07
1
3
5
7
8
10
12
14
15
17
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

TFLA AD02 クラシックオプティマスプライム+αレビューもどき。

今回は名作と名高い「AD02 クラシックオプティマスプライム」をレビューしたいと思います。

+αに関しては、本文の中で説明予定。




ぶっちゃけた話、実はロストエイジの玩具ではこれが一番最初に購入したモノでした。

ですが、後に次々と商品が発売されるに至って何となく後回しになっていたモノです。

今回買った中でも現時点で唯一のヴォイジャークラスのアイテムであり、非常に良く手に馴染む大きさな感じが。

このオプティマスは、ある事情により逃亡生活を強いられている際の姿なんだそうで。

その為、武装や装備などは最低限のモノとなっている模様。

これ以前はもっとボロい「ラスティVer」と呼ばれる姿にまで落ちぶれており、そちらもトイザらス限定で発売されています。

今でもが良ければ、僻地のトイザらスで手に入ると思われ。

他のカラバリとしてはネメシスプライムがありますが、こいつはイベント限定でもっと入手が困難ですね。

こっちは非常に格好良い仕上がりになっているので、是非一般発売して欲しかったのですが。

誠に残念

閑話休題。

で、今回のは正規(?)のクラシックオプティマスプライムです。

まずはビークルモードから。


クラオプ1


はい、完全にお馴染みのコンボイタイプですね。

最初のアニメシリーズを見ていた人間なら、非常に懐かしいモノではないかと。


クラオプ2


コンテナが付いていないので結構地味ですが、十分にコンボイテイストを醸し出しています。

この姿でのギミックは、車輪での転がし走行が可能な位ですね。

武器は天井に1個、荷台に2個付けられるのですが、荷台の方は後述するある理由で使用不可能になっています。

とは言え、クラオプに付いてくる武器は1個だけなので問題が無いと言えばそうなのですがw

兎に角、何処から見ても完璧なトレーラー姿なのは惚れ惚れしますな。

しかし、これで驚いていてはいけません

クラオプの本領発揮は、まさにトランスフォームにあるのですから。

それでは、ロボットモードへとトランスフォーム!


