戻った2人は、ダイゴに届ける為真の地球のメロディを口ずさみます。

想いがこもったそのメロディは、まず大苦戦するスピリットベースの面々に届きました。

封じられていたチェンジが開放され、満を持して変身

キルボレロを一気に片付けます。

そのままアミィ達の元へ駆け付け、メロディ合唱に加わりました。

すると、更にメロディは増幅され…何と死んだはずの空蝉丸が復活

おまけに獣電竜達も元気になりました。

真の地球のメロディ、恐るべし

当然ながら、そのメロディはダイゴにも届きます。

デーボスに向かいながらキョウリュウレッド・カーニバルへ変身を遂げるダイゴ。

今、永き時の果てに戦いの幕が降りようとしています。

真の地球のメロディを受けたダイゴは、最終進化を遂げたはずのデーボスを圧倒

最後は託された獣電池で、遂に宿敵デーボスを撃破します。

この一連の流れは、予定調和と言う感じで良かったですね。

そして、大地の闇でも異変が。

何と、キャンデリラとラッキューロが援軍として参戦。

ラッキューロのアイテムによって、生きたまま侵入して来たのです。

自らが裏切り、切り捨てた存在の助力によって、カオスも大地の闇と共に滅び去りました

2人を切り捨てさえしなければ、勝っていたかもですのに。

百面神官カオス、負けフラグを見事に回収してしまいましたね。



(;・∀・)




地球滅亡は阻止されました。

本来なら喜ぶべき大勝利です。

しかし、爆発する氷結城からダイゴは戻って来ませんでした。

そして、ダイゴに呼応する様に氷結城へ飛んだ獣電竜達も。

数日後、町の復興を手助けしたりと日常生活に戻りつつあったキョウリュウジャー達。

ラッキューロとキャンデリラも、人間と共に生きる事を決意します。

ですが、どうしてもダイゴの事が忘れられないキョウリュウジャー達。

悲しみから立ち直れない面々でしたが、ダンテツだけは違いました。

「今度から俺の息子の事を「キング」と呼んでやってくれ」

そう言い残すと、旅立って行きます。

それと前後するかの様に、空から光の群れが舞い降りました。

降りた先に向かったキョウリュウジャー達が見たのは、ボロボロになりながらも帰還したダイゴの姿。

そして、輝く獣電竜達でした。

獣電竜の守護によって、ダイゴは奇跡的に助かっていたのです。

固く抱き合うダイゴとアミィ。

かくして、恐竜+人間のブレイブチームの完全勝利と相成りました。


ヽ(´ー`)ノバンザーイ



まだまだ見足りない感がありますが、ここにキョウリュウジャー完結です。

全体的に、失速感の無い素晴らしい構成でしたね。

特に気になる粗も無く、毎回楽しく見れました。

やはり王道はいいものですね。

ラッキューロ&キャンデリラが生き残ったのも、個人的に嬉しかったです。

過去のシリーズでも結構敵の生き残りがいたりしますので、ある程度予想してはいましたが。

そう言えば、何かデーボスが気になる事を言い残していました。

これって、今の映画のネタですかね?それともこの後に出るVシネマの方の伏線でしょうか?

まあともかく、スタッフの皆様一年間ご苦労様でした。

素晴らしい作品をありがとうございます。



次回から、烈車戦隊トッキュウジャーが始まりますね。

恒例の交代デモもありましたし、本当にキョウリュウジャーが終わったんだなぁとしみじみ感じました。

最近の戦隊は外れと当たりを繰り返して来てますが、今回は「外れ」の番。

それを覆す様な、トッキュウジャーの活躍に期待したいですね。

外見がご当地ヒーローみたいだったり、ロボデザインが微妙だったりと不安はあります。

後、何故に関根勤?

ですが、まずは視聴してみないと分かりません


なので、名作となる事を祈りつつ楽しみに待ちましょうか。




次は仮面ライダー鎧武


光実の葛藤が見ものだった回でした。



紘汰はバイト探しに奔走しますが、何処も門前払い

何と言うか、四面楚歌も良い所です。

にしても、未だに紘汰ってバイト探しなんですね。

社員を目指さない理由でもあるのでしょうか?

