11
1
3
4
6
8
10
11
13
15
17
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

ガンダムビルドファイターズトライ 第10話感想。

ガンダムビルドファイターズトライ 第10話「ガン☆コレ

感想です。




今回は水着回と言うよりは、箸休め回と言った感じでした。

一番驚いたのは、あのガンプラアイドルだったキララが本名の方でハリウッドスターになっていた事。

あれからも努力して、遂にビッグになったのかと思うと感無量ですな。

フェリーニとはどうなったのかが、非常に気になる所。

さて、話の主役はトライファイターズではなく、セカイの姉ミライ

事務所の意向でガン・コレなるイベントに出場する羽目になり、大いに困惑

ガン・コレとは、ガンプラと水着ショーを融合させた摩訶不思議なイベントであり、これに勝利する事は事務所にとって大きな宣伝効果があるらしいですね。

流石ガンプラが市民権を得ている世界、最早何でもありです。

しかし、ミライはガンプラ製作の経験が全く無い素人。

そこで、ミライに懸想しているユウマが主体になってガンプラ製作をレクチャーする事に。

ユウマの妄想駄々漏れ状態に、ドン引きするセカイとフミナが気の毒でしたw

これは、もうフミナ×ユウマは無さそうですね。

それはさておき。

ここでようやく、ガンプラ作りのシーンが登場します。

Gミューズでのキット選びから、実際の製作まで短い時間ながら描写されていて良い感じ。

しかし、何故かチョマー仕様のザクレロがキット化されていて爆笑しました。

あれ、誰が買うんでしょうかw

もしかしたら、カラーデザイナーとしての腕を見込まれて限定キットのデザインを仕事にしているのかもですね。

後、何気に未発売のHGUCバーザムも登場しましたが、もしかしてキット化の予定ありですか?