クラオプ3


変形途中の画像ですが、あれが見事に展開してこんな感じになります。

早い話、今回の変形は表と裏が完全にひっくり返る様な形ですね。

ビークルモードの外装をパタパタとひっくり返し、荷台を伸ばしてに仕立てた後、腰を回転させればあら不思議


クラオプ4


見事な姿のオプティマスプライムが登場します。

その姿は、やはり往年のコンボイ司令官を彷彿とさせるモノに。

ちなみに胸の窓らしき部分はダミーであり、ビークルモードの正面ガラスにはなりません

これも変形させている時に、驚く場所の1つでしょう。

クラオプ9


後ろ姿も綺麗にスッキリ

驚く程にガワがありません

あのガワだらけのプロトフォームから、ホント良く進化したモノですね。

ここまで徹底的にガワが排除された作りになっているのが、世間でも相当な好評価を受ける要因なんでしょう。

なんせ、この前に出たノーマルのオプティマスプライムは、凄まじいガワを背負って登場しましたからね。

ガワが大嫌いな私は、同じくガワ大変形で悪名高いガルヴァトロン同様にスルーしたのでした。

まあ、今回ホントに敵が少ないのでガワヴァトロン様ガルヴァトロン様をスルーすると、全く敵がいなくなってしまうのですが。

仕方ないので、ウチのロストエイジ組はプレダコン軍団と合戦中ですw

それはさておき、クラオプに戻りましょう。


クラオプ5


顔はマスクオフ状態であり、コンボイ司令官とはガラリと変わったモノになっています。

映画を見ていた人間には恐らく見慣れた顔なんでしょうが、初の私はこの顔にかなりの違和感を感じました。

何と言うか、人間っぽい意匠が裏目に出ている気が。

おまけに何故か目の集光ギミックも殺されており、なんともお粗末な仕上がりになっています。

せめてマスクオンか、集光ギミック有りかのどちらか(あるいは両方)であればもう少し楽しめたかなと感じました。

このに対する不満が、後述する+α導入に繋がるのです。

可動に関しては、ガワが無いだけにとても優秀ですね。

全ての箇所が兎に角良く動くので、不満な点はありませんでした。

思う存分ガシガシ弄って遊べる、素晴らしい仕上がりと言えるでしょう。

ヴォイジャークラスだけあって、固定な事が多い手首も回転するのでポージングが捗ります。

武器はショットガンが一丁と寂しいですが、こいつは過去の作品でメガトロンが持っていたブツなんだそうで。

倒して奪ったのか、たまたま同じ形になったのか。

想像の翼は広がるばかり。

ちなみに射出ギミックがあり、弾を飛ばす事が可能です。

ちょっと暴発しやすいので、紛失に気を付けましょう。

にしても、某TF情報サイトでも去年のベストTFのトップに選出されたのも頷ける出来の良さです。

安く手に入るウチに、真っ先に抑えておきたいブツですね。



(`・ω・´)




不満点としては、前述した通り顔が好みでない事。

それと、武器がショットガン一丁のみと寂しい事。

そして首の可動にちょいと癖がある位でしょうか。

と言うのも、通常の状態では360度回転させる事が出来ないのです。

左右に少し振ると引っ掛かってしまうので、顎を上げてやらないとそれ以上回りません

この構造のせいか、下を向くのも苦手です。

最後に、見事過ぎる変形のせいか、変形自体にも少しコツがいる所も気になりました。

個人的には肩の部分をひっくり返して、トレーラーのドア部分にする所がやり難いと感じましたね。

無理にやろうとするとぶっ壊れる可能性があるので、気を付けて変形させましょう。



(´・ω・`)




普段ならここで終わりですが、今回はまだ続きがあります。

と言うか、むしろこっちが本命かも。

前述した通り、クラオプの顔に不満を持っていた私。

しかし、あるレビューサイトで衝撃的な情報を手に入れたのです。

それは、アメリカで発売された非公式パーツを使用すればクラオプが大変身するとの事。

非公式なのでそれだけでリーダークラスに近い値段がしますが、Amazonで簡単に入手可能な事もあって即座に発注してしまいました。

海外からなので一週間以上かかるとの事で、一日千秋の思いで待っていた私。

ですが、何と5日程度で届いてしまいびっくりしました。

最近の流通は、中々侮れませんね。

で、クラオプを変身させる非公式アドオン

その名は「DX9 Toys Amor Set

これをクラオプに装着すれば、何とあの「ゴッドジンライ」をモチーフとしたカッチョイイ姿に出来るのです。

ゴッドジンライと言えば、「トランスフォーマー 超神マスターフォース」で大活躍した総司令官

私も非常に大好きなキャラです。

それだけに、続編で殺された挙句別のTFに改造された時は心底ガッカリしたモノですが。

スターセイバーは絶対許早苗。

クラオプがそのゴッドジンライになると思えば、リーダークラスレベルの金額を支払っても安いモノです。

と言う事で、変身を遂げたゴッドジンライのビークルモードをご覧あれ。


クラオプ6


まずは正面からですが、既に新しいパーツが見えますね。

天井部分に装着されているのは、新規パーツのロングライフル

勿論ゴッドジンライが持っていたモノのリスペクトであり、都合2丁付いて来ます。

荷台の武装装着部分が追加パーツの為死んでいるので、1丁は余剰になってしまうのだけは残念。


クラオプ7


から見た姿がこれです。

大きくその形状を変えている事が良く分かりますね。

寂しかった荷台が、見事なまでに戦闘用に進化しています。

ライフル1丁を除けば、全てのプロテクターがここに装着出来るのは凄いですよね。

ちなみに荷台の二連キャノン個別に動かす事も、連動で動かす事も可能とギミックにも抜かり無し


クラオプ8


後ろ姿から。

非公式アドオンなのに、ここまできっちりパーツが合うのはホント見事です。

と言うか、そういうモノを見越してタカラトミーが製作したんじゃないかと思ってしまう位に無理がありません

何と言うか、謎の穴や突起が妙に多いんですよね。

特に肩の穴なんて、アーマーパーツを付ける以外に何すりゃいいの?な感じですしw

今回の非公式アドオンも、それをフルに利用してパーツを装着しています。

それでは、ロボットモードへ「トランスフォーム!ゴッドオン!!


