07
1
3
5
7
8
10
12
14
15
17
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

ガンダムビルドファイターズトライ 第7話感想。

恒例になったガンダムビルドファイターズトライ第7話「素組みのシモン

感想です。




今回の相手は、結構な変わり種でした。

キットは全て、特に手を加えられていない、所謂「素組み」の状態。

そして、ファイターのウチ二人は完全に素人

周囲の予想通り、クロスボーンバンガードをモチーフにしたチームに瞬殺されてしまいました。

ですが、最後の一人がこのチームの全てと言っても過言ではありません。

彼の名は「イズナ・シモン

元はボクシングのジュニアチャンピオンでしたが、病弱な弟がガンプラ好きだった為、弟の組んだキットで優勝して希望を与えてやりたいが為にチームを結成

キットは素組みですが、シモンの強さは段違いでした。

デスティニーガンダムを駆使し、敵チーム3機を1人で葬り去ってしまったのです。

恐るべし、イズナ・シモン。

ちなみにやられたのは、コスモ学園貴族科のチーム・バビロニアだそうで。

…貴族科ってですかね?

金持ちの坊っちゃんが、帝王学でも学ぶ学科でしょうか?

何から何までがコスモ・バビロニアのパロディですが、どうせならキャラもそれっぽくして欲しかったですね。

それはさておき。

シモンのチームは、前述した通りシモンと、彼に心酔する素人2人のチームです。

この2人は完全に人数合わせですが、シモンを強く慕い、そしてシモンが戦う理由を知っていました。

その為、次の相手が次々と強豪を葬り去っているチーム・トライファイターズだと分かると、いきなり最終手段に出ます。

それは、正直にシモンの現状を話し、更には土下座までしてトライファイターズに負けて貰う事。

この攻撃(?)は覿面に効果があり、従来人の良いトライファイターズの面々の心に迷いを植え付ける事に成功。

フミナとユウマは、完全に思考の袋小路にハマってしまいます。

ですが、セカイは違いました

何と、シモンの弟に会いに行き、ビルドバーニングガンダムを掲示しつつ宣戦布告をぶちかましたのです。

病室に現れたシモンもそれを聞き、お互い全力で戦う事を誓い合います。

驚いたのは、シモンの弟を見舞おうと来て、事の顛末を見てしまったフミナ。

結局見舞いも出来ないまま、セカイに真意を問いただします。

セカイ曰く「戦いにがあってはいけない。嘘があったら、勝者の栄光も全てになってしまう(要約)」だそうで。

フミナにはイマイチ理解できなかった様ですが、それでも彼女はセカイらしいなと思ったのです。

その頃、シモンはチームメイトに怒りをぶつけていました。

セカイが宣戦布告しに来た事で、彼らのした事がシモンにバレてしまったのです。

卑怯な事が大嫌いな正統派ファイターのシモンには、それがどうしても許せませんでした。

しかし、彼らの悲壮なまでの覚悟を聞いて、より一層絆を深めたのです。

そして決戦当日、遂に2チームが激突

ですが、フミナとユウマは迷いが抜け切れていません。

そこを2人に突かれ、捨て身のリングアウト攻撃を受けて脱落してしまいました。

この辺りは、何と言うかちょっと「覚悟」が足りない気がしますね。

何が何でも勝つ」と言う気概が無ければ、この先勝ち残る事は難しいと思います。

フミナとユウマの中の「戦う理由」は、他人の都合で簡単に取り下げて良い程度のモノなんでしょうか。

何となく、フミナが万年一回戦敗退を重ねていた理由が分かった気がします。

結局、テクニックがどうとかそういう問題ではなくて、「覚悟」が足りなかったのですよね。

ともかく、残ったのはセカイとシモンのみ。

ここからは俺達のステージだ!

