09
1
2
4
6
8
9
11
13
15
16
18
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

今週の仮面ライダードライブ&手裏剣戦隊ニンニンジャー。

恒例の仮面ライダードライブ 第25話「新たなる闘いはなぜ始まったのか

手裏剣戦隊ニンニンジャー 忍びの7「春のニンジャ祭り!

感想です。




まずニンニンジャー

結構良いコラボ回でした。

ニンニンジャー達の先生として呼ばれた、忍者戦隊の先輩であるニンジャレッド・サスケハリケンレッド・椎名鷹介

先輩らしく、2回程「忍べよ」と突っ込んでますが、あんたらもあんまり忍んでなかった気がします。

特にハリケンジャー。

2人はニンニンジャーを厳しく鍛えますが、何故か天晴には更に厳しい評価。

分身不能で失敗した妹ちゃんや、魔法で空を飛んで誤魔化そうとした八雲より評価が下とか解せません。

第一、敵の蛾眉も天晴以外のメンバーは全く認めていないレベルなのに、あの低評価

おまけに、戦闘にはダブルで拘束の術をかけて放置していく始末。

一見物凄い理不尽にも思えますが、やっぱりこれにはが。

全ての原因は、腕時計から誕生した妖怪ネコマタにありました。

ちなみにこいつ、赤い猫だったりゲラゲラ笑ったり、挙句の果てには妖怪のせいにしたりと、モロに妖怪ウォッ◯のパロディキャラですw

まあ、玩具作ってるのが同じ会社だしいいんでしょうが、ちょいとギリギリのネタですよね。

このネコマタ、時の扉を作って過去に飛ぶと言う凄まじいチート技を持っています。

おまけに戦闘能力も高く、必殺の「超肉球ボンバー(ひゃくれつ肉球にあらず)」の前に、全員転がされてしまう有り様。

やはり歴戦の勇士たるニンジャレッドとハリケンレッドも、1人ではそれなりの実力しかないと言う事なんでしょうか。

指令を下した十六夜の狙いは、やはり「終わりの手裏剣」の奪取にありました。

現在の場所が分からないなら、過去で探せば良いと安易な考えに至った結果、敢行したと思われ。

で、過去に向かうネコマタを、どう脱出したのかアカニンジャーが追い掛けて行ってしまいます。

愕然とするサスケと鷹介に、一同もただ事ではない事を把握。

10年前に戻ったネコマタは、あちこちの忍者を襲撃しては「終わりの手裏剣」を捜索していました。

この時点では完全に「正体不明の敵」であり、10年前のニンジャレッドとハリケンレッドも大苦戦を強いられます。

流派超越で繰り出した影の舞まで破るとか、洒落にならない強さです。

と言うか、やはりカクレンジャーに登場した妖怪とは違う分類なんですね。

そこにアカニンジャーが出現、こっちもこの時点では謎の忍者となっていました。

で、即座にネコマタと戦いますが、やはりあの必殺技を喰らって消し飛んでしまいます。

サスケと鷹介は、この悲劇を防ぐべく天晴を戦いに出すまいとしていたのでした。

現代でもその事を聞き、愕然とするニンニンジャー達。

証拠となる、天晴に渡されたはずの、わざと酷い成績を記した答案の残骸を見せられては、信じるしかありません。

特に前回兄に助けられたのに、お礼も言えてないツンデレ属性持ちの妹ちゃんのショックは大きいモノでした。

ですが、最初に八雲が「自分が超えるべき存在である天晴がこんな簡単に死ぬはずがない!」と立ち上がります。

続いて妹ちゃんも、あれだけ強かった兄が死んだなんてありえない的発想で気を取り直しました。

で、帰って来たネコマタは「アカニンジャーは殺した」と言い切って、十六夜に終わりの手裏剣と称するモノを渡します。

が、それは真っ赤な偽物

おまけに無傷の天晴までが時の扉から生還し、一同びっくり

何と、全く出来なかったはずの実体を持った分身の術を、あのギリギリの状況で成功させていたのです。

ちなみに最初にやった時は、ただの変わり身の術になってしまい失敗。

「俺、本番に強いんだ!」と全く悪びれない態度の天晴。

おまけにネコマタの持って来た手裏剣も偽物と、今回十六夜は散々です。

