08
2
4
5
7
9
11
12
14
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

今週の仮面ライダー鎧武&烈車戦隊トッキュウジャー。

恒例の仮面ライダー鎧武 第38話「プロフェッサーの帰還

烈車戦隊トッキュウジャー 第21駅「花嫁は逃走中

感想です。



まずトッキュウジャー

何と言うか、本当にシャドーラインってまとまりがないですよねぇ。

こんな初期に、幹部同士がぶつかり合う戦隊って非常にレアなのではないかと。

やっぱり幹部がみんな同格だと、どうしてもまとまりが無くなりますね。

キョウリュウジャーのカオスみたいな実質的リーダーでもおかないと、内部崩壊待った無しです。

トップたるゼットがふわふわしてるから、余計にそうなってるんでしょうが。

ただ、ゼット自体に関しては非常に不気味なんですよねぇ。

何を考えているのか分からない奴程、恐ろしいモノはありません。

だからこそ、幹部連中もやりにくいのでしょうけど。

で、今回の作戦もグリッタの主導で行われました。

どうしてもゼットと結婚したくないグリッタが、トッキュウジャーと入れ替わる事で回避しようとしたのです。

しかし、この作戦は最初から失敗するのが目に見えていました。

何故なら、入れ替わった存在はそのままでは拒否反応で死んでしまうからですが。

この事をグリッタに知らせない辺り、このシャボンシャドーの裏にネロ男爵が居た可能性があります。

と言うのも、彼は前回辺りからグリッタの存在に疑問を持ち始めていました。

ノア夫人が何故グリッタとゼットの結婚にあれほどの執着心を見せるのかが、どうしても理解出来なかったからです。

今回も登場してグリッタを抹殺しようとした所を見ても、合法的にグリッタを消す為の布石だった気がしますね。

入れ替わりで死ぬならそれで良し、トッキュウジャーとして殺すのも良しです。

ただ、残念ながら状況を察知したノア夫人に阻まれてしまいますが。

まさかの幹部VS幹部のバトル。

この対決、結果はどうなったのでしょうか?

非常に気になる所。

ネロ男爵を振り切って駆け付けたグリッタの前に現れたのは、何とゼット

これはシュバルツがゼットに告げ口したのか、ゼットが自ら察して現れたかでかなり見方が変わりそう。

果たして、グリッタの運命や如何に。

後、あのウェディングドレスは多分グリッタの体型じゃ着れないと思われ。


(´・ω・`)


一方、トッキュウジャーは入れ替わりを喰らったものの、乗り換えで慣れているせいか大した問題は起きず。

ミオが記憶の一部を思い出した程度に留まりました。

シャボンシャドー自体も、2人足りない状態で十分撃破可能でしたし。

巨大戦も、2人が駆け付けた途端形勢逆転しあっさり終了してしまいました。

例の最強合体は、もう少しですかね。



次回、グリッタの結婚式で異変が?

楽しみに待つとしましょうか。




次は仮面ライダー鎧武

光実、完全にキチガ◯に成り果てるの巻。


紘汰は劇場版の敵と遊んでいたせいか、結局戦闘には間に合わず

ぶっ壊れた戦極ドライバーとメロンロックシードを見て絶句するばかり。

状況から、光実が殺った事は明白です。

更に姉を攫ったオーバーロードの手先であり、トドメとばかりにペコを半殺しにしてツンデレ娘を無理矢理連れて行く凶行を行いました。

なのに、未だ光実がやり直せると思っているそのお花畑な頭を何とかするべきかと。

相手はたかが斬月・偽なのに、カチドキになっても極になっても勝てない有り様。

しまいには戒斗に叱られた挙句、撤退する羽目に。

あのプライドの高い戒斗ですら撤退を強行させざるを得ない状況って、あまりにも救い様がなさすぎます。

おまけに未だ自分自身の夢もやりたい事も見出だせていない辺り、もうヤバイなんてモノじゃありません

かって仮面ライダー555だった青年は、夢がない事を認めた上で「それを守る事は出来る」と自分なりの答えを出し、最後まで戦い抜きました。

しかし、紘汰はそれさえも分からないまま、「力を持つが故に頼られている」自分に甘え、答えを出さないまま来てしまっています。

探す仕事がバイトばかりなのも、「自分の為にやりたい事がない」からなんでしょうね。

全部「誰かの為」が原動力の人間とか、現実にいたら物凄く気持ち悪いですよね。

仕事を探すのもの為、戦うのはみんなの為。

そこに紘汰の「自分」はあるのでしょうか?

