08
2
4
5
7
9
11
12
14
16
18
19
21
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

今週の仮面ライダー鎧武&烈車戦隊トッキュウジャー。

恒例の仮面ライダー鎧武 第25話「グリドン・ブラーボ最強タッグ

烈車戦隊トッキュウジャー 第8駅「レインボーライン大爆破

感想です。




まずトッキュウジャー

意外にも、ロボの出番が無かった稀有な回でした。

てっきり新合体を見せるかと思ったのですが、まさかの合体自体無し

と言うか、烈車状態でも結構強いですね。

まあ、キョウリュウジャーで言えば合体前のメンツでフルボッコにする様なモノですか。

今回では、烈車は一部の例外を除いて大人には見えない設定が結構上手く使われていた気が。

ライト達が聴き込む相手も子供限定なのに違和感が無いですし、烈車が大変な事になっていても騒ぎにならないですからね。

赤ん坊に聴き込みをしようとしたトカッチはどうかと思いますがw

仮に大爆発を起こしていても、謎の事件として迷宮入りしていた事でしょう。

ですが、ここで1つ疑問が。

他の戦隊との共演時、この設定どうするんでしょう?

映画ではまるっと無視されていましたが、本来は子供やトッキュウジャーにしか見えないんですよね。

ただ、キングはブレイブで何とかしてしまいそうですし、電王に至っては乗り移ってるのが「イマジン」ですしどうにかなったのでしょう。

TVSPでも、貴虎がたとえ振り向いて気付いたとしても怪物しか見えなかったのではないかと。

それはそれで面白いとは思いますが。



'`,、('∀`) '`,、



で、またもトカッチが敵の標的になってしまいました。

そこは普通女性キャラが担当する所なのですが、トカッチです。

不運属性でも持っているのでしょうか。

敵の作戦のお陰で、ライト以外の全員がそれに対応する羽目になってしまいました。

おまけに烈車はブレーキを破壊され暴走状態

まさに悪夢ですが、トッキュウジャーの面々は結構冷静に対処していました。

ワゴンの発案でまずトカッチを固定

転んで爆発したりしない様にしつつ、今度はヒカリの機転で敵を捕らえてゲームセットです。

乗り換えが、普通に役に立っていてびっくりしましたね。

敵を混乱させるには非常に効果的ですな。

視聴者まで混乱する副作用もありますが。

一方のライトは、ディーゼルを掃除したり語りかけたりと色々やりますが効果無し

ですが、最後に送り込んだ強力なイマジネーションがディーゼルレッシャーを起動させます。

そのまま暴走烈車を、有り余るパワーで引っ張って停止させる事に成功。

危うく衝突事故は回避されました。

ライトでなければ出来ない仕事ですよね。

最大の危機は回避されましたが、どうも闇の皇帝とやらの復活が近い模様。

しかし、嫁になるはずのグリッタ嬢から既に嫌われていて泣けます。

果たして、どうなる事やら。


次回、ようやくミオ単独回?

楽しみに待ちましょうか。



次は仮面ライダー鎧武


グリドン&ブラーボが出ると、どうしてもギャグになってしまうでござるの巻。



紘汰は今回、色々振り回される損な役割でした。

冒頭でナックルと協力して、インベスを処理しているまでは良かったのですが…

オーバーロードを探すも見つからず、戒斗には論破される。

光実はほぼ完全にユグドラシル側になってしまっているせいか、紘汰に厳しくなりつつある有り様。

おまけに凰蓮に絡まれ、いらん戦闘をする羽目に。

最後は放置と、ホント災難でした。

更に城乃内に、初瀬の最後を打ち明け損ねてしまっています。

これは手痛いポカですね。

何と言うか、主人公らしからぬ扱いでした。

最後にツンデレ娘に会いますが、裕也の事も含めて合わせる顔がないと立ち去ろうとします。

ですが、ツンデレ娘の先制攻撃に遭って離脱に失敗

果たして、彼女の話したい事とは一体?