自分的にはあまり興味の無い機体ですが、出るとすれば喜ぶファンが結構居そうです。

で、ミライが選んだガンプラは、劇中にしか存在していない「ベアッガイⅡ

前作のチナも、これをベースにベアッガイⅢを製作した事になっています。

見た感じ、ベアッガイ色のベアッガイⅢと言った感じでした。

ユウマの指導によって、無事自分だけのオリジナルガンプラ「ベアッガイF」を完成させたミライ。

そんなミライに、ユウマがねぎらいの言葉と共に渡したのは、何と小さなベアッガイこと「プチッガイ

前々から何かあるんじゃないかと言われていたプチッガイですが、まさかユウマが作ったモノだとは思いませんでした。

そしてガン・コレ当日

ガン・コレとは、確かにガンプラと水着ショーの完全なる融合となっていてびっくり。

所持ガンプラになぞらえた水着をまとい、スタイリングも合わせたモデル達が大量に登場しました。

小脇に巨大なエルメスを抱え、肌の色から髪型までララァに似せていたモデルに、あのネネカ隊を再現したモデルなど非常に面白い趣向が凝らしてあって良かったですね。

ガン・コレのメインイベントは、モデル達によるガンプラレース

これに勝利する事が、事務所とモデルの名を高める事になるそうで。

前作でも、レース形式のバトルがあったのを思い出します。

しかし、出場前にミライは妙なチャラ男に絡まれる羽目に。

キザでイケメンと、どう見ても我々の敵なんですが、実はガチのガンダムオタクと結構残念な所も。

このチャラ男がミライを気に入ってしまい、勝負に負けたらデートする事になってしまいます。

負けられない戦いに気合を入れ直したミライは、そのままレースに臨みました。

出撃時に、ちょこちょことプチッガイが動くシーンが可愛かったです。

最初は普通のレースかと思われたのですが、何といきなり多数のモデルがミライを集中砲火

実は彼女達、既にチャラ男に籠絡されており、その頼みで妨害行為に走っていたのです。

運営もそれを見て見ぬふりをしている辺り、このチャラ男、かなりの影響力を持っている模様。

数の暴力により吹き飛ばされ、湖に落下するベアッガイF。

姉のピンチに焦るセカイですが、ユウマは澄まし顔

それもそのはず、元々ベアッガイは水陸両用MS「アッガイ」を元に製作された機体。

従って、∀ガンダムのカプル同様に水中がホームグラウンドと言っても過言ではありません。

ユウマの目論見通り、ベアッガイFは足の裏のスクリューを回転させ、猛スピードでコースをショートカット

たちまちレースのトップに立ちます。

ですが、チャラ男も気合の入ったガンオタだけにこれでは終わりません。

何と、黒く染め上げた∀ガンダムを駆り、シールドをサーフボード代わりにしてショートカットを敢行したのです。

その熾烈な攻撃の前に、ベアッガイFは防戦一方

衝撃で転がり落ちたプチッガイにすら銃口を向ける残忍さを剥き出しにしました。

確かにバトルで手を抜かないのはあっぱれと言いたい所ですが、それも薄汚い色欲の為となれば良い感じはしません。

ミライはプチッガイを守る為に、∀ガンダムのビームの前に背を向けます

まさに悟飯を守るピッコロさんの如くビームを浴びたママッガイは、遂にその機能を停止してしまいました。

倒れたママッガイに擦り寄るプチッガイ。

勝利を確信するチャラ男でしたが、そこにミライの怒りが爆発

何と、プチッガイが凄まじい気合を放ちながら逆襲に転じて来たのです。

その動きは、セカイに勝るとも劣りません

実機のガンプラでも、プチッガイにビルドバーニングガンダムのエフェクトが装着出来るそうで。

実にこれの伏線だと考えると、中々感慨深いモノがあります。

セカイ曰く、ミライも小さい時に一緒に次元覇王流の修行をしていたのだそうで。

最後は「次元覇王流・蒼天紅蓮拳」で∀ガンダムの股間のアレを粉砕、見事勝利を収めたのでした。

当然ながら、チャラ男も悶絶し戦闘不能に。

その瞬間、会場の男性諸君が青ざめたのは言うまでもありません。

勝利したプチッガイは、シャボン玉に入って移動すると言う妙にファンタジーな方法でゴールへと向かいます。

そのままゴールを切るかと思われたのですが…そこにあつらえたかの様にが突き出していました。

いえ、岩と言うには小さいモノでしたが、元々ちっちゃいプチッガイを引っ掛けるには十分な大きさ

結果、盛大にすっ転んでしまい、優勝は普通にレースをしていた旧ザクのお姉さん

見事な予定調和とも言える展開に、唖然とするセカイ達でした。

ベアッガイⅢと言い、ベアッガイFと言い、優勝出来ない呪いでもかかってるんでしょうかw

とは言え、当初のチャラ男を倒す目的は達成され、デートせずに済む事に。

ミライに感謝され有頂天のユウマでしたが、肝心のご褒美デート(?)はセカイ&フミナ付きと知って、またも妄想を口から駄々漏れにするのでした。



(;´Д`)




一方、スドウに見送られながら大阪へ帰るサカイ・ミナト

その心には、慢心への反省と、新たなる闘志が燃え上がっていたのでした。





とまあこんな内容でしたが、中々楽しめた回かなと。

映像的お遊びも多く、黒く塗装された∀ガンダムも結構格好良かったです。

期待のベアッガイFも、非常に可愛い上にプチッガイ大活躍で良い感じでしたね。

出番は多分これだけかもですが、販促には十分かと。

事前の予想では、プチッガイを爆弾として使うのではないか?という恐ろしいモノもあっただけに、心底ホッとしました。

何より、やっとガンプラ製作に焦点が当てられたのは良い事です。

これからも、「ガンプラ愛」を忘れない作品作りをして頂きたいモノですね。

後、遂にユウマの宿敵が正式に登場しました。

その名はアドウ・サガ

多分某双子座の黄金聖闘士とは全く関係ない、非常に悪そうな男です。

と言うか、サカイ・ミナトにしろこいつにしろユウマのライバルばっかりですな。

所属はガンプラ学園であり、まずますアランの心変わりが確実になって来た気が。

以前の彼なら、こんなガンプラを道具にしか思っていないチンピラを相手にする事など無かったのですが。

一体、彼に何があったのやら。

そう言えば、スガ・サガと来れば他にもシガ・セガ・ソガもいるんでしょうかw

作品外だと志賀直哉(作家)・瀬賀太郎(セガガガ主人公)・ソガ隊員(ウルトラ警備隊)などがいますが。

何にせよ、非常にきな臭いガンプラ学園でした。



次回、研究所の名前から彼の登場は確実?

楽しみに待ちましょう。



( ´ー`)フゥー...

theme : ガンダムビルドファイターズ
genre : アニメ・コミック

comment

Secret

プロフィール

Kivagami

Author:Kivagami
玩具とネトゲ、そして仮面ライダーを始めとする特撮をこよなく愛する孤高人。
中でも悪のライバルキャラとか六人目とかに目が無い。
特撮系イケメンも好き。
クールガイなら尚大好物。
うさぎを始めとする小動物も好き。
現在、14匹の小動物に囲まれてお世話に奔走する日々。

現在ネトゲ流離い人、定住&安住の地を求めて旅は続く模様。
永遠の孤独(ソロ)という、非常にありがたくない称号を持っているらしい…?

注1:基本的にリンクフリー&トラックバックフリーですが、当ブログのテーマとかけ離れ過ぎな場合は削除しますのでご了承下さい。

注2:当ブログの趣旨は基本ツッコミですが、それに加えて「良いモノは良い、悪いモノは悪い」とはっきり述べるレビューブログでもあります。
決してモノを叩くのが趣旨のブログではありません。

注3:コメントの書き込みは基本的に歓迎いたしますが…
当ブログの趣旨を理解頂けていない書き込みだったり、明らかな捨てハンだった場合は警告無視とみなし、削除対象となる事を明記させて頂きます。
コメントをなさる時は、よく内容を吟味なされた上、ちゃんと名乗って頂ける様お願い申し上げます。
特に悪質な狂信者や荒らしだと判断した場合、通報及びアクセス禁止などの手段を執る事もありますので、その点を良くご理解下さいませ。

注4:最近ソフトバンクの携帯からの荒らしコメが良く来るので、一時的にアクセス不能にしてあります。
なのでお手数ですが、それ以外かPCからのアクセスをお願い致します。

注5:このブログに使用されている文章及び画像の無断使用を禁じます。

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

UNIQLO CALENDAR

里親募集WhiteCat

小動物図鑑

リンク

RSSフィード