11
1
3
4
6
8
10
11
13
15
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

今週の仮面ライダー鎧武&烈車戦隊トッキュウジャー。

恒例の仮面ライダー鎧武 第26話「バロンのゲネシス変身!

烈車戦隊トッキュウジャー 第9駅「思いは片道切符

感想です。



まずトッキュウジャー


正直、個人的にはがっかり回でした。

と言うか、小林靖子氏脚本の戦隊には必ずと言って良い程扱いの悪い女性メンバーがいます。

シンケンジャーのピンク然り、ゴーバスのイエロー然り。

そして今回、見事にその法則通りになってしまったのがミオ

これは完全にシンケンジャーの時と同じです。

普段はどちらかと言えば空気、主役回も極端に少ない

やっと主役回が来たと思ったら、変なキャラ付けされたりで全体的にキャラSage傾向

シンケンピンクとミオは、キャラ的にも位置付け的にもほぼそっくり

もう1人の女性メンバーには、面白い特性を持たせたりとかなり優遇するのですが。

これがシンケンではことは、トッキュウではカグラが相当します。

特にことはは完全にヒロインクラスの扱いの良さで、後の春映画などにも出演ありと露骨に優遇されていましたね。

一番悲惨だったのはゴーバスで、女性が1人しかいない為、全部ヨーコが被る羽目になってしまいました。

その分、オペ子の人が優遇されてた感はありますが。

そのお陰か、私も未だにシンケンピンクの名前すら思い出せない有り様。

イエローバスターことヨーコは、暫く考えたらやっと出て来ましたが。

で、今回ミオに付加されたいらない属性は「恋愛オンチ

それも普通のではなく、病的なレベルでのモノ。

カグラのなりきりとは違い、今回偶然役立った程度のマイナス技能です。

しかも、役立つ前にライトに対して早速マイナスが発動して散々な結果になっていました。

更に落し物を届けるだけなのに「決闘」と称して、竹刀と剣道着で出かける始末。

これでは、完全にキチガ◯ですよ。

特に竹刀をそのまま持ち歩くとか、正気の沙汰とは思えません。

良く職質とかされなかったなと。

そもそも、一体その竹刀と剣道着は何処で手に入れたのですか?

もしかして、わざわざ買いに行きましたか?

カグラの忍者装束もそうですが、何処から出て来たのかさっぱり分からないアイテムが多すぎます。

まあ、リアルを売り物にしていたゴーバスでも適当なシーンが多かったので仕方ないと言えばそうなのですが。

ライトを散々な目に遭わせ、助けて貰った男性に決闘を申し込もうとするイカレっぷりを披露したミオ。

一体、どういう思考回路をしているのかさっぱり分かりません

この回で、ミオに好印象を持った人は少ないのではないかと。

むしろ、弁当が踏み潰されたシーンで拍手喝采した人もいそうな気が。

私は終始( ゚д゚)ポカーン状態でしたので、そんな暇は無かったのですが。

こんないらないマイナス属性付けられる位なら、空気の方がマシだったと思います。



(´・ω・`)





一方、敵の作戦の方も何か微妙でした。

やり方は非常に陰湿なのですが、何処か違和感が残ります。

と言うのも、ミオを助けた男はともかく、他の連中はイケメンかどうか微妙な男ばかり。

リアルの女がそんなのに助けられた所で、「ありがとうございます」の一言でお終いではないかと。

例えお礼の品などをぶっ壊された所で、悲しむより先にブチ切れると思うのですが。

吐出されるのは闇のオーラではなく、怒りの真っ赤なオーラでしょう。

多分、ミオの場合は素で静かにキレてそうですが。

あまりにも素直に悲しむ女性達を見て、なんつーか小林氏のズレた女性観が浮き彫りになった感があります。

一方で、カグラには慰め役を与えてさり気なく(´∀`∩)↑age↑て置くのも忘れません。

今回のミオを見て、ルックスがミオ似で性格も微妙に悪いゴセイイエローの子も思い出すのは私だけ?

なんだかなぁ。




巨大戦では、ようやくディーゼルオーが登場。

トッキュウオー以上に四角く、色々凄まじいデザインですがパワーに優れます。

武器も無く、攻撃が徒手空拳なのは清々しい程に漢らしいかと。

必殺技もキックと、かなりのパワー型なのが良く分かりますね。

玩具でもトッキュウオーと組み換えて、様々な俺合体が可能な模様。

ギミックは面白いのですが、やっぱりデザインはもう少し頑張れ無かったのか?と思ってしまいますが。

後、何か敵側が面白く無いですね。

カッコイイライバルもいなければ、幹部のカラーリングも黒だらけで見分けが付き辛いです。

性格的にもそんな違いがある訳でもないし、個性がイマイチ少ない気が。

最早、グリッタ嬢に全てを賭けるしかないのでしょうか。





次回、またもトカッチが悲惨な目に。

小林氏は彼に何か恨みでもあるのでしょうか?

