08
2
4
5
7
9
11
12
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

「劇場版仮面ライダー電王&キバ クライマックス刑事」を見てきた(前編)


注)映画のネタバレを含みます(;^ω^)







さて、早速行って参りました。

今回は平成ライダー初続きの話題の映画だけあって、大変楽しみにしておりました。

劇場へ来ているお客の割合は、流石に親子連れが殆どでしたが…

何組か、若い女性の二人組が居たのが?でした。

話の内容からすると、イケメンファンと言う訳でもなさそうで…

純粋なライダーファンとも違う様な…

となると、ドラマとして平成ライダーを楽しんでいるごく普通のファンなのかも知れません。

一応存在しているはずなんですが、確認できたのは初めてですw

こういう方々が今後もっと増えてくれると、ライダーの価値も上がるのではないかと思いますね。


どーも最近の映画館では嫌というほどマナーについて講釈を垂れるのが目に付きます。

そんなに最近はマナーが悪いのでしょうか?

哀しい気分になってきます。

今回は東宝系の映画館で見たのですが、その中に「鷹の爪団」といういかにも悪役な連中が映画を見に来て…という映像が流れてました。

これもマナー注意系なんですが、内容が面白いw

正義の味方である「デラックスファイター」(なんちゅう名前だw)が「劇場の平和を守る」と称しておきながら、散々マナー違反をするのです(;´∀`)

で、悪であるはずの「鷹の爪団」にいちいち突っ込まれるという内容。

皮肉が何となく利いてて、笑いをこらえるのに必死でした(;´Д`)


これだけで満足して、「おつかれー」と劇場を去りかけたくらい(オイ


まあそれはさておき、本編ですが…


物凄く面白かったです。

細かい設定とか見ていくと、パラレルな世界の様なんですが…


デンライナーの存在が世間に認知されている。

同じく、イマジンの存在も世間に浸透している。


TV版とは明らかにパラレルな世界ですよね?

でもそれでいいのです。

こういう競演ものは、大抵が本編とはパラレルなんですから。


で、イマジンが起こす犯罪に対抗する為(実はオーナーのミスで予備パスが盗まれたのを回収する為)設立されたのが…


デンライナー署!


え?

警察組織って、そんなもんだったんですか?

なんて無粋なツッコミは今回無しでw

銀行強盗を働き、警察と派手なカーチェイスを行う犯罪者。

頼りにならない警察を尻目に、マシンデンバードが駆けつける!

その手に握られているのは…ショットガン

(;・∀・)ハッ?

ち、ちょwwwおまwwwww

頭の悪そうな反応してしまうくらいびっくりしました(;´∀`)

乗っているモモタロス良太郎は、構わずショットガン連射。

警察のパトカーも巻き込みますが、気にしません

いや正直この時点では敵かと思ったくらい撃ちまくってたのですが^^;

そして、反対側からは黒塗りのワゴン車が走ってきます。

その車体には「デンライナー署」の文字が。

ぐっさん似の警察官(本人じゃない?)のコメントからして、どーも好かれていない模様。

やり方がハデなのもありますが、特殊な事情で設立された部署だからでしょう。

常識的な反応で少し安心しました。

だけども、デンライナー署の面々は常識では図れないメンツだったのです。

ずらりと出揃う懐かしい(?)メンバー達。

しかし、コハナよ…なんでバズーカなんて持っているのだ?

その疑問には誰も答えてはくれませんw


    時の警察列車デンライナー
時を越える犯罪者、イマジンが起こす事件を
 徹底的にクライマックスで解決する刑事たち
  彼らには警察手帳も捜査令状もいらない。
   彼ら自身が手帳であり、令状である。


彼らに逮捕できないものはただひとつ、神のみ。

それがチームデンライナー!俺達参上!!


…いや、凄いノリですw


こんな恐ろしい部署をあっさり作ってしまうオーナー、只者ではありません。


だが、犯人も良く見ればイマジンとファンガイアの連合軍でした。

たちまち始まる熾烈なバトル!

