11
1
3
4
6
8
10
11
13
15
17
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

ULTRA-ACT ウルトラマンガイアV2レビューもどき。

前々から気になっていたこの「ウルトラマンガイアV2

かなり安値になっていた為、やっと購入しました。




ぶっちゃけ、平成ウルトラマンの中ではトップクラスに好きなウルトラマンなんですよね。

なのに、妙に購入が遅れてしまいました。

全体的な印象は初代ウルトラマンに似ていると感じたのですが、並べて見ると全然似てなくてびっくり。

せいぜい顔つきと、肩の模様位でした。

イマイチ納得行かず首を捻りつつも、レビューへ参りましょう。




ウルトラマンガイアV2 1



全体のバランスが見直され、モデルチェンジ第一号だったガイアV2。

その恩恵を受けて、かなりマッチョな体型になっています。



ウルトラマンガイアV2 2



横から見ても、そのマッチョさはお分かりになるかと。


ウルトラマンガイアV2 3



後ろ姿は結構シンプルですね。

ウルトラマンは大抵そうなので、あんまり気にはなりませんが。

ちなみにお尻の上には、スタンドジョイントが挿せるポイントが隠されています。

ですが、物凄く外し辛いんですよね。

開けるのもそうですが、付けたジョイントを外すのも一苦労

あんまりポロリするのも問題ですが、硬すぎるのも考えものです。



ウルトラマンガイアV2 4



顔はこんな感じ

確かに初代似ではありますが、見たら一発で「ガイア」だと分かる好デザインですよね。

塗装ミス造形ミスなども無く、良好でした。

ULTRA-ACTはこれが本当に多いので、買う度に緊張します。



ウルトラマンガイアV2 5




で、これがガイアV2の売りでもある集光ギミック付きの顔。

…なんですが、目の塗りが濃すぎるのかロクに光ってくれません

正直、通常の顔で十分な気が。

その癖、光が当たってないと死んだ様な目になるし、イマイチ使えませんね。

ただ、「敵に倒されて終了してしまったウルトラマンガイアV2」を再現するなら、物凄く役に立つかも。

ライフゲージをに替え、初代ウルトラマンの死にポーズを取らせたら結構似合いました

この顔に交換して、適当に仰向けで転がしておくだけで死んでますから再現も簡単。

まあどっちにせよ、この顔を同梱する位なら降臨エフェクトを常時同梱してくれた方がありがたいです。



高山我夢「ガイアーーー!!



ウルトラマンガイアV2 12


変身及び巨大化シーンも、この通りお手軽に再現

スタンドが使えるのは、ホントありがたいです。



ウルトラマンガイアV2 6



ズズゥゥゥン!(着地音)