クラオプ10

まずはパーツ無しの素の姿を。

殆ど変化がない様に思えますが、実は前のクラオプの時点であるパーツが既に装着されているのですよ。

それは、足の下駄部分

これは一度装着してしまうと取り外しが困難な為、クラオプの時も付けっ放しになっています。

こいつが付いているお陰で荷台の武器装着穴が死んでしまいましたが、この程度は許容範囲内ではないかと。

後、顔も当然ながら交換されています。

それでは、「ダブルオン!超神合体!!



クラオプ11


なんということでしょう~(ビフォーアフター風に)

あのクラオプが、見事なゴッドジンライ風の姿に大変身

微妙に原型を保ちながら、尚且つ不自然さを極力排した素晴らしいバランスになっています。

ちなみに腰の黒い部分は、股間のディスプレイ用の穴を利用して取り付けている感じですね。

武器も2丁のロングライフルを装備して、更にゴッドジンライ感が高まりました。

肩のキャノンは本来ゴッドジンライだと足に移動しているのですが、これは仕方ないですね。

前段階のスーパージンライも再現可能と考えると、何となく許せてしまいました。



クラオプ12


イマイチ気に入らなかった例の顔も、完全なコンボイ型の顔に。

これは頭部のネジを外して、丸ごと交換しています。

不要になったオプティマス顔は、さらし首ごっこに使うなりジオングごっこに使うなりご自由に(おい)

冗談はさておき、非常にイケメンに造形されていて好感が持てますね。

これで集光ギミックがあれば完璧だったのですが、流石に求め過ぎでしょうか。

胸の部分のメッキも剥がれ難い感じで、綺麗な仕上がりです。

ゴッドジンライの象徴的な部分ですので、一切の手抜き無し

クラオプ13


背面は特徴的なウイングでまとめられています。

やっぱりこのウイングが無いと、ゴッドジンライとは言えません

可動部分は無しですが、劇中でも大して動いていた印象が無いので気にならず。

銀色の部分も自由に動かせる上に取り外しも可能なので、色々カスタマイズしても良いかも。

それ以外の追加は無いので、下半身はスッキリしたままです。

クラオプ14


可動に関しては、流石にこれだけ着込んだらそこそこ干渉を受けます。

とは言え、極力動きを阻害しない様に工夫されているので、そんなに心配する事はありません

注意すべき点は、肩の可動の際にキャノンを調整する事と、腰の捻りがほぼ死ぬ事位ですかね。

個人的に腰の回転軸は滅多に使用しないので、全く気になりませんでしたが。

ありがたいのは、ポロリが殆ど無い事でしょう。

聖闘士聖衣神話(特に黄金と神聖衣)も見習うべきではないかと。

なので、思う存分弄り倒せます



クラオプ15



最後はロングライフルを構えたポーズで。

少々お高めですが、ゴッドジンライが好きなら導入しても損はさせないレベルの良い品ですね。

アーマーパーツを取捨選択する事で、装備変更の楽しみもあるのがまた素晴らしい

ちなみに余ったショットガンは、いろんなTFの間を行ったり来たりする流浪の武器に。

素のジンライからスーパージンライへ、更にゴッドジンライへの変身を楽しめるナイスなアイテムでした。




( ̄ー ̄)bグッ!






