10
2
4
6
7
9
11
13
14
16
18
20
21
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

今週の仮面ライダードライブ&手裏剣戦隊ニンニンジャー。

恒例の仮面ライダードライブ 第19話「なにが刑事を裁くのか

手裏剣戦隊ニンニンジャー 忍びの1「俺たちはニンジャだ!

感想です。




まずニンニンジャー

思っていたよりはぶっ飛んで無かったですね。

割りと堅実な第一話だったと思います。

イメージとしては、カクレンジャー+シンケンジャーと言った感じでしょうか。

キャッチフレーズの「忍びなれども忍ばない」ってのは、別に気にならなかったかも。

そもそもこれまでの忍者の戦隊が忍んでませんでしたしw

特にハリケンジャーは、歌舞伎の要素まで加わって名乗りが異様に派手でした。

キャラに関しては、男性陣に限ってですが分かりやすくて良い感じです。

リーダータイプのに、クールタイプの

そして少しチャラくて未熟な黄色と、キャラがもう完成していますね。

それに比べて、女性陣の方はまだ個性がはっきり出てない感が。

正直、どっちがピンクなのかイマイチ分からなかったのは私だけでしょうか。

多分、これからでしょうしキャラ描写に期待しましょう。

父親の伊賀崎旋風は、何故か忍者じゃありません

何故に「ラストニンジャ」と言われた父の技を受け継いでいないのか気になりますが、もしかしたら婿養子なのかも知れませんね。

ただし、忍者の知識が豊富との事なので参謀っぽい位置にあるのでしょうか。

で、かって敵の親玉を封印したラストニンジャこと「伊賀崎好天

死んだモノと思われていた様ですが、本編の最後で普通に登場して笑いましたw

この人が、手裏剣戦隊の司令官と言う事になるのでしょうね。

自分で戦わないのも、恐らく老いから来る衰えには勝てないからだと思われ。

とは言え、短時間なら5人をまとめて片付ける位はやってのけそうな気が。

中々喰えない印象のあるお爺ちゃんですね。




(;´∀`)



ニンニンジャーへの変身は、専用手裏剣と忍者一番刀が必要になります。

近接戦闘武器が変身アイテムを兼ねるってのは、戦隊では結構珍しいですな。

隠され方も、竹筒に収められて地下に埋まってるとか斬新過ぎます。

ただ、天晴だけは祖父に憧れるだけに普段から携帯していた様ですが。

お陰で、一話のOPはアカニンジャーの一人舞台でした。

他の連中の練度はバラバラで、キニンジャーなんぞは基礎以外やっていない有り様。

逆にアオニンジャーみたいに、別系統のモノ(魔法)を学んでいた変わり種もいます。

魔法も忍術もあるんだよ。

ですが、魔法好きが高じて忍術を蔑ろにする傾向があるとの事ですので、トラブルメーカーの予感も。

と言うか、でいきなりやらかす模様。

そういう連中が変身しても、何とかやっていける辺りかなりの高性能スーツと言えましょう。

戦闘では主に忍者一番刀と、各種手裏剣を駆使して戦います。

更に共通武器としてガマガマ銃と、万能武器カラクリヘンゲンを所持。

カラクリヘンゲンは状況に応じて、刀・弓・爪の三モードに変形する凄い武器です。

ギンガマンの自在剣機刃を思い出しますな。

变化忍シュリケンをセットする事で必殺攻撃も可能と、がありません。

他の武器も全て变化忍シュリケンをセットする事で必殺攻撃を発動させられるので、非常に重要なアイテムと言えるでしょう。

そして、巨大戦力はオトモ忍シュリケンを忍者一番刀にセットする事で召喚されます。

モチーフが完全にバラバラですが、これは最初の召喚者の気質に合わせたモノなんだそうで。

例えばアカニンジャーなら、忍者大好きなので忍者型

アオニンジャーなら、魔法に重きを置いているので幻獣の代表格であるドラゴン型

と言った感じです。

5人のオトモ忍が合体する事で、巨大ロボ「シュリケンジン」が完成。

アカニンジャーがその場で名付けた名前がそのまま登録された様で、これも結構珍しいかも。

ただ、合体の中心になれるのは決まっており、現時点ではアカニンジャーのオトモ忍とアオニンジャーのオトモ忍だけだそうで。

合体時には、中心になったオトモ忍シュリケンが頭部となる仕様です。

基本形態のアカニンジャーのオトモ忍が中心になったパターンでは、まるでパワーローダーを操縦している様な感じに。

なので、勝手に分離して個別に攻撃を仕掛ける事も可能

コクピットは、中心になったオトモ忍の主以外は席が無いハード仕様になっています。

おめぇの席ねぇから!

