08
2
4
5
7
9
11
12
14
16
18
19
21
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

参乗合体トランスフォーマーGO!忍チーム合体編。

先週に引き続き、今回はソードボット参乗合体編をお送りします。



この参乗合体、先行発売された侍チームは散々なバランスでした。

見事なまでの胴長細脚で、一体何処の妖怪かと言いたくなります。

妖怪ウォッチ?

しかし、後発の忍チームは調整が入ったのか若干マシになっていました。

更に投げ売り価格だったので、思い切って買ってみるとわりと楽しめてびっくり。

ですが、複雑な合体変形をする関係上様々な問題も残ったままですね。

全ての機体の変形合体をマスターするには、相当時間がかかるのではないかと。

なんせ、本体だけでなくカブトも残り物同士で合体させるので、それも覚えなければなりませんし。

とは言え、非常に遊びごたえのあるアイテムなのは間違いありません。

今の現行製品では、でかい合体戦士はいませんので。



(;´∀`)



まず、最初はゲキソウマルが一番上になった「ゴウゲキソウ

これが基本的に主役メカっぽいですね。

陸戦型っぽいので、ゲッターで例えるならゲッター號でしょうか。

合体順序はゲキソウマル・ヒショウマル・センスイマルとなっております。

上半身は非常にバランスが良く、胸のライオンが勇者シリーズのロボを彷彿とさせるカッコ良さ。

カブトは最小ですが、きっちりとヒショウマルと接続される上に顔も主役メカそのものです。

やはり胸にライオンの王道合体は外せませんね。

カブトを装着すると、関俊彦氏のイケボで合体完了が告げられ、派手な効果音が鳴り響きます。

ただし、これは制限時間内に完了しないと意味がありません

なので、面倒な方はカブト装着前にボタンを押すとよろしいかと。

風情はありませんが、ほぼ確実に合体完了ボイスなどが聞けます。

尚、ゲキソウマルのカブトのみ目が集光仕様になっているので、電灯の光などに当てると輝いて見えるのがまた良い感じですな。

勿論、各種ボイスを鳴らした時にもライオンの目と共に光るのですが。

その場合は目がに、ライオンの目の方は真っ赤に輝いて非常に綺麗です。

ボタンはライオンの額に位置し、とても押し易いのもGOOD。

肩はゲキソウマルの腕パーツが装甲となり、剥き出しの可動部分を隠してくれるので安心

とても素敵な上半身なんですがその反面、困った事に武器の保持がちょっとダメダメなんですよね。

合体武器の方は、手の奥の溝を通す事でしっかり固定されます。

問題はカブトの方で、センスイマルのカブトの差し込み部分を使った場合グラグラでまともに固定されません。

なので、強引にでもヒショウマルのカブトの差し込み部分を手の奥の溝に突っ込みましょう。

これでシールドの様に構える事が出来ます。

攻撃を受けて壊れた場合、他の形態への参乗合体はどうなるのか?など心配の種は尽きませんが。

何かZガンダムウイングガンダムのシールドみたいですよね。

それはともかく。

お腹と背負いモノを担当するヒショウマルは、やはりひっくり返った上に足を上に向けた凄い格好で合体しています。

基本的に、中段はをそのまま背負いモノにするのが基本の模様。

ゲッターロボ號の玩具では中段は基本全部背中行きだったので、これはマシな方かなと。

上半身であるゲキソウマルとの接続もカブトのお陰でしっかりしており、安定感があります。

の部分に羽根が来ているのもデザイン的に格好良く腰アーマーみたいにしたり、姿勢安定翼みたいにする事も可能

下半身との接続部分も、ライオンの前垂れで完全に隠れており気になりません。

かなり頑張ったと言わざるを得ない、ナイスなシステムですね。

肩の部分に位置する羽根のお陰で、肩が寂しく見えないのは良ポイント。

最後に、下半身を構成するセンスイマルですが、ちょっと接続に不安が残ります。

と言うのも、接続部分が一箇所だけなので少々脆弱なんですよね。

後述するゴウセンスイ同様、気を付けないとジオング状態になりかねないのでご注意を。

足なんて飾りです!

