05
1
3
5
6
8
10
12
13
15
17
19
20
22
24
26
27
28
29
30
31
   

ガンダムビルドファイターズトライ 20話感想。

ガンダムビルドファイターズトライ 第20話「折れない心

感想です。




前回から続いた因縁の死闘にも、遂に決着が。

切り札であるバーニングバーストを発動させたセカイでしたが、何とジュンヤも同じ様なシステムを発動。

クリスタルの様な部分からは禍々しい闘気が吹き出し、後頭部辺りからはロン毛の如き闘気が放たれます。

ノーベルガンダムバーサーカーモードを思い出した人も多そう。

幾らなんでもジュンヤにそこまでの技術は無さそうなので、やはり二代目メイジンの遺作が元になったと考えるのが妥当でしょうか。

ルーカスのガンプラの様に、見かけで反応した人も殆どいなかったので、主にジュンヤが弄ったのは外見かも知れませんね。

三代目メイジンもその素性に気付かなかった所を見ると、その可能性が現実味を帯びて来ます。

ジュンヤのディナイアルガンダムは、その凶悪な戦闘力を開放しセカイのトライバーニングに襲い掛かりました。

セカイが体得した鳳翼天翔もどきの技も、あっさりコピーしてしまうジュンヤに愕然とするセカイ。

更にバーニングバーストもどきで出現した部分さえも自在に操り、セカイを窮地に追い込みます。

金的蹴りからの目潰し首絞めと、格闘の禁じ手を次々と繰り出すディナイアルガンダム。

相手をいたぶる様な嫌らしい戦い方に、三代目メイジン曰く「全く気に入らん!」とお冠。

ガンプラバトルである以上、特に格闘の禁じ手が反則に繋がる訳じゃないのですが、メイジン的には相手をリスペクトしない戦い方がアウトなんでしょう。

アシムレイトの事を考えると、ジュンヤの狙いがセカイを苦しめる事にあるのは明白ですし。

セカイをボロ雑巾みたいにしながら、ジュンヤは「悔しかったら自分みたいに汚い手を使ってみろ」と得意満面

汚いなさすがジュンヤきたない。

完全に力に飲まれたジュンヤは、セカイに対して情け容赦の無いサーベルの一撃でトドメをくれてやります。

ボロボロのトライバーニングは、力無く大地に崩れ落ちました。

そこへ傍観していた2人が駆け付けますが、彼ら曰く「ジュンヤが逃げない為に来た」との事。

2対1の戦いを予想していたジュンヤは、その言葉の意味が良く分かりませんでした。

何故なら、セカイは自分がこの手で葬り去ったはずだったからですが。

倒れ伏したトライバーニングに、2人の叱咤激励が飛びます。

意識朦朧としていたセカイは、半ば勝負を諦めかけていました。

しかしその時、赤い太陽の如き輝きをセカイは感じます。

それは、トライバーニングの中から聞こえてくる熱き鼓動

イオリ・セイがビルドバーニングに仕込んだ「コアパーツ」が、消えそうなセカイの闘志にを点けました。

「トライバーニング、まだ俺と一緒に戦ってくれるのか?」

トライバーニングの戦う意志を感じ取ったセカイは、遂に立ち上がります。

その身に更なる強大な炎をまとったトライバーニングは、猛然と反撃に転じました。

色とりどりの分身を作り出したトライバーニングは、次々とディナイアルガンダムに襲い掛かります

反撃を繰り出せば、その分身は粒子のチリとなって消える。

完全に初見殺しの戦法に、ジュンヤは大混乱

しかもその分身が、次々と次元覇王流の技を繰り出して来るからもう大変

今度は自身が手も足も出ず翻弄されるに至って、ジュンヤは朧気ながら自分に足りないモノを理解し始めます。

最後は、セカイの貫く様な掌底の一撃でディナイアルガンダムは機能を停止

ここに、同門対決の決着は着いたのでした。

戦いの後、疲れ切った体を休める様にへたり込んでいるセカイ。

そこへジュンヤが現れますが、その表情は憑き物が落ちた様な感じに。

彼はセカイを立たせると、こう言い放ちます

勝者は胸を張れ!」と。

多くを語らず去って行こうとするジュンヤに、ミライが衝撃の事実を告白。

それは、次元覇王流には奥義なぞ存在せず、あるのは極意との事。

この言葉で、ほぼ完全に自分に足りないモノを自覚したジュンヤはさっぱりした表情で去って行きました。

ジュンヤに足りなかったモノ、それは強さだけを追い求めてしまい、それ以外が見えなくなっていたが為に見落としていた「初心

そして、極意を修める為に必要な「折れない心」だったのでしょう。

ありもしない奥義を追い求め、遂には心を折ってしまい力に溺れてしまったジュンヤ。

1から出直しだ」の言葉通り、今度こそ本当の強さを手にして帰って来て欲しいモノです。

ジュンヤを迎えに来たのは、気遣いが出来る漢スガ

を運転していた事で、彼が高校生である事を思い出した人も多いはず。

スガのさり気ない好意に、ジュンヤも苦笑しつつも車に乗り込みました。

へ向かうはずだったのですが、スガの「今なら楽しいバトルが出来そうだ」発言からガンプラバトルをして行く事に。

ですが、その時ジュンヤはある事に気が付いてスガに問いかけます

「ところでお前、いつ免許なんて取ったんだ?」

一昨日だ」

何だと!

