08
2
4
5
7
9
11
12
14
16
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

今週の仮面ライダー鎧武&烈車戦隊トッキュウジャー。

恒例の仮面ライダー鎧武 最終回「変身!そして未来へ

烈車戦隊トッキュウジャー 第30駅「誕生日のお祝いは

感想です。



まずトッキュウジャー

大和屋の脚本にしては、まだマシだった回でした。


冒頭の夢により、幸運にもミオの誕生日を思い出したカグラ。

しかも起きたその日が当日だったので、大急ぎで準備を呼びかけます。

ケーキは自分で作ると意気込んだカグラでしたが、やはりなりきりだけでは不十分

この辺りは素直に感心しましたね。

なりきりも万能じゃないって事を、さらりと描いていて好感が持てました。

仕方無いのでカグラはプロのパティシエに必死で頼み込み、ケーキ作りをコーチして貰う事に成功します。

ここで店がシャルモンだったら、完全にギャグになってた気がw

一方、シャドーラインはノア夫人が奇妙な作戦を展開。

それは、ウィッグシャドーとやらにトッキュウジャーの頭上に鳥の巣付きのウィッグを被せる事でした。

BBA侯爵もあまりの意味不明さに呆れていましたが、今回は同感です。

だってこいつ、鳥の巣ウィッグ作ったら後は放置なんですよね。

別に町の人間を無差別に鳥の巣ウィッグ攻撃しても良かったのに、それもせず。

やる気が無いにも程があります。

ただ、一時的にカグラ以外のトッキュウジャーを戦闘不能に近い状態にする事には成功しました。

このヒヨコは付けられた本人とリンクしており、ヒヨコが死ぬと本人も問答無用で死ぬと言う理不尽さ。

恐らくは、このままヒヨコが死んで同時にトッキュウジャーも全滅でめでたしめでたしなどと都合の良い展開でも考えていたのでしょう。

しかし、トッキュウジャーは何とかヒヨコを生かしつつ戦場へ戻って来ます。

カグラも頑張ってケーキを完成させますが、帰途でウィッグシャドーに襲われてケーキが大破。

怒ったカグラとトッキュウジャー達はウィッグシャドーと交戦しますが、やはりヒヨコのせいで戦闘力がガタ落ちに。

カグラは一人でも頑張って戦いますが、やはり一対一ではどうしてもパワー負けしてしまいます。

ですがその時、突如としてヒヨコが鶏に成長

5羽の鶏が、ウィッグシャドーを突いてフルボッコに。

同時に鳥の巣ウィッグも消滅し、作戦は失敗に終わりました。

予想外の事態に慌てるウィッグシャドー。

何でも、これまでヒヨコを育て切った奴はいなかったそうで。

流石に油断しすぎですよね。

元に戻った1号からハイパーレッシャーを拝借した5号は、サクッとハイパートッキュウ5号へ変身。

…したはずなんですが、謎のアクシデントにより3号と連結した形に。

それを見て馬鹿にするウィッグシャドーでしたが、どっこい二人三脚状態でもハイパーは強い!

見事なコンビネーションでボコボコにされた挙句、最後はダイカイテンキャノンで粉砕されてしまいました。

巨大化するウィッグシャドーでしたが、トッキュウジャーは容赦無く超々トッキュウダイオーで応戦。

まるで良い所が無いまま、ウィッグシャドーは爆発四散して終了です。



その後、ミオの誕生日は滞り無く行われ、無事にケーキも食べる事が出来たのでした。

例の鶏達とはお別れしてしまいましたが、彼らはこの後どうするのでしょう?

