06
2
3
5
7
9
10
12
14
16
17
19
21
23
24
25
26
27
28
29
30
   

ロボットアニメ回想録外伝 ガンダムビルドファイターズ感想。

今回は最終回記念特別枠として、初の通常放送ガンプラアニメ「ガンダムビルドファイターズ」をもう一度取り上げます.





放送が決まった時は、非常に嬉しかったモノです。

プラモ狂四郎から始まり、短編だけど良い出来だったガンプラビルダーズ

どれも名作だっただけに、非常に期待しました。

陰惨な戦争を扱ったガンダムに、そろそろ飽いていたのもあるのでしょう。

視聴できない人にも、ネット配信と言う救済策が用意されていたのは本当に助かりました。

わくわくしながら、配信日を待っていたのを思い出します。

そして、放送開始された本編は予想通りの面白さでした。

私自身がガンプラ作りに復帰していた事もあって、それも相乗効果になっていたと思われ。

微妙なファンタジー要素も良いアクセントになっていて、ただのガンプラアニメではない広がりがありました。

ですが、中盤辺りである問題が噴出して来ました。

それは、以前も取り上げた「プラフスキー粒子」の扱い。

プラモにどう細工したら扱えるのかも不明なこの物質を、自由自在に扱うキャラが次々と登場し始めたのです。

これまでのガンプラをモチーフとした作品は、大体現実にも出来る改造などがメインでした。

ビルドファイターズでも、ザクアメイジングにスケールモデルの技術が使われていたり、ビルドストライクガンダムにも武器に金属を埋め込んで強化してあったりと常識の範囲内だったと思います。

しかし、突如それが消失してプラフスキー粒子万能主義みたいな展開に。

始まりは、ガンダムX魔王を操るマオの登場でした。

彼は、プラフスキー粒子を自由に操る事でサテライトキャノンを連射出来るトンデモ能力の持ち主だったのです。

ガンプラ心形流なる流派を掲げ、強敵として主人公の前に現れました。

まあ、どっちかと言えば共闘する事が多かったのですが。

そして剣から斬撃を飛ばすニルスが登場した回で決定的になり、更にアイラが世界チャンプを一蹴した事で流れが加速しました。

この問答無用のバトルアニメみたいな流れは大きな波紋と荒れを呼びます。

まとめサイトのコメント欄も、荒れに荒れていましたね。

トドメとばかりに、が付く程のウザキャラであるマシタ会長の登場で荒れも頂点へ。

特にこのマシタ会長は、姑息な手段で妨害工作を指示し、主人公と強敵のバトルに水を差す最低の存在でした。

純粋にバトルを楽しんでいた層も、こいつの出現で不快感がMAXに。

このまま失速して、カスアニメとして終わるのか?