(;´Д`)




戒斗は引き続きオーバーロード探索中

青臭い事をのたまう紘汰も論破し、我が道を行く戒斗。

次回では遂に強化も行われる様ですが、実はその予定は無かったんだそうで。

これは素直に「何故?」と疑問を抱きました。

メインキャラの1人なんですから、普通に強化ありだと思っていたのですが。

と言うか、強化されないとホント最後までただのやられ役で終わってしまいます。

ともあれ、強化される事になって良かったですね。



(`・ω・´)




光実は、久しぶりに本編で龍玄に変身して戦いました。

ですが、その腹の中は紘汰への憤りで煮え滾っている模様。

所詮、自分勝手な想いから来る逆恨みに近いモノなんですが。

コウモリみたいな立場にいる自分を棚に上げ、思う通りにならない紘汰を恨む。

何故こんな頭の痛いキャラになったのやら。

自分は紘汰さんや舞さんの為に頑張ってるのに…」と言う想いが強すぎて、手段の自己正当化に繋がってる感があります。

加えて、頭が良すぎるせいで何でも自分でやってやろう的な考えもあるのでしょう。

自分の兄ですら信じず、独自の道を行き始めた様に見える光実。

想いを寄せるツンデレ娘も、別に光実を特別な存在とは見ていないのが非常にきついです。

むしろ戒斗の方が(以下略)

一体この先、どうなる事やら。




(´ε`;)ウーン…




で、今回全編に渡って大暴れした凰蓮と城乃内。

城乃内は、自分の居場所が何処にもない事に気付いて落ち込んでしまいました。

これも凰蓮に付いた自分のミスであり、言わば自業自得なのですが。

彼が凰蓮と遊んでいる間に、状況は大きく変化してしまいました。

争いの原因だったランキングは無くなり、チームは垣根を超えて協力し合う事に。

初瀬は城乃内の知らない所で死亡し、他のアーマードライダー達も独自の道を歩んでいます。

独り取り残された城乃内は、途方に暮れるしかありませんでした。

そこに凰蓮がまた珍妙な修行を押し付けてくるお陰で、事態が更に面倒な方向へ。

何と言うか、この人は光実とは違い中途半端に知恵が回るお陰で「策士策に溺れる」を地で行ってしまっています。

光実と同等かそれ以上の頭脳を持っているか、あるいは紘汰と同等かそれ以上に馬鹿(褒め言葉)だったらもう少しマシな状態になっていたかも知れません。

ですが、現実は凰蓮に見込まれてしまった為、彼が予想だにしない方向へ行ってしまいました。

ただ、彼に取ってせめてもの救いだったのは、凰蓮の想いもまた本物だった事。

凰蓮は凰蓮なりに、城乃内を本物に育てようと全力だったのです。

それを知った城乃内の前で、当の凰蓮と巻き込まれた紘汰はインベスの大群に苦戦していました。

城乃内は、敵わないのも承知でグリドンに変身し戦闘に加勢。

彼らへの攻撃を全て受け止める肉盾となったのです。

当然ながら大ダメージを受けて失神してしまいますが、ブラーボと鎧武の活躍で助かりました。

凰蓮におぶられて帰る中、初めて褒められた城乃内はようやく救われた感があります。

それが引き金となってか、紘汰達アーマードライダー達への誤解を解くべく話しだしました。

一方の凰蓮は概ねいつも通りでしたが、最後の城乃内の告白を聞くだけの余裕があったのは評価されていいと思います。

取り敢えず、紘汰達もこれで絡まれなくなるでしょうし。

自分でクラックを確認し、そこへ飛び込んで行く凰蓮。

さて、ヘルヘイムで彼は何を見る事になるのでしょうか?




(;´∀`)




ユグドラシル側は、遂にDJサガラと戦極の一派が対面します。

血気に逸るシドや耀子を抑え、戦極は話し合いを始めました。

DJサガラ曰く、自分は観客であるとの事。

しかし、一方が強すぎるのは観客として面白くない

なので、紘汰に肩入れしたと言い切ります。

戒斗じゃなかったのは、しっかりした目的を持つ人間は考慮の範囲外なんだそうで。

なるほど、そうなれば確かに紘汰以外の適任者はいないでしょうねぇ。

一方、DJサガラに目的を問われた戦極は野望を暴露

それは、世界を支配すると言われる「禁断の果実」を手に入れる事。

実際に使いたいのか、それとも研究したいだけなのかは定かではありません。

何にせよ、あまり良い展開にならないのは確かでしょう。

DJサガラは、その実がオーバーロードの手にある事を伝えて消えてしまいました。

恐らくは、これのお陰で戦極から戒斗に強化アイテムの貸与が行われると思われ。

戒斗を上手く使用して、上前をはねようと考えている可能性が大ですね。

戦極達の野望は、一体どの様な結末を迎えるのか?

これも要注目ポイントです。

後、完全にハブな貴虎兄さん(´・ω・)カワイソス。






戦闘では、鎧武が強化無しにブラーボと渡り合う貴重なシーンがありました。

やはり、戦いの経験が紘汰を強くしたのでしょうか。

まあ階段から落ちたりして、まともな戦闘とは言い難かったですがw

でもこれ、ある意味舐めプ?