どう考えても無いですよね。

リアルに居たとしても別の思惑があるか、あるいは偽善者と思われるのがオチではないかと。

それほどに「リアリティ」の無い存在なのです。

今回も戒斗にそれをズバリ指摘されていますが、結局曖昧な答えを返すばかり。

別に高尚な考えを持てと言っている訳ではありません

ただ、戦うにしろ自分の感情を少しは優先させろと言う事です。

今の紘汰を見ていると「光実許さねぇ!→でも光実も訳有りかも?→戻って来させればみんなも光実もハッピーじゃね?」みたいな論法になり、自分の感情が殺されている感じがしますね。

結果、より多くの犠牲を出す結果になっています。

光実が斬月・偽だった事が判明した時点で本気でしばき倒して拘束しておけば、貴虎が生死不明になる事も無く、ペコも怪我する事も無く、ツンデレ娘も誘拐されなかった訳ですよ。

しかし、結果はクヨクヨ悩んでいる間に最悪の展開を迎えてしまいました。

全て、紘汰の「甘さ」と「日和見」が原因ではないかと。

ましてや、全アーマードライダーでも最大の戦闘能力を持っているだけに、その優柔不断の罪は重いと思うのですが。

戒斗も光実と互角の戦いは可能でしょうが、その後に及んでも紘汰は戦いをただ止めようとするだけでしょう。

つまり、紘汰自身が決断を下さねばどうにもならない所まで来ているのですよ。

光実をボコってゲネシスドライバーを取り上げ、拘束する。

これだけで、事態は最悪の結果を免れる訳です。

むしろ、何故それが出来ないのか理解に苦しむのですが。

しかも相手は自分をクズ呼ばわりした悪党ですよ?

正直、紙切れの如く薄っぺらかった晴人君と同レベルに堕ちて来た気がします。



(´ε`;)ウーン…



戒斗は、紘汰とは逆に最近↑age↑表現が多いですよね。

何と言うか、脚本家のお気に入りじゃないかと勘繰ってしまう位に。

今回も的確に紘汰をサポートし、叱咤さえする活躍を見せました。

最強フォームを出してさえダメダメな紘汰に撤退を進言する戒斗とか、こんな光景を見る事になろうとは誰が予測したでしょうか。

戒斗が活躍すればする程、紘汰がダメダメに見えて来ます。

しかも何か変なフラグまで立っていて、最早主役じゃないかと思う位でした。

何かウィザードの仁藤を思い出します。

最近は主人公を下げて、2号ライダー系を上げるのが流行りなんですかね?

少なくとも、ウィザード以前はそんな事無かったので困惑するばかり。

そういう事を考え始めると、戒斗の活躍を素直に見る事が出来難くなりました。



(;´Д`)




で、完全に理性のタガが吹っ飛んだ光実。

兄を倒した事で、完全にSAN値がゼロになった感があります。

完全に「常時狂気状態」になり、兄貴の幻影と言い争い出すに至っては、最早手の施しようがないのではないかと。

しかもその幻影は、本当の貴虎ではなく光実から見た「貴虎」に過ぎません。

誰かー精神分析持ちのお客様はいらっしゃいませんかー?

オーバーロードを従え、何の罪悪感も持たずにペコを痛めつけさせる様は狂気の一言に尽きます。

この場面を見て「北斗の拳」のあのシーンを思い出したのは、多分私だけではないはず。

さて、何本目で死ぬかな~?

後、某ニーサンを思わせる笑みも気持ち悪いですよね。

戦闘能力も跳ね上がり、未だクヨクヨ迷っている紘汰をまるで寄せ付けないレベルに。

特に極アームズが繰り出した武器を奪って再利用するとか、トンデモな強さもいい加減にしろと言いたくなります。

そりゃ流石の戒斗さんでも、撤退を強行しますって。

最早人類の裏切り者待った無しの光実。

新番組「暴れん坊ライダー光実」、狂い咲き待った無しだ!(CV:松平健)