…と思いきや、私も予想だにしない方向性でビルドファイターズは加速し始めたのです。

少しずつ、プラフスキー粒子の性質などをネタばらししつつ、熱いバトルを展開。

濃い新キャラとガンプラが次々登場し、手抜き無しの作画で大激突されれば興奮しない訳にはいきません。

その結果、次々とガンダム史上に残るであろう名勝負が繰り広げられました。

スタービルドストライクガンダムVSガンダムフェニーチェの死力を尽くした戦い。

そして、ガンダムX魔王との最終決戦

更に圧倒的な強さを見せていた戦国アストレイとの、両者ギリギリのバトル。

特にこの回は、戦国アストレイがどうやって剣から斬撃を放っていたかのネタばらしもあり、何気に重要回でもあります。

ダメ押しには、無敵の強さを誇ったアイラとレイジの関わりから最終決戦に至るまでのドラマ

また、途中棄権して三代目メイジン・カワグチとなったユウキ・タツヤも凄まじい強さを以って(色々な意味で)物語を盛り上げました。

プラフスキー粒子を派手に扱う能力を持たずとも強い、真の強敵とも言えるこの人。

特にレナート兄弟との一戦は、手に汗握る好バトルだったと思います。

このレナート兄弟の戦い方に関しては賛否両論あると思いますが、私はレナート兄弟は作戦とテクニックを上手く組み合わせる正統派ビルダーだと感じました。

何一つレギュレーションに違反してませんし、プラフスキー粒子にも頼らないテクニック重視のモデリングを行ったキットを使っていましたので。

何処にも小さなフィギュアをキットに搭載してはいけないと言うルールはありませんしね。

偉大なる元祖のプラモ狂四郎でも、ライバルが兵隊フィギュアを使用して主人公達を苦しめていましたね。

これがダメなら、ファンネル系は全部アウトでしょう。

また、タツヤを超える腕を持つ先輩が駆るF91との激戦も素晴らしかったです。

まさか、エクシアのトランザムVSF91の最大稼働モードが見れるとは思わなかったので。

その影で、姑息な手を使うマシタ会長の陰謀はボロクソに失敗し、ファンの溜飲を下げました。

スタービルドストライクガンダムの勝ち方がワンパターンだと言う声も多く聞かれましたが、そもそも切り札が次から次へと出て来る訳がありません

企業の大きなバックアップを受けているタツヤなどとは違い、主人公のセイは一般枠のビルダー

そうそうポンポンと、新機体と新技術を盛り込める訳がないと思います。

酷評されているRGシステムにしても、セイが考えに考えて製作した最高と信じるシステム

この戦いで用意した切り札がRGモードのビルドナックルなら、最後までこれで戦うしか無いのです。

かって、「リングにかけろ」と言う漫画の中で、完全に主人公側の必殺技を解析した敵との試合がありました。

その中で、主人公の仲間の一人がこんな感じの事を言ったのです。

「解析されていようと、自分はこれ(必殺技)一本しかないし、それでも勝たなければいけない(意訳)」と。

持てる最高の技術を使用しているのですから、当然ですよね。

そういう事もあり、私は特にビルドナックルの多用は気になりませんでした。



(`・ω・´)