そこが何となく気になる所。



次回、トッキュウジャー達はハイパーレッシャターミナルへ。

楽しみに待ちましょうか。




次は仮面ライダー鎧武


取り敢えず、非常にまとまった最終回だったと感じました。


紘汰は今回、完全にお助けキャラ的位置付けでしたね。

最早神状態なので、NPC化するのが最善でしょうし。

例の映画で出会ったコウガネが滅び切っていない事に気付き、戻って来た紘汰。

戻って来た途端、一撃でバッタ怪人を撃砕

その後は光実を助け、力を合わせてコウガネを撃破しています。

実際は紘汰一人でも余裕だったのでしょうが、光実と一緒に戦う事が重要だったのでしょうね。

ベルト装着もロックシード起動も無しに極アームズに変身している所を見ると、本当に超越者になったのだなぁと改めて思いました。

光実に満面の笑みで別れを告げ、消えて行く紘汰。

今まで自分を許す事の出来なかった光実も、やっと笑顔を取り戻す事が出来たのでした。

にしても、冬映画はどうするのでしょうね?

戒斗は死んだままですし、紘汰は自分の世界の神として働いてる最中。

どう考えても出られる状況じゃないんですが。

完全に終わっている物語からどう引っ張って来るのか、非常に楽しみです。



(゚д゚)(。_。)(゚д゚)(。_。) ウンウン




戒斗は(?)状態で少しだけ登場

ご神木が戻って来た様なので、案外それの精にでもなっているのかも知れませんね。

一方、生還した貴虎は未だ弟と上手くコミュニケーションが取れない事に苦悩中

同じく、弟が神様になってしまい戸惑いが隠せない紘汰の姉に弱音を零したりしていました。

しかし、突然のバッタ怪人の襲来時には生身で戦いを挑む勇敢さを発揮しています。

と言うか、エナジーロックシードもゲネシスドライバーも戦極ドライバーも全部無かったからですが。

流石の貴虎もゲネシスドライバーの在庫は無かった様で、一個だけもしもの為にとっておいた黒影トルーパーセットを持って戦いに赴こうとします。

ですが、傷が癒えていない事を城之内に看破されてしまい、セットを託す事に。

その際に、城之内にようやく初瀬の最後を伝える事に成功しています。

何気にGJですな。

貴虎の黒影トルーパーへの変身が見られなかったのは残念ですが、まあ仕方無いですよね。

最後は笑顔を取り戻した光実と対面し、これで兄としても一段落付いた感じがします。

ただ、これから斬月の雄姿がもう見られないと思うと残念ですね。

もっと活躍して欲しかった気が。




(;´∀`)




で、今回の主役だった光実。

七ヶ月経った後も、未だ自分を許せず誰も寄せ付ける事が出来ないままでした。

貴虎もどうする事も出来ず、ただ手をこまねくばかり。

しかし、そこへ復活したコウガネが来襲

何だか良く分からず困惑する光実をボコボコにして、去って行きます。

光実は今度こそヒーローになるべく、秘匿していた戦極ドライバーとブドウロックシードを手に再出撃

奮戦空しくやられてしまった城之内を助け、バッタ怪人と戦闘を開始しました。

戦況は2対1と不利ですが、巧みに戦い邪武を追い詰めます

ですが、コウガネは卑怯にも取り憑いている少女をに光実を脅迫

止む無く変身解除した光実を痛めつけ、勝ち誇る邪武。

何もやり遂げる事が出来なかったと、諦めかける光実。

そこへ、遂に主人公が降臨します。

オバロ紘汰のパワーでたちまちバッタ怪人は粉砕され、邪武は少女から追い出される羽目に。

そして極アームズと龍玄の巧みなチームワークの前に翻弄された邪武は、哀れダブルライダーキックによって今度こそ最後を遂げたのです。

紘汰に改めて許される事で、ようやく笑顔を取り戻した光実。

駆け付ける仲間達を、笑顔で迎えるのでした。

彼に関しては、色々あったものの、救われて良かったと思います。

恐らくは、これからも贖罪の為に唯一のアーマードライダーとして戦って行くのでしょうし。

実際最後の黒影トルーパーセットが壊れた今、ロックシードはブドウ一個のみですので。

冬映画にも、出番がある事を願うばかり。

光実の贖罪の戦いは、まだ始まったばかりですしね。



(`・ω・´)





