08
2
4
5
7
9
11
12
14
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

今週の仮面ライダードライブ&烈車戦隊トッキュウジャー。

恒例の仮面ライダードライブ 第18話「なぜ追田警部補はそいつを追ったのか

烈車戦隊トッキュウジャー 終着駅「輝いているもの

感想です。




まずトッキュウジャー

タイトルが、主題歌の一節ですな。

何と言うか、結局大して盛り上がらずに終わった感が。

残った幹部もその強さを魅せつける事無く、ボッコボコにされた挙句ゼットに融合して終了

ホント、完全にいるだけ幹部でした。

怪物化したキャッスルターミナルも、ロボにすらならない烈車に撃破されてさようなら

ゼットもラスボスとしての威厳を持たないまま、ヤケクソ状態でトッキュウジャーと交戦して戦死

巨大化すらしないやる気の無さは、ある意味伝説かも。

トドメにグリッタは特に伏線も無いまま生存しており、ゼットの闇を回収して帰還。

何とも、消化不良感が残るラストバトルでした。



(;´Д`)




一方のトッキュウジャー達は、ホント特に語る事の無いラストを迎えています。

来て勝って子供に戻ってお終い。

マジでこれだけだから困る。

キャラクターは面白く可能性も沢山あったのに、脚本の拙さで活かせなかった駄目な例でした。

ゴーバスターズの時も思ったのですが、本当に勿体無い

最早、小林靖子氏が戦隊の脚本を書くのは限界なのではないかと思います。

新しい才能を育て、送り出す側に回った方がよろしいかと。

後、大和屋はとっととアニメ畑にお帰り下さい。

特に心に何も残す事なく、ただ駆け抜けて行った通過列車

あるいは貨物列車。

それが、私にとっての「烈車戦隊トッキュウジャー」でした。

まあ、役者さん達には罪は無いのでとだけ言っておきましょうか。




次回、新番組「手裏剣戦隊ニンニンジャー」

どんなトンデモ戦隊になるのか、期待しましょう。




次は仮面ライダードライブ

引き続き、あんまり主人公が目立たない回でした。


今回は追田警部補がメインの上、いつもの如く剛が出張っているのでマジで進ノ介影が薄いです。

変身出来なければ、ほぼ追田警部補の部下Aで終わってしまいそうなレベルだから困る。

戦闘でも妙にタイプスピードに拘った挙句、マッハ共々ボコられるシーンばっかり。

戦闘シーン多めだったので、余計にストレスだけが溜まりました。

で、やっとデッドヒートを出したかと思ったら、チェイサーの邪魔で活かせず仕舞い。

もう少し、これは何とかならないのかと思います。

後半に期待ですかね。



(´ε`;)ウーン…




剛はいつも通り、単独行動で存在感をアピール。

追田警部補とも絡みがあったり、変なグループと関わってしまったりと活躍しています。

戦闘では初登場補正が切れたのかイマイチでしたが、それでも進ノ介よりはマシでしょう。

ですが、以前とはにチェイサーにバイクを奪われてしまったのは大失敗でした。

チェイサーInライドクロッサーのターゲットとして、狙われてしまった剛。

果たして、剛の運命や如何に。



(゚A゚;)ゴクリ




メモ婦警さんは特に目立った活躍は無し

白衣さんは、追田警部補の要請でどんより解消機(ピコピコ3号)を急ピッチで開発とかなりオーバーワーク気味

しかし、頑張って作っただけに電撃耐性を持つなど中々の高性能

これで小型化が叶えば、ロイミュードに対する相当なアドバンテージを持つ事が出来そう。

後は、追田警部補にもあの特殊弾丸を供給してあげて下さい。

彼も最前線でロイミュードと戦う事の多い、危険な立場ですし。

その追田警部補は、今回ほぼ主役級でした。

かって犯人自殺で迷宮入りしたかと思われた事件の犯人が再び出現し、燻っていた執念の炎が燃え上がります。

進ノ介を相棒に活動を開始し、ジャッジの正体に迫りました。

改良型のピコピコ3号を背負い、ジャッジに迫撃する追田警部補。

しかし、その彼を襲った剣技はかって自分が喰らったモノと同一だった事に気付いて愕然。

剣技の使い手は、彼が尊敬していた警察の先輩である

( 0w0)ナズェミデルンディス!