他にも、様々なネタがこれでもかと詰め込まれ、ファンを楽しませてくれたビルドファイターズ。

登場するキャラにもが惜しみなく注がれていたのも、非常に良かったのではないかと。

特に、ギャンをこよなく愛するサザキ君の人気はかなりのモノですよね。

ギャンギャギャンにギャンバルカンと、最早マ・クベをも超えるギャン愛を発揮していました。

その一方で、レイジとスモーでバトルしたゴンダ氏もまさかの黄金色のターンXで再登場。

まさかこの人まで再登場するとは思わなかったので、大いに驚かせて頂きました。

で、ランバ・ラルその人としか思えない謎の人ラルさんも、最後の最後でその真の実力を魅せつけました。

この方、出会う人出会う人に尽く「大尉」と呼ばれている所もポイントです。

神出鬼没の上に、謎の顔の広さを誇るラルさん。

外見はランバ・ラルなので非常におっさん臭いですが、実は35歳と言う意外なオチまで用意されていてびっくり。

とは言え、あの顔で20代前半なシン・マツナガよりはマシでしょうねw

リカルドも驚くバトルの腕を持つ辺りからしても只者ではないのですが、その正体は謎のまま終わりました。

でも、この人に関しては謎のままで良かったと思います。

色々と想像の余地もありますし、こういうキャラが一人居てもいいのではないかと。

一方、もう一人の主人公であるレイジも謎が残ったままです。

アリアンと呼ばれる異世界の人間であり、王子である事は確定

ですが、結局何の為にこちらの世界に来たのか?は不明のまま。

来れたのは、プラフスキー粒子が結晶化した秘石のお陰ですが。

悪役だったマシタ会長も、実はアリアンの出身でした。

しかもこそ泥で、王家の宝物庫から秘石を盗み出してセイたちの世界へ逃亡。

そこを気合の入ったレイヤーだった秘書に拾われて、会社を起こし秘石を元にプラフスキー粒子を生成

これを利用したガンプラバトルで大儲けし、大会社の社長に昇り詰めたのです。

そりゃあ、小悪党臭いのも無理はありませんね。

しかし、心の中には何時でも窃盗に対する罪の意識と後ろめたさがあった模様。

更に、窃盗で捕まった時に対する巨大な恐怖感が存在していました。

レイジを潰そうとしたのも、アリアンの王子であるレイジから断罪を受けるのが嫌だったからです。

何と言う小悪党っぷり

最後はその恐怖感が暴走し、巨大結晶と共鳴してしまいとんでもない事態へと発展してしまいます。

セイ達ビルドファイターズは、持てる力の全てを尽くしてこの事態収集に尽力。

ここでセイの父を始めとしたレジェンド級のファイターも参戦し、戦闘を盛り上げました。

ラルさんも遂に本気のガンプラ「グフR35」で、マオの師匠操るマスターガンダムと共に参戦

その強さには、リカルドならずとも驚いた事でしょう。

セイの父のタケシもパーフェクトガンダムで参戦し、やはり格の違う強さを発揮しています。

ホントにこの人、ファーストガンダムが大好きなんですねぇ。

その他、マオも新機体であるクロスボーンガンダム魔王で。

アイラも初のオリジナルガンプラであるミスサザビーで参戦しています。

クロスボーンの方はマオらしい、大火力が売りの強機体。

ミスサザビーは、近接戦闘に特化した強機体でした。

ちなみにサザビーよりスリムな上に、少しだけ背が高いのもポイント。

アイラは裏ヒロインとも言うべき存在で、プラフスキー粒子が見える特殊な能力を持っていました。

それ故企業に目を付けられ、生活の保証と引き換えにガンプラバトルを強要されると言う悲しい境遇に居たのです。

一見感情が薄い人形みたいにも見えますが、素顔は美味しいもの大好きな普通の女の子

レイジとの関わりが彼女の運命を変え、強制されたガンプラバトルからの離脱に成功します。

レイジに対しては強い好意を持っていますが、レイジが朴念仁なのと本人のツンデレが足を引っ張ってしまい伝えるには至らずw

また、屈指の可愛いガンプラで大人気だったベアッガイⅢの製作者であるチナも忘れてはいけません。

アイラの前に少し影が薄いですが、この子こそが正ヒロインです。

所々でしっかりセイとの絆を育んでおり、非常に良いポジションに居たと思います。

最初は全くガンプラを知らない素人でしたが、セイの手ほどきを受けてかなりの腕前に成長。

最終決戦ではアイラと共にセイとレイジを庇って大破しますが、タケシ達の活躍で完全破壊を免れましたね。

ガンプラアイドルのキララも、自分で作り直したガーベラテトラで参戦。

最初は汚い手で勝つアンチガンプラアイドルでしたが、セイやイオリ達ファイターズとの触れ合いを経て改心しました。

最後のセイVSタツヤの戦闘においても、カメラを持ち出して撮影&実況を行う行動力を魅せましたね。

ニルスも彼女のキャロラインと共に、最終決戦に出陣

セイ達との戦闘では使用しなかった祭ウエポンでフル武装しており、その本気度を伺わせます。

本人は天才肌で子供らしくない所を見せる事も多いスカした性格でしたが、ファイター達と触れ合う事で変化

自称婚約者(?)のキャロラインにも、尻に敷かれる面白い所を見せてくれましたね。

最後は、結晶無しでのプラフスキー粒子生成に成功。

ガンプラバトルの復活を、見事成し遂げています。

これで続編もOKですね(ゲス顔)