当然ながら、コハナのバズーカも火を吹きます。

もーなんでもありですな^^;

ファンガイアを倒し、盗まれたお金は回収できたものの…

一部には逃走を許し、パスの行方も解りません。

一方デンライナー署に、警視庁から若い刑事が出向してきました。

…とっても頼り無さそうな方です(;・∀・)

警視庁、やる気があるのかないのか良くわかりません。


今回の悪役ははぐれイマジンの「ネガタロス

何故良太郎チックなネーミングなのかは謎です。

目的は悪(自分)の究極の悪の組織による世界征服の模様。

カイやガオウなど、目的を達成したら何が嬉しいのか?のメリットが全くはっきりしなかった連中に比べたらかなりマシです。

というか、みょーに「究極の悪の組織」「勝つ悪の組織」とそれにこだわり続けていました。

もしかしたら、純粋に悪の組織で悪さを働くのが好きなだけだったのかも。

それは世間では「愉快犯」とか呼ばれちゃうんですがw


ネガタロス軍団の手がかりを掴むため、捜査を開始するデンライナー署の面々。

しかし、リュウタロスの暴走でとんでもない事態に。

悪そうだから」と言う理由で、どんどん人相が悪そうな通行人を逮捕していきます。

リュウタロスダンサーズも絶好調でした。


デンライナー署のデカ部屋は、そんな人々で満杯に(;´∀`)

留置所は流石に無いようです。

そこに陣中見舞いに現れる三人。

愛理、三浦、尾崎のおなじみさんです。

…というか、チョイ役とはいえこの方々に出番があるとは思いませんでしたw

愛理なんかは、落ち込むリュウタロスにお弁当を渡したりして活躍してましたが…

三浦尾崎コンビは相変わらずのボケっぷりでした(;^ω^)


その後、捜査を再開した良太郎と鈴木刑事でしたが…


ある怪しい二人組を見つけてました。

その二人組とは…?


と、長くなったので後編に続きます。


流石に一回で映画の内容をレビューするのは難しいですね^^;

早めにアップしたいと思います(誰も見てないかもですが)

( ´ー`)フゥー...



theme : 特撮・SF・ファンタジー映画
genre : 映画

comment

Secret

プロフィール

Kivagami

Author:Kivagami
玩具とネトゲ、そして仮面ライダーを始めとする特撮をこよなく愛する孤高人。
中でも悪のライバルキャラとか六人目とかに目が無い。
特撮系イケメンも好き。
クールガイなら尚大好物。
うさぎを始めとする小動物も好き。
現在、14匹の小動物に囲まれてお世話に奔走する日々。

現在ネトゲ流離い人、定住&安住の地を求めて旅は続く模様。
永遠の孤独(ソロ)という、非常にありがたくない称号を持っているらしい…?

注1:基本的にリンクフリー&トラックバックフリーですが、当ブログのテーマとかけ離れ過ぎな場合は削除しますのでご了承下さい。

注2:当ブログの趣旨は基本ツッコミですが、それに加えて「良いモノは良い、悪いモノは悪い」とはっきり述べるレビューブログでもあります。
決してモノを叩くのが趣旨のブログではありません。

注3:コメントの書き込みは基本的に歓迎いたしますが…
当ブログの趣旨を理解頂けていない書き込みだったり、明らかな捨てハンだった場合は警告無視とみなし、削除対象となる事を明記させて頂きます。
コメントをなさる時は、よく内容を吟味なされた上、ちゃんと名乗って頂ける様お願い申し上げます。
特に悪質な狂信者や荒らしだと判断した場合、通報及びアクセス禁止などの手段を執る事もありますので、その点を良くご理解下さいませ。

注4:最近ソフトバンクの携帯からの荒らしコメが良く来るので、一時的にアクセス不能にしてあります。
なのでお手数ですが、それ以外かPCからのアクセスをお願い致します。

注5:このブログに使用されている文章及び画像の無断使用を禁じます。

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

UNIQLO CALENDAR

里親募集WhiteCat

小動物図鑑

リンク

RSSフィード