07
1
3
5
7
8
10
12
14
15
17
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

ガンダムビルドファイターズトライ 第19話感想。

ガンダムビルドファイターズトライ 第19話「運命の再会

感想です。




今回は、セカイとジュンヤの因縁がメインでした。

冒頭でジュンヤが雇ったであろうチンピラに囲まれたユウマですが、いち早く事態を察したフミナがセカイを連れて駆け付けた事で何とか未遂で終わります。

更にラルさん・ミライ・メイジン2人も登場するに至って、ジュンヤの計画は水泡に帰しました。

ジュンヤの計画とは、セカイに暴力沙汰を起こさせて失格にしてしまえと言うモノ。

その為なので、襲う相手はトライファイターズなら誰でも良かったのでしょう。

ユウマのカバンの中身は恐らく知らずに、諍いになる切っ掛けのために奪おうとしたと思われ。

何と言うか、強さを求めるわりには無粋な事をしますね。

自分の強さに自信があるなら、バトルで倒してしまえばいいんじゃないですか?

結局これは、まだ見ぬセカイの技に怯えたジュンヤが臆病風に吹かれて起こした事件にしか見えません。

未だ、セカイのアレを次元覇王流の奥義と勘違いしてますし。

確かにジュンヤは強キャラかもですが、こういう所にチンピラ臭さが漂って小物に見えるんですよね。

スガと引き分けた話と言い、何と言うかセカイにとっては通過点に過ぎない相手な気がします。

かってはセカイの兄弟子として、真面目に修行していたらしいジュンヤ。

しかし、どれだけ修行しても次元覇王流の奥義伝承の話はやって来ません。

結局自分に足りないモノが分からないまま、ジュンヤは出奔してしまったのでしょう。

その後は、色んな武術を齧って独自に強さを追求していた様です。

ですが、このパターンは「広く浅く」になってしまい、結局一流にはなれない流れ。

北斗の拳のアミバを思い出した人も多いとか。

を成長させる事も無く、力に溺れたジュンヤに最早明るい未来は存在しないでしょう。

セカイに叩きのめされ、目を覚ます事を祈るばかり。




(;´∀`)