股間はクリック式なので、ここの安定感は十分

足もセンスイマルのでかいエンジン部分が担当しているので、普通に自立出来ます。

ただ、使わないジョイントが股間に剥き出し状態なのはイマイチですが。

これは全部の形態でも言える事で、ホント格好悪いんですよね。

例の変形時のガワもセンスイマルの足に残ったままなのも、減点対象かなと。

ただし、全体的なまとまりはこの形態が一番良いですね。

お尻に位置しているサメ顔も、良いアクセントとなっていました。

そして、実は各形態に非公式の、言わば弐乗合体が存在します。

ゲキソウマルの場合は、まず不要な足の部分のセンスイマルを廃棄処分

次にヒショウマルを足モードに変形させ、そのまま合体させるだけ。

ここに弐乗合体ゲキヒショウ(仮名)の完成です。

基本的に参乗合体の時の固定方法と同じなので、物凄く安定しているのがポイント。

自立も重心が前に向きがちですが、足を上手く調整してやると何とかなりますね。

後述する弐乗合体の中でも、一番安定しているのがこの組み合わせでした。

廃棄処分余ったセンスイマルはロボモードに戻すか、サメ顔を頭に見立てた謎の歩行マシーンにして遊び倒しましょう。

何かモビルアーマーみたいで楽しいですしw

特筆すべき点は、どの形態にも存在しているヒショウマルの存在ですね。

こいつは汎用性が非常に高く、何と同型機だけで延々と合体させ続ける事が可能なんだとか。

ヒショウマルだけで参乗合体までこなせるとか、恐ろしいにも程があります。



:(;゙゚'ω゚'):