若い子に良くある、必要以上に束縛されたくない症候群?

ともあれ、何の成果も無いまま溜まり場に戻って来てしまいました。

それでも、光実にアーマードライダーとして戦い続ける事を告げる紘汰。

流石の紘汰も、光実の複雑な心境には気付きません。

その光実のによって、紘汰は姉を人質に取られてしまうのですが。

何故か戦極ドライバーを要求してくるユグドラシル側ですが、凰蓮の暴走で計画はおじゃん。

お陰で助かった紘汰は、心置き無くブラーボと戦う事が出来ます。

ブラーボをジンバーレモンの力で退け、龍玄の加勢でマリカを撤退に追い込んだ紘汰。

ですが、やはり光実の様子が変な事には気付かず終い

今回は後ろから撃たれずに済みましたが、次回もそうとは限りません

ユグドラシルと戦う決意は結構なのですが、もう少し周囲に気を配るべきでしょう。

前回のインベスの事も気にしてない様でしたし、姉が狙われるかもな事にも気付きませんでした。

これからの紘汰の戦いは、更に過酷なモノとなって行くと思われます。

その鍵を握っているのは、恐らく光実の存在ではないかと。

一体どうなるのか、要注目ですね。




(;´∀`)





で、兄の引き抜きによってユグドラシルへの入社がほぼ決定の光実。

ですが、入社試験(?)として紘汰の戦極ドライバーを奪う事を強いられます

苦悩しながらも、正体を明かさない様にしつつ計画を進める光実。

しかし、何故か凰蓮を計画に混ぜてしまったのが運の尽き

完璧だった計画が、一気に崩れ去ってしまいます。

と言うか、ホント何故あんな面倒臭い奴を使おうと思ったのでしょうか。

してるであろうシド辺りじゃダメだったのですか?

まあ、兄との不仲が一番強いシドの力を借りる事自体禁止されてた可能性がありますが。

何にせよ、計画は失敗

ですが、これは光実にとっても幸運だったと言わざるを得ません。

敬愛する紘汰の大事な存在を、手に掛けてしまわずに済んだのですから。

辛うじて、こちらとあちらの境界線上に踏み留まった感があります。

マリカと敵対してしまいましたが、戦極との交渉で何とかユグドラシル入りもおじゃんにならずに済みました。

最早、大切なモノを守る為に手段を選ばなくなった光実。

戦極をして「兄より頭がいいのではないか」と言わしめた彼の、明日はどっちなんでしょうか。

と言うか、ホント貴虎って人望無いですよねぇ。

裏表無しに動かせる手駒が、一切ありません

未だ、弟にも欺かれたままですからね。

それはまあ戦極も同じなんでしょうが、彼にはマリカがいます。

ともかく、完全に2つの立場を使い分ける事になってしまった光実。

彼が見た真実は、未だ明かされないままです。




(´ε`;)ウーン…




そして、弟を試験したは良いがまたも裏切られた貴虎。

あまりにも弟の立ち回りが良すぎるのか、彼がポンコツ過ぎるのか判断に苦しむ所。

正直、戦闘以外では完全にポンコツな気がします。

仲間からの人望もありませんし、心から仕えてくれる部下もいません

何と言うか、可哀想に思えて来ました。

プロジェクトリーダーとして何とか体面は保ってますが、非常に脆い立場でもあります。

下手すれば、弟に下克上された挙句ユグドラシルに居られなくなる可能性も無いとは言い切れません

まあ、そうなったらなったで味方フラグでしょうが。

一体どうなる事やら。





(´・ω・`)