ただ、不満点も無い訳ではありません。

まず、肩のゴッドキャノンがオミットされている事。

特徴的な武器だっただけに、ちょっと残念

せめて余るショットガンをそれっぽく装備出来るパーツがあれば、少しは違ったかも。

そして、腕の篭手部分も無いのは流石に寂しいかなと。

同じく特徴的な攻撃だった「ゴッドパンチ」も使えません。

ここはホント、何とか付けて欲しかったです。

更に、ビークルモード時の胸パーツと肩パーツの保定が少し緩い事も問題かも。

キャノンを動かして遊んでると、基部からポロリする事が頻繁にあるのでご注意を

で、これが一番痛いのですが、このアドオンには説明書がありません

なので、パッケージレビューサイトなどを参考にして装着する必要があります。

まあ、個人的に苦労したのはビークルモードの方で、ロボットモードはまだマシですが。

それでも、胸パーツの付け方に癖があるので結構悩んだ覚えが。

ビークルモードでは例のポロリしやすい肩キャノンと胸パーツの組み方が分からず、相当苦戦しました。

特に胸の中央のパーツが独立して回転する事に気付くまで、かなりの時間を消費しています。

てっきり一体成型だと思っていたので、本気で驚きましたね。

最後に、前述した肩キャノンの問題。

スーパージンライでは確かに肩にあるのですが、超神合体時には足の両側に移動するパーツでした。

折角キャノンの取り外しが可能なのに、足に付けられないのは本当に勿体無い

確かに良いアドオンなんですが、それだけに不足分が非常に惜しく感じます。



(;´∀`)





以上、クラオプと非公式アドオン「DX9 Toys Amor Set」のレビューでした。

アメリカではそれ以外にも、様々な非正規トランスフォーマーが出ている様なのでびっくり。

メナゾールやデバスター、果てはプレダキングまで出ているのは凄いです。

流石に値段は最近の超合金魂さえも超えるので、おいそれと手が出せる状況ではありませんが。

まあ、正規品も遂に合体に本格的に取り組むみたいなので、そちらに期待しようかと。

次回は、多分久しぶりにガンプラのレビューになるかなと。




( ´ー`)フゥー...

theme : 玩具レビュー
genre : 趣味・実用

comment

Secret

プロフィール

Kivagami

Author:Kivagami
玩具とネトゲ、そして仮面ライダーを始めとする特撮をこよなく愛する孤高人。
中でも悪のライバルキャラとか六人目とかに目が無い。
特撮系イケメンも好き。
クールガイなら尚大好物。
うさぎを始めとする小動物も好き。
現在、19匹の小動物に囲まれてお世話に奔走する日々。

現在ネトゲ流離い人、定住&安住の地を求めて旅は続く模様。
永遠の孤独(ソロ)という、非常にありがたくない称号を持っているらしい…?

注1:基本的にリンクフリー&トラックバックフリーですが、当ブログのテーマとかけ離れ過ぎな場合は削除しますのでご了承下さい。

注2:当ブログの趣旨は基本ツッコミですが、それに加えて「良いモノは良い、悪いモノは悪い」とはっきり述べるレビューブログでもあります。
決してモノを叩くのが趣旨のブログではありません。

注3:コメントの書き込みは基本的に歓迎いたしますが…
当ブログの趣旨を理解頂けていない書き込みだったり、明らかな捨てハンだった場合は警告無視とみなし、削除対象となる事を明記させて頂きます。
コメントをなさる時は、よく内容を吟味なされた上、ちゃんと名乗って頂ける様お願い申し上げます。
特に悪質な狂信者や荒らしだと判断した場合、通報及びアクセス禁止などの手段を執る事もありますので、その点を良くご理解下さいませ。

注4:最近ソフトバンクの携帯からの荒らしコメが良く来るので、一時的にアクセス不能にしてあります。
なのでお手数ですが、それ以外かPCからのアクセスをお願い致します。

注5:このブログに使用されている文章及び画像の無断使用を禁じます。

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

UNIQLO CALENDAR

里親募集WhiteCat

小動物図鑑

リンク

RSSフィード