09
1
2
4
6
8
9
11
13
15
16
18
20
22
23
25
26
27
28
29
30
   

今週の仮面ライダー鎧武&烈車戦隊トッキュウジャー。

恒例の仮面ライダー鎧武 第37話「バロン・サッカー対決 夏の陣!

烈車戦隊トッキュウジャー 第20駅「笑顔は危険

感想です。




まずトッキュウジャー

明の意外な素顔が見れた回でした。

後、シャドーラインのまとまりの無さが凄いですね。

目的はさておき、ここまでそれに至る方向性がてんでバラバラな組織ってそうそう無いかと。

トップの行動は終始意味不明だし、ノア夫人は何が何でもグリッタをお妃にする事が最優先

シュバルツ将軍は烈車マニアの趣向を優先させる傾向にあるし、グリッタはシュバルツ将軍しか見えていません

となると、まともなのはネロ男爵だけな気がして来ました。

今回も、何故ノア夫人がそこまでグリッタの嫁入りに拘るのか疑問に思ってましたし。

こんなので、良くもこれまで戦って来れたモノです。



(;´∀`)



一方、笑わない明にトッキュウジャーの面々が一発ギャグを披露しますがオールダダ滑り

特に車掌のネタは古すぎて、子供には完全に意味不明かとw

ラビット関根時代のネタとか、多分40代以上でないと分からないと思います。

敵も図った様にお笑いを武器にする、ジャックインザボックスシャドーが登場。

送り込んだのは珍しくグリッタですが、意図がイマイチ不明なまま。

しかし、シュバルツ将軍の鼻に花を咲かせたりと、実力的にはかなりのモノかと。

仕掛けた攻撃も、ギャグに笑った奴を吹き飛ばす恐ろしいモノでした。

そのあまりにもシュールなネタの数々に、トッキュウジャーの面々は大苦戦

ただし、笑いを知らない明にはまるで通用せずと両極端な結果に。

トッキュウジャーの面々もリベンジを敢行しますが、これもまさかのダダ滑り

一番力を入れてやっていたライトが、ほぼ使い物にならなくなる始末。

そこへいつものメロディと共に明がやって来ますが、何故かリコーダーで曲を演奏していました。

何でもハーモニカを無くしたそうですが、その光景はあまりにもシュール過ぎて敵味方共にぶっ飛ぶ羽目に。

大真面目な明はとっとと変身して、ジャックインザボックスシャドーを撃破してしまいました。

何と言うか、天然もここまで来れば1つの芸ですな。

巨大戦では全ロボが出動と、大盤振る舞いです。

しかし、立ち直れていないライトのやる気は低調で動きもイマイチ。

残りのメンバーも、1人足りない人数で動かしているせいか精細を欠く有り様。

その中で、やはり絶好調なのが明。

突然笑い出し、しかもそのまま敵をフルボッコと大活躍です。

最後は流石にみんなで決めましたが、明の笑っている理由が分かりません。

と思っていたら、出て来たのは何と

猫が飼えなくて途方に暮れていた少女から預かった猫ですが、それが明をくすぐっていたのです。

結局、明が自ら笑った訳ではなく残念がるトッキュウジャー一同。

しかし、猫飼育可の許可を持って少女が猫を迎えに来た時の、明の情けない顔は見ものでした。

何と言う猫好き

代わりに拾って貰っていたハーモニカを受け取り、背中に哀愁を浮かべて明は去って行ったのです。



今回は、シュールギャグを楽しむ回でしたね。

後、トッキュウジャーのダダ滑りネタ。

それと虹の他に、猫も好きな事が判明した明。

このネタ、後々また使う予定あるんですかね?



次回、入れ替え騒動で大変な事に。

楽しみに待ちましょうか。




次は仮面ライダー鎧武

幾ら映画宣伝回とは言え、とっ散らかり過ぎて訳分からんかったでござるの巻。

流石に今回は脚本の人に同情します。

このタイミングで、あんな意味不明な展開を挿入しなきゃいかんのですから。

お陰で紘汰は延々と走って、時々戦うだけと散々な扱いに。

オマケにトドメは戒斗に持ってかれると、良い所無しです。

折角ジンバーにカチドキ、そして極まで繰り出したと言うのに。

更にキレッキレのアクションまで披露したのに、酷い扱いですよね。

もうどうすればいいのやら。


(´・ω・`)



