09
1
2
4
6
8
9
11
13
15
16
18
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スーパーロボット超合金 ゲッター1(OVA版)レビューもどき。

前々から欲しいと思っていたこの「スーパーロボット超合金 ゲッター1(OAV版)

近所のショップで安売りしていたので、購入して来ました。




ちなみにAmazonの評価はあんまり良くないのですが、私的には対して気にならず

まあ、確かに高額なのは間違いないですが。

個人的にTV版の細いスタイルより、漫画版よりのぶっといスタイルのゲッターが好きなので購入を躊躇う理由がありませんでした。

流石にプレバンのブラックゲッターに手を出そうとは思いませんが。






ゲッター1 1





まずはパッケージ

思ったより小型です。





ゲッター1 2





パッケージ裏側

中々良い感じのデザインになっています。





ゲッター1 3





スタイルは見事はOVA版ですね。

この程よいデブさが私好みw

顔も簡略化されたモノではなく、しっかり描き込まれたもので立体化されています。

腕のゲッターレザーもしっかり再現されており、シャープな造形に。

胸の緑の部分もクリアパーツで綺麗に表現されており、手抜き感は無し




ゲッター1 4





から見ると、それ程幅はありません

この辺、ちょっとボリューム不足かなと。




ゲッター1 5





後ろ姿も、極力ネジ穴が目立たない様に工夫されています。

真マジンガーZの時も思いましたが、こういう企業努力には頭が下がりますね。





ゲッター1 6





トレードマークとも言える、ゲッターマントを装着。

元々空戦用のゲッターだけに、基本的にこれがあるのがデフォルトだと思います。





ゲッター1 7




後ろから見ると、使い込まれてボロボロなのが分かります。

このボロさがまた格好良い。

マント自体は基部で前後に結構動かせるので、表情が付け易くなっていますな。





ゲッター1 10





付属品はこんな感じ。

内訳はトマホーク2個ゲッタービーム再現用パーツ2個交換用手首6個、マントを外した後の穴埋めパーツ1個スタンド接続用パーツ1個です。

これでマシンガンが付いていれば完璧だったのですが、まさかブラックゲッターの方に行くとは思いませんでした。





ゲッター1 8






可動に関しては、まず首が上下二重のボールジョイントで上下左右自在に動きます。

あまりにも動き過ぎて、返ってやり辛く感じる位でした。

肩関節は軸可動ですが、遮るモノが無いのでこれも動かし放題

画像の様に肩の一部が上に跳ね上げられる様になっているので、トマホークを振り上げるポーズも楽々です。

肘はクリック入りの90度前後と、少しイマイチな感が。

肘から下は引っこ抜ける様になっており、ロール軸の代わりにもなっていますね。

手首は交換の関係上、ボールジョイントでグリグリ動きます。





ゲッター1 9






腰は引き出す事で可動範囲がアップし、前後左右にスイングが可能。

回転も360度OKなので、ポージングが捗ります

股関節は軸可動とボールジョイントを組み合わせた特殊なモノになっており、そのせいかあんまり可動範囲が広くありません

前後左右共に、あんまり上がらないのが非常に残念

水平よりかなり下で限界なので、物足りないなんてレベルじゃないですね。

何かスパ超は股関節が尽くイマイチな感が。

その代わりと言っちゃ何ですが、膝は結構深くまで曲がります。

足首も引き出し式のボールジョイントなので、かなり広い可動範囲确保出来ていますな。

なので、接地性に関しては優秀かなと。

後、足の回転は足首でのみ可能です。

そこから上にはほとんどロール軸は存在しないので、地味に困るかも。

それもこれも、妙な構造をしている股関節が悪いのですが。






ゲッター1 11






スタンドを使って飛行ポーズで。

OVAでは、龍馬が搭乗して出撃していくシーンが印象的でした。




ゲッター1 12




ゲッタートマホークでぶちのめしてやる!

漫画版のセリフを借りつつ、ゲッタートマホークを持たせてみました。

ゲッターと言えば、やはりこの武器ですよね。




ゲッター1 13




クッソ重そうなトマホークを振り下ろして、悪のインベーダーを殺害だ!



ゲッター1 14




トマホーク自体の造形はかなり簡素になっており、特に柄の部分はマジでただの棒です。

プラ製なので軽いのは良いのですが、造形にちと手抜きが過ぎるかなと感じました。





ゲッター1 16





トマホゥゥク!ブゥゥメラン!!