どんな悲惨な結末を迎えるのか、正直楽しみになって来ました。

玩具屋の棚に山積みになったブドウ龍砲を見ると、何だか切なくなって来ますね。



'`,、('∀`) '`,、



いや、多分極アームズ用の需要を見越して再販されたんでしょうがw

光実がまた龍玄に戻る様なら、ブドウロックシードも同時に再販されるはずですしね。

余談ですが、最近龍玄とドリアンアームズの相性が非常によろしい事が判明しました。

もそうですが、完全に悪役と化した光実にあのトゲトゲとモヒカンがジャストフィットなんですよね。

是非とも、本編で使って頂きたいモノです。

そう言えば、今回はブラーボの中の人はちゃんと出番ありましたね。

戦極の提案に対し常識論を述べており、やはり戦術眼は確かな様です。

一方、恐ろしくラフな格好でおめおめと戻って来た戦極

あまりのラフさに、喧嘩を売りに来たのかと思いましたw

実際、みんなそう思って一斉に襲い掛かった訳ですが。

流石にフルボッコされれば、最強のデュークも形無しですな。

ですが、この時期に戻って来てあんな提案をする辺り一体どんな思惑があるのでしょう。

まあ、アーマードライダー達を利用してオーバーロードを殲滅、そのどさくさに紛れて禁断の果実を掠め取ろうとでも考えていそうですが。

と言うか、それ以外ありえないですよね。

この人の中には、禁断の果実を手に入れたい以外の欲望が全く無さそうですし。

怖いのは、手に入れた後のビジョンがまるで見えて来ない事。

従って、危険度は光実以上かも知れません。

光実共々、拘束して精神病院に叩き込みたい所です。



(;´∀`)



オーバーロード側は、相変わらずレデュエとロシュオのすれ違いぶりが何とも言えませんでした。

これは、下克上が十分にありそうです。

新オバロはシンムグルンが登場しましたが、ペコを痛めつける以外の活躍は殆ど無し

倒されるのは次回以降でしょうか。

何か新オバロは尽くただの怪人みたいですよね。

全部レデュエより格下っぽいし、仕方無いのでしょうけど。




戦闘では、斬月・偽の異様な戦闘能力の高まりが際立っていました。

紘汰がまるでやる気ゼロだったとしても、あの強さは異常です。

あのウォーモンガーである戒斗まで撤退を考えるのですから、その不気味さ推して知るべし。

逆に、鎧武は良い所無しでしたね。

何をやっても斬月・偽に歯が立たず、無様なシーンを連発していました。

後、何故まずジンバーで舐めプしようとしますか?

デュークの時も、斬月・偽の時も両方全く同じパターンだったのは驚きです。

特にデュークには、一度ジンバーでボコボコにされているはずですよね?

そこは最初からカチドキアームズ安定でしょう。

光実とは違って、特に情けをかける必要も無い相手(紘汰的に)ですし余計に手加減してやる意味がありません

この学習能力の無さが、ホント晴人君みたいになって来ました。

なんだかなぁ。




次回、遂にユグドラシルタワー潜入。

楽しみに待つとしましょう。



( ´ー`)フゥー...

theme : 仮面ライダーガイム 鎧武
genre : テレビ・ラジオ

comment

Secret

プロフィール

Kivagami

Author:Kivagami
玩具とネトゲ、そして仮面ライダーを始めとする特撮をこよなく愛する孤高人。
中でも悪のライバルキャラとか六人目とかに目が無い。
特撮系イケメンも好き。
クールガイなら尚大好物。
うさぎを始めとする小動物も好き。
現在、14匹の小動物に囲まれてお世話に奔走する日々。

現在ネトゲ流離い人、定住&安住の地を求めて旅は続く模様。
永遠の孤独(ソロ)という、非常にありがたくない称号を持っているらしい…?

注1:基本的にリンクフリー&トラックバックフリーですが、当ブログのテーマとかけ離れ過ぎな場合は削除しますのでご了承下さい。

注2:当ブログの趣旨は基本ツッコミですが、それに加えて「良いモノは良い、悪いモノは悪い」とはっきり述べるレビューブログでもあります。
決してモノを叩くのが趣旨のブログではありません。

注3:コメントの書き込みは基本的に歓迎いたしますが…
当ブログの趣旨を理解頂けていない書き込みだったり、明らかな捨てハンだった場合は警告無視とみなし、削除対象となる事を明記させて頂きます。
コメントをなさる時は、よく内容を吟味なされた上、ちゃんと名乗って頂ける様お願い申し上げます。
特に悪質な狂信者や荒らしだと判断した場合、通報及びアクセス禁止などの手段を執る事もありますので、その点を良くご理解下さいませ。

注4:最近ソフトバンクの携帯からの荒らしコメが良く来るので、一時的にアクセス不能にしてあります。
なのでお手数ですが、それ以外かPCからのアクセスをお願い致します。

注5:このブログに使用されている文章及び画像の無断使用を禁じます。

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

UNIQLO CALENDAR

里親募集WhiteCat

小動物図鑑

リンク

RSSフィード