主人公のセイも、最初はバトルが全然ダメな少年でした。

ですが、レイジと組んで戦う内に成長

実はガンプラ愛が強すぎて、ガンプラを破壊する事への躊躇いが迷いとなって弱さに繋がっていた事をもレイジに指摘されます。

最後の最後で迷いを振り切ったセイは、タツヤと互角の戦いを繰り広げるまでになりました。

セイとレイジの力を合わせたビルドナックルで、巨大な結晶は消滅

秘石の力でこちらに来ていたマシタ会長も強制送還されますが、秘書さんまさかのファインプレーで一緒に行ってしまいました。

EDでは、2人仲良くガンプラらしきモノを屋台で売っている姿が。

何と言うか、転んでもただでは起きないカップルです。

最後のセイVSタツヤは、お互いボロボロのガンプラを異なる方法で応急処置して行われました。

アメイジングエクシアはリペアに。

スタービルドストライクガンダムは、両手をリカルドのリナーシタから拝借。

武器をクロスボーン魔王から借りての、ガンプラらしい補修方法で納得。

これはリナーシタも発売するしかありませんね、バンダ◯さん。

その戦いを見届けたレイジも秘石の消滅により、セイとの勝負の約束をしたままアリアンへと帰還

しかし、同じく秘石を持っていたアイラも一緒に付いて来るおまけ付きでした。

これはちゃんと伏線が張ってあったので、見事な回収したね。

アリアンに関しては本当に謎だらけなので、これは第二部を期待したい所です。

セイも1人のファイターとして、ビルドストライクガンダムコスモスで次の大会へ参戦していますし、ね。




(゚д゚)(。_。)(゚д゚)(。_。) ウンウン





色々問題はありましたが、概ね名作と言っていい好アニメに仕上がったビルドファイターズ。

何より、人死にのない平和な展開は安心して見ていられます。

また、外伝漫画のタツヤを主人公にした作品も非常に良い出来で満足。

こっちは、実際に製作可能な改造ガンプラを使用しているのでファン必見です。

本編では明らかにならなかった二代目名人や、勝つための教育機関であるガンプラ塾のエピソードもこっちで拾う感じでしょうか。



玩具に関しては、取り敢えずスタービルドストライクガンダムのキットを購入しました。

後は、クロスボーン魔王も狙いたい所。

しかし、素のクロスボーンガンダムも発売されそうなので悩みますね。

リナーシタも発売されたら、買ってしまいそうな予感。

エクシアダークマターも、ポロリが無ければ購入リストに入れていたかも。

ラルさんのグフR35も発売されるとの事で、これも楽しみです。

元キットには、是非名作と誉れ高いグフカスタムを使用して貰いたいモノ。







初の長編ガンプラアニメとして、全25話放送を成し遂げた「ガンダムビルドファイターズ

良作だっただけに、続編を願って止みません。




( ´ー`)フゥー...

theme : ガンダムビルドファイターズ
genre : アニメ・コミック

comment

久々の火曜更新が丁度最終回後日なんでもしやと思ったら大正解。

放送待つ予定でしたが我慢出来ず満喫で視聴‥

非常に感動しました。(泣)


書きたい事山ほどありますが気になった点だけ書きます。


そうなんですよ、
中盤は粒子がイマイチ理解出来ず、
更にマシタの嫌がらせはレース対決ではもはや控訴レベルで嫌になりましたね。

しかし次週がフェニーチェとの死闘で燃え上がりました!
購入予定から外してたフェニーチェを買ってしまうなんて‥

更にライバルとの決戦はどれも面白いので最終的に粒子の件が気にならなくなったり、

メイジンの戦いはガンダムオタク狙いでセイ達より楽しかったようなw
戦慄のブルーネタなんてほんと感動物。
これも購入予定なかったジムスナイパーK9を買ってしまいました‥
F91のレビューで書き忘れましたがメイジン対決も素晴らしいですよね!
確かに赤く塗りたくなります!
あと口からビーム撃てるようにも(笑)


まさか管理人様が某掲示板でも非難されたナックル押しを肯定してるのは驚きました!
私もナックル押しは非難するほどでも無いんですが、
ただそれが原因で粒子の羽を展開する『ディスチャージ』が終盤まで空気になったのが寂しかったです。



最終回の話になりますが
やはりラルさん達のバトルはよかったですよね!
なにやらメカデザイナーの海老川氏によるとプラモのグフR35は新規金型だそうです!
ワクワクしてきました(笑)
師匠のマスターも頑張ればほぼ再現可能なカラーリングだし、これはグフと絡めてみたいです。
初アニメーションのパーフェクトガンダムもめでたいですが、