何か釈然としないモノを感じつつ、次を待ちましょうか。




次は仮面ライダー鎧武


光実、遂に闇堕ちするの巻。



紘汰は、今回かなり受難でしたね。

嘘を吐ききれない性格のせいでツンデレ娘に見破られた挙句、事実を吐く羽目に。

そのせいで光実に逆恨みされ、挙句の果てには背中から撃たれると散々です。

あまつさえ、戒斗には相変わらず青臭い事を吐いて邪魔までしてしまいました。

折角やっと戦闘で活躍出来て、勝利まであと一歩でしたのに。

戒斗(´・ω・)カワイソス

前回、話し合いにならずフルボッコされたのをもう忘れたのでしょうか?

以前、学習能力が無いと光実に分析されていましたが、まさにその通りです。

戦闘ではマリカには余裕勝ちする実力に育ちながら、これは流石にお粗末過ぎます。

紘汰には、まだまだ人間としての成長が必要な模様。

感情が隠し切れず、モロに顔に出る所をまず何とかしましょうか。

まあ、まだ26話なんですし希望はありますが。

裕也殺しを始め、様々な事を背負い悩み続けていたのを少しでも軽減出来たのも良かったですし。

ツンデレ娘、有能。

次回は貴虎との共闘があるみたいですし、そこから何かしら学んでくれると嬉しいですね。



(゚д゚)(。_。)(゚д゚)(。_。) ウンウン




で、やっと強化された戒斗。

まさかのゲネシスドライバーからの、レモンエナジーアームズ変身には驚きました。

てっきりコアだけ貰うのかと思ってたら、丸ごと貰える事になった様で。

貴虎に続いて、メインライダー2人目のゲネシスドライバー装着者になった戒斗。

これも耀子の進言のお陰ですね。

あれが無ければ、強化どころか役立たずと切り捨てられる所でしたし。

それほどに、バロンとオーバーロードのスペック差がありましたので。

ゲネシスドライバーなのにベースがバロンなのは、戦極が気を利かせたのでしょうか。

あるいは、戦極ドライバーの蓄積データなどを反映させた結果?

何にせよ、ようやくジンバーレベルの戦闘力を手に入れた戒斗。

オーバーロードとも、五角以上にやりあえる様になってお荷物卒業ですかね。

次回予告では、意外な事に紘汰を後ろから撃った光実を非難していました。

やはり、騙し討ちみたいな手段は戒斗には許せないのでしょうねぇ。

戒斗のこれからの頑張りに期待したい所ですが、元のメンバーとの不仲が後を引かない事を祈ります。



(;´∀`)




そして、もう行動が支離滅裂になって来ている光実。

最初の軍師めいた凄さは何処へやら、今では思い通りにいかないと暴れる子供の様です。

何と言うか、メッキが剥がれた

そんな表現が、今の彼には似合う気がしますね。

今回は紘汰に対して癇癪を爆発させた挙句、ツンデレ娘に引っ叩かれる羽目になってしまう始末。

全て隠しておくなんて所詮無理だと普通は分かるでしょうに、ねぇ。

その前には無差別インベス召喚で、ツンデレ娘の邪魔をして傷付けてしまってますし。

しかしこれで光実の何かが完全に吹っ切れた模様。

守るべきものすら見失った光実は、戦極に作戦を持ちかけます。

それは、オーバーロード探索に紘汰を利用する事。

マリカにも協力させ猿芝居を展開、見事オーバーロードの居場所を突き止めるものの相手は撤退してしまいます。

ブチ切れた光実は、遂に紘汰を後ろから撃ち抜いてしまいました。

そんな事がツンデレ娘に知れたら、完全に終わってしまいますのに。

最早後戻りは出来ない段階まで来てしまった光実。

何か光実に、そこはかとないレンゲル臭を感じるのは私だけ?