で、今回のもう一人の主役とも言える城之内。

シャルモンでの修行も順調でしたが、気になるのは元相方の行方。

それが今回やっと、貴虎の口から判明する事に。

恐らくは彼自身、薄々気付いてはいたのでしょう。

その懸念が現実となり、城之内は遂に爆発

貴虎から黒影トルーパーセットを半ば無理矢理に借り受け、初瀬の弔い合戦とばかりに黒影トルーパーへ変身。

バッタ怪人と邪武を相手に、能力的にグリドンとどっこいであろう黒影トルーパーで善戦しました。

ですが、2対1の上性能の差は歴然

遂に戦極ドライバーとロックシードを破壊され、戦闘不能に。

トドメを刺されかけた城之内ですが、そこへ立ち上がった光実が出現

何とか死なずに済みました。

やられはしましたが、城之内最後の戦いは格好良かったと思います。

変身ポーズも初瀬を意識したモノになっていたのも、ニクい演出ですね。

その城之内の師匠である凰蓮は、貴虎達と何とかバッタ怪人を抑えようとしますが、返り討ちにあってしまいました。

ザックも同じく駆け付けますが、やはり生身ではどうしようもありません。

凰蓮同様にやられてしまう羽目に。

しかし、ビートライダーズのリーダー格として光実を気遣ったり、ペコを宥めたりと非常に存在感がありましたね。

元々リーダーとしての素質があったものの、戒斗のに隠れて発揮できていなかっただけなんでしょう。

冬映画への出番はあるのかが気になる所。



(゚A゚;)ゴクリ




そして、しぶとく復活したコウガネ。

しかし、映画での戦いは紘汰の夢の中での話だったので誰も彼を覚えていませんでした。

当の紘汰は既に去っており、貴虎達も「誰?」状態に。

唯一紘汰以外に巻き込まれたであろう光実も覚えていなかった為、立場が無くなった為か激怒

劇場版より卑劣さ増々で、大暴れします。

戦闘力的には流石に回復し切っていない様で、マルスの時に持っていた武器は今回所持していません

ロックシードも黒ずんでおり、変身後もフォーゼみたいな素体に黒い外装を装着する全くの別物に。

その癖、武器は無双セイバーとピンク色の大橙丸みたいなモノと、かなりチグハグです。

名前も「仮面ライダー邪武 ダークネスアームズ」だそうで。

と言うか、こいつ何処で新品の戦極ドライバーを手に入れたんでしょうね?

ロックシードを装填した途端、プレートに顔が出現したので新品で間違いないかと。

恐らくは、黄金の果実(偽)の力で創り出したコピーの可能性が高いです。

紘汰も何のアイテムも使用せず変身していたので、劣化紘汰のコウガネにも似た事が出来てもおかしくはありません。

武器もコピーしたモノを出すのが精一杯だったのでしょう。

事実、劇場版のマルス程の戦闘力は無く、龍玄に倒されかけるレベルでしたし。

悪あがきを続けたコウガネですが、極アームズと龍玄のダブルキックの前に爆発四散

今度こそ、滅び去ったと思われます。

南無。


Ω\ζ°)チーン




戦闘では、戦極ドライバーとロックシードが無い為相当な危機感がありました。

確かに、ヘルヘイムが無くなったので補充も出来ませんしね。

唯一残っていた黒影アームズセットも、残念ながら破壊されてしまいましたし。

なので、戦闘力的に微妙な邪武でも十分な強敵でした。

一方、元アーマードライダー達は生身で戦う羽目になり酷い目に遭ってしまいます。

変身出来れば初期の段階でフルボッコにして始末出来たのですが、残念

城之内は頑張りましたが、やはり使い慣れない影松が足を引っ張ったのでしょうか?