やはり1番のご褒美はフルアーマーナイトガンダムとでした!(笑)



プラモはスタービルドストライクを買いましたか!
ディスチャージを再現したいならユニバースブースターをもう一つ買ってください。
私はつい両方買ってしまいました(泣)

あと一回きりでしたがジムスナイパーK9もオススメです!
武器がたっぷりありバックパックには伏兵を収納可能です!
めちゃくちゃ遊べます(笑)

No title

>DD様

コメントありがとうございますv

何と言うか、シナリオがしっかりしていれば少々の粗は見えなくなると言う好例を示したアニメでしたねぇ。
粒子関係は、確かに殆ど気にならなくなりました。
聖闘士星矢で言う「小宇宙」みたいなもんでw

メイジンは本当に良いキャラでした。
外伝漫画で主人公なのも頷けます。

ナックル推しに関しては、必殺技だし当然かなと思ってました。
ヒーローモノでも、昔の作品は大抵必殺技一本で戦いぬいていますし。
ただ、確かにディスチャージはもっと効果的に使って欲しかったかも。
チート能力なので、使い辛いのは分かるのですが。

グフR35は新規開発なんですね。
となると、ビルドストライクガンダム並のクオリティを持っていてもおかしくないかも?
取り敢えず、購入リストに入れておきましょうかねw
まあ、4月も2つ程買うんですが(白目)
ナイトガンダムも非常に格好良かったですよね。
フルアーマーって辺りが、まさに最終決戦仕様って感じで最高でした。

本当はビルドストライクガンダムフルパッケージを買う予定だったのですが、購入予定がズレ込んで行くうちに後継機が出てしまったので急遽変更した経緯があります。
なので、ビルドストライクのブースターとユニバースブースターはいずれ購入しなきゃならない宿命ですな。
ああ、財布が軽くなる(遠い目)
ジムスナイパーK9も、確かに良いキットですよね。
余裕があれば買いたいですが、その前にジェスタキャノンとエコーズ仕様ジェガンが欲しい今日この頃。
ガンプラ道は、果てしないですなぁ。
Secret

プロフィール

Kivagami

Author:Kivagami
玩具とネトゲ、そして仮面ライダーを始めとする特撮をこよなく愛する孤高人。
中でも悪のライバルキャラとか六人目とかに目が無い。
特撮系イケメンも好き。
クールガイなら尚大好物。
うさぎを始めとする小動物も好き。
現在、19匹の小動物に囲まれてお世話に奔走する日々。

現在ネトゲ流離い人、定住&安住の地を求めて旅は続く模様。
永遠の孤独(ソロ)という、非常にありがたくない称号を持っているらしい…?

注1:基本的にリンクフリー&トラックバックフリーですが、当ブログのテーマとかけ離れ過ぎな場合は削除しますのでご了承下さい。

注2:当ブログの趣旨は基本ツッコミですが、それに加えて「良いモノは良い、悪いモノは悪い」とはっきり述べるレビューブログでもあります。
決してモノを叩くのが趣旨のブログではありません。

注3:コメントの書き込みは基本的に歓迎いたしますが…
当ブログの趣旨を理解頂けていない書き込みだったり、明らかな捨てハンだった場合は警告無視とみなし、削除対象となる事を明記させて頂きます。
コメントをなさる時は、よく内容を吟味なされた上、ちゃんと名乗って頂ける様お願い申し上げます。
特に悪質な狂信者や荒らしだと判断した場合、通報及びアクセス禁止などの手段を執る事もありますので、その点を良くご理解下さいませ。

注4:最近ソフトバンクの携帯からの荒らしコメが良く来るので、一時的にアクセス不能にしてあります。
なのでお手数ですが、それ以外かPCからのアクセスをお願い致します。

注5:このブログに使用されている文章及び画像の無断使用を禁じます。

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

UNIQLO CALENDAR

里親募集WhiteCat

小動物図鑑

リンク

RSSフィード