で、今回ある意味大活躍だった凰蓮。

完全に光実の思惑をぶっ壊して、好き勝手に行動してしまいました。

何とも読めない人物です。

正直、凄いのか間抜けなのか本当に分からないですよねぇ。

手の込んだ偽のロックシードと連動したトラップを用意する所など、凄いと言うレベルではないのですが。

トラップは、傭兵時代に学んだのでしょうか。

ともかく、彼の頑ななまでのプロ根性が紘汰を救ったと言っても過言ではありません。

そもそも一般市民を巻き込む様な作戦は、彼には向かないでしょうし。

客商売してますしね。

流石にジンバーレモンには勝てませんでしたが、それ抜きでは最強クラスでしょう。

これからも、色々引っ掻き回してくれそうです。




'`,、('∀`) '`,、





そして、今回一番悲惨だった城之内。

ドライバーを強化して貰ったらしいですが、それを活かす事は出来ませんでした。

まさかの上司(?)の裏切りにより、変身どころかトラップにかかって自滅してしまう始末。

残念なイケメン、ここに極まり

と言うか、一般人相手に変身しようとしないで下さい。

まあ、グリドンじゃ一般人相手でも勝率低そうですが。

それでも、まだ初瀬よりはマシな扱いでしょう。

このまま凰蓮の下僕として生きる事になるのか、はたまたそれ以上に過酷な運命が待ち受けるのか。

何となく彼の行く末にワクワクしてしまいますね。




ε- (´ー`*)フッ





今回ようやく変身シーンを披露したのは、仮面ライダーマリカこと耀子

TVで女性ライダーがレギュラー出演するって、かなり珍しいですよね。

今の所彼女と仮面ライダーメイジ位でしょうか。

顔はなんとなく剛力◯芽似ですが、スーツアクトレスも出来る本格派女優です。

故に、生身でもライダーでもキレッキレのアクションを披露してくれました。

紘汰曰く、実力はシド以上との事。

やはり、戦闘特化の人なんですね。

キャラとしては完全に戦極の忠実な犬なので、特に印象的な所がないのだけは残念かも。

その分、生身アクションで魅せてくれていますが。

変身後の姿も女性っぽいので、あれはゲネシスドライバーの方が合わせてるんですかね?

それとも、デフォルトで女性用でしょうか。

だとしたら何となく戒斗辺りに使って欲しい気がw

凄まじいギャップに、全員抱腹絶倒モノでしょうし。

まあ、多分戦極ドライバーでジンバーピーチになったら普通になってしまいそうですが。




(;^ω^)





で、どうも全てを裏から操っている臭い戦極さん。

非常に読み辛いキャラなので、一番厄介です。

変身するにしても最強を誇るデュークみたいですし、厄介さも倍増でしょうか。

これで生身でも強いとかだったら、ミスターチート野郎ですよね。

貴虎の知らぬ所で光実と繋がりを持ちましたが、これがどうストーリーに影響するのやら。

何にせよ、これからの一番の要注意人物でしょう。



(゚д゚)(。_。)(゚д゚)(。_。) ウンウン





戦闘では、やはりジンバーレモンの強さが際立ってました。

あれだけ苦戦していたブラーボを撃退し、まだマリカとやり合えるだけの余力があるのですから。

だからこそ、戦極が注目したのでしょうが。

しかし、強化されたと言うブラーボ達の戦極ドライバーに関しては分からないままでした。

元々ブラーボと素の鎧武では、かなりの実力差がありましたしね。

これからの伏線?

鎧武対マリカは、龍玄の裏切りによって何とか鎧武の勝利に終わりました。

が、マリカも相当な実力者なので侮れませんね。

ですが、何か女性ライダーって直ぐ死ぬか出番が限定されるイメージがあります。

メイジの如く、最後まで彼女が生きていられるかが見ものでしょう。

後、やはり武器が同じなのはちょっと面白くないです。

誰も彼もがソニックアローでは、戦術に幅が出しにくいのではないかと。

せめて鎧武には、新武器を用意しても良かったのではと思うのですが。

それは最強フォームまでお預け?

何とも気の長い話です。





次回、非常に意味深なタイトルに嫌な予感がひしひし。

楽しみに待ちましょうか。



( ´ー`)フゥー...

theme : 仮面ライダーガイム 鎧武
genre : テレビ・ラジオ

comment

No title

キョウリュウジャー

何で踊るんだ……?
   ↓
どうやって踊るんだ……?

