09
1
2
4
6
8
9
11
13
15
16
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

ガンダムビルドファイターズトライ 第23話感想。

ガンダムビルドファイターズトライ 第23話「ビルド・ファイター

感想です。




今回は、恒例の箸休め回と言っていい回でした。

と言っても、前作程まったりはしていませんでしたが。

前作ではガンダム祭りとも呼べる大イベントが行われていましたが、今作では特に無し

むしろ、決勝戦まで時間がないのでそれどころではない状況です。

ガンプラ学園側も、ガンプラの修理及び整備に余念がありません。

ウィルフリッドはシアの助力を断り、1人で作業を行います。

その姿にアランは、友である「三代目メイジン・カワグチ」をダブらせるのでした。

アドウも、シアに手伝いを要請しつつジ・エンドの調整に入ります。

やはり、前回の戦いでユウマが油断ならない相手だと悟ったからでしょう。

その頃、ルーカスとガンプラ学園の激戦を、改めて検証するフミナ達。

ビルドバスターズ対策に追われて、リアルタイムで見る事が出来なかったからですが。

ここでシアが行った、ガンプラのバトル内修理に解説が入りましたね。

あの小さいボディの中には、瞬着や速乾性のパテなどが充填されているとの事。

それによって応急処置が可能になるのですが、当然ながら時間がかかる上に操作も非常に難しく、その上修理で手一杯になるので隙だらけになってしまいます。

とは言え、十分に隠れ場所がある様なフィールドでは最大限に効果を発揮出来るでしょう。

逆に海とか砂漠とかだと詰みそうですが。

従って、ガンプラ学園相手に戦いを長引かせるのは高いリスクを伴います。

ですが、短期決戦を図ろうにもメンバーの全てが一騎当千の強者揃い。

修理は勿論、バトルでも相当な強さを持つシアに、お馴染みデッド・エンドのサガ。

そしてルーカス戦で奥の手を出した、最強のビルドファイターであるウィルフリッド。

この絶対無敵の布陣に、改めて闘志を燃やすトライファイターズ。

中でもユウマはガンプラ学園の強さに計り知れない脅威を抱き、時間がかかる事を承知の上でガンプラの大改造を強行。

訝るセカイを部屋から追い出し、ギャン子の差し入れでガンプラの修理をしようとしていたフミナからスターウイニングを無理矢理借り受けて部屋に篭ってしまいます。

セカイやフミナに事情を説明しなかったのは、恐らく説得している時間すら惜しかったからでしょうね。

それでもフミナは事情を察して、セカイに買い出しを指令しつつ自分は援軍に向かっています。

姉の部屋に避難していたセカイは、部屋のカードキーをフミナに預けると素直に買い出しへ。

入れ替わりにある男が入って行くのですが、セカイは気付かず

その帰りに、ジュンヤの待ち伏せに遭いました。

驚くセカイに、ジュンヤは問答無用で技を仕掛けます。

それは、放つ手刀が4つに増える謎の技

この攻撃に、為す術もなく倒されるセカイ。

ジュンヤは「この技を覚えておけ」と言い残して、去って行きました。

次元覇王流ではないらしい、謎の技。

セカイはジュンヤの意図を掴み切れないまま、意識を手放してしまいます。

餞別を渡して引き上げるジュンヤを、またもスガがお迎え。

こいつら、仲が良いですよねぇ。

前回同様に車に乗せようとするスガですが、流石に懲りたジュンヤは断固拒否

それでも食い下がるスガでしたが、やがて破滅の音が響きました。

…まあ、ほぼ徐行運転でしたし大した事にはなっていないと思いますがw

その頃、セカイからカードキーを受け取ったフミナは、ユウマ達の部屋に入ろうとしますが、そこに「ある男」ことサカイ・ミナトが出現。

フミナよりに部屋へ入り、ズカズカとユウマの元へ歩いて行きます。

途端に舌戦を始める2人ですが、別にミナトはわざわざ喧嘩を売りに来た訳ではありませんでした。

ミナト曰く「メイジン杯でハンデを付けさせない」為に、ユウマの援軍に来たのです。

何というツンデレ

軽口を叩きあいながらも、凄まじい速度で機体改修を始める2人。

その不思議な光景に呆気に取られるフミナでしたが、気を取り直して改修に加わります。

一方、気絶していたセカイは誰かに木の棒で突付かれて目覚めました。

突付いたのは、キジマ・シア

何か往年の某名作漫画の、排泄物と同様の扱いを受けたセカイですが特に気にしません

セカイはシアに、ガンプラと出会ってから今までの想いを吐露します。

そして、更なる高みを目指す事を改めて誓うと、シアに別れを告げてユウマ達に合流するのでした。

当然ながら、ジュンヤにぶっ飛ばされた時に手放した買い物袋を回収する事も忘れていません。

セカイが想いを語るシーンは、これまでの成長の集大成とも呼べるモノでしたね。