次にヒショウマルが一番上になった「ゴウヒショウ

空戦タイプっぽいので、ゲッター翔ポジションですかね。

合体順序はヒショウマル・センスイマル・ゲキソウマルとなっています。

まず、上半身を構成するヒショウマルそれなりのバランスですね。

カブトで覆われた顔は、どこかしら烏天狗を思わせるモノに。

二連装砲はへその部分に位置し、自在に動かせます。

このカブトは地味に重要で、下半身を構成するゲキソウマルとも接続されるので合体時の安定感獲得に大きく貢献していますね。

後述するゴウセンスイでは、お腹を構成するゲキソウマルに接続されるので不安定なんですよ。

それはさておき。

肩の基部はクリック可動じゃないので、あまり重いモノを持たせると負けます

腕の可動自体は非常に優秀ですが、相変わらず武器保持が甘い問題が付き纏う事に。

せめて手に回転機構があったらなぁと思ってしまったのは、多分私だけではないはず。

無理すれば、カブトの残り物は腕の穴にマウントしておけますが。

加えて、他の形態では堂々とを向いている動物顔が、こいつだけ下を向いたままなんですよね。

何となくですが、ここが寂しく感じました。

次に背負いモノとお腹を構成するセンスイマルは、恐らく一番変形に苦労する事になるのではないかと。

と言うのも、説明書が非常に分かり辛く、結局別のレビューサイトを参考にして変形させたからですが。

自慢のサメ顔を後ろに向け、足を豪快に上に跳ね上げたアクロバティックな姿で合体します。

例のエンジンを思わせる部分はゴウセンスイの肩の上に移動し、如何にも空戦用の動力みたいな感じになるのが良い感じですね。

変形の面倒さを抜きにすれば、特に問題の無い箇所かなと。

最後に下半身を構成するゲキソウマルですが、これもわりとバランスが良く仕上がっています。

と言うのも電池がこいつに入っているので、一番重いのですよ。

それが一番下になっているので、安定感は抜群ですね。

バランス自体はそんなに良いとは言えませんが、ゲキソウマルのビーストモードの足の部分がそのままストッパーになっているので、何とか自立します

まあ、上手くバランスを取らないと後方へひっくり返りますが。

一応空戦タイプなので、そこまで接地能力を求められる機体ではないので上出来でしょう。

股間の可動はクリック入りなので、安定感があります。

この合体を後ろから見ると、サメ顔とライオン顔がトーテムポールの様に並んでいて面白いですねw

一応、タテガミを倒してライオン顔を隠してはいますが。

足自体も少し細いかなと思える程度で、ヒショウマル足程のガリガリさはありません。

腰には剣を差し込んでおける突起があるので、武器を分解した際はここに差しておきましょう。

ぶっちゃけた話、ムチと手裏剣と扇の組み合わせだけの方が安定しますし。

逆に二刀流にしたい場合は、残りが完全に余剰パーツになってしまいます。

付けられそうな場所も見当たらないので、素直にその辺に投げ捨てておくしかありません。

相変わらず、股間に使用しないジョイントが剥き出しなのもちょいと頂けないですが。

後、恒例の弐乗合体も勿論可能

今回はお腹部分のゲキソウマルをサヨナラして、ヒショウマルと足変形させたセンスイマルをそのままドッキング

ここに弐乗合体ヒショウセン(仮名)の完成です。

この形態は非常にバランスが良く、しっかり自立する所がポイント。

合体ジョイントも、上手く調整すればかっちりとはまり安定します。

難点と言えば、カブトの固定がヒショウマルの突起のみと不安定な事ですが。

それと、出来れば後ろからは見ない事をオススメしますw

きっと悲しい気持ちになりますので。

ちなみに、ゲキソウマルの下半身とはジョイントが完全に違う為合体出来ませんでした。

ゲキソウマル下半身は、どの上半身パーツとも合体できないのが悲しい所です。



(;´Д`)