一方、トライファイターズの方は平常運転

みんなでガンプラの補修作業を行い、満を持してジュンヤのチームとの対戦に望みます。

ですが、ジュンヤが全くチームメイトと連携する気が無い為、最初からほぼ1対1に。

またこのパターンかと、がっかりした人も多いかと。

この先もワンマンチームが最低でも1つ存在しますし、これは最後までチーム戦の醍醐味は味わえないかも。

とっととセカイとの戦いを初めてしまったジュンヤに、残り2人も仕方なく個々で戦闘を開始。

片方はまさかのガンダムアブルホールと言う、レア中のレア機体での参戦でしたね。

あのバルキリーみたいなのは何?と驚いた方もいらっしゃいましょう。

ガンダムアブルホールとは、ガンダムキュリオスのプロトタイプに当たる機体で、その為か不完全な変形システムしか積んでいません。

なので、戦闘機からガウォーク形態もどきになるのが精一杯です。

ぴょこんと機体から生えてくる頭部がシュール。

勿論公式にはキット化されておらず、BFT世界のみのキットと言う事に。

あるいは、気合の入ったフルスクラッチセミスクラッチかも知れませんね。

実戦ではその機動力を存分に活かして健闘しましたが、ユウマに敗れています

敗れたとは言え、BWSを破壊しているのでそこらの雑魚で終わるには惜しい腕前でした。

一方、フミナと戦ったのはガンイージの改造機体の模様。

これも結構珍しいチョイスでしたが、勇戦虚しくスターウイニングの「足だけリアル化」攻撃に倒されています。

スターファンネルを迎撃したりと、非凡な腕前を持っていただけにこいつも惜しい人材でしたね。

今度はちゃんとチームとして機能するメンバーを加えて、戦って欲しいモノです。




(゚д゚)(。_。)(゚д゚)(。_。) ウンウン






で、因縁の対決ですが、最初は同じ技同士の激突から始まりました。

そこまでは互角だったのですが、ジュンヤが他の武術まで混ぜて攻撃して来る事で状況が悪化

結果、セカイがサンドバッグにされてしまいます。

ジュンヤは最早完全にに飲まれており、精神がイカれている様に思えました。

ピンチのセカイはアシムレイトを発動させますが、ジュンヤも似た様なモノを発動。

色が禍々しい事から、セカイのアシムレイトとは似て非なるものだと思われ。

そしてジュンヤのガンプラである「ディナイアルガンダム」から、禍々しいオーラが髪の毛の如く広がります。

ノーベルガンダムバーサーカーモードか、はたまたSRWのヤルダバオトか。

このディナイアルガンダム、実はジュンヤのオリジナルガンプラじゃありません

どうも二代目メイジン・カワグチが未完のまま残した機体を、何の因果か彼が手に入れて自分向きに改装したモノらしいのです。

ジュンヤの素行の悪さから考えると、その存在を知って盗み出した可能性も否定出来ませんね。

まあ、この辺はまだ憶測に過ぎないので実際に何があったのかは不明ですが。

ちなみにディナイアルガンダムも着々とキット化が進行している様なので、非常に楽しみです。

それはさておき。

最大のピンチに遭遇したセカイに、勝利のウイニングロードは開かれるのか?

と言った所で次回に続きます。

最早ガンプラ対決というよりは、異能対決みたいになっているのがちょっと惜しいかも。

ガンプラである事の利点と言えば、本気で戦っても怪我をしないって事だけでした。

しかし、アシムレイトの設定によってそれも無意味に。

ぶっちゃけ、もう直接殴り合った方が早いんじゃね?とさえ思ってしまいます。

まあ、ガンプラを使う事で殺し合いが合法になるっていう利点はあるのかもですが。

何にせよ、戦いの道具にしかセカイやジュンヤに思われていないガンプラが可哀想に思えて来ますね。

なので、シアがセカイに惚れる理由がちょっと良く分かりません。

それを察したのか、ユウマが再三セカイに忠告めいた事を言ってました。

多分、セカイにはイマイチ伝わって無さそうですが。



(´・ω・`)




そして、サカイ・ミナトの最強機動トライオン3は、今日も絶好調

ノリノリでビームをぶっぱして、キングジェイダーカラーのサイコMK-Ⅱを粉砕していましたね。

一瞬でやられたのは残念でしたが、やはりトライオン3は強いです。

恐らくトライオン3にガオガイガーっぽい要素があったので、敵にもそれっぽい感じのモノを出したのでしょう。

その他には、MK-Ⅴカラーのドーベン・ウルフやら、何故かフリーダムのカラーをしたジャスティスなど、面白いガンプラが次々と登場しました。

どれもガンプラ学園などの前に敗れてしまいましたが、こういうシーンはやはり楽しいです。

みんな好きなガンプラを使って、頑張って戦っている感があるので。

後、スガの出番が結構あって驚きました。

ジュンヤとの因縁持ちとは言え、忘れられずに登場してくれるのは良い感じです。





次回、因縁の激突に決着が。

楽しみに待つとしましょう。



( ´ー`)フゥー...

theme : ガンダムビルドファイターズ
genre : アニメ・コミック

comment

Secret

プロフィール

Kivagami

Author:Kivagami
玩具とネトゲ、そして仮面ライダーを始めとする特撮をこよなく愛する孤高人。
中でも悪のライバルキャラとか六人目とかに目が無い。
特撮系イケメンも好き。
クールガイなら尚大好物。
うさぎを始めとする小動物も好き。
現在、19匹の小動物に囲まれてお世話に奔走する日々。

現在ネトゲ流離い人、定住&安住の地を求めて旅は続く模様。
永遠の孤独(ソロ)という、非常にありがたくない称号を持っているらしい…?

注1:基本的にリンクフリー&トラックバックフリーですが、当ブログのテーマとかけ離れ過ぎな場合は削除しますのでご了承下さい。

注2:当ブログの趣旨は基本ツッコミですが、それに加えて「良いモノは良い、悪いモノは悪い」とはっきり述べるレビューブログでもあります。
決してモノを叩くのが趣旨のブログではありません。

注3:コメントの書き込みは基本的に歓迎いたしますが…
当ブログの趣旨を理解頂けていない書き込みだったり、明らかな捨てハンだった場合は警告無視とみなし、削除対象となる事を明記させて頂きます。
コメントをなさる時は、よく内容を吟味なされた上、ちゃんと名乗って頂ける様お願い申し上げます。
特に悪質な狂信者や荒らしだと判断した場合、通報及びアクセス禁止などの手段を執る事もありますので、その点を良くご理解下さいませ。

注4:最近ソフトバンクの携帯からの荒らしコメが良く来るので、一時的にアクセス不能にしてあります。
なのでお手数ですが、それ以外かPCからのアクセスをお願い致します。

注5:このブログに使用されている文章及び画像の無断使用を禁じます。

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

UNIQLO CALENDAR

里親募集WhiteCat

小動物図鑑

リンク

RSSフィード