11
1
3
4
6
8
10
11
13
15
17
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

TFレジェンズ LG13 メガトロンレビューもどき。

今回は久々の大物、TFレジェンズから「LG13 メガトロン」をレビューしたいと思います。




このメガトロンは、レジェンズシリーズの中でも数少ないリーダークラスのアイテム。

今の所、日本で現行発売されているTFでは1番大きなサイズです。

厳密に言えば、この上にタイタンクラスというモノがあり、ちょっと前に出たメトロプレックスがそれに相当しますね。

ただ、このメトロプレックスはもう店頭などには置いていないので今はリーダークラスが最大となります。

それはさておき。

現在ウチのTFの悪のキャラで最大を誇るのは、プレダコンのグレンドラゴトロン

堂々たるリーダークラスですが、只今絶賛投げ売り中。

しかしディセプティコンのリーダークラスは存在せずと、何か物足りない日々を送っていました。

ですが、遂に元祖破壊大帝が降臨すると知って即予約

ようやく、ウチのディセプティコンに真のリーダーが出現したのです。

自分的にもディセプティコン(デストロン)のリーダーと言えばメガトロン

それが日本のアニメ第一作目を意識したスタイルとカラーリングで発売と来れば、手を出さない訳には行きません


で、まずはパッケージ




LGメガトロン1






いつものレジェンズ基準の箱ですが、クッソでかいです。

お陰で撮影ブースギリギリの幅を取ってしまいました。






LGメガトロン2





そしてビークルモード

今回は見慣れたではなく、G2の時に変形していたメガトロンタンクでの降臨です。

まああんなどでかい銃になられても、誰も持てないのでこれはありがたいですね。

ほぼシルバーで構成されたボディは格好良く、違和感の無い戦車に仕上がっています。

某合体兵士のパーツだった戦車は、キャタピラが無かったですしね。

その堂々たる姿は、まさに破壊の為に生まれてきたデストロイヤーと言った感じに。





LGメガトロン3




でかいので、横から見ても相当な迫力

あまりにもでかすぎて、カメラからはみ出てしまいましたw

ちなみにキャタピラはゴム製で、車輪も独立して回転する為実物さながらの走行遊びが可能

リーダークラスの面目躍如ですな。





LGメガトロン4



後方から見ても、巨大な融合カノン砲が目立ちますね。

何処から見ても、隙の無いカッコ良さです。




LGメガトロン5






砲塔は360度回転可能な上、ミサイルを発射する事が出来ます。

回転はクリックが入っているので微調整にがありますが、それ程困らないかと。

唯一上に砲が上がらないのが欠点ですが、回転するだけでもありがたいです。

だが空からの攻撃にはリアル戦車さながらに無力だ。

単に戦車の玩具として見ても立派に通用する辺り、やはり高額商品は伊達ではありません。

それでは、ロボットモードにトランスフォーム!

(ギゴガゴゴ)




