08
2
4
5
7
9
11
12
14
16
18
19
21
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

ガンダムビルドファイターズトライ 第24話感想。

ガンダムビルドファイターズトライ 第24話「ファイナル・バースト

感想です。




遂に、運命の決勝戦が始まりました。

場所は宇宙ですが、コロニーなども使用可能な所がポイントです。

トライファイターズは一足先にコロニーに入り、そこで敵を迎え撃つ事に。

この辺の演出が、妙に凝ってましたね。

コロニー内の分析を行ったり、フミナがセカイに降下の仕方をレクチャーしたり。

出入口を警戒するトライファイターズでしたが、相手はガンプラ学園

まずトランジェントガンダムとGポータントが、堂々と入口から侵入

更に外部からガンダムジ・エンドが砲撃で大穴を開け、戦いは混戦へ。

ちなみにユウマがすかさず砲撃していますが、Gポータントに軽く防がれています。

トランジェントガンダムにはセカイが、他の2人にはフミナとユウマが当たりました。

この時点で医者からアランにアドウの手の事が知れてしまいますが、アドウは耳を貸さず

「止めたらアンタをボコボコにする!」

それどころか、大量のファングをマニュアル操作で複雑な動きをさせて攻撃する始末。

まさに、強者との戦いに飢えるバトルジャンキーの面目躍如ですね。

ファングの動きに驚くユウマですが、彼もこれまでの戦いで成長しています。

すかさずフルバーニアンの砲撃で薙ぎ払い、ファングを迅速に処理しました。

そのまま攻撃を仕掛けますが、ビームはでっかい腕に弾かれ、胴体を狙えば吸収されと全く効果無し

流石ガンダムジ・エンド、攻守共に隙がありません

一方、フミナはルーカスの戦法を参考に、GポータントのGNフィールドを剣で突き破ろうとします。

しかし、当然ながらシアも対策を考えており、フィールドを圧縮する事で厚みを増し攻撃を防ぎました

すかさずスターファンネルで追撃しますが、それも間一髪でかわされます

膠着状態になった状況を打開すべく、全機が大技を繰り出しました。

セカイはあのフェニックスの一撃を。

ユウマはフルバーニアンの全砲門ぶっ放を。

フミナはリアルモードに変形し、フルパワーのウイニングビームを。

対するガンプラ学園側も、ウィルフリッドのGNパルチザン×2、シアのライフル、アドウのフルパワー砲撃で応戦。

凄まじい粒子同士がぶつかり合い、コロニーが予想通りに粉砕されて逝きます。

周囲には残骸が漂い、コロニー内の岩塊だけが辛うじて形を保っているフィールド

その岩塊部分では、セカイとウィルフリッドが一騎討ちを展開。

残骸漂う宇宙空間では、フミナ&ユウマがシア&アドウに攻撃を仕掛けます。

セカイは、ウィルフリッドの隠し技であるGNランスビットに苦戦。

フミナ達も、砲撃に対して強いシア達を攻めあぐねていました。

ですが、フミナがSDの頭部部分を犠牲にして、シアをアドウから引き剥がします

すかさずそこへユウマが切り込み、一対一の状況を作り上げました。

運動性に勝るフルバーニアンは、それを駆使してジ・エンドの後ろに回り込んで攻撃を仕掛けます。

が、アドウはでかい手の口でライフルを噛み千切りました。

しかしユウマも怯まず、左腕に仕込んだビームサーベルでジ・エンドのでかい右腕を切断

更にスターウイニングから借りた剣を、ジ・エンドの右肩に突き刺す大健闘をします。

大ダメージを負ったジ・エンドですが、これで終わるはずがありません

何と、腹からユニコーンの頭部らしきモノを射出して、ライトニングガンダムの本体を撃破してしまいました。

前回のミナト戦ではバックパックがやられましたが、今回は本体がお釈迦です。

と言うか、ジ・エンドってギミックあり過ぎでしょうw

ガンプラ化された時、どんだけ再現されるのかが気になる所。

それはさておき。

素早くバックパックで脱出したユウマは、同じくあちこちやられたフミナと合流して一時撤退

こっぴどくやられはしましたが、2人は純粋にバトルを楽しんでいます。

一方、ランスビットでセカイを翻弄するウィルフリッドは、ここで決めの大技を放ちました。

それは、ランスビットに加え更に2本のGNパルチザンで同時攻撃を仕掛けると言うモノ。

と言うか、元々GNパルチザンが前後で分割出来る様になっていたのですが。

ですが、セカイにはその攻撃に見覚えが。

そう、前夜にジュンヤが放ったあの四本腕に見える攻撃です。

セカイはとっさに粒子で炎の長刀を作り出し、ウィルフリッドの攻撃を弾き返しました。

それどころか威力負けしてしまい、岩塊に叩き付けられるトランジェントガンダム。

初見の攻撃であるはずの必殺技が破られた事で、流石のウィルフリッドもびっくり

「戦いのなかで進化しているのか」

「俺は半人前だから…やらなきゃいけないことがいっぱいあるのさ!」

その頃、フミナとユウマは全ての粒子をウイニングビームに注ぎ込む事に。

生半可な攻撃では防がれてしまう上に、時間を与えれば修理の出番です。

ならば、最早大出力を以って押し切るしかありません。

覚悟を決めて突撃する2人。

一方シアは、何とかアドウのファングを使用可能にはしますがそれが限界でした。

ユウマとアドウは、初めてお互いをライバルと認め合い、感謝しあいながら交戦に入ります。

お前がいてくれたおかげで僕はここまで強くなれた!

「俺はこのときを…こういうバトルを待ってたんだよ!」

最早「熱い」の言葉以外では語れない展開です。

ユウマが敵の注意を引き付けている隙に、フミナが渾身のウイニングビームを照射

後先全く考えないフルパワーの一撃に、とっさに張ったシアのGNフィールドが限界を突破

フルパワァァアアアア!

「…粒子帯が!」

その一撃は、後方の岩塊をも貫通する凄まじい威力に。

なんつーか、W型の穴が空くって結構シュールですよねw

合体変形にビーム、スターウイニングガンダムってどう考えてもスーパーロボットですな。

そのとんでもない攻撃の前に、Gポータントは左手と左足を消失

粒子を使い切ったスターウイニングも、機能を停止してしまいます。

ジ・エンドも右足と右腕をやられる大損害ですが、そこへユウマが最後の力を振り絞って特攻

セカイ!あとを頼むぞ!

アドウもすかさず反撃しますが、かわされてに飛び込まれました。

だが、そこにはジ・エンドの腹の口が!

噛み砕いてぇぇぇ!

一気に食い千切ろうとするジ・エンドでしたが、ライトニングのバックパックがミサイルコンテナをフルオープンした事に気付いて驚きます。

ウォォォォォ!!

自爆覚悟のミサイルフルファイアが、両機を爆煙の中へ消し去りました。

コウサカ・ユウマアアア!

アドウ・サガアアア!

吼える2人と共に、大爆発を起こす2機。

何かジ・エンドのお腹の中にいましたが、何だか分からない内に消し飛びました

パイロットにも見えましたが、何だったのでしょうね?

一方、まだ動けるシアはスターウイニングの止めを刺すべく近付いて来ます。

「来る!お願い…動いてウイニング!

「なんだか残念…もっと戦っていたいのに!」

「今この瞬間だけでもいいから!」

フミナの涙が落ちた瞬間、奇跡が。

GポータントのGNビームソードは、確かにスターウイニングを貫きました

ですが、同時にスターウイニングのSD顔のブレードアンテナ部分がGポータントをカウンター気味に直撃。

そう、プラフスキー粒子は「想い」にも反応する性質を持っています。

フミナの強い想いが、スターウイニングの右腕を動かしたのでしょう。

まさかあれで動くと思っていなかったシアは、見事にカウンターを食らってしまった形に。

「今度は1対1でやろ ガンプラバトル」

うん!

2人はお互いを認め、再戦を誓い合いながら、爆発の中へ消えて逝きます。

残ったのはセカイとウィルフリッドのみ。

しかし、機体ダメージはセカイの方が

トランジェントバースト!これで終わりにする!」

必殺のGNパルチザンを放つウィルフリッドに、絶体絶命のピンチのセカイでしたが…

それはブレードアンテナを破壊しただけで終わってしまいました。

そう、タイムアップとなってしまったのです。



(;゚Д゚)(゚Д゚;(゚Д゚;)ナ、ナンダッテー!!




状況は変わらず一対一

よって、3分のインターバルの後、代表者による決戦が行われる事に。

損傷激しいトライバーニングでしたが、ここでユウマの大改造が生きて来ます。

そう、全ての機体のポリキャップ部分を共通化していたのでした。

ミナト曰く「難儀やったで。ほとんど作り直しやったさかいな」だそうで。

この作業を手伝っていたお陰で、ミナトは少し寝坊してしまいましたがw

メイジン達も、その工夫に驚きを隠せません。

応急処置により、ライトニングとスターウイニングのパーツで蘇るトライバーニング。

これは第一期ラストバトルのオマージュですな。

「セカイ、僕のライトニングとフミちゃんのウイニングも連れていってくれ」

「セカイ君、最後まで笑って戦ってね」

全ての想いを、機体と共に託す2人。

ウィルフリッドの方も、シアの武器を借りての出撃となりました。

バトルフィールドは、コロニーの破片が降り注いだ後の地球

「さぁいこうぜトライバーニング、先輩とユウマと…みんなと一緒に!」

「(こんな戦いを味わえるとは…)だからガンプラバトルはやめられない!

初代主題歌である「セルリアン」に乗って、2機のガンプラが最後の戦いを開始。

場所を次々と変えながら、激しくぶつかり合う2機。

セカイも、ウィルフリッドも、心底ギリギリの戦いを楽しんでいます。

チームメンバー達も、そのお互い楽しそうな戦いから目が離せません。

トランジェント!

バーニング!

「「バーストォォォオオ!!」」

大技を繰り出す2機、そしてトライバーニングはスターウイニングのパーツで例のゲートを展開。

ウィルフリッドの機体は、セカイの機体は不死鳥の粒子をまとってぶつかり合いました。

凄まじいエネルギーの放出に、地球が色々大ピンチです。

そのを見たユウマが心の中で呟きました

それは、伝え忘れていたセイからのメッセージ

(いつか…一緒にバトルをしよう、世界選手権で待っていると)

光の中で、崩れ去り残骸と化すトランジェントガンダム。

そして、同じく大破したトライバーニングですが、その目の輝きが勝利を告げていました。

同時に、試合終了の合図が。

そう、遂にチームトライファイターズは日本一に輝いたのです。




ォォオオー!!ヽ(゚д゚ヽ)(ノ゚д゚)ノ オオォォー!!






何と言うか、1回で終わらせるのが惜しい位の熱い回でしたね。

特にユウマとアドウの宿命のバトルが、見ていて盛り上がりました。

これはライトニングとジ・エンドのガンプラ爆売れの予感。

と言うか、何故に三兄弟で二話も使ったのかがイマイチ納得出来ません

あれをサクッと終わらせて、決勝戦にもう1回使って欲しかった気が。

それを差し引いても、迫力のあるバトルでした。

ただ、最後はバーストが凄すぎて異能バトルになっていたのは恐らく賛否両論でしょうが。

私的にはこれが今回のカラーだと思っているので、すっかり慣れた感が。

セカイが異能めいた戦いをしている脇で、ユウマ達がしっかりリアルバトルも展開していますし。

後は、アドウさんの右手がどうなったのかが気がかりですな。

何か最終回みたいな盛り上がりでしたが、まだ残っています




次回、メイジン杯。

楽しみに待ちましょう。


( ´ー`)フゥー...

theme : ガンダムビルドファイターズ
genre : アニメ・コミック

comment

Secret

プロフィール

Kivagami

Author:Kivagami
玩具とネトゲ、そして仮面ライダーを始めとする特撮をこよなく愛する孤高人。
中でも悪のライバルキャラとか六人目とかに目が無い。
特撮系イケメンも好き。
クールガイなら尚大好物。
うさぎを始めとする小動物も好き。
現在、14匹の小動物に囲まれてお世話に奔走する日々。

現在ネトゲ流離い人、定住&安住の地を求めて旅は続く模様。
永遠の孤独(ソロ)という、非常にありがたくない称号を持っているらしい…?

注1:基本的にリンクフリー&トラックバックフリーですが、当ブログのテーマとかけ離れ過ぎな場合は削除しますのでご了承下さい。

注2:当ブログの趣旨は基本ツッコミですが、それに加えて「良いモノは良い、悪いモノは悪い」とはっきり述べるレビューブログでもあります。
決してモノを叩くのが趣旨のブログではありません。

注3:コメントの書き込みは基本的に歓迎いたしますが…
当ブログの趣旨を理解頂けていない書き込みだったり、明らかな捨てハンだった場合は警告無視とみなし、削除対象となる事を明記させて頂きます。
コメントをなさる時は、よく内容を吟味なされた上、ちゃんと名乗って頂ける様お願い申し上げます。
特に悪質な狂信者や荒らしだと判断した場合、通報及びアクセス禁止などの手段を執る事もありますので、その点を良くご理解下さいませ。

注4:最近ソフトバンクの携帯からの荒らしコメが良く来るので、一時的にアクセス不能にしてあります。
なのでお手数ですが、それ以外かPCからのアクセスをお願い致します。

注5:このブログに使用されている文章及び画像の無断使用を禁じます。

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

UNIQLO CALENDAR

里親募集WhiteCat

小動物図鑑

リンク

RSSフィード