いつものの飄々とした感じでとんでもない事を伝えて来たスガに、ジュンヤが遂にキャラ崩壊をw

大いに慌てるジュンヤを乗せて、スガの車は疾走するのでした。



'`,、('∀`) '`,、




その頃、会場ではグラナダ学園対我梅学園の戦いが。

本当なら決勝まで出場しないはずのルーカスでしたが、セカイの戦いに触発されたか出場を決意。

遂にルーカスのガンプラ「クロスボーン・ガンダムフルクロス」が姿を現しました。

フォーメーションを組んで攻撃に当たる我梅学園チームでしたが、Iフィールドに阻まれて攻撃は届かず。

それならばと、更なる猛攻を加えようと肉薄する我梅学園チーム。

その頃、セカイはギャン子達の差し入れで食いっぱぐれていた食事を摂っていました。

彼らの好意に感謝しつつも、トライバーニングの補修を手伝う為に部屋へ戻ろうとしたセカイ。

ですが、途中のエレベーターでルーカスとすれ違います。

「君となら本気で戦えそうだ」

キジマ兄みたいな事をのたまいながら、去って行くルーカス。

怪訝に思いながらも部屋へ戻ったセカイを待っていたのは、「我梅学園敗れる」の一報でした。

まあ、予想していた人が殆どだとは思いますが。

宇宙空間に漂う、大量のガンプラの残骸

そして、無傷でそびえ立つルーカスのクロスボーン・ガンダムフルクロス

これには流石のガンプラ学園メンバーも愕然

アクシズさえも押し返しそうな強さだぜ」

とあのアドウも呟いてしまう程の凄まじい強さを発揮したルーカス。

ウィルフリッドも、この大会で最高のガンプラはルーカスのクロスボーン・ガンダムフルクロス断言

果たして、次にルーカスとぶつかるガンプラ学園は勝つ事が出来るのか?

予想だにしないダークホースの出現に、大会はまだまだ荒れそうです。



(;゚д゚)ゴクリ…





今回は非常に楽しめた回でした。

セカイ対ジュンヤも、力を出し切った先にあるものを求めての壮絶なモノで満足。

戦い終わった後に関係が穏やかになるのも、この作品独特のカラーですよね。

キャラ崩壊するジュンヤに、少し良い感じだと思ってしまいましたよw

にしても、二代目の作品が何故ジュンヤに渡ったのでしょうね?

これに関しては、どうやら公式外伝漫画の方で明らかになりそうな雰囲気です。

次巻が楽しみでなりません。

後、何か今回は妙にオリジナルのガンダムタイプが多すぎる様に感じました。

特に強敵の殆どがオリジナルガンダムとあっては、ちょっと飽きて来ます。

前作が基本、元キットがはっきりしている機体ばっかりだったので余計に違和感を覚えるのかも。

なので、ルーカスのガンプラを見た時にホッとしたのは自分だけではないはず。

まあ、元となったキットがはっきりしていて、しかもガンダムタイプではない希望の星我梅学園を葬り去ったのもですがw




(;´∀`)






次回、激突!ルーカス対ガンプラ学園。

楽しみに待つとしましょう。



( ´ー`)フゥー...

theme : ガンダムビルドファイターズ
genre : アニメ・コミック

comment

Secret

プロフィール

Kivagami

Author:Kivagami
玩具とネトゲ、そして仮面ライダーを始めとする特撮をこよなく愛する孤高人。
中でも悪のライバルキャラとか六人目とかに目が無い。
特撮系イケメンも好き。
クールガイなら尚大好物。
うさぎを始めとする小動物も好き。
現在、19匹の小動物に囲まれてお世話に奔走する日々。

現在ネトゲ流離い人、定住&安住の地を求めて旅は続く模様。
永遠の孤独(ソロ)という、非常にありがたくない称号を持っているらしい…?

注1:基本的にリンクフリー&トラックバックフリーですが、当ブログのテーマとかけ離れ過ぎな場合は削除しますのでご了承下さい。

注2:当ブログの趣旨は基本ツッコミですが、それに加えて「良いモノは良い、悪いモノは悪い」とはっきり述べるレビューブログでもあります。
決してモノを叩くのが趣旨のブログではありません。

注3:コメントの書き込みは基本的に歓迎いたしますが…
当ブログの趣旨を理解頂けていない書き込みだったり、明らかな捨てハンだった場合は警告無視とみなし、削除対象となる事を明記させて頂きます。
コメントをなさる時は、よく内容を吟味なされた上、ちゃんと名乗って頂ける様お願い申し上げます。
特に悪質な狂信者や荒らしだと判断した場合、通報及びアクセス禁止などの手段を執る事もありますので、その点を良くご理解下さいませ。

注4:最近ソフトバンクの携帯からの荒らしコメが良く来るので、一時的にアクセス不能にしてあります。
なのでお手数ですが、それ以外かPCからのアクセスをお願い致します。

注5:このブログに使用されている文章及び画像の無断使用を禁じます。

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

UNIQLO CALENDAR

里親募集WhiteCat

小動物図鑑

リンク

RSSフィード