訓練中に何度も喰らった覚えのある、彼独自の必殺剣でした。

追田と一緒にジャッジを追った戦友でもある彼が、何故?

混乱する追田の目の前で、ロイミュードが橘の姿に。

そのショックや、尋常なモノでは無かったでしょう。

一体これはどういう事なのか、次回の展開が楽しみです。



(゚д゚)(。_。)(゚д゚)(。_。) ウンウン




後、何か課長って最近いない事が多過ぎませんか?

役者さんのスケジュールの都合かですかね?

まあ、居た所で占いやってるか変顔を披露してるかのどっちかなんですが。




(;´∀`)





で、ロイミュードの守護者となったチェイス。

相変わらず安定した強さで、存在感もマシマシ

玩具が再生産されないのが、不思議な位ですな。

まあ、去年も大活躍中のアイテムを再生産せず終わらせたバンダイなので、期待するだけ無駄でしょうが。

それはさておき。

魔進チェイサーとなった後は、初期を思わせる圧倒的なパワーで両ライダーを蹂躙

今回は更に以前の意趣返しとばかりに、ライドクロッサーを完成させて剛に迫ります。

ライダーが強化されて雑魚になり下がるかと思われたチェイサーですが、その強さは健在

何とも厄介な事ですね。

それとは逆に、ネタキャラ化の様相を呈してきたブレン

今回も提案を全員満場一致でフルボッコにされ、涙目

だんだん残念な子になっていくブレンが、今人気急上昇中だとか。

この人、何だかんだ言って最後まで生き残りそうな気が。



'`,、('∀`) '`,、





今回のロイミュードは、追田がかって追い続けた犯罪者の手口を使い悪党を成敗する変わり種。

奇妙な行動を取るロイミュードに、ブレンが粛清を提案しますが満場一致で却下されます。

ハートもメディックも、物事は長期的視野を以って行わないといけないと言う事で意見が一致していたからですが。

その行動は前述した様に、以前追田達が追っていた「ジャッジ」なる犯罪者とほぼ同一の手口でした。

ただ今度のは闇サイトで悪党のターゲットを募集し、それをロイミュードの力で制裁するというモノ。

この手口、まるっきり地獄少女なんですが大丈夫でしょうか。

人を呪わば穴二つ。

しかし、その人間体は何と元先輩刑事の橘そのものでした。

追田も驚いたでしょうが、視聴者も唖然としたに違いありません。

これは一体、どういう事なんでしょうね?

結局、本物のジャッジはやっぱり死んでいて、何らかの理由で橘がロイミュードと組んで「ジャッジ」を復活させたと見るのが妥当?

後半の、謎解きの結果が楽しみです。




(`・ω・´)





戦闘では、前半と言う事もあってか苦戦続き

特にロイミュードが異様に剣の腕が良く、ドライブもマッハも為す術無くボコられる始末。

タイプテクニックに変身すればもう少しマシだったかと思うのですが、進ノ介は選択せず

タイプスピードのままボコられるドライブを見て、何か絶望的な気分になったのを覚えています。

おまけに最近迷いを捨てて強くなった魔進チェイサーまで出現しては、最早どうしようもありません

マッハもドライブ同様にボコられた挙句、バイクまで奪われて踏んだり蹴ったりです。

異様にストレスの溜まる戦闘でしたが、後半ではどうなる事やら。



次回、意外な事実が判明?

楽しみに待つとしましょう。



( ´ー`)フゥー...

theme : 仮面ライダードライブ
genre : テレビ・ラジオ

comment

No title

今回でトッキュウジャーは終わりましたね。
自分としては、ゴーバスの頃よりかはマシになったかなぁと言うのが
正直な所です。

>>来て、勝って、子供に戻ってお終い。

トッキュウジャーの目的は「故郷に帰る」と言う目標が有って、コレが
5人の結束を強めてはいたんですが、結果としてこの目標の過程に
「レインボーラインとシャドーラインの組織とは何か」とか
「ゼットの過去になにがあったか」等が組み込まれていないんですよね。