このポーズも、降臨エフェクトがあったら凄く変わるんだろうなと思うと非常に残念



ウルトラマンガイアV2 7




これはパッケージにあったポーズですが、何か聖闘士みたいですな。

鳳翼天翔でもぶっ放しそうです。



ウルトラマンガイアV2 10



可動に関しては、ほぼ今のULTRA-ACTに準じる感じですね。

首はボールジョイントで、グリグリ動きます。

ただ、左右に振る動きが妙に硬い感が。

先に買ったウルトラマンゼロもそうなので、これは恒例なんですかね。

肩は少し変わった長細いボールジョイントが使用されており、かなり自由に動く反面、スッポ抜け易い印象を感じました。

特に右は結構頻繁に抜けるので、ちょいとストレスです。

肩にはロール軸があるのですが、これが何と言うかがあって使い難いのが困りもの。

ここの自由度がイマイチなせいで、光線ポーズが決まり難くて仕方ありません。

これはシリーズの殆どに言えるのですが、いい加減何とかして欲しいです。

自分が買った中では、ゼロとガイアV2がツートップです。

両方とも胸にプロテクターがあるのにも関わらず、肩の自由度もイマイチだからまともに光線ポーズが取れなくてがっかり。

特にゼロは交換プロテクターがあってこのザマですから、もう何がなんだか。



ウルトラマンガイアV2 8



必殺のクァンタムストリームのポーズを取らせていますが、これは角度でかなり誤魔化しています。

この角度からだと、ほぼ劇中再現が可能ですね。



ウルトラマンガイアV2 9



ですが、こんな感じでから見ると手が届いていない所が丸見えに。

本来なら右腕の上に重ねないといけないのですが、どうやっても重なりません

無理にやろうとすれば、根っこのボールジョイントがボロっと取れます

パッケージ画像では、左手を外して隠す事でそれっぽく見せている様ですね。

公式でダメな事が分かっているのに、何の対策も取らずに発売するのは如何なモノかと。

交換プロテクターも必要ではありますが、それよりも肩のロール軸の見直しをお願いしたい所。

それはさておき、可動の話に戻ります。

胴体はボールジョイントで二分割されており、それぞれが独立して動く事で結構な自由度を確保。

この機構のお陰でポージングに幅が出ますが、少々取れやすいので注意が必要かも。

動かしている時、二分割が全部外れて焦った事があります。

仕方ないので、ガイキング合体ごっこをして遊びつつに戻しましたがw

後、ヴィクトリーのボトムアタックごっこも可。

は腕に比べて、良く動く感じですね。

股間は安定のボールジョイント接続でグリグリ動き、太腿にはロール軸が仕込まれています。

膝は遮るモノがないので、ぴったりくっつく位に曲げる事が可能。

足首はちょっと調整が硬めなのか、動かし難い感じがしました。

爪先もちゃんと可動するので、膝立ちなども十分に出来ます。

そして、このウルトラマンガイアV2にはもう1つ頭が付属。

それが「フォトンエッジ」再現エフェクト付きヘッドです。

完全に頭とエフェクトが融合しており、取り外しは出来ません

頭をそれに換装した姿が、こちらになります。



ウルトラマンガイアV2 11



中々カッコイイ感じですが、個人的にはイマイチでした。

まず、色はピンクがかった白色のイメージでしたが、何かピンクが強くなっています。

そのお陰で、微妙なコレジャナイ感が。

後、溜めのポーズなのでちょっと使いドコロに困ります。

最後に、頭を丸ごと交換が面倒な上に、ウチのは不具合でボールジョイントがすっぽ抜け状態でした。

正直、通常ヘッドに装着の方がありがたかったのですが、塗装ハゲを考慮してこうなったのでしょうか?

まあ、確かに散々遊び倒したジュネッスは塗装ハゲが大変な事になってますし、あながち間違った選択ではないのかも知れません。




ウルトラマンガイアV2 13



これはお馴染みの飛行ポーズですが、こっちはプロテクターも大して邪魔にならず普通に出来ました。

胴体の可動ギミックのお陰で、自然なポーズになります。


ウルトラマンガイアV2 14


最後は去っていくガイアV2で。

色々引っ掛かる所はあれど、今の値段なら十分に許せる気がしますね。



'`,、('∀`) '`,、





恒例の欠点なんですが、もう殆ど上で挙げてしまいましたなw

やっぱり、肩のロール軸の不自由さと、交換プロテクターが無いのが地味に効いてます

ウルトラマンガイアV2 15


普通のL字光線ポーズすら、この有り様

ただのファイティングポーズの出来損ないみたいになってしまい、悲しいですな。

上記していない欠点と言えば、腰のボールジョイントの保持がユルユルな事でしょうか。

これは他のレビューサイトさんでも言及されていたので、覚悟はしていました。

ですが、実際に見てみると…思った以上に酷かったです。

まともに直立出来ない辺り、その酷さ推して知るべし

仕方ないのでマスキングテープをかまし、何とか必要最低限の保持力を确保しました。

簡単に出来る補修なので、お困りなら是非お試しあれ。

後は前述したフォトンエッジエフェクト付き首の不具合と、右腕の抜けやすさ位でしょうか。

集光ギミックもこの失敗から、二度と付属する事はありませんでした。

やはり、色合い的に光らせる事が難しかったのですかね。

もう少し塗装を薄くしたら、上手く光りそうな気もするのですが。

野心的かつ斬新な試みだっただけに、この失敗は残念です。




(´・ω・`)





とは言え、何度も言いますが非常に安価で手に入るのでガイア好きならオススメ

フルプライスではイラッと来る欠点も、半額程度なら許せてしまう不思議

顔の造形も綺麗に出来ており、その辺りは非常に満足ですし。

最近のコレジャナイウルトラマン(80・ギンガ・メビウスなど)を見ているだけに、余計に良く感じます。

80なんて、プレバンであれはどうなんだろうと思いましたが。





次回は、恐らく映画の感想になるかと。



( ´ー`)フゥー...

theme : 玩具レビュー
genre : 趣味・実用

comment

Secret

プロフィール

Kivagami

Author:Kivagami
玩具とネトゲ、そして仮面ライダーを始めとする特撮をこよなく愛する孤高人。
中でも悪のライバルキャラとか六人目とかに目が無い。
特撮系イケメンも好き。
クールガイなら尚大好物。
うさぎを始めとする小動物も好き。
現在、14匹の小動物に囲まれてお世話に奔走する日々。

現在ネトゲ流離い人、定住&安住の地を求めて旅は続く模様。
永遠の孤独(ソロ)という、非常にありがたくない称号を持っているらしい…?

注1:基本的にリンクフリー&トラックバックフリーですが、当ブログのテーマとかけ離れ過ぎな場合は削除しますのでご了承下さい。

注2:当ブログの趣旨は基本ツッコミですが、それに加えて「良いモノは良い、悪いモノは悪い」とはっきり述べるレビューブログでもあります。
決してモノを叩くのが趣旨のブログではありません。

注3:コメントの書き込みは基本的に歓迎いたしますが…
当ブログの趣旨を理解頂けていない書き込みだったり、明らかな捨てハンだった場合は警告無視とみなし、削除対象となる事を明記させて頂きます。
コメントをなさる時は、よく内容を吟味なされた上、ちゃんと名乗って頂ける様お願い申し上げます。
特に悪質な狂信者や荒らしだと判断した場合、通報及びアクセス禁止などの手段を執る事もありますので、その点を良くご理解下さいませ。

注4:最近ソフトバンクの携帯からの荒らしコメが良く来るので、一時的にアクセス不能にしてあります。
なのでお手数ですが、それ以外かPCからのアクセスをお願い致します。

注5:このブログに使用されている文章及び画像の無断使用を禁じます。

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

UNIQLO CALENDAR

里親募集WhiteCat

小動物図鑑

リンク

RSSフィード