未だにこの人だけ、何一つ強化されてませんしね。

闇堕ちしていく辺りも似ています。

このまま最後まで無強化だったら、レンゲル二世とか呼ばれそうな気が。

まあ、十分ありえる話ではあります。

あまり自分で戦う事を想定に入れていない感がありますし。

これが頭脳労働担当の限界と言った所でしょうか。

貴虎が言った「ノブレス・オブリージュ」の意味も、彼には伝わって無さそうです。



(´ε`;)ウーン…




出番は少なかったですが、苦労している感が痛い程感じられた貴虎。

ユグドラシルの計画には懐疑的ですが、それしか方法を思い付かないので仕方なく従っている。

罪を背負うのも、責任者として当然の事(ノブレス・オブリージュ)であるとして無理やり自分を納得させている。

そんな感じがしますね。

人類救済の為の虐殺の罪を全て背負うと意気込む貴虎ですが、本当に耐えられるのでしょうか?

どう考えても、基本が良い人であるこの人には荷が重いでしょう。

むしろ、光実向けの案件ではないかと。

クールに見えて実は人情家でもある貴虎より、人間味がある様に見えて何処か壊れている光実の方が淡々とこなしそうです。

次回はどうやら紘汰との共闘がある様なので、そこで何かを掴んでくれればと思いますね。



(;^ω^)




ツンデレ娘は、今回意外と常識的でした。

いえ、むしろ一気にヒロイン度を上げた感があります。

特に紘汰の苦しみを理解し、抱き締めるシーンは凄く良かったですね。

ただ、光実も危惧していた通りの行動派なのが今回の危機に繋がってしまいました。

今後、より一層ヒロインらしく危険な目に遭いそうな気配が。

と言うか、光実が遭わせそう。

一方、ザックは疲れていたのか素のインベスにも苦戦する有り様。

と言うか、紘汰はパイン辺りを分けてあげても良いのでは?

イチゴは思い出したかの様に使われますが、パインは全く出番が無いので。

恐らくは、ロックシードホルダーからもリストラされていると思われ。



(;´д`)トホホ…




ユグドラシル側は、シドに続いて耀子が敗北者に名を連ねてしまいました。

戦闘のプロみたいな雰囲気でしたが、今回はジンバーピーチに終始圧倒されっぱなし

挙句の果てには、カチドキアームズでぶっ飛ばされて変身解除してしまいました。

この人、本当はもっと恐ろしいと聞いていたのですがこの程度ですか?

それとも、戦闘ではなくそれ以外で恐ろしい?

やられたのが全部芝居なら、中々の食わせ者ですが。

戦闘自体が光実の作戦の内なので、その可能性も捨て切れません

とは言え、油断して紘汰にロックシードを盗られたりとミスも目立ちます。

耀子にはもう少し頑張って欲しいですね。

TVレギュラーの女性ライダーは、今の所この人とウィザードのメイジ位ですし。

デザイン的にはメイジは共通だったので、外見で女性と分かるマリカは何気に貴重です。



(`・ω・´)




そう言えば、凰蓮は何処へ?と思った方もいらっしゃるはず。

どうやら、次回で出番がある様です。

忘れられてなくて良かったですね。





戦闘では、まずバロンレモンエナジーアームズの活躍が目立ってました。

デザインもバロンが下地なので、デュークみたいなアンバランスさがありません。

やっと戒斗も雑魚卒業で、非常に目出度いですね。

オーバーロードとも五角以上に戦える様になった戒斗はまだまだ活躍しそうです。

と言うか武闘派なのに、今までの戦績が悪すぎるのがむしろ異常なだけで。

ただ、ゲネシスドライバーの副作用が怖いですが。

戦極曰く、戦極ドライバーの3倍の負荷がかかるそうなので。

それを軽減するのが、恐らくゲネシスコアだけ使うジンバーなんでしょう。

紘汰が何度も変身していますが、特に問題は無さそうですし。

そして、マリカVS鎧武も一応の決着が付いた形ですかね。

経験値を上げた鎧武に、スペックで勝るカチドキアームズを装備されては勝ち目がありません

むしろ互角にやりあった貴虎が異常なだけで。

恐らくはもう、光実みたいに後ろから変身前に撃つしか対抗策が無いと思われ。

しかも、まだこれで最強フォームじゃないから困る。

カチドキロックシードにはまだ秘密が隠されているのですが、明らかになるのはもう少しですかね。

玩具を手にした人なら、気付いている方もいそうですが。




次回、卑劣な龍玄に戒斗ブチ切れ。

楽しみに待ちましょうか。



( ´ー`)フゥー...