彼らはあくまで巻き込まれただけであって、シャドーラインの事に深くかかわらなくていい。言ってしまえば、彼らの目標が良くも悪くもブレなかったのがダメだったんでしょうね。

>>ゼットもラスボスとしての威厳を持たないまま、ヤケクソ状態でトッキュウジャーと交戦して戦死。


私としては、正直ゼットには同情できませんでした……
彼自身が闇の皇帝と言う立場でありながら、何故、光(キラキラ)を求めるのか…
コレはきっと彼の過去には何か深い理由があるかもしれない。
これと一緒にシャドーラインの秘密も分かるかもしれない。
もしかしたら、自分とライト達に重ね合わせているんじゃないだろうか。
それで、ふたを開けたら、たまたま立ち寄った町にいる
子供の光を見たらキラキラを求めるようになった
って……

これもう、皇帝に振り回された幹部が哀れでしょうがない……
幾ら作品のテーマの一つに『光と闇』が有るからと言って肝心な大ボスの動機までも
抽象的な者で説明した
のは、如何ですわコレ……

戦隊としてもロボや色にとらわれないスーツなど、ヒーローとしてのカッコよさは十分でしたが、私にとっての何よりのこの作品の欠点は『悪の組織に魅力を感じなかった』のが残念でした。

No title

>robo様。

コメントありがとうございますv

確かに、一応ゴーバスよりはマシと言っていいかなと。
あれは完全に主人公側のキャラ造形に失敗してましたし。

トッキュウジャーの緊迫感が無いのは、まさにその「目的」の中にシャドーラインの掃討なり全滅なりが入ってない所なんですよね。
なので、別に全部投げ捨てて子供に戻ってもOKと言う、戦隊にあるまじき「緩さ」が酷い不協和音を鳴らし続けていたのでしょう。

ゼットに関しては、robo様の仰る通りですな。
何と言うか、何もかもがグダグダな上に、キラキラにこだわる理由も適当で浅いと救いがありません。
マジで部下の方々が可哀想過ぎます。
正直、トッキュウ7号として仲間にした方がマシだったんじゃ?とさえ思えて来るから困る。
ボスがこの有り様で、魅力的な幹部から内ゲバで戦死してしまっては、最早どうにもなりません。
新番組のニンニンジャーでは、そういう事は無さそうなので期待したい所です。
Secret

プロフィール

Kivagami

Author:Kivagami
玩具とネトゲ、そして仮面ライダーを始めとする特撮をこよなく愛する孤高人。
中でも悪のライバルキャラとか六人目とかに目が無い。
特撮系イケメンも好き。
クールガイなら尚大好物。
うさぎを始めとする小動物も好き。
現在、14匹の小動物に囲まれてお世話に奔走する日々。

現在ネトゲ流離い人、定住&安住の地を求めて旅は続く模様。
永遠の孤独(ソロ)という、非常にありがたくない称号を持っているらしい…?

注1:基本的にリンクフリー&トラックバックフリーですが、当ブログのテーマとかけ離れ過ぎな場合は削除しますのでご了承下さい。

注2:当ブログの趣旨は基本ツッコミですが、それに加えて「良いモノは良い、悪いモノは悪い」とはっきり述べるレビューブログでもあります。
決してモノを叩くのが趣旨のブログではありません。

注3:コメントの書き込みは基本的に歓迎いたしますが…
当ブログの趣旨を理解頂けていない書き込みだったり、明らかな捨てハンだった場合は警告無視とみなし、削除対象となる事を明記させて頂きます。
コメントをなさる時は、よく内容を吟味なされた上、ちゃんと名乗って頂ける様お願い申し上げます。
特に悪質な狂信者や荒らしだと判断した場合、通報及びアクセス禁止などの手段を執る事もありますので、その点を良くご理解下さいませ。

注4:最近ソフトバンクの携帯からの荒らしコメが良く来るので、一時的にアクセス不能にしてあります。
なのでお手数ですが、それ以外かPCからのアクセスをお願い致します。

注5:このブログに使用されている文章及び画像の無断使用を禁じます。

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

UNIQLO CALENDAR

里親募集WhiteCat

小動物図鑑

リンク

RSSフィード