09
1
2
4
6
8
9
11
13
15
16
18
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

ガンダムビルドファイターズトライ 第22話感想。

ガンダムビルドファイターズトライ 第22話「心のままに

感想です。




疑問だらけの前回から打って変わって、かなり没入出来た回でした。


冒頭は、前回の試合終了後から始まります。

戦闘自体はイマイチでしたが、ガンプラ学園側もルーカスもお互いを認め合っている感じが良かったかなと。

ウィルフリッドを始めとするメンバー達も、全く勝った気がしていない様子だったので、それも良印象でした。

まあ、実質3対1でしたしね。

ルーカスもチームメイトを褒め、監督には謝罪と器の大きさを見せます。

そして戦えなかったセカイにも、文字通りの「世界」で戦う事を予言(?)して去って行きました。

まあ、セカイ自身は意味が分からず、突然現れたメイジン・カワグチが解説したのですがw

で、次の対戦はトライファイターズ対ビルドバスターズ

ユウマとミナト、因縁の戦いその1が幕を開けました。

戦闘前には、ミナトがユウマに拘る理由がようやく判明

それによると、ミナトはチャンピオンだった同世代のユウマに憧れ、ライバルとして追いかけて来ました。

ガンプラ心形流に入門し、腕を磨いて戦おうと思ったその矢先、ユウマがガンプラバトルを辞めてしまいます。

ならば完成品のコンテストで勝負と思ったら、今度はバトルに復帰

ほぼ一人相撲とは言え、確かにユウマの行動に常に振り回されていたサカイ・ミナト。

今度こそライバルと戦う為、ミナトは土下座までしてチームに入れて貰い、ここまで勝ち上がって来たのです。

最初は凄まじく嫌な奴でしたが、ユウマ関連で荒れていた時代で、しかもまだ中学生と考えると、仕方ないかとも思えて来ますね。

間違った壁ドンまで披露しつつ、想いを吐露するミナトに、ユウマは誠意を込めて謝罪

改めてライバル認定した後、決着を付ける事を宣言します。

ようやく永きに渡ったわだかまりが解け、純粋にガンプラバトルを楽しめる様になった2人。

運命のバトルが、開始されました。

トライファイターズ側の戦法としては、やはり掟破りの合体中攻撃がメイン。

今回も台座付きで出撃した3機を、迎え撃つトライファイターズ。

合体させないのが一番なんですが、3機の機動力の高さにロストしてしまい妨害失敗

ノリノリで合体する3機を作戦通りに攻撃しますが、当然ながらそこもミナトには読まれていました。

何と、合体時に出るトライオン3のエンブレムはバリアも兼ねていたのです。

恐らくは、プラフスキー粒子を固めてエンブレムに見せかけたバリアとして使用したのでしょう。

滞り無く合体を完了したトライオン3は、その恐るべき性能を以ってトライファイターズに襲い掛かります

初めて合体を披露した時は、ユウマ達に「合体する意味はあるのか?」とフルボッコされたトライオン3。

ですが、実の所はメリットだらけでした。

まず、3体合体でもHGサイズなので無駄な大きさにはなりません。

なので、被弾率も普通のガンプラと同じです。

そして、決勝から突如として出現した要素である「粒子貯蔵量

これも3機分確保出来るので、凄まじい高出力攻撃を次々と繰り出す事が可能に。

更に武装も充実しているので、あらゆる状況に対応出来ます。

合体による手数の少なさを、それでカバーしている感じでしたね。

その殆どが内蔵兵器な辺り、本気でスーパーロボットですな。

ユウマが指摘した合体部分の脆弱性も、ミナトの卓抜した技術によってクリアされていました。

少なくとも、合体状態が崩れる事は全く無かったのでそう判断していいかと。

これまでに見せた高火力を存分に奮い、合体阻止失敗で浮足立つトライファイターズを圧倒するトライオン3。

劣勢を覆そうとセカイが前に出ますが、伊達に前の戦いを観察していなかったミナト。

ブーメラン状の武器を用い、セカイのを狙う事で戦闘力を削ぎ落としてしまいます。

しっかり武術を研究してきたらしいミナトは、腰を狙う事で武術に大切な体捌きを封じる事に成功

やはり格闘機では、高火力で武装も盛り沢山の機体にはイマイチでした。

無敵かと思われた次元覇王流も、実はそうではない事がさらりと描写されたのは良い感じですね。

今までも万能過ぎて、セカイの主役回は面白く無いと散々叩かれています。

ガンプラバトルに強くなるには、ガンプラの技術より武術を習った方が早いとか本末転倒も良い所ですし。

高出力ビームの撃ち合いも、出力に勝るであろうトライオン3が押し勝ち

ガンプラ心形流の真髄でもある粒子を自在に操る技術を以って、あっという間に3機を拘束するトライオン3。

心を形にすると書く時点で、プラフスキー粒子を自在に操る事がこの流派の基本と言っていいかと。

そのまま、前作ガンダムX魔王が繰り出した「魔王剣」を思わせる「超吼剣」を出現させ、トライザン1・2・3のコンボ攻撃を叩き込みました。

この場面は、敵なのに完全に勇者ロボしていて困惑した覚えがw

だって、敵なのに格好良いんですよ?