LGメガトロン7



まず、ひっくり返して前キャタピラを折り畳みます

部品の合いがかっちりしているので、非常にやりやすいのではないかと。






LGメガトロン8




で、次は後輪を伸ばしてに整形。

脛にくっついている爪先部分をカチカチとクリック可動させながら下にスライドさせると、自然にになります。

ついでに融合カノン砲を短く縮めておくと良いかと。




LGメガトロン9



が出来たらそのまま立たせ、砲塔を2つに割って腕にして左右にスライド

で、黒い腰の前面装甲を畳んでしまいます。

ここの構造を見れば分かりますが、砲塔は腕の基部毎豪快に回転する作りになっていて感心しました。




LGメガトロン10





最後に腕カバーを上にスライドさせてを出しつつ、胸部装甲を閉じてロックすれば完成です。

手順としては思ったより簡単でしたが、これ位が丁度良いですね。

グレンドラゴトロン程簡単でも微妙ですし、ブラックナイトグリムロック程複雑でも萎えますし。

※ブラックナイトグリムロックに関しては、またレビューを上げる予定。

にしても、まさにメガトロンと言った感じです。

懐かしいアニメ一作目の活躍が、昨日の事の様に思いだせ…はしませんが、兎に角威圧感が半端ないですな。





LGメガトロン11





横から見ると、前キャタピラ部分を全部後ろに背負っているのが分かります。

最初、これがどう前キャタピラに収まるのか見当もつかなかったのは多分私だけではないはず。

足は少し肉抜きが目立ちますが、本当に少しだけなのでご勘弁の程を。





LGメガトロン12




後ろから見ると、背負ったキャタピラが殆ど目立たなくなるのがポイント

非常に力強くカッコイイ後ろ姿です。

後部キャタピラは、そのままふくらはぎ部分にIN。

これも王道的な感じがしますね。





LGメガトロン13





顔をアップで。

これも文句の付けようがない、メガトロン様以外の何者でもない強面です。

造形もしっかり作り込まれており、手抜き無し

更に目には集光ギミックが仕込まれており、後方からを当てる事で赤く輝きます

目の塗装が濃いせいか少し鈍い光になりますが、このギミックが好きな私としては満足






LGメガトロン14




可動に関しては、まず首が複雑な構造により360度回転可能の上、上下に視線を振る事が可能。

ただし、に向け過ぎると首が脱出装置になってしまうのでご注意を。

ジオングかな?

肩は引き出す事でグルングルン回す事が可能で、クリックが入る為保持能力も高め

肘の真上にはロール軸があり、腕の回転を賄います。

肘の可動自体はいつものTFクオリティ90度前後ですが、特に問題には感じませんでした。

拳はリーダークラスだけにしっかり回転するので、二の腕のロール軸と合わせて自由度の高いポージングが可能に。

この拳の回転ギミックは、TFでは省略される事も多いので助かります。





LGメガトロン15




腰は少しだけ振る事が出来ますが、別に無くても困らないかなと。

下半身に関しては、ちょいと微妙でした。

まず股関節はいつものクリック入り二軸式になっており、しっかりと巨体を保持してくれます。

しかしその反面、微調整が効き辛くなっているのでご注意を。

可動範囲ですが、画像の様に横には水平まで。

前はフロントアーマーがモロに干渉する為、あまり上がりません

逆に後ろの方は水平近くまで上がりますが、あまり使用しないと思われ。

太腿にはロール軸がスタンバイ、足の回転をここで賄います。

ただし、やはりアーマーの干渉で外側は真横まで回転しますが、内側には殆ど回転しません

なんか上半身に比べて、下半身の制限が多いですな。

膝に関しても脛のキャタピラが干渉して、ロクに曲がらないのは痛い。

クリックが入っているので保持は十分ですが、最近のモノにしては些かお粗末かと。

足首は変型ギミックを利用して、上にのみ動かす事が出来ます。

ここもイマイチですが、動くだけ良しとしましょうか。

完全固定のモノの方が多いですしね。






LGメガトロン16





メイン武器は、この融合カノン砲

メガトロンの象徴とも言える武器で、比類無き火力を誇ります。

取り外しは不可能ですが、左右にずらしたり回転させる事が可能。

説明書のイラストでは太い方からビームを撃ってますが、戦車時には細い方を前に向けています。

なので、ビームと実弾を使い分ける事が出来るのではないかと推測していますが、真相や如何に。

タンクモードの時はスライドして、ほぼ二倍の長さになります。



LGメガトロン17



これだけでも十分なのですが、更に武器が付属。

これは短い方の銃で、タンク時にも砲塔の付近に装着が可能。

ロボットモードの時も、腕の部分にジョイント穴が来ているのでそこに付けてもOKかと。




LGメガトロン18





で、こっちが大きい方の銃ですね。

こちらの方はより銃らしい造形になっており、単体で持っても良い感じ

この2つの銃は合体機構を備えており…





LGメガトロン19



前後を組み合わせる事で、大きなライフルへと变化します。

流石リーダークラス、武器もデラックスに大盤振る舞いですな。




LGメガトロン20






普通に持たせる他に、両手持ちも何とかこなします。

その際は、融合カノン砲の干渉にご注意を。






LGメガトロン21



下から見上げる様に撮ってみましたが、中々の迫力

小さいながらしっかり自己主張しているディセプティコンマークがカッコイイですな。




LGメガトロン6




今度は炎エフェクトを使用して、炎を吹き散らしながら走る感じを表現してみました。

割りと適当に配置したのですが、思ったより格好良くてびっくり。

この炎エフェクト、結構あれこれ使えます





(`・ω・´)





