07
1
3
5
7
8
10
12
14
15
17
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

ガンダムビルドファイターズトライ 第11話感想。

ガンダムビルドファイターズトライ 第11話「ニールセン・ラボ

感想です。




今回は強化回の前段階って感じでした。

全国大会へ向けての強化合宿を行う事にしたトライファイターズ。

移動時はいつものラルさん所有の車で、セカイとフミナは全く緊張感も無くZZの主題歌を熱唱してユウマに怒られていましたね。

技術指導のラルさんが選んだのは、かってビルドファイターとして名を馳せたニルス・ニールセン(現ヤジマ・ニルス)が所長を務める「ニールセン・ラボ」と呼ばれる施設。

基本は研究施設の様ですが、一般のファイター達の強化合宿場所としても機能している模様。

ただし、最低でも全国大会出場レベルでないと厳しい場所らしいですが。

ヤジマ家に婿入りし、ヤジマ姓を名乗る様になった彼は中々のイケメン男子に成長していました。

ラボご自慢のバトルルームでトライファイターズ達は、第二期恒例の性悪ファイター達に煽られます。

何でも鹿児島代表で血の気が多いとの事でしたが、明らかにただの性悪でしかないのにうんざりした視聴者も多いはず。

血の気が多いってのは好戦的って意味で使われる事が通常であり、相手を過小評価してdisるのは血の気が多いとは言わない気がするんですが。

サカイ・ミナトを始め、第二期はこんな奴ばっかりです。

何と言うか、本当にガンプラ愛も相手に対する礼儀も足りないゴミファイターばっかりが増えましたよね。

そりゃ、模型部の部長もビルドファイター達を嫌う訳です。

ガンプラを戦いの道具としか見ず、壊れたら古い機体には見向きもせず、新しいのを作って戦い、強者が弱者を踏み躙りdisるのが日常茶飯事の弱肉強食の世界ですしねぇ。

どうも、イオリ親子や三代目メイジン・カワグチの活動は全く日の目を見ていない様です。



(´・ω・`)