こっちは神谷明のイケボで再生しつつ、投擲シーン

当たっても外れても戻って来るトマホークが、私は大好きです(真顔)。

スタンド穴が無いアイテム用に用意した魂STAGEが、何気に役に立ちました。




ゲッター1 15





トマホークを両手に装備しつつ、どこかで見た様なシーンを再現。

主人公の気質のお陰か、炎エフェクトともかなり相性が良いです。







ゲッター1 17




喰らえ!ゲッター・・・





ゲッター1 18





ビィィィィムッ!!

こっちもやはり神谷明ボイスで再生されましたが、ゲッタービームエフェクトで。

つか、これ何でなんでしょうね?

ゲッターエネルギーがで表現される事はあっても、ビームが緑だった事はほぼ無かった気が。

TV版だと赤がかった白で、OVA版だとビームライフルでお馴染みのピンクだったと思います。

何故のエフェクトなのか、理解に苦しみますな。

ちなみにピンクのエフェクトは、プレバンのブラックゲッターに付属するそうで。

流石にアコギ過ぎて、着いて行けません





ゲッター1 19





今度はTV版OPで、トマホークを振りかざして走って来るシーンを。

何かあのシーン、妙に印象に残るんですよね。





ゲッター1 24




ちったぁ驚れぇたか、ハチュウ類ども。これがゲッター1の最大の力だ

今度は漫画版武蔵のセリフを借りつつ、自爆シーン

の空いた腹パーツと、ゲッターエネルギータンクが付属していないのが誠に残念です。






(´ε`;)ウーン…





色々遊べるゲッター1ですが、やっぱり欠点にも触れねばなりますまい。

まず、首の二重ボールジョイントがイマイチ良くない事。





ゲッター1 20




この白い基部の所までもがグリグリ動いてしまうので、首がしょっちゅう正面からズレます

地味にストレスが溜まる仕様なので、何とかして欲しかった所。

ちなみに真マジンガーでも同じ問題がありますが、こっちは正面を示すラインが無いので誤魔化しが効くんですよね。

いちいち首を引っこ抜いて修正するのも面倒なので、かなりのマイナスポイントかと。

で、お尻の所にあるスタンド用のジョイント穴も非常に使い難いです。




ゲッター1 23




画像のT字の所にパーツを差し込んで使用するのですが、保持力が無きに等しく直ぐに抜けるのが困りもの

お陰で撮影中には、ほとんど役に立ちませんでした。

幾つか使用した画像がありますが、これただ単に支えとして使用しているだけです。

元々重い合金アイテムなんですから、しっかり保持出来るパーツを用意して欲しかった気ががが。

最後に、前述した股関節の問題。

変な構造のせいか、本気で可動範囲が狭いんですよね。




ゲッター1 22




おまけに左足の軸可動部分らしき箇所が速攻でヘタレて、今やグラグラ

今や直立する事も難しい、要介護者ゲッターと化してしまいました。

ホント、このダメ股関節構造は速やかに改修して貰いたいモノです。





(´・ω・`)





結構な問題を抱えておりはしますが、今現在1番安価で手に入るOVA版ゲッター1の合金玩具なのは確か

数々の欠点が気にならず、尚且つスタイルがお気に召せば購入しても問題は無いかと。

ちなみにクロスオーバージョイントに対応しているので、真ゲッターやカイザーの羽を装着する事も可能。

ただし、真マジンガーのは大き過ぎ小さ過ぎで装着出来ませんでしたが。

多分真マジンガーの方が古すぎるせいで、対応していないのではないかと。






ゲッター1 21




最後は恒例(?)の後ろ姿で。

ゲッターと炎エフェクトの相性の良さが、ここでも発揮されています。






次々回の火曜日も、何かのレビュー予定。

まだまだブツは残っておりますので。




( ´ー`)フゥー...

theme : 玩具レビュー
genre : 趣味・実用

comment

Secret

プロフィール

Kivagami

Author:Kivagami
玩具とネトゲ、そして仮面ライダーを始めとする特撮をこよなく愛する孤高人。
中でも悪のライバルキャラとか六人目とかに目が無い。
特撮系イケメンも好き。
クールガイなら尚大好物。
うさぎを始めとする小動物も好き。
現在、14匹の小動物に囲まれてお世話に奔走する日々。

現在ネトゲ流離い人、定住&安住の地を求めて旅は続く模様。
永遠の孤独(ソロ)という、非常にありがたくない称号を持っているらしい…?

注1:基本的にリンクフリー&トラックバックフリーですが、当ブログのテーマとかけ離れ過