中々素敵アイテムのメガトロンですが、欠点もちらほら

まず、前述した様に足の可動がイマイチ

腿もロクに上がらない上に、膝もあんまり曲がらないのでポージングに苦労します。

商品写真とかでメガトロンの立ち姿が微妙だったのは、この可動範囲の狭さが原因の模様。

格好良く直立させようにも、足自体の狭い可動範囲と横に振れない足首、そしてクリック可動大きな壁となって立ちはだかります。

なのでスタンドを使わない場合、なんか窮屈なポーズで立たせるしかありません。

あるいは、大味ですがガッと股を開いてしまうかですね。

ちなみにスタンド穴は無いので、使えるスタンドも限られるのも痛い。

なので、飾る時は基本ビークルモードで飾っています。

こっちは文句無しにカッコイイですしね。

それと、肩のジョイントの位置が変型ギミックの関係で少し下過ぎるのも気になります。

直立している時は目立たないのですが、融合カノン砲を構えたりすると途端に違和感が。

なので、武器を構えさせる場合は少し肘を曲げて構えさせると良い感じに。

肩自体の可動は優秀なので、幾らでも誤魔化しが効くのが救いでしょうか。

その他、クリックが多用されているのでポーズの微調整には苦労するかと。

流石に全て完璧とは行かない様です。





(´・ω・`)






とは言え、総合的には十分合格点を与えられるアイテムかと。

特に変型ギミックは素晴らしく、ビークルモードでも遊び倒せる構造なのはナイスです。

肉抜きも最低限に抑えられており、貧乏臭さも感じさせません

価格もヴォイジャークラス程度にまでは下がっているので、メガトロンが好きであれば即買いして後悔は無いかと。

きっと、雄々しい破壊大帝の御姿に惚れ惚れとする事でしょう。

今の所シリーズ的に深刻なディセプティコン不足なので、破壊大帝の降臨は非常にありがたい所。

尚、ジェットファイアーのリデコでスタースクリームなども予定されていますが、日本で発売されるかはまだ未定との事。

ジェットファイアーを購入していないので、自分的には是非発売して欲しいです。

やっぱり、メガトロンと言えばスタースクリームとのやりとりですしね。

「お許し下さいメガトロン様!」

「ええい!この愚かなスタースクリームめが!」




LGメガトロン22




最後は哀愁の後ろ姿で。

写真を撮っていて、中々面白かったです。

やはり往年の雄姿が、思い入れを強くさせたのだと思われ。




次回の木曜日も、多分TFのレビューになるかと。




( ´ー`)フゥー...

theme : 玩具レビュー
genre : 趣味・実用

comment

Secret

プロフィール

Kivagami

Author:Kivagami
玩具とネトゲ、そして仮面ライダーを始めとする特撮をこよなく愛する孤高人。
中でも悪のライバルキャラとか六人目とかに目が無い。
特撮系イケメンも好き。
クールガイなら尚大好物。
うさぎを始めとする小動物も好き。
現在、14匹の小動物に囲まれてお世話に奔走する日々。

現在ネトゲ流離い人、定住&安住の地を求めて旅は続く模様。
永遠の孤独(ソロ)という、非常にありがたくない称号を持っているらしい…?

注1:基本的にリンクフリー&トラックバックフリーですが、当ブログのテーマとかけ離れ過ぎな場合は削除しますのでご了承下さい。

注2:当ブログの趣旨は基本ツッコミですが、それに加えて「良いモノは良い、悪いモノは悪い」とはっきり述べるレビューブログでもあります。
決してモノを叩くのが趣旨のブログではありません。

注3:コメントの書き込みは基本的に歓迎いたしますが…
当ブログの趣旨を理解頂けていない書き込みだったり、明らかな捨てハンだった場合は警告無視とみなし、削除対象となる事を明記させて頂きます。
コメントをなさる時は、よく内容を吟味なされた上、ちゃんと名乗って頂ける様お願い申し上げます。
特に悪質な狂信者や荒らしだと判断した場合、通報及びアクセス禁止などの手段を執る事もありますので、その点を良くご理解下さいませ。

注4:最近ソフトバンクの携帯からの荒らしコメが良く来るので、一時的にアクセス不能にしてあります。
なのでお手数ですが、それ以外かPCからのアクセスをお願い致します。

注5:このブログに使用されている文章及び画像の無断使用を禁じます。

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

UNIQLO CALENDAR

里親募集WhiteCat

小動物図鑑

リンク

RSSフィード