別に差別と言う訳ではなく、これはお神輿をモチーフにしたが為にこうなった模様。

アカニンジャーも、お神輿みたいだと評しておりましたね。

合体時の音声もお神輿を思わせるモノになっており、「お祭り忍者」と言うキーワードが脳裏をよぎった人も少なくないはず。

戦闘力は非常に高く、大した苦戦も無く巨大化した妖怪を斬り捨ててしまいました。

合体システムが中々面白いので、これからのバリエーションが楽しみになりますね。



'`,、('∀`) '`,、




今回のは、カクレンジャーやシンケンジャーと同じくまたも妖怪

妖怪のせいなのねそうなのね。

モチーフの忍者だけでなく、敵のモチーフまで3回目とかどう考えても狙ってますね。

ただし、敵の親玉はかって人間の武将だったと言う変わり種。

その名は牙鬼幻月

戦国時代に恐怖による天下統一を企んだが為、忍者にフルボッコされてお亡くなりになっています。

しかし、どうやったのか妖怪として復活

…したのは良かったのですが、今度はラストニンジャと呼ばれた好天によって封印される羽目に。

二度もフルボッコに遭っているのに諦めの悪いこいつは、今度は部下の力を借りて封印を解いて復活しました。

もう本当にやる気満々で、以前の番組のラスボスとは大違いです。

姿も戦国武将と妖怪が融合した様な、中々カッコイイ姿で期待出来そう。

こらそこ!ギルガザムネとかサムライトルーパーのラスボスとか言わない!

部下は今の所みたいな十六夜九衛門のみが動いていますが、まだいる様なので登場が楽しみです。

冒頭でニンニンジャーの道場からこいつが盗み出した小槌も、話のキーアイテムなんでしょう。

雑魚は今回足軽がモチーフの様で、この辺でも戦国武将がモチーフってのが活かされていますね。

妖怪は牙鬼幻月を封印していた48の手裏剣に宿っている様で、今回それがチェーンソーと融合して「カマイタチ」が復活。

牙鬼幻月を完全復活させるには「恐れ」が必要で、それを集めるべく人間を恐怖のどん底に陥れるのです。

今回のカマイタチは刃物のスペシャリストで、斬撃や投げ苦無などで大暴れしました。

ですが、結成されたばかりのニンニンジャーに倒されて元の手裏剣へと戻っています。

この手裏剣を集める事が、牙鬼幻月の再封印への条件と言った感じでしょうか。

脚本も新進気鋭の人間がやる様なので楽しみではありますが、若干の不安要素も。

何と今回のメインライターの人、あの大和屋の弟弟子らしいんですよね。

これを利用した縁故起用だけは勘弁して頂きたいモノですが。



(´ε`;)ウーン…




次回、早速天晴と八雲が激突?

楽しみに待ちましょうか。




次は仮面ライダードライブ。

ちょっと意外なオチだったでござるの巻。


進ノ介は、前半の憂さ晴らしをするかの如く動き出します。

冒頭では大ピンチの剛を、トライドロンで救出

捜査では仲間を信じ、自分は昔追田警部補達が発見出来なかった証拠探しに邁進。

シフトカー連中の助けもあり、見事それを見つけ出しました

また、橘の心に突き刺さる様な説得を行ったりと、主人公らしい活躍をしています。

真のジャッジ逮捕の場面にも駆け付け、証拠を突き付けて犯人の悪あがきを封じました。

くらえっ!