で、戒斗は冬映画に続いてまたも異世界へシュゥゥゥーッ!されてしまいます。

以前は戦極時代で、春映画は風都でしたが、今回は何故かサッカーがダンス並に流行っている世界。

しかし、順応性の異様に高い戒斗は全くブレたりしません。

この人としては、とにかく強さが示せれば何処でも構わないのです。

例えインベスが存在せず、アーマードライダーの変身もサッカーの為と言うイナズマイレブンばりの設定世界であっても。

サッカーでも頂点を極めるべく、何故か突然登場したJリーガーと練習を開始してしまいます。

何か妙に馴れ馴れしいです、Jリーガー。

ワールドカップで存在感を示せていれば盛り上がったのですが、あの結果では正直白けてる人の方が多そうですよね。

ちなみに私はどっちの選手も全く知りませんでした

夏映画でも、この日本でのワールドカップの盛り上がら無さは響いて来そう。

特訓で力を付けた戒斗は大活躍し、宿敵チームシャルモンをサッカーで下します。

おまけにRX似の怪人も初披露のレモンエナジーキックで倒すなど、異様に厚遇されていましたね。

マジでウィザードの悪夢が眼前にチラつきます。

結局、戒斗の異次元サッカー紀行で終わってしまったこの回。

夏映画の宣伝を果たせたかどうかは、定かではありません



(´ε`;)ウーン…




呉島兄弟は、こんな時期なのに全く出番無し

一方、シャルモン側では久々に初瀬と城乃内のコンビが見れました。

映画でもちゃんと出番があるとの事なので、そこは楽しみですね。

後、チームバロンではザックがかなり目立ってた気が。

流石にブラーボのシュートは止められませんでしたが。

映画では黒影・真なる存在が登場し、それにはペコが変身するそうですね。

初瀬涙目です。

そう言えば、ブラーボは終始変身解除しませんでしたね。

中の人のスケジュールが合わなかったのでしょうか。



(;^ω^)




戦闘では、RX似のイナゴ怪人が猛威を奮ってましたね。

無数のイナゴになって攻撃回避する有り様は、何となくローカストアンデッドを思い出さなくも無いです。

しかし、極アームズでも取り逃がした相手を戒斗が倒せるって妙じゃないですか?

ちょいと紘汰sageが過ぎるのではないかと。

後、最後に登場したリンゴライダーは何がやりたかったのでしょうか?

ホント、ただ単に顔見せしに来ただけですな。

それと、映画限定ライダーのフェイスプレートセットが鎧武&バロンと同じ仕様なのは頂けません。

ここは入手が面倒な中華風のと、ボスに良く使用されるタイプの奴にすべきでは?

特に中華風は龍玄しか存在せず、しかもメインライダーなのに商品が無くプレ値とか狂ってますし。

今回も活躍したソニックアローも相変わらず酷いプレ値ですし、一体どうなってるのでしょうか?

商売がヘタですね、バンダ◯さん。


次回、ようやく本編へ。

楽しみに待ちましょうか。



( ´ー`)フゥー...

theme : 仮面ライダーガイム 鎧武
genre : テレビ・ラジオ

comment

Secret

プロフィール

Kivagami

Author:Kivagami
玩具とネトゲ、そして仮面ライダーを始めとする特撮をこよなく愛する孤高人。
中でも悪のライバルキャラとか六人目とかに目が無い。
特撮系イケメンも好き。
クールガイなら尚大好物。
うさぎを始めとする小動物も好き。
現在、14匹の小動物に囲まれてお世話に奔走する日々。

現在ネトゲ流離い人、定住&安住の地を求めて旅は続く模様。
永遠の孤独(ソロ)という、非常にありがたくない称号を持っているらしい…?

注1:基本的にリンクフリー&トラックバックフリーですが、当ブログのテーマとかけ離れ過ぎな場合は削除しますのでご了承下さい。

注2:当ブログの趣旨は基本ツッコミですが、それに加えて「良いモノは良い、悪いモノは悪い」とはっきり述べるレビューブログでもあります。
決してモノを叩くのが趣旨のブログではありません。

注3:コメントの書き込みは基本的に歓迎いたしますが…
当ブログの趣旨を理解頂けていない書き込みだったり、明らかな捨てハンだった場合は警告無視とみなし、削除対象となる事を明記させて頂きます。
コメントをなさる時は、よく内容を吟味なされた上、ちゃんと名乗って頂ける様お願い申し上げます。
特に悪質な狂信者や荒らしだと判断した場合、通報及びアクセス禁止などの手段を執る事もありますので、その点を良くご理解下さいませ。

注4:最近ソフトバンクの携帯からの荒らしコメが良く来るので、一時的にアクセス不能にしてあります。
なのでお手数ですが、それ以外かPCからのアクセスをお願い致します。

注5:このブログに使用されている文章及び画像の無断使用を禁じます。

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

UNIQLO CALENDAR

里親募集WhiteCat

小動物図鑑

リンク

RSSフィード