自分の中では上に書いた感想の通りですかね。
文句なしのハッピーエンド。
彼らの暴れっぷりが見られないのは寂しいですが
この後に控えている特別編を心待ちにしたいものです

>>後、弥生(´・ω・)カワイソス。

人気絶頂のアイドルェ……

鎧武

ミッチがこれからのキーワードなんでしょうか。
未成年でありながらも合理的な手段を選ぶ彼は、シドの言う大人に染まりやすいのかも
しれないけれど……さて。

>>後、やはり武器が同じなのはちょっと面白くないです。

アラビア語で『王女』の意味を持つマリカ。
だとしたら武器は、エジプトにちなんだ杖かメイス(棍棒)かな?
……ああやっぱりないのか個人武器。
どうせ風船玩具でなんとかフォローできるんだから出せばいいのにって思います。

>>そして、今回一番悲惨だった城之内。

何気にミッチ以上に結末が読めないんですよねコイツ。
初瀬を突き放したから改心させづらいだろうし、
というか次回のダンスパーティでようやく初瀬について触れるのかな?

トッキュウジャー

……よし!かっこいい!(自己申告)
久々にまじりっけなしのマシン系玩具にワクワクします。
脚本家はオーズやゴーバスで担当した人ですが、
プロデューサーは上記二つのやつとは違う人ですね
(そのプロデューサーは鎧武に行ってる模様)





No title

>robo様。

コメントありがとうございますv

どうやって踊るんでしょうねぇw

何と言うか、キョウリュウジャーはまだまだ見足りないと言うのが本音ですね。
ウィザードのいらない番外編を削ってでも、話数増やして欲しかった気がしますw

後、アイドルの人はナチュラルに忘れてました。
多分もう出てこないだろうと思ってたら、マジで出て来なかったのでw

光実の主役級活躍が止まりませんね。
いつになったら紘汰中心の話になるのやら。

専用武器はやっぱり欲しいですよね。
出したら売れると思うんですが。
開発費がもう足りない可能性が微レ存?

城之内は、私もどういう方向へ行くのか読めませんね。
初瀬とは違い、完全にシリアスなイケメンを装ったギャグ要員ですし。
案外、最後まで何となく生き残りそうな気もします。
それか、あっさりさっくり殺されるか。

トッキュウジャーに関しては、ゴーバスの二の舞いにならない事を望むばかりですな。
キョウリュウジャーの人気を見ても分かる通り、戦隊はやはり分かりやすく楽しいのが本道でしょうし。
まあ、お手並み拝見と行きましょうか。
Secret

プロフィール

Kivagami

Author:Kivagami
玩具とネトゲ、そして仮面ライダーを始めとする特撮をこよなく愛する孤高人。
中でも悪のライバルキャラとか六人目とかに目が無い。
特撮系イケメンも好き。
クールガイなら尚大好物。
うさぎを始めとする小動物も好き。
現在、14匹の小動物に囲まれてお世話に奔走する日々。

現在ネトゲ流離い人、定住&安住の地を求めて旅は続く模様。
永遠の孤独(ソロ)という、非常にありがたくない称号を持っているらしい…?

注1:基本的にリンクフリー&トラックバックフリーですが、当ブログのテーマとかけ離れ過ぎな場合は削除しますのでご了承下さい。

注2:当ブログの趣旨は基本ツッコミですが、それに加えて「良いモノは良い、悪いモノは悪い」とはっきり述べるレビューブログでもあります。
決してモノを叩くのが趣旨のブログではありません。

注3:コメントの書き込みは基本的に歓迎いたしますが…
当ブログの趣旨を理解頂けていない書き込みだったり、明らかな捨てハンだった場合は警告無視とみなし、削除対象となる事を明記させて頂きます。
コメントをなさる時は、よく内容を吟味なされた上、ちゃんと名乗って頂ける様お願い申し上げます。
特に悪質な狂信者や荒らしだと判断した場合、通報及びアクセス禁止などの手段を執る事もありますので、その点を良くご理解下さいませ。

注4:最近ソフトバンクの携帯からの荒らしコメが良く来るので、一時的にアクセス不能にしてあります。
なのでお手数ですが、それ以外かPCからのアクセスをお願い致します。

注5:このブログに使用されている文章及び画像の無断使用を禁じます。

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

UNIQLO CALENDAR

里親募集WhiteCat

小動物図鑑

リンク

RSSフィード