取り敢えず、その鹿児島代表チームと練習試合をする事になったトライファイターズ。

しかしその翌日、セカイのとんでもないミスで予定時間に遅刻する羽目に。

そのミスと言うのが、何と自分の分身たるビルドバーニングガンダムの紛失未遂

色々探した結果、何とお菓子と一緒になっていた事が判明。

これにはユウマもキレてしまいました。

元々ビルダーではないとは言え、部の備品扱いであるビルドバーニングガンダムの扱いを適当にするとか、流石に舐めすぎとしか言い様がありません。

もういっそ忘れた事にして、1から新キットを作らせる展開も悪くなかったかもと思ってしまいましたね。

で、遅れに遅れてルームに辿り着いた彼らの眼に飛び込んで来た光景は、練習試合の相手が全滅させられているショッキングなモノでした。

九州代表、完全に噛ませですね。

しかも、それを成し遂げたのはたった1機のガンプラ。

全国レベルの猛者を1機で制圧とか、戦闘力インフレもいい加減にしろと言いたくなります。

おまけにそいつは例のガンプラ学園所属の上、ユウマのトラウマ製造機だったからさあ大変

ブチ切れたユウマは問答無用でバトルに乱入、その機体に独断で戦いを挑んでしまいました。

敵の名は前回も少し登場した「アドウ・サガ

九州代表を完膚無きまでに粉砕したガンプラ「ガンダム・ジ・エンド」を駆る、見るからにボスキャラオーラを放つ強敵です。

トラウマを拭い去るべく、サガに向かって行くユウマ。

ですが、当のサガはユウマなど覚えていませんでした。

と言うのもこいつ、根っからのバトルジャンキーであり、最早数え切れない位のガンプラバトルを経験しているからですが。

「さあ、お前の罪を数えろ!」「今更、数え切れるか!!」

それでも強敵なら覚えていそうなモノですが、サガにとってユウマは雑魚の一人に過ぎなかったという事なんでしょう。

非常に悲しい現実を目の当たりにしたユウマは完全に逆切れして、戦闘を続行

しかし、底知れぬサガとガンダム・ジ・エンドの実力の前に脆くも完全敗北を喫してしまいます。

ユウマを苦も無く捻り潰したガンダム・ジ・エンドは、イマイチベース機体が不明のガンプラでしたね。

見た感じ、ガンダムデスサイズマスターガンダムデビルガンダムが混じっている感じで、しかもOOのファングまで搭載しているトンデモガンプラっぽいですが。

手持ち武器は銃が2丁と軽装ですが、これはあくまでも牽制用でしょう。

攻撃の要はあくまで、恐ろしく頑丈に作られたファングです。

このクッソ頑丈なファングが迎撃し切れず、哀れライトニングガンダムは蜂の巣にされてしまいました。

完封と言ってもいい結果に、トラウマに勝つ為のキット作りをして来たはずのユウマの心が完全に折れてしまいます。

ユウマの惨状を見たセカイ達も続けて乱入しますが、やはりたった1機の前に翻弄される事に。

ユウマよりは善戦するセカイでしたが、何と相手はスガ同様に次元覇王流を知っていました

どうも、ガンプラ学園にジュンヤなる次元覇王流の使い手がいる模様。

そいつと戦った経験もあるのでしょうが、サガはセカイ相手にも終始優勢を維持。

最後は、掌にガンダムヘッドが埋め込まれた様な不気味な腕から放たれる「デッド・エンド・フィンガー」なる技の前に、セカイも戦闘不能状態に。

ウイニングガンダムのパーツで強化されていたビルドバーニングガンダムでしたが、そのパーツは完全に破壊されています。

万事休すかと思われたその時、またも乱入者が。

天空から光と共に、Oガンダムの如き降臨を果たしたのは赤いガンダム

「あれは…パーフェクトガンダムⅢ…」

その機体を見たラルさんが呟きました。

そう、かって名作プラモ漫画「プラモ狂四郎」に登場したパーフェクトガンダム

前作でもタケシが使用して話題になりましたが、この機体はその3番目

キャスバル専用ガンダムよりももっと早く世に出た、の赤いガンダム。

戦いの最中で重装甲の機体への偏りにより一敗地に塗れた主人公、京田四郎が全ての設計を見直してシンプルかつ頑強に作り上げたオリジナルガンプラ

それが「パーフェクトガンダムⅢ レッドウォーリア」です。

当時は物凄いインパクトを読者に与え、初バトルは極端なガノタ相手と話題にも恵まれました。

しかし、その後は武者ガンダムの台頭により出番を喪失して行く事に。

劇中でも狂四郎が使用したのはたった2回と、非常に勿体無い結果に終わっています。

活躍の機会が少なかったのもあったのか正史には組み込まれず、キット化もされませんでした。

パーフェクトガンダムⅠ・Ⅱ及び登場回数たった一回の最後のパーフェクトガンダムですら、正史に組み込まれたと言うのに。

そんな不遇の機体に、今ようやく晴れ舞台が用意されました。

その名は「アメイジングレッドウォーリア

名前が示す通り、三代目メイジン・カワグチがレッドウォーリアをベースに作り上げた、至高のガンプラです。

前述の通り、立体化には尽く恵まれない不遇の機体でしたが、遂にこの作品に登場する事によって初キット化が決定。

鬱屈が溜まる一方の本編の中で、唯一の朗報と言えましょう。

元々紅の彗星の異名を持つ彼にぴったりと言えるキットですね。

1期や外伝でもガンダム系キットを良く使用していたので、違和感は全く無かったです。

果たして如何な戦闘能力を秘めているのか、それは次回のお楽しみ。



(;゚д゚)ゴクリ…





兎に角、三代目メイジン・カワグチが全部持って行った回かなと。

まさか、堂々と乱入してくるとは思いませんでしたw

レジェンドとも言える存在だけに、流石のサガも分が悪いでしょう。

多分仲裁程度で終わるんだとは思いますが、出来れば更なる活躍を期待したいです。

一方、ユウマの記憶では極悪非道なノーマナーファイターだったアドウ・サガ。

しかし、今見るとただのバトルジャンキーと言った印象しか受けません。

強者との戦いを心底楽しむタイプであり、相手を完膚無きまでに潰すのはついでと言った感じが。

あまりの落差に、ネットでも困惑する意見が多く出ています。

もしかしたらガンプラ学園とは、実力はあるが人格に問題があるファイターの更生施設を兼ねている?