2人の頂上決戦が始まりました。

イズナ・シモンは、ジュニアチャンピオンになるレベルの完成されたファイターです。

ガンプラにおいてもデスティニーの豊富な武装を使いこなす、かなりの技巧派でもありました。

キットが素組みではなく、ユウマやサカイ・ミナトが作るレベルに到達していたら恐らく普通に優勝を狙えるレベルでしょう。

対してセカイは未だ修行中の身であり、ガンプラを使いこなす腕もまだまだ未熟です。

セイが残したビルドバーニングガンダムも、完全に使いこなしているとは言い難い状態。

伸びしろはかなりあると思いますが、この時点ではキットの出来以外は全てシモンが上ではないかと。

そんな格上の相手に対して、セカイは真っ向から立ち向かいました。

死力を尽くした戦いの果て、今まで傷付く事の無かったビルドバーニングガンダムも遂に破損してしまいます。

素組みのキットで、世界最高レベルのキットを破壊する実力を持つイズナ・シモン。

間違いなく、全体を見渡しても最強クラスでしょう。

しかし、その世界最高レベルのキットを駆るセカイも現在進行形で成長を続けています。

実力の差をキットの性能に助けられつつも成長で補い、シモンに喰らい尽いて行きました。

凄まじい拳と拳のぶつかり合い、そして決着

この死闘を制したのは、ギリギリの状況から勝機を見出したセカイでした。

戦いの後、負けた事を弟に報告するシモン。

ですが彼は、がっかりする事など無かったのです。

それどころか、ビルドバーニングガンダムの出来の良さを賞賛、もっと腕を上げてあのレベルに到達する事を誓うのでした。

その手には、新たなる作品であろうデスティニーインパルスが。

シモンも、また弟のキットで戦って今度こそ優勝する事を約束します。

一方、トライファイターズは勝利したものの、未だ完全に迷いが晴れていません

フミナとユウマには、まだまだ試練が必要な様です。



(゚A゚;)ゴクリ。


後、水泳部出オチ乙

いずれやらかすと思っていましたが、まさかOP前で倒されるとは思いませんでしたw

そもそも、今までこいつら完全に運で勝って来たと考えて良いかと。

何故なら、折角水陸両用機を使用しているのに陸上や宙間戦闘の想定をしていなかったからですが。

今回だって、探せば氷の張っていない場所があったはずです。

ゲームが始まる前にも、氷の浮いた海が映ってましたし。

そこから水中インして、氷の下から攻撃するとか、サイクロプス隊みたいにスタイリッシュに氷を利用して攻撃する事も出来たと思います。

それが出来なかった時点で、所詮予選落ちするしかないレベルのチームでしたね。

シモンとは正反対の、まるで鍛錬が足りないチームでした。

両者共に素組み(水泳部は原作に忠実過ぎた?)キットだったのに、大きな差が付いてしまいましたね。

水に愛されているとか妄想をのたもーている暇があったら、もっと現実的な対策を打ちましょう。




(´・ω・`)




後、シモンの弟はSEED世界のキットが好きな様ですね。

作ったキットの全てがSEED系でしたし。

こういうコダワリも、ガンプラ好きらしくて良いかと。

所でバンダイさん、HGCEデスティニーガンダムはまだですかね?

今回あんなに活躍したんですから、デスティニーインパルス共々お願いしますよ?



( ̄ー ̄)ニヤリ




で、毎回恒例のビルドファイターズトライ叩きですが、今回は「素組みのキットにセイのビルドバーニングガンダムが壊されるのはおかしい!もう格闘だけやってろよ!的内容でしたな。

前はキットが壊れないとc(`Д´と⌒c)つ彡 ヤダヤダって駄々こねてたのに、壊れたら壊れたで文句言うんですね。

そもそも前作の時点で、キットが幾ら優れていてもファイターがダメだとあっさりやられる事が1話から語られて居たんですが。

サザキくんのギャンにバラされるウイングガンダムを、忘れたとは言わせませんよ。

今回の戦いは前述した通り、格上のファイターであるシモンとの差を、勝利への執念キットの出来に助けられて何とかセカイが勝利しただけでしょう。

むしろ素組みのキットであそこまでビルドバーニングガンダムを破壊したシモンが変態(褒め言葉)なんですよねぇw

顔面パルマを喰らいながらも、頭が吹っ飛ばなかったのはセイのキットが優れていたお陰です。

確かにキットの製作描写を省き過ぎな所は問題だとは思いますが、謂れのない叩きはどうなのかと。

もう少し、頭を柔らかくして試聴する事をオススメしたいですね。



(´ε`;)ウーン…




そう言えば、チームGマスターにスガ・アキラが正式参入しましたな。

ジオジオングの少年は非常に残念でした。

しかも彼は「ガンプラ学園」とやらから転入して来たと言います。

Gマスターの面々の驚き方から有名な場所の様ですが、ガンプラ塾と何か関係があるのでしょうか?

まあ、追々明かされていくとは思いますが。

取り敢えず、外伝のネタには苦労しなさそうですな。




次回、チーム北宋の壺VSチームGマスター。

楽しみに待つとしましょう。


( ´ー`)フゥー...

theme : ガンダムビルドファイターズ
genre : アニメ・コミック

comment

Secret

プロフィール

Kivagami

Author:Kivagami
玩具とネトゲ、そして仮面ライダーを始めとする特撮をこよなく愛する孤高人。
中でも悪のライバルキャラとか六人目とかに目が無い。
特撮系イケメンも好き。
クールガイなら尚大好物。
うさぎを始めとする小動物も好き。
現在、19匹の小動物に囲まれてお世話に奔走する日々。

現在ネトゲ流離い人、定住&安住の地を求めて旅は続く模様。
永遠の孤独(ソロ)という、非常にありがたくない称号を持っているらしい…?

注1:基本的にリンクフリー&トラックバックフリーですが、当ブログのテーマとかけ離れ過ぎな場合は削除しますのでご了承下さい。

注2:当ブログの趣旨は基本ツッコミですが、それに加えて「良いモノは良い、悪いモノは悪い」とはっきり述べるレビューブログでもあります。
決してモノを叩くのが趣旨のブログではありません。

注3:コメントの書き込みは基本的に歓迎いたしますが…
当ブログの趣旨を理解頂けていない書き込みだったり、明らかな捨てハンだった場合は警告無視とみなし、削除対象となる事を明記させて頂きます。
コメントをなさる時は、よく内容を吟味なされた上、ちゃんと名乗って頂ける様お願い申し上げます。
特に悪質な狂信者や荒らしだと判断した場合、通報及びアクセス禁止などの手段を執る事もありますので、その点を良くご理解下さいませ。

注4:最近ソフトバンクの携帯からの荒らしコメが良く来るので、一時的にアクセス不能にしてあります。
なのでお手数ですが、それ以外かPCからのアクセスをお願い致します。

注5:このブログに使用されている文章及び画像の無断使用を禁じます。

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

UNIQLO CALENDAR

里親募集WhiteCat

小動物図鑑

リンク

RSSフィード