08
2
4
5
7
9
11
12
14
16
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

TFLA AD27 バンブルビーレビューもどき。

これも昨年公開された映画に登場した「バンブルビー」の、ノーマルなバージョンです。




と言っても、別にアブノーマルなバージョンがある訳ではなく、他に2つ程別バージョンがあるからですが。

そのウチクラシックバンブルビーの方は個人的好みの問題で購入せず、もう一方のバトルブレードバンブルビーの方は気が付いたら凄まじいプレ値になっていて、手を出す余地がありませんでした。

このバンブルビーも非常に人気が高く、度々品切れを起こしては再生産されていた模様。

品切れの度にエレベーターの如く、値段が上下するのは見ていて笑えますw

ちなみに私は、近所のトイザらスの安売りの時にしれっと購入しておきました。

それはさておき。



このバンブルビーは、ビークルモードでは黄色いカマロなるアメ車にトランスフォームしています。


バンブルビー1



まさにアメ車と言う感じのフォルムですね。

変形が物凄くタイトなので、最初はかなり困惑する人も多いかと。

完全に車に擬態しており、以前までのTFみたいに武器などをマウントする穴もありません。

少し寂しいですが、今回の劇場版では擬態が大事なポイントなので致し方ないと言えます。

その代わり、車としてはかなりリアルに忠実な造形となっているのが中々良いですな。

から見ると、こんな感じに。



バンブルビー2


完全に、きっちりとロボ胴体が突っ込まれていますね。

このきっちりとした収まりの良さには、芸術性すら感じてしまいます。

ただ、きっちり過ぎて変形が大変なのは困りモノですが。

ビークルモードでは、車輪での転がし走行が出来る他のギミックは無し

まあ、仕込む余地は全く無いので構わないのですが。

さて、それではロボ形態へトランスフォーム

まず、車のボンネットを上に引き揚げて、左右のヘッドライトに当たる部分を外します。

この段階でを付けなければいけないのは、中央のバンパー部分と左右のヘッドライト部分をロックしているジョイント部分を破損しない様にする事でしょうか。

幾つかのレビューでも、白化した挙句ぽっきり逝ったと言う報告を見ました。

逆に切り取った方が楽に変形できるとの報告もありますが、あるべきモノが無いのに違和感を覚える方はご注意を

閑話休題。

車のバンパー部分は、ロボの胸部分を開いてそこに押し込みます。

左右のヘッドライト部分はスライドさせ、肩装甲に。

次にドア部分を構成している両腕を開放してやり、窓ガラス部分を折り畳みます

最後に折り畳まれた足部分を展開し、正面に向けてやるとロボモード完成


バンブルビー3


あのきっちりしたビークルモードから、見事なロボモードに変形していますね。

可動に関しては、まず腕は良く動きます

肩や左右のガワが少し干渉しますが、その度避けてやればOK

お約束の上腕ロール軸も完備され、肘もクリックが入った可動で90度程曲がります。

手首は残念ながら固定ですが、上腕ロール軸でフォローできるレベルなので問題無し。

頭部はボールジョイント接続ですが、障害物がある為左右はあんまり振れません

ただ、顎を思いっきり上げてやれば一回転は可能

下にはあまり向けませんが、上方向にはかなり上げられますね。

大体70度位は上がるので、ポージングの際重宝します。

胴体には可動箇所無しですが、これはまあ仕方ないかなと。

足は基部が前後方向・開脚方向の二軸式なのですが、結構グリグリ動きます

太ももにはロール軸があり、これもポージングの際大きな助けに。

膝は普通に90度の可動範囲を持っており、不足に感じる事は無いはず。

足首は大きく曲げ伸ばしが可能な上、接地部分が広いので非常に安定感があります。

全体的な関節などの保持力も高く、安心して弄れるのも良。

武器は、さっきの画像で両手に持っていた「スピニングディスク(回転鋸)」

手に持って回転させて敵を切り刻んだり、投げたりする武器だそうで。

使用しない時は背中のガワの左右にマウントが可能になっており、意地でも部品を余らせないタカラトミーのポリシーが伺えますね。