インベスの大群に対しては、流石にカチドキアームズを使用しましたね。

しかし、その活躍シーンは誰も見ておらず何だか悲しい結果に。

やはり、ブラーボとグリドンが絡むとシリアスが続きません



次回、事態は更に面倒な方向へ。

戦々恐々としつつも、楽しみに待ちましょう。


( ´ー`)フゥー...

theme : 仮面ライダーガイム 鎧武
genre : テレビ・ラジオ

comment

No title

トッキュウジャー

ディーゼルレッシャー登場の巻。
今回は、全体的に見ればサポートが手に入っていただけで。特に進展はありませんでしたな。
と言うか腕についてるあのパペットサルは一体……。

鎧武

グリドンに関しては、今までの事もあって変に改心されても白けるだけですけど
現状、彼の取り巻く環境と周りの人たちの変化がうまい具合に彼の心情と合わさって、旨い具合に処理してくれますね。

グリドンもブラーボもほとんど蚊帳の外にいただけあってようやく核心に触れようとしてるしどのような行動を起こすのか。

さて次回ですがミッチがついに爆発しついにコウタと衝突するパワーアップ回!
……アカン、どう考えてもジンバーの時の繰り返しだ、ゲネシスの印象が薄れる……。
と言うかなんだアノRPGでお金が足りないから主人公の使いまわした防具感……。

No title

>robo様

コメントありがとうございますv

確かに、特に進展の無い回でしたが危機感はトップクラスだったかと。
ライトが少しでも遅かったら、番組が最終回でしたしw
後、チケットくんの扱いが大概でしたねぇ。
完全にただのパペットと言うか、手袋レベルの扱いを受けててびっくり。
やっぱり、ただの腹話術なんですかね。

グリドンとブラーボは、ようやく本編に絡めそうな感じです。
面白いキャラなんですから、このまま遊ばせ続けるのは勿体無いですし。
しかし、戦力の問題を考えるとグリドンは新しいロックシードを使いたい所。
今のままでは、素のインベスにすら苦戦する有り様ですし。

次回は、かなり不穏な雰囲気になる様です。
ゲネシスに関しては、単品ではマジで面白くないですよね。
基本的にエナジーロックシード専用ってのが良くない。
たった4種類しかないので、ゲネシスだけだと即飽きるかと。
普通のロックシードも装填出来ますが、蓋が開かない有り様ですし。
戦極ドライバーでエナジーロックシードを装填した場合は、ちゃんと開くのに何故?と言いたくなります。
ゲネシスコアさえ別売りされれば、全部戦極ドライバーで済んでしまうのも悲しいですね。
変身したらしたで、カッコイイのは斬月・真くらいですし。
Secret

プロフィール

Kivagami

Author:Kivagami
玩具とネトゲ、そして仮面ライダーを始めとする特撮をこよなく愛する孤高人。
中でも悪のライバルキャラとか六人目とかに目が無い。
特撮系イケメンも好き。
クールガイなら尚大好物。
うさぎを始めとする小動物も好き。
現在、14匹の小動物に囲まれてお世話に奔走する日々。

現在ネトゲ流離い人、定住&安住の地を求めて旅は続く模様。
永遠の孤独(ソロ)という、非常にありがたくない称号を持っているらしい…?

注1:基本的にリンクフリー&トラックバックフリーですが、当ブログのテーマとかけ離れ過ぎな場合は削除しますのでご了承下さい。

注2:当ブログの趣旨は基本ツッコミですが、それに加えて「良いモノは良い、悪いモノは悪い」とはっきり述べるレビューブログでもあります。
決してモノを叩くのが趣旨のブログではありません。

注3:コメントの書き込みは基本的に歓迎いたしますが…
当ブログの趣旨を理解頂けていない書き込みだったり、明らかな捨てハンだった場合は警告無視とみなし、削除対象となる事を明記させて頂きます。
コメントをなさる時は、よく内容を吟味なされた上、ちゃんと名乗って頂ける様お願い申し上げます。
特に悪質な狂信者や荒らしだと判断した場合、通報及びアクセス禁止などの手段を執る事もありますので、その点を良くご理解下さいませ。

注4:最近ソフトバンクの携帯からの荒らしコメが良く来るので、一時的にアクセス不能にしてあります。
なのでお手数ですが、それ以外かPCからのアクセスをお願い致します。

注5:このブログに使用されている文章及び画像の無断使用を禁じます。

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

UNIQLO CALENDAR

里親募集WhiteCat

小動物図鑑

リンク

RSSフィード