で、最後はセンスイマルが一番上になった「ゴウセンスイ

ゲッターで言えば3ポセイドンに位置付けでしょうか。

合体順序はセンスイマル・ヒショウマル・ゲキソウマルとなっています。

まず、センスイマル部分は3体で一番安定した感じが。

と言うのも、他の合体ではゆるゆるだった武器の保持が一番かっちりしているからです。

カブト部分を組み合わせた武器も腕にマウント出来たりするので、非常に武器の扱いがですね。

胸のサメ顔もハッタリが効いていてカッコイイですし、王道と言った感じですか。

カブトを装着した顔は、若干悪役っぽいかなと感じました。

一番忍者らしい造形ではあるのですが。

それと、肩が少し寂しいですね。

カブトで隠れ切らないので、可動部が丸出しの肩が露出してちょっと悲しい事になります。

まあ、可動に関しては優秀ではありますけど。

最後に、例の単体レビューでも触れたガワ問題がここでも足を引っ張っています。

ビーストモード変形時のガワは、相変わらずに残って非常に邪魔臭いですね。

腕の可動にも干渉しますし、ホントこれ何とかならなかったのかと。

次にお腹部分背負物担当ゲキソウマル

正面から見たら、お腹だけなので存在感はありません

しかし、後ろを向くと突如として巨大な存在感を見せます。

と言うのも、折り畳まれた足はビルディングの如くゴウセンスイの背後にそびえ立ち、獅子顔胴体は反転して真下を向くと言う奇妙な姿だからですが。

変形させる時、理解するのにかなり苦労したのを覚えています。

この背負物が非常に重いので、上手くバランスを取らないと後ろへひっくり返る事請け合い。

いっそ背負物はカブトに任せて、腰と腿に変形した方がバランスとしては良かったのではないか思ってしまいますね。

その分、足に変形する時は分割機能が必要になって面倒さが増しそうですけど。

ゴウセンスイの中央にはボイススイッチが鎮座し、カブトもそこがちゃんと開いています

押せば専用の必殺技ボイスが流れ、遊びがより楽しくなりますな。

イマイチな点と言えば、下半身担当のヒショウマルとのジョイントがちょっと弱い事でしょうか。

気を付けて扱わないと、外れてネオ・ジオング状態になってしまいます。

足なんて(ry

そして、腰と足を担当するヒショウマル

これがまた細いんですよね。

どこの鶏ガラだと言いたくなる位、細っちいです。

股間の余ったジョイントやっぱり丸出しで、格好悪い事この上ありません。

合体の際には、股間にジョイントが必ず来なければいけない掟でもあるんでしょうか。

股間の可動はクリック式ではない為自由度が高いですが、その反面安定さに欠けます。

気が付いたら股裂き状態だったり、気持ち悪い内股になっていたりする事も。

ただ、足のパーツに後ろへの転倒防止の支えがあるのは非常に素晴らしいです。

普段は足の裏に位置していますが、この合体の時に初めて引き出して使う事に。

便宜上引き出すと書きましたが、正確にはひっくり返してパーツを出します。

このパーツが無ければ、ゴウセンスイは完全に自立不可能だったでしょう。

地味にGJです。

ちなみに、実はここでも無理矢理ですが弐乗合体が可能だったり。

まず、いらない子であるゲキソウマルをパージしてぽいっちょします。

で、そのままではジョイントが合わないのでひっくり返してから、センスイマルと合体

ヒショウマルの前掛けの部分の先っぽを、センスイマルの突起部分に差し込むと、より安定します。

そして、翼を斜め上に曲げ、足を一度後ろに曲げてから、腿よりひとつ下の関節で下に曲げればほぼ完成

カブトを適当に付ければ、弐乗合体センヒショウ(仮名)に。

…何とも奇妙な物体が誕生してしまいました。

まず、カブトは固定されないのでブラブラ

おまけに羽根が邪魔で足が前に動かせません。

トドメにバランスは最悪で、例の転倒防止パーツの力も及ばない為自立不可能です。

と言うのも、今度は重心が前になるので完全に無力と化すからですが。

まあ、おまけの非公認合体なのでこんな物かと。

ちなみに分離させたヒショウマルは、何かオーガスに登場した敵メカみたいな形になってましたw

もあるので、そのまま敵メカとして飛んでいても違和感が無さそうですね。

後、ゲキソウマル下半身センスイマル上半身は残念ながら合体出来ません

ジョイントは合っているのですが、センスイマルの前掛けが邪魔で合体出来ない様になっています。




'`,、('∀`) '`,、




以上、忍チーム参乗合体編+αでした。

とにかくギミックの塊なので、まだまだ遊び方があるかも知れませんね。

スタイルは若干犠牲になってはいるものの、プレイバリューの大きさで帳消しになるレベルです。

その分覚える事も多いので、暫くは取扱説明書が必須になりますが。

これで投げ売り価格3500円なので、完全に元が取れたと言って良いかと。



次回の木曜日も、TFレビューの予定です。

なんせ色々投げ売りになってましたしね。



( ´ー`)フゥー...

theme : ホビー・おもちゃ
genre : 趣味・実用

comment

Secret

プロフィール

Kivagami

Author:Kivagami
玩具とネトゲ、そして仮面ライダーを始めとする特撮をこよなく愛する孤高人。
中でも悪のライバルキャラとか六人目とかに目が無い。
特撮系イケメンも好き。
クールガイなら尚大好物。
うさぎを始めとする小動物も好き。
現在、14匹の小動物に囲まれてお世話に奔走する日々。

現在ネトゲ流離い人、定住&安住の地を求めて旅は続く模様。
永遠の孤独(ソロ)という、非常にありがたくない称号を持っているらしい…?

注1:基本的にリンクフリー&トラックバックフリーですが、当ブログのテーマとかけ離れ過ぎな場合は削除しますのでご了承下さい。

注2:当ブログの趣旨は基本ツッコミですが、それに加えて「良いモノは良い、悪いモノは悪い」とはっきり述べるレビューブログでもあります。
決してモノを叩くのが趣旨のブログではありません。

注3:コメントの書き込みは基本的に歓迎いたしますが…
当ブログの趣旨を理解頂けていない書き込みだったり、明らかな捨てハンだった場合は警告無視とみなし、削除対象となる事を明記させて頂きます。
コメントをなさる時は、よく内容を吟味なされた上、ちゃんと名乗って頂ける様お願い申し上げます。
特に悪質な狂信者や荒らしだと判断した場合、通報及びアクセス禁止などの手段を執る事もありますので、その点を良くご理解下さいませ。

注4:最近ソフトバンクの携帯からの荒らしコメが良く来るので、一時的にアクセス不能にしてあります。
なのでお手数ですが、それ以外かPCからのアクセスをお願い致します。

注5:このブログに使用されている文章及び画像の無断使用を禁じます。

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

UNIQLO CALENDAR

里親募集WhiteCat

小動物図鑑

リンク

RSSフィード