お約束のサンライズパースも忘れてませんし。

そりゃ困惑もすると言うモノ。

その凄まじい攻撃の前に、粉砕されたかと思われたトライファイターズ。

しかし、インパクトの瞬間にスターウイニングがバリアを全開にして、何とか防いでいました。

ですが、その代償は大きく、スターウイニングは半壊し戦闘不能状態に。

セカイもユウマに決着を付けさせる為に自ら捨て石となり、バリアに粒子供給をしていた模様。

残されたライトニングガンダムは、スターウイニングの置き土産であるプラフスキーパワーゲート(仮)を使用して、増幅された必殺の一撃を発射。

それを超吼剣で迎え撃つトライオン3。

激突の中、2人のビルダーの雄叫びが轟きます。

結果は、トライオン3の超吼剣が砕け散った事で辛うじてライトニングガンダムが上回りました

しかし、この時点でトライファイターズはユウマ1人

対するビルドバスターズは全員が健在

十分に勝ち逃げ出来る状況ですね。

ミナトも最初は仲間の為に、勝ち逃げを考えます。

ですが、その仲間達はミナトがどんなにユウマと決着を付けたかったかを知っていました。

仲間達の後押しを受け、逃げる事を辞めて正面から戦いを挑むトライオン3。

ユウマも逃げる事無く突っ込みます。

二連ロケットパンチを、ユウマはバックパックを犠牲にする事で相殺

そのままビームサーベルで、ハイメガの発射を阻止しました。

しかし、右腕ごと胸のライオンに噛み砕かれ、ハイメガで吹き飛ばされるライトニングガンダム。

右腕と両足もやられ、絶体絶命かと思われたその時。

落ちた場所に偶然、さっき投げ捨てたライフルが!

止めのハイメガを放とうとするトライオン3に、とっさのビームが直撃しハイメガ発射口が破損

尚も倒れないトライオン3に、ありったけのビームを叩き込むライトニングガンダム。

トライオン3も内蔵火器で反撃を試み、夕陽をバックに激しい撃ち合いが繰り広げられました。

やがてライトニングガンダムの粒子が切れ、ライフルがエネルギー切れを起こします。

そして、ビームの嵐に晒されたトライオン3も満身創痍

そないに強い癖しとって・・・なんでバトルを辞めとったんや・・・こんボケが・・・

そう呟きながら、どうと前のめりに倒れるトライオン3。

この瞬間、トライファイターズの勝利が確定しました。




戦いが終わった後、仲間達に謝罪するミナト。

しかしながら、準決勝まで来れた事で仲間達は満足していたのです。

実際の実力的には、予選落ちレベルらしかっただけに確かに大躍進ですよね。

そこにユウマが現れ、ミナトに新たなる挑戦状を叩き付けます。

それは「メイジン杯」と呼ばれる、純粋にガンプラの出来を競う大会。

再びガンプラで競い合う事を、2人は約束するのでした。



( ̄ー ̄)bグッ!





兎に角、熱い戦いでした。

見ていて、最後まで手に汗握りながら楽しめて満足です。

最後の攻防でユウマが撃ち過ぎって意見もありましたが、トライオン3はご存知の通り3機合体MS

何処まで破壊すれば勝利かも分からないのですから、それこそ銃身が溶けるまで撃ち続けるしかないと思います。

更に撃っても撃っても倒れない耐久力持ちなのですし、撃ち込み続けるのは当然でしょう。

何にせよ、期待以上の活躍をしてくれたトライオン3。

合体妨害対策は勿論の事、分離状態でも普通に強いと隙がありませんでした。

あまりの規格外の強さに、トライファイターズも動揺してかいつもの戦いをさせて貰えて無かった感が。

多分、合体封じで思考停止していたモノと思われ。

フミナって技術力は凄いのですが、作戦立案に関しては今ひとつ頼りになりませんよね。

亡霊城でもそうでしたし、この人に作戦立案させちゃいけない気がします。

そして、嫌な奴から正式にライバルに格上げされたサカイ・ミナト。

この戦いは、間違い無く今までの戦いのベストバウトだったと思います。

トライオン3のガンプラの発売が、待ち遠しいですな。




'`,、('∀`) '`,、






次回、恒例(?)の決戦前の息抜き回。

楽しみに待つとしましょう。



( ´ー`)フゥー...

theme : ガンダムビルドファイターズ
genre : アニメ・コミック

comment

Secret

プロフィール

Kivagami

Author:Kivagami
玩具とネトゲ、そして仮面ライダーを始めとする特撮をこよなく愛する孤高人。
中でも悪のライバルキャラとか六人目とかに目が無い。
特撮系イケメンも好き。
クールガイなら尚大好物。
うさぎを始めとする小動物も好き。
現在、14匹の小動物に囲まれてお世話に奔走する日々。

現在ネトゲ流離い人、定住&安住の地を求めて旅は続く模様。
永遠の孤独(ソロ)という、非常にありがたくない称号を持っているらしい…?

注1:基本的にリンクフリー&トラックバックフリーですが、当ブログのテーマとかけ離れ過ぎな場合は削除しますのでご了承下さい。

注2:当ブログの趣旨は基本ツッコミですが、それに加えて「良いモノは良い、悪いモノは悪い」とはっきり述べるレビューブログでもあります。
決してモノを叩くのが趣旨のブログではありません。

注3:コメントの書き込みは基本的に歓迎いたしますが…
当ブログの趣旨を理解頂けていない書き込みだったり、明らかな捨てハンだった場合は警告無視とみなし、削除対象となる事を明記させて頂きます。
コメントをなさる時は、よく内容を吟味なされた上、ちゃんと名乗って頂ける様お願い申し上げます。
特に悪質な狂信者や荒らしだと判断した場合、通報及びアクセス禁止などの手段を執る事もありますので、その点を良くご理解下さいませ。

注4:最近ソフトバンクの携帯からの荒らしコメが良く来るので、一時的にアクセス不能にしてあります。
なのでお手数ですが、それ以外かPCからのアクセスをお願い致します。

注5:このブログに使用されている文章及び画像の無断使用を禁じます。

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

UNIQLO CALENDAR

里親募集WhiteCat

小動物図鑑

リンク

RSSフィード