ガンプラ塾などが母体になって設立されたとあるこの学校ですが、ありえない話ではありません

そして、異様な強さを誇るファイター揃いなのも、日本のファイターのレベルを引き上げる為の「」としての役割もあるのかなと感じました。

世界に通用するファイターを、ガンプラの発祥地である日本から沢山生み出したい。

そういうコンセプトで設立されたとすれば、アランが協力していて、尚且つ三代目メイジン・カワグチも黙認している事の説明が付きます。

最も、結局ファイトがメインになり、ガンプラ愛もないファイターばかりになったのは残念としか言い様が無いのですが。

これも、ガンプラ学園が強すぎた故の弊害でしょうねぇ。

ファイター達は勝つ為に愛を忘れ、勝つ為のガンプラ作りしかしなくなって行ったのですから。

今の所純粋なビルダーであるサカイ・ミナトですら、ガンプラをユウマに勝つ為の手段としか見ていない節がありましたし。

ガンプラは沢山発売されますが、まともに活躍するのはトライファイターズの機体のみ

他のガンプラは大抵一回こっきりの登場の上に、発売された時には既に出番が終了している事が殆ど。

これでは、どんなに出来が良くても売れ行きが鈍るのが当然でしょう。

逆にGレコは、キットが予想以上に売れたお陰でキット化枠が拡大されたと言うのに。

そろそろ方向性を修正しないと、残念なまま終わってしまいそうです。

今一度、巻き返しを期待したい所。



(`・ω・´)





次回、トライファイターズ特訓開始?

楽しみに待ちましょう。



( ´ー`)フゥー...

theme : ガンダムビルドファイターズ
genre : アニメ・コミック

comment

Secret

プロフィール

Kivagami

Author:Kivagami
玩具とネトゲ、そして仮面ライダーを始めとする特撮をこよなく愛する孤高人。
中でも悪のライバルキャラとか六人目とかに目が無い。
特撮系イケメンも好き。
クールガイなら尚大好物。
うさぎを始めとする小動物も好き。
現在、19匹の小動物に囲まれてお世話に奔走する日々。

現在ネトゲ流離い人、定住&安住の地を求めて旅は続く模様。
永遠の孤独(ソロ)という、非常にありがたくない称号を持っているらしい…?

注1:基本的にリンクフリー&トラックバックフリーですが、当ブログのテーマとかけ離れ過ぎな場合は削除しますのでご了承下さい。

注2:当ブログの趣旨は基本ツッコミですが、それに加えて「良いモノは良い、悪いモノは悪い」とはっきり述べるレビューブログでもあります。
決してモノを叩くのが趣旨のブログではありません。

注3:コメントの書き込みは基本的に歓迎いたしますが…
当ブログの趣旨を理解頂けていない書き込みだったり、明らかな捨てハンだった場合は警告無視とみなし、削除対象となる事を明記させて頂きます。
コメントをなさる時は、よく内容を吟味なされた上、ちゃんと名乗って頂ける様お願い申し上げます。
特に悪質な狂信者や荒らしだと判断した場合、通報及びアクセス禁止などの手段を執る事もありますので、その点を良くご理解下さいませ。

注4:最近ソフトバンクの携帯からの荒らしコメが良く来るので、一時的にアクセス不能にしてあります。
なのでお手数ですが、それ以外かPCからのアクセスをお願い致します。

注5:このブログに使用されている文章及び画像の無断使用を禁じます。

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

UNIQLO CALENDAR

里親募集WhiteCat

小動物図鑑

リンク

RSSフィード