戦闘においても、完全に脇役だった前回とは違い、デッドヒートも使わずワイルドでロイミュードを撃破

こういうのって、良いですよね。

タイプテクニックも、また使ってあげて欲しいです。




(`・ω・´)





一方、活躍の反動が来たのか今回剛はちょっと低調でした。

冒頭ではドライブの活躍が無ければ、死んでいたかも知れませんでしたし。

その後もまんまとジャッジに祭り上げられ、ロイミュードに奇襲を喰らう羽目に。

お陰で全く身動きが取れなくなる有り様でした。

戦闘では流石に同じ手は食わないとばかりに、バイクを置いて来る事で乗っ取りを回避

すかさずデッドヒートに変身して、魔進チェイサーを何とか退けています。

とは言え、バイク乗っ取りに関してはシステムを改良する必要があると思うのですが。

こうも毎回バイクが使えないのでは、剛の機動力がガタ落ちです。

ライドチェイサーからの指令だけをカットする様に、プログラム変更した方がよろしいかと。



(´・ω・`)




魔進チェイサーは、完全な調整が為されているせいか引き続き敵状態

でもこの調整、チェイスの個性を完全に奪ってしまった気が。

何と言うか、ほぼロイミュードを守る為の無機質なロボットみたいな感じになっているのは残念です。

確かに戦闘力は上がったかもですが、キャラクターとしては無味無臭となってしまいました。

しかもバイク乗っ取りもマッハがバイクを置いて来ると言う、超アナログな対処を行ったお陰で失敗

結局、デッドヒートとなったマッハに撃退されています。

以前のチェイスが結構好きだったので、今のチェイスは物足りなくて見ているのが辛いですね。

そろそろ、何らかのテコ入れが必要な気が。




(゚д゚)(。_。)(゚д゚)(。_。) ウンウン




追田警部補は、前回から続いてひたすら真っ直ぐに事件を追いかけます。

進ノ介達の助けもあって、執念の捜査で真のジャッジを逮捕する事に成功

その後はロイミュードの攻撃で気絶してしまいましたが、ちゃんとその前に犯人の手錠を手すりに固定していたのはナイスでした。

中々の活躍っぷりなんですが、イマイチ消化不良な事も。

まず、ジャッジが襲う相手の規則性って何だったのでしょうね?

それを分析して100人から2人までに被害者を絞り込んだと言ってましたが、結局規則性に関しては言及されず

この辺はしっかりやって欲しかったです。




(;´Д`)





メモ婦警さんは、今回オトリとして危険な任務に従事

その戦闘能力の高さを駆使して、真のジャッジ逮捕に貢献しています。

白衣さんは出番無しですが、もしかしてシステムの改良中でしょうか。

だとすれば、剛の「置いてきた」発言と一致する事になるのですが。

そして、ようやく課長が帰還しましたが相変わらず特に役に立つ事は無し

一人でパスポートを失くしてひと通り騒いだ後、自己解決していたのは笑いましたがw

西城はコンピュータ技術により、真のジャッジが狙う人物の絞り込みに貢献。

次回では遂に彼のメイン回らしいので、こちらも楽しみですな。




一方、今回は真犯人とロイミュードに関わった人間が別々と言う珍しい例でした。

ロイミュードに関わったのは、追田警部補の元先輩の

未だのうのうと逃げおおせている真犯人に対して、行き場のない怒りを感じ続けていた所をロイミュードがキャッチ

負の感情を利用させて貰う見返りとして、真のジャッジを炙り出す事に協力します。

かくして、その狙い通りに真のジャッジが再び出現

そいつは、剛をジャッジに祭り上げてムービーを撮った宇津木と言う男でした。

こいつはマジで狂人と言っていい外道であり、偽装殺人に使った人間もたまたま「自分を助けてくれた」からだそうで。

まさに「恩を仇で返す」行為ですな。

自分の死を偽装して罪逃れをした挙句、恩人に犯罪者の濡衣を着せる。

最早下衆以下の狂人と言っていいかと。

そのお陰で、遺族がどれだけ大変な目に遭った事か。

犯人がこんなサイコパス野郎だとすれば、ロイミュードの力も借りたくなろうと言うモノ。

橘に関しては、ロイミュードの共犯として逮捕も覚悟していた様ですが特にお咎め無し

これに関しては、ネットでも賛否両論ですね。

私としては、ぶっちゃけロイミュードが自分で動いていた部分が多いので罪に問うのは難しいかなと感じました。

最後は橘の制止すら無視して暴走し、ドライブに始末されています。

なので、結果的に証拠も無くなってしまいました。

多分、ロイミュードに利用された被害者として処理されるのでしょうね。

例の逮捕された記者とは違い、自分では何もしていませんし。

身内に甘い警察がリアルだと言う意見もある様ですが、正直証拠が消失して立件が難しいのは確か。

まあ、こんなビターなオチもたまにはよろしいかと。




(;^ω^)