武器を奪われた挙句、邪武にKOされてしまいました。

一方、超久しぶりの龍玄はそれなりに見せ場があったと思います。

一時は一人で邪武を追い詰めましたし。

そして、帰ってきた紘汰とのタッグは見事なモノでした。

たちまち邪武を劣勢に追い込み、サクッとトドメを刺してしまいました。

多分ですが、もうこの世界にヘルヘイム由来の存在は出現しない気がします。



と言う訳で、無事一年間の放送を終えた「仮面ライダー鎧武

様々な賛否が残る作品でしたが、少なくとも前作よりは楽しめた気がします。

ロックシードや戦極ドライバーのアイデアも、非常に個性的かつ面白いモノでしたし。

ただし、バンダ◯の品薄商法は許しませんが。

ともあれ、一年間頑張ってくれた出演者様一同制作スタッフ様一同、本当にお疲れ様でした。



m(_ _)m




次回、新番組「仮面ライダードライブ」

どうなるのか、楽しみに待つとしましょう。


( ´ー`)フゥー...

theme : 仮面ライダーガイム 鎧武
genre : テレビ・ラジオ

comment

お久しぶりです。

トッキュウジャー
また大和屋か‥
と思いながら渋々見てましたが意外に悪くなくてホッとしました、
なんと言うかヒヨコに名前付ける明くんがツボでした、
ほんとあのニワトリはどうなったのやら

鎧武
なんと言うかきっちり終わってくれてこちらもホッとしました。
劇場版のコウガネも倒しちゃったしMovie大戦ではどうするんでしょうかね?
個人的に黒影になった城之内がもうちょっと頑張って欲しかったのと、
せっかく龍玄が出たんだからキウイアームズもやって欲しかったです。
次回作のドライブは脚本が三条氏なので期待しています。


そういえば今週からGのレコンギスタが始まりました。
こちらの感想は毎週やる予定ですか?

No title

>DD様。

コメントありがとうございますv

何か拍子抜けしましたよね。
そろそろ荒唐無稽なネタが尽きたとか?

鎧武は53話までやって結局まともに終われなかった前作とは違って、すっきり終わった印象があります。
ベストとは言えませんが、ベターな感じで。
やはり一番気になるのは冬映画ですよねぇ。
敵もそうですが、神紘汰強すぎて始まる前に終わりそうですしw
ドライブは、良い意味で期待を裏切って貰いたいモノです。

レコンギスタに関しては、最初の感想を少しと、最後に統括(ロボットアニメ回想録枠)でやろうかと思っています。
ビルドファイターズトライも、ウルトラマンギンガSもそのパターンで火曜日にちょこちょこ入れて行こうかと。
Secret

プロフィール

Kivagami

Author:Kivagami
玩具とネトゲ、そして仮面ライダーを始めとする特撮をこよなく愛する孤高人。
中でも悪のライバルキャラとか六人目とかに目が無い。
特撮系イケメンも好き。
クールガイなら尚大好物。
うさぎを始めとする小動物も好き。
現在、14匹の小動物に囲まれてお世話に奔走する日々。

現在ネトゲ流離い人、定住&安住の地を求めて旅は続く模様。
永遠の孤独(ソロ)という、非常にありがたくない称号を持っているらしい…?

注1:基本的にリンクフリー&トラックバックフリーですが、当ブログのテーマとかけ離れ過ぎな場合は削除しますのでご了承下さい。

注2:当ブログの趣旨は基本ツッコミですが、それに加えて「良いモノは良い、悪いモノは悪い」とはっきり述べるレビューブログでもあります。
決してモノを叩くのが趣旨のブログではありません。

注3:コメントの書き込みは基本的に歓迎いたしますが…
当ブログの趣旨を理解頂けていない書き込みだったり、明らかな捨てハンだった場合は警告無視とみなし、削除対象となる事を明記させて頂きます。
コメントをなさる時は、よく内容を吟味なされた上、ちゃんと名乗って頂ける様お願い申し上げます。
特に悪質な狂信者や荒らしだと判断した場合、通報及びアクセス禁止などの手段を執る事もありますので、その点を良くご理解下さいませ。

注4:最近ソフトバンクの携帯からの荒らしコメが良く来るので、一時的にアクセス不能にしてあります。
なのでお手数ですが、それ以外かPCからのアクセスをお願い致します。

注5:このブログに使用されている文章及び画像の無断使用を禁じます。

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

UNIQLO CALENDAR

里親募集WhiteCat

小動物図鑑

リンク

RSSフィード