ビークルモードでもちゃんとにマウント部分がある当たり、ホント徹底しています。

ビームサーベルのマウント部分すらケチるバンダイには見習って欲しい所。

そして、もう1つの武器がこれ。


バンブルビー4


左手首をひっくり返すと、一体型のブラスターが出現します。

武器としては、こっちの方が多分メインなんでしょう。

ついでに言えば、頭部にはバトルマスクが装着されており、自在に開閉が可能。

ブラスターを構えている時の画像が開放時で、もう1つの方がマスク装着時になっています。

目には集光ギミックがあった様なのですが、完全に塗り潰されており機能せず。

ホント、これ勿体無いですよね。

その事もあり、普段はマスクオン状態にしている事が多いです。

兎に角、全体的な完成度が高いTFなので、売り切れが何度も続いたのも頷けるかなと。

特にガワ部分の処理が中々見事で、ガワ嫌いな私もニッコリ

値段以上の価値がある、優秀な玩具だと思います。



(`・ω・´)





欠点としては、前述した通り変形がかなりタイトな事でしょうか。

ロボからビークルへの変形はパチンパチンと小気味良く決まるのですが、その逆がいけない

ロックが解除し難い上に、下手すると破損の危険性まであります。

まあ、そんな大変なのはバンパー部分左右ヘッドライト部分繋ぐ場所だけなので、後は問題ないのですが。

後、両足が胴体内で繋がってるらしく、たまに片足の動きに釣られて付いてくる事が。

これはたまになので、あまり気にするレベルのモノではありませんね。

最後に、左右のヘッドライトのガワが結構背後のガワに干渉するのは少しストレスを感じました。

とは言え、以前のストレイフ程大変じゃないのでそれ程騒ぐ事でもないとは思いますが。



(´・ω・`)



その他には欠点らしい欠点も無いので、非常にオススメと言えます。

個人的には、関節などの保持力が高いのが好印象

結構素で調整が必要な奴も多いので、余計にありがたいです。




次回の火曜日は、多分無事終了したあの作品の回想録で行こうかと。



( ´ー`)フゥー...

theme : 玩具レビュー
genre : 趣味・実用

comment

Secret

プロフィール

Kivagami

Author:Kivagami
玩具とネトゲ、そして仮面ライダーを始めとする特撮をこよなく愛する孤高人。
中でも悪のライバルキャラとか六人目とかに目が無い。
特撮系イケメンも好き。
クールガイなら尚大好物。
うさぎを始めとする小動物も好き。
現在、14匹の小動物に囲まれてお世話に奔走する日々。

現在ネトゲ流離い人、定住&安住の地を求めて旅は続く模様。
永遠の孤独(ソロ)という、非常にありがたくない称号を持っているらしい…?

注1:基本的にリンクフリー&トラックバックフリーですが、当ブログのテーマとかけ離れ過ぎな場合は削除しますのでご了承下さい。

注2:当ブログの趣旨は基本ツッコミですが、それに加えて「良いモノは良い、悪いモノは悪い」とはっきり述べるレビューブログでもあります。
決してモノを叩くのが趣旨のブログではありません。

注3:コメントの書き込みは基本的に歓迎いたしますが…
当ブログの趣旨を理解頂けていない書き込みだったり、明らかな捨てハンだった場合は警告無視とみなし、削除対象となる事を明記させて頂きます。
コメントをなさる時は、よく内容を吟味なされた上、ちゃんと名乗って頂ける様お願い申し上げます。
特に悪質な狂信者や荒らしだと判断した場合、通報及びアクセス禁止などの手段を執る事もありますので、その点を良くご理解下さいませ。

注4:最近ソフトバンクの携帯からの荒らしコメが良く来るので、一時的にアクセス不能にしてあります。
なのでお手数ですが、それ以外かPCからのアクセスをお願い致します。

注5:このブログに使用されている文章及び画像の無断使用を禁じます。

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

UNIQLO CALENDAR

里親募集WhiteCat

小動物図鑑

リンク

RSSフィード