今回のロイミュードは、特に主体性の無い奴でした。

基本的に橘の意向で行動し、悪人と決めた奴にお仕置きを繰り返しています。

橘の出す負の感情が目的としても、全く自分の意思を感じないロボットらしいロイミュードですね。

ですが、真犯人が逮捕された事で用無しとなってしまい、キレて暴走

真のジャッジに成り代わろうとしますが、ドライブのタイプワイルドの前に砕け散りました

橘の剣術と電撃攻撃でライダー達を苦戦させた強敵でしたが、何とか処理出来て何より。




ε-(´∀`*)ホッ




そう言えば、今回みんなのアイドルと化したブレンさんの出番が無かったですね。

何か妙に物足りないので、次は出て貰いたい所。



戦闘では、ドライブの久々タイプワイルドによる戦いが良かったですね。

もう二度と出番がないかと思っていたので、以前のシフトカーと組み合わせての戦いは悪く無かったです。

最近はピンチになっても、妙にスピードのままでボコられる事が多いので、タイヤコウカンは適切に行って欲しいモノ。

1回しか使用された事の無いシフトカーもありますし、もっと積極的に使って欲しいですね。

一方、マッハはデッドヒートになるまでは相当低調でした。

変身したは良い物の、自分の武器すら満足に扱えず防戦一方

デッドヒートが無かったら、倒されていたかも知れません。

何か急に弱くなった印象があるのですが、これって何故ですかね?

初登場補正が切れたのだとしても、何か不自然な弱さでした。

これが伏線とかだったら、ある意味凄いですが。



次回、西城が2人に?

楽しみに待ちましょう。



( ´ー`)フゥー...

theme : 仮面ライダードライブ
genre : テレビ・ラジオ

comment

Secret

プロフィール

Kivagami

Author:Kivagami
玩具とネトゲ、そして仮面ライダーを始めとする特撮をこよなく愛する孤高人。
中でも悪のライバルキャラとか六人目とかに目が無い。
特撮系イケメンも好き。
クールガイなら尚大好物。
うさぎを始めとする小動物も好き。
現在、14匹の小動物に囲まれてお世話に奔走する日々。

現在ネトゲ流離い人、定住&安住の地を求めて旅は続く模様。
永遠の孤独(ソロ)という、非常にありがたくない称号を持っているらしい…?

注1:基本的にリンクフリー&トラックバックフリーですが、当ブログのテーマとかけ離れ過ぎな場合は削除しますのでご了承下さい。

注2:当ブログの趣旨は基本ツッコミですが、それに加えて「良いモノは良い、悪いモノは悪い」とはっきり述べるレビューブログでもあります。
決してモノを叩くのが趣旨のブログではありません。

注3:コメントの書き込みは基本的に歓迎いたしますが…
当ブログの趣旨を理解頂けていない書き込みだったり、明らかな捨てハンだった場合は警告無視とみなし、削除対象となる事を明記させて頂きます。
コメントをなさる時は、よく内容を吟味なされた上、ちゃんと名乗って頂ける様お願い申し上げます。
特に悪質な狂信者や荒らしだと判断した場合、通報及びアクセス禁止などの手段を執る事もありますので、その点を良くご理解下さいませ。

注4:最近ソフトバンクの携帯からの荒らしコメが良く来るので、一時的にアクセス不能にしてあります。
なのでお手数ですが、それ以外かPCからのアクセスをお願い致します。

注5:このブログに使用されている文章及び画像の無断使用を禁じます。

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

UNIQLO CALENDAR

里親募集WhiteCat

小動物図鑑

リンク

RSSフィード