theme : 仮面ライダーガイム 鎧武
genre : テレビ・ラジオ

comment

No title

トッキュウジャー

ミオのキャラ付けに何か、しっくりこない回でした。
弁当を踏みつけられるシーンは、てっきり悲しみはしないでも怒るとか
少し落ち込んで、そこで女の子らしさとか出せばイメージアップに
繋がったかもしれないのに……。まさか乱暴な部分を貫き通すとはなぁ。

現状、敵の戦える幹部ってシュバルツぐらいですもんね。
早いとこグリッタには変身してもらわないと。

>>ギミックは面白いのですが、やっぱりデザインはもう少し頑張れ無かったのか?と思ってしまいますが。

せ、戦隊のロボはプロポよりもギミック重視だから……(震え声)
でも去年と同じようにバラバラなのにそれが気にならないのは、
バラバラが列車の連結や切り離しに繋げているからなんですね。

鎧武

……うーん、このお下がり変身。というかパワーアップ回なのに特にカイトが中心じゃないのか……。

小説の方でカイトの過去が詳しく書かれてるけどソレを本編でやれよと言いたいですね……。

>>イチゴは思い出したかの様に使われますが、パインは全く出番が無いので。

うーん……スイカとカチドキでパワー系がダブってしまった。
なるほど……これからの戦いにはパインは不十分なんだな(ゴローちゃん並みの感想)

No title

>robo様

コメントありがとうございますv

ですよねぇ。
あれで好印象を受けた人は皆無だと思うのですが。
なんつーか、小林脚本の悪い所が早速出てしまった感が。
そう言えば、オーズのヒロインも影薄かったですしねぇ(インパクトはありましたが)。

トッキュウオーと言えば、今回ミニプラが恐ろしく出来がいいらしいです。
普通に合体をこなすのは当たり前としても、可動箇所も異様に多く完全にオーバーテクノロジー化している模様。
某玩具レビューサイトで、フルアクションをかますトッキュウオーを見てクラクラ来ました。
高い玩具よりこっちの方が出来が良いとか、色んな意味で異様でした。

鎧武は…確かにゲネシスドライバーにレモンは、紘汰のパターンと同じですね。
デザイン的にもバロン+デュークで、新しさの欠片もないのがまた悲しいですし。
と言うか、レモン余り気味ですか?
新規ベルトは無理としても、新しいエナジーロックシードくらい出しても良さそうなモノですが。
ストーリー的にも、むしろ光実の闇堕ちがメインでしたしねぇ。

そう言えば、スイカもありましたね。
カチドキアームズにあそこまでボコボコにされたら、もう出番も無さそうな気もしますが。
しかも一度使ったら暫く使用不能のおまけ付きですし。
パインは…やっぱりザックにあげよう(提案)
Secret

プロフィール

Kivagami

Author:Kivagami
玩具とネトゲ、そして仮面ライダーを始めとする特撮をこよなく愛する孤高人。
中でも悪のライバルキャラとか六人目とかに目が無い。
特撮系イケメンも好き。
クールガイなら尚大好物。
うさぎを始めとする小動物も好き。
現在、14匹の小動物に囲まれてお世話に奔走する日々。

現在ネトゲ流離い人、定住&安住の地を求めて旅は続く模様。
永遠の孤独(ソロ)という、非常にありがたくない称号を持っているらしい…?

注1:基本的にリンクフリー&トラックバックフリーですが、当ブログのテーマとかけ離れ過ぎな場合は削除しますのでご了承下さい。

注2:当ブログの趣旨は基本ツッコミですが、それに加えて「良いモノは良い、悪いモノは悪い」とはっきり述べるレビューブログでもあります。
決してモノを叩くのが趣旨のブログではありません。

注3:コメントの書き込みは基本的に歓迎いたしますが…
当ブログの趣旨を理解頂けていない書き込みだったり、明らかな捨てハンだった場合は警告無視とみなし、削除対象となる事を明記させて頂きます。
コメントをなさる時は、よく内容を吟味なされた上、ちゃんと名乗って頂ける様お願い申し上げます。
特に悪質な狂信者や荒らしだと判断した場合、通報及びアクセス禁止などの手段を執る事もありますので、その点を良くご理解下さいませ。

注4:最近ソフトバンクの携帯からの荒らしコメが良く来るので、一時的にアクセス不能にしてあります。
なのでお手数ですが、それ以外かPCからのアクセスをお願い致します。

注5:このブログに使用されている文章及び画像の無断使用を禁じます。

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

UNIQLO CALENDAR

里親募集WhiteCat

小動物図鑑

リンク

RSSフィード