気を取り直した忍者戦隊連合の前に、さしもの強敵ネコマタも粉砕されてしまいました。

この戦いの際、ハリケンレッドが「宇宙統一忍者流」を名乗っていたのが、芸コマですよね。

十六夜は腹立ちまぎれに、ガシャドクロを召喚して退散。

ニンニンジャーはシュリケンジンで応戦し、新たに手に入れた2人のレジェンドニンジャ技忍手裏剣を使用。

ニンジャレッドの分身、ハリケンレッドの空駆けを駆使してガシャドクロを追い込み、必殺技で片を付けました。

戦い終わって、喜び合う若き忍者達を見守るニンジャレッドとハリケンレッド。

そこに好天とアカレンジャーが登場。

レジェンドの元祖たるアカレンジャーに「お前らも忍んで無かったぞ」的ツッコミを入れられて、恥ずかしいやら懐かしいやらの2人なのでした。

と言うか、まさかアカレンジャーまで出て来るとは驚きです。

劇中で、過去との繋がりが完全に示唆されたのは、やはりゴーカイジャー以来ですよね。

この設定、後々何か重要な伏線になるのでしょうか。

まあ、戦隊をエンドコンテンツとして育てるなら全然ありですが。




次回、ネコマタは死なず?

楽しみに待ちましょうか。





次は仮面ライダードライブ

大きく展開が動いた回でした。


進ノ介は、捜査一課の課長の嫌がらせに怒り心頭

この無能課長は、あんだけの被害を出したグローバルフリーズや、ロイミュードが起こす事件を全く脅威に思っていない模様。

おまけにトラウマまでほじくり返され、ブチ切れる寸前に。

追田警部補が間に割って入らなかったら、大変な事になっていたかも。

典型的な権力争いにしか興味が無いタイプであり、今回の嫌がらせも気に入らない特状課潰しと、貸し出している追田警部補取り戻しを兼ねての事でした。

新たなタイプのロイミュードと戦った進ノ介は、敵の狙いが入院中の親友である事を察知。

ロイミュードと融合した男は、かって親友に逮捕された事を恨んでおり、復讐に向かう事が容易に予想出来ます。

しかし、人間と融合している以上、倒して殺す訳にはいかない。

白衣さんにベルトさんの調整を任せると、進ノ介は追田警部補と共に病院へ急行。

果たして予想通りにソードロイミュードが出現し、病院でひと暴れしようとします。

怪我した状態でそれを止めようとした進ノ介の親友、早瀬は絶体絶命のピンチに。

そこに進ノ介達及びマッハが駆け付け、何とか阻止に成功

ですが、相手が人間含みと言う事でマッハも思う様に戦えません

しかし、メモ婦警さんが入手して来た「あるモノ」から、ベルトの調整に成功した白衣さんが駆け付けます

進ノ介は、正体バレを恐れずにみんなを守る為、ドライブに変身

フォーミュラなども駆使し、ソードロイミュードを追い込みます

最後はタイプスピードに戻り、キックで犯罪者とロイミュードを分離させました。

そのまま犯人を逮捕しましたが、ロイミュードの方は数字が逃げてしまいます。

西城と追田警部補に正体がバレた進ノ介でしたが、特に変わる事のない2人にホッとしました。

ですが、あの昼行灯の課長が実はベルトさんの最大のスポンサーだと知って、流石にびっくり

ある程度は私も予想していたので、それ程驚きはありませんでしたが、進ノ介にはまさに寝耳に水

おまけに広まる前に公式発表してしまえとばかりに、ドライブの事をマスコミに宣伝済みでした。

果たして、これがと出るかと出るか。



(;´∀`)




剛は今回、ちょっと不調でした。

と言うのも、ベルトがまだ調整されていないからですが。

次には最大のライバルになりそうな奴も誕生しますし、この先存在感を示して行けるかがですな。

取り敢えず、ベルト調整して貰って活躍出来る様になりましょうか。



(゚д゚)(。_。)(゚д゚)(。_。) ウンウン





一方、姿を消したチェイスですがあっさりメモ婦警さんに見付かってしまいましたw

更に彼女の懇願でボディの一部を提供と、最早落ちる一歩手前と言った感が。

次回で進ノ介にも説得される様なので、どんな感じで答えを出すのかが楽しみです。



(`・ω・´)