ガンプラを全く知らない素人が、ガンプラバトルに触れる事でガンプラを知り、その楽しさにハマって行く。

やがてビルドする方にも興味が移り、いつしか自分の作り上げたガンプラで戦いたい

そう思う程に、セカイは成長していたのでした。

買い出しから帰ったセカイと合流したトライファイターズ+αは、最後の追い込みへ。

翌日、観戦する為に珍しく取り巻きと一緒にやってきたギャン子は、いつもの如くシモンと合流。

しかし、シモンは今回連れがいました。

それは、入院先でシモンのガンプラを制作した

リハビリを頑張った事で、外出許可が出たとの事。

弟に「誰が彼女なの?」と無邪気に聞かれて慌てるシモンでしたが、ギャン子はやれやれと言った顔をしたのみ。

反応したのは取り巻きの2人のみだったので、まるっきり脈が無い感がw

流石セカイ一筋のギャン子、ブレがありません

そして遂に、運命の決勝戦が始まります。

会場に向かうトライファイターズを迎えたのは、意外にもレディ・カワグチ

フミナは改めて、決勝戦に勝利してレディに挑む事を誓います

これでほぼ、トライファイターズ全員のイベントが終わった形ですね。

フミナの恋愛イベント?(´・ω・`)知らんがな

会場に両チームが揃い、熱い闘志を抱きながら出撃していく面々。

様々な想いを内包したこの戦い、果たして勝者は?

それは次回のお楽しみ。




(;゚д゚)ゴクリ…





大会前夜を描いた話としては、前作と殆ど違うモノにして差別化を図った感じがしますね。

まあ、所々で登場した「オープントーナメント」(前作のバトルに相当する)だと、前作の様にもっとイベントなどで盛り上げるのでしょうが。

ただ、メイジン杯やオープントーナメントなどとやたら先の話をするのが気になったので、これはビルドファイターズトライとしての二期があると言う事なんでしょうか?

それとも、世界を舞台にした「ビルドファイターズ」としての第三期?

何にせよ、これで終わりと言う事は無さそうな気配が。

後、気になったのが最後のアレ

どうも、アドウの右手はもうダメな感じでした。

ですが、本編を見返すと散々右手を酷使しています。

と言うか、何かと利き腕で物を殴る癖は辞めた方がよろしいかと。

筋トレの時も全く右手を庇わずと、治そうと言う気すら感じられません

これで「右手が限界」とか言われても困りますよね。

このせいでユウマに遅れを取ったとか言う展開も、ちょっと勘弁して欲しいかなと。

それと、今回もチナがちょっと出て来ましたが、その部屋にはカップが4個

一体誰が来ていたんでしょうね?

個人的には、フェリーニとミホシのカップルだったら面白いなと思いました。




次回、遂に頂上決戦の時。

楽しみに待ちましょう。


( ´ー`)フゥー...

theme : ガンダムビルドファイターズ
genre : アニメ・コミック

comment

Secret

プロフィール

Kivagami

Author:Kivagami
玩具とネトゲ、そして仮面ライダーを始めとする特撮をこよなく愛する孤高人。
中でも悪のライバルキャラとか六人目とかに目が無い。
特撮系イケメンも好き。
クールガイなら尚大好物。
うさぎを始めとする小動物も好き。
現在、14匹の小動物に囲まれてお世話に奔走する日々。

現在ネトゲ流離い人、定住&安住の地を求めて旅は続く模様。
永遠の孤独(ソロ)という、非常にありがたくない称号を持っているらしい…?

注1:基本的にリンクフリー&トラックバックフリーですが、当ブログのテーマとかけ離れ過ぎな場合は削除しますのでご了承下さい。

注2:当ブログの趣旨は基本ツッコミですが、それに加えて「良いモノは良い、悪いモノは悪い」とはっきり述べるレビューブログでもあります。
決してモノを叩くのが趣旨のブログではありません。

注3:コメントの書き込みは基本的に歓迎いたしますが…
当ブログの趣旨を理解頂けていない書き込みだったり、明らかな捨てハンだった場合は警告無視とみなし、削除対象となる事を明記させて頂きます。
コメントをなさる時は、よく内容を吟味なされた上、ちゃんと名乗って頂ける様お願い申し上げます。
特に悪質な狂信者や荒らしだと判断した場合、通報及びアクセス禁止などの手段を執る事もありますので、その点を良くご理解下さいませ。

注4:最近ソフトバンクの携帯からの荒らしコメが良く来るので、一時的にアクセス不能にしてあります。
なのでお手数ですが、それ以外かPCからのアクセスをお願い致します。

注5:このブログに使用されている文章及び画像の無断使用を禁じます。

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

UNIQLO CALENDAR

里親募集WhiteCat

小動物図鑑

リンク

RSSフィード