09
1
2
4
6
8
9
11
13
15
16
18
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

TFLA ADEXブラックナイトスコーンレビューもどき。

今年公開された映画「トランスフォーマー ロストエイジ

これに登場したトランスフォーマーの中から、スピノサウルスに変形するダイナボット「スコーン」の限定バージョンをレビューしたいと思います。




このブラックナイトスコーンは、エディオン・コジマ・ビックカメラ・ベスト電器・ヤマダ電機のみで販売された限定商品です。

通常のスコーンは赤い色をしているのですが、どうも劇中のカラーとは違った模様。

なので、劇中に近い色合いにリカラーしたこのブラックナイトバージョンが登場した様です。

名前の如く、漆黒に衣替えを果たした姿はカッコイイの一言ですな。

私自身黒いロボは大好きなので、わざわざ通常バージョンをスルーしてこれを待っていました。

コノシュンカンヲマッテイタンダー!

発売日前日、何か予感を覚えて近くのエディオンに寄ってみると、何ともう入荷済み

しかもラス2と言う際どさだったので、さっさとゲットして悠々と帰還。

この時、帰り道にあったジョーシンに寄って帰らなかった事を後で悔やむ事になるのですが、それはまた次回で。

ともかく、こいつがロストエイジ・ムービーアドバンスドシリーズ最初の購入商品と言う事になります。

映画シリーズでは初登場のダイナボットの一体であり、巨大肉食恐竜「スピノサウルス」にトランスフォーム。

色々活躍したそうですが、実は映画未見なので涙を呑んで割愛

まず、商品は恐竜形態で封入されています。

取り出して見ると、小さいながら中々の迫力

この大きさと価格帯を、デラックスクラスと呼ぶそうで。

小さいのにデラックスなのは良く分かりませんが、これより更に小さくて安いシリーズもあるのでそれと対比しての事なのでしょう。

とは言え、以前紹介したサンダークラッカーと同じ大きさなので、そんなに小さい訳でもないのですが。

ちなみに同じく以前紹介したブドーラは、デラックスクラスの上のグレードであるヴォイジャークラスより小さく、デラックスクラスより大きいと言う中途半端なサイズでした。

一体だけ大きさが中途半端なのが、何となく気にかかる今日此の頃。

それはさておき、スコーンです。

全身の基本カラーはガンメタ系ブラックに、オレンジのラインが入った渋いモノに。

尻尾や牙、それと武器などはシルバーで塗られています。

恐竜モードの可動に関しては、まずは良く動きますね。

開口は勿論の事、上下左右の動きも問題無くこなします。

肉食恐竜特有のちっちゃな手は、基部がボールジョイントなのでこれも自由度高し

足も基部がボールジョイントなので、かなり大胆に動かす事が可能。

尻尾は固定ですが、ロックを外せば上下可動させられますね。

しかし、ちょっと収まりが悪くなるのでオススメしません。

全体的に良く動くので、色々なポーズを取らせる事が出来て面白いです。

大きく開口し、鋭い牙でカジカジやらせたり、倒れた獲物をモグモグさせると如何にも恐竜っぽいですね。

そして、恐竜からロボへとトランスフォーム

この変形が結構凝っていて、驚かされました。

まず、特徴的な背びれを動かしてに配置。

そして胴体と尻尾をロックしているパーツを外し、そのまま胴から下をグルンと半回転させます。

その際連動して、完全に引っ込んでいたロボ頭が少し飛び出してくるのがポイント。

頭をそのまま引き出した後、恐竜足を更に展開し長くするとロボ足に変身。

恐竜足の爪の中央の一本だけを動かして、ロボつま先にする機構は中々面白いですね。

剥がした恐竜胴とそれにくっついている恐竜手は背中に回っているので、そのまま恐竜胴はロボ胴体のロックに使用。

余った恐竜手は、畳んでお尻を支える様に配置します。

最後に、右腕に当たる恐竜顔を限界まで開口させ、額に埋まったロボ手を引っ張りだして完成

この手の構造が斬新過ぎて、流石に驚きましたね。

ちなみに左腕は尻尾がそのまま武器腕に流用されているので、何となくアバレンオーを思い出します。

アバレンオーはドリルでしたが、これは一応なんだそうで。

軟質素材で出来ているので、ムチとしても使えそうですが。

さて、ロボでの可動もかなり優れています

まず、頭は左右に振る事が可能。

上も少し向けますが、やり過ぎると抜けてしまうので注意。

肩は遮るものが何も無いので、360度グルリと回転します。

恐竜顔が変形した右腕は、横に水平になるまで上げられる他、上腕部分には回転軸が仕込まれており、ポージングの大きな助けとなる事請け合い。

肘は左が90度程度、右はもっと深くまで曲がりますね。

ただ、変形機構の関係上、右肘は反対側にも曲がってしまいますがw

右手には残念ながら回転軸は無く、少し内側に曲がる程度。

と言うか、ロストエイジシリーズの殆どが手首の回転軸を廃止してしまっている様です。

流石にヴォイジャークラスからはそうではないみたいですが、デラックスクラスだと回転軸ありのダイナボットは存在しない模様。

同じサイズのジェネレーションズでは回転軸ありですが、その分こっちより値段が安めに設定されています。

結論:コストカットの産物。

…まあ、仕方無いんでしょうけどねぇ。

気を取り直して、足の可動に行ってみましょう。

足は恐竜足がそのままなので、引き続き良好な可動が約束されています。

股間はボールジョイントで自在に動き、腿には回転軸がスタンバイ

膝は二重関節でかなり曲がりますので、足のポージングで困る事は無いはず。

足首に可動がないのが寂しいですが、例の恐竜爪を流用したつま先の角度で立たせる角度をある程度調整する事が可能。

後、背後のロックを外せば腰を半回転させる事も出来るので、状況に応じて使いましょう。

武器は、尻尾に格納されていた巨大なコンバットナイフが一振りのみと漢らしさ満点

左腕もなので、近接戦闘が得意なロボって事ですね。

と言うか、ダイナボット自身が「古代の騎士」という設定なので、自然とそうなったんでしょうね。

なるほど、顔の造形を見ると確かに騎士の兜みたいです。

それと、右手は恐竜顔に戻す事も出来るので、戦隊ロボなどで良くある「口が手の代わりになっているロボ」みたいにする事も可能。

真っ先に出て来たのはやっぱりガオキング。

なので、更に遊びの幅が広がります。

Amazonでも評価が高いスコーンですが、その理由が良く分かりました。



(`・ω・´)




ただ、やっぱり欠点が無い訳ではありませんね。

まず、股間のボールジョイントがかなりゆるゆるな事。

少し遊んだだけで、自立も困難な要介護者みたいになってしまいました。

ですので、軸を太らせるなりの対策が必要かと。

それと、恐竜顔が変形した右手に大きな空洞が出来るのも、何とかならなかったのかと思います。

正確には恐竜顔から手首を引き出した跡が、そのまま空洞として残ってしまっている状態ですな。

恐竜顔で言えば、額の部分に当たります。

何と言うか、個人的にこの空間が何か気になって仕方ないから困る。

まあ、どうしても嫌なら恐竜顔に戻したままにするのもありかなと。

最後に、限定品だからなのか殆ど値引きされていなかったのは中々堪えました。

懐が非常に寒いです。



(´・ω・`)



上記の欠点はあれど、優秀な玩具なのは間違いありません。

もしTFを集めているなら、見かけた時点で即買いしないと恐らく今後入手困難になると思われ。

事実、都市部では発売日当日の時点で既に難民が出ていた様ですし。

その後、再出荷がありましたが、まだまだ油断は出来ません。

正規品ですらそろそろ欠品が目立つ様になって来ているので、限定品ともなるとそうそう再生産しないでしょうしねぇ。

リベンジオプとバトルブレードバンブルビーは流石に欠品早過ぎと言いたい。

余談ですがこのスコーン、何と腕が胴体とくっついていません

ガンプラなどで慣れていると、かなり驚くのではないでしょうか。

なら何処に付いているのかと申しますと、肩から直接生えているんですよねw

これ、本当に面白い構造です。




次回も引き続き、ムービーアドバンスドシリーズのレビューの予定。

てか、マジでトランスフォーマーが溜まってるんですよねw

サクサクやらないと手が付けられなくなりそうですので、暫くお付き合い願います。




( ´ー`)フゥー...

theme : 玩具レビュー
genre : 趣味・実用

comment

Secret

プロフィール

Kivagami

Author:Kivagami
玩具とネトゲ、そして仮面ライダーを始めとする特撮をこよなく愛する孤高人。
中でも悪のライバルキャラとか六人目とかに目が無い。
特撮系イケメンも好き。
クールガイなら尚大好物。
うさぎを始めとする小動物も好き。
現在、14匹の小動物に囲まれてお世話に奔走する日々。

現在ネトゲ流離い人、定住&安住の地を求めて旅は続く模様。
永遠の孤独(ソロ)という、非常にありがたくない称号を持っているらしい…?

注1:基本的にリンクフリー&トラックバックフリーですが、当ブログのテーマとかけ離れ過ぎな場合は削除しますのでご了承下さい。

注2:当ブログの趣旨は基本ツッコミですが、それに加えて「良いモノは良い、悪いモノは悪い」とはっきり述べるレビューブログでもあります。
決してモノを叩くのが趣旨のブログではありません。

注3:コメントの書き込みは基本的に歓迎いたしますが…
当ブログの趣旨を理解頂けていない書き込みだったり、明らかな捨てハンだった場合は警告無視とみなし、削除対象となる事を明記させて頂きます。
コメントをなさる時は、よく内容を吟味なされた上、ちゃんと名乗って頂ける様お願い申し上げます。
特に悪質な狂信者や荒らしだと判断した場合、通報及びアクセス禁止などの手段を執る事もありますので、その点を良くご理解下さいませ。

注4:最近ソフトバンクの携帯からの荒らしコメが良く来るので、一時的にアクセス不能にしてあります。
なのでお手数ですが、それ以外かPCからのアクセスをお願い致します。

注5:このブログに使用されている文章及び画像の無断使用を禁じます。

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

UNIQLO CALENDAR

里親募集WhiteCat

小動物図鑑

リンク

RSSフィード