メモ婦警さんは、チェイスを籠絡寸前と中々の戦果を挙げています。

今回も強化ロイミュードの一部が必要になった為、チェイスの一部を提供させる事に成功。

永きに渡る、チェイスへの想い入れが遂に実を結ぶ時が来そうですな。

で、白衣さんは相変わらずの仕事の早さを発揮。

チェイスの一部こそ必要だったものの、ロイミュードと人間を分離させる機能をベルトさんに搭載しました。

作りかけのマッハドライバーも役に立ちそうですし、良い感じです。

西城は、ドライブの正体を知ってびっくり、基地に入っては大騒ぎでした。

チェイスに対しても以前の経験からそれ程危険視しておらず、秘密の場所を知っても問題無い人材ですね。

ちなみに課長と仮面ライダーごっこに興じるなどの、子供っぽい所も披露しています。

追田警部補も、遂に仮面ライダードライブの正体が進ノ介だと知ってしまいました

ですが、進ノ介を信じているのか反応は結構控えめだった気が。

これからは、より一層協力捜査が捗りそうですね。

そして、やっぱり後ろで糸を引いていた課長。

最初からベルトさんと協力して、ロイミュードに対抗する為に特状課を用意したのです。

なので、全てを知りながら今まで知らん振りをしていた辺り、中々の食わせ者ではないかと。

あの出張の数々も、全ては仮面ライダーをサポートする為の根回しだった模様。

劇場版でも、ライダーの敵を装いながら実は味方だったのは、この設定を受けての事でしょう。

絶対に重要人物だと、信じ続けて良かったです。



( ̄ー ̄)ニヤリ




そうそう、あの嫌味な捜査一課課長ですが、まだ出番がある模様。

今度はどんな事をやらかすのやら。




(;´Д`)




ロイミュード側は、赤いバイラルコアで人間と融合する事が可能に。

ですが、この赤いバイラルコアの出処は不明のまま。

メディックは知らない様子でしたし、ブレンさんが作ったかに付いてはメディックが即座に否定しています。

だとしたら、一体誰がこんな危険なバイラルコアを作ったのでしょうね?

非常に気になる所。

と言うか、やはり人間の悪人ロイミュードを分けて動かすのは面倒だったのでしょう。

融合させてしまえば、話も面倒にならずに済みますしね。

敵の強化も兼ねて、一石二鳥と言えるのではないかと。




'`,、('∀`) '`,、





戦闘では、久しぶりにタイプスピードでのキックが出ました。

最近は速度も生かせずボコられるばかりだったので、基本フォームがまた重要になるのは良いですね。

一方で、戦いながらどんどん強くなる人間との融合ロイミュードの脅威も侮れません。

戦闘能力は非常に高く、デッドヒートを使わないマッハではまるで歯が立たないレベルでした。

正直、幹部連中に迫る勢いの強さではないでしょうか。

これからこのレベルの敵がデフォルトになるのなら、かなり厄介ですよね。





次回、遂にチェイスが…

楽しみに待ちましょう。


( ´ー`)フゥー...

theme : 仮面ライダードライブ
genre : テレビ・ラジオ

comment

Secret

プロフィール

Kivagami

Author:Kivagami
玩具とネトゲ、そして仮面ライダーを始めとする特撮をこよなく愛する孤高人。
中でも悪のライバルキャラとか六人目とかに目が無い。
特撮系イケメンも好き。
クールガイなら尚大好物。
うさぎを始めとする小動物も好き。
現在、14匹の小動物に囲まれてお世話に奔走する日々。

現在ネトゲ流離い人、定住&安住の地を求めて旅は続く模様。
永遠の孤独(ソロ)という、非常にありがたくない称号を持っているらしい…?

注1:基本的にリンクフリー&トラックバックフリーですが、当ブログのテーマとかけ離れ過ぎな場合は削除しますのでご了承下さい。

注2:当ブログの趣旨は基本ツッコミですが、それに加えて「良いモノは良い、悪いモノは悪い」とはっきり述べるレビューブログでもあります。
決してモノを叩くのが趣旨のブログではありません。

注3:コメントの書き込みは基本的に歓迎いたしますが…
当ブログの趣旨を理解頂けていない書き込みだったり、明らかな捨てハンだった場合は警告無視とみなし、削除対象となる事を明記させて頂きます。
コメントをなさる時は、よく内容を吟味なされた上、ちゃんと名乗って頂ける様お願い申し上げます。
特に悪質な狂信者や荒らしだと判断した場合、通報及びアクセス禁止などの手段を執る事もありますので、その点を良くご理解下さいませ。

注4:最近ソフトバンクの携帯からの荒らしコメが良く来るので、一時的にアクセス不能にしてあります。
なのでお手数ですが、それ以外かPCからのアクセスをお願い致します。

注5:このブログに使用されている文章及び画像の無断使用を禁じます。

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

UNIQLO CALENDAR

里親募集WhiteCat

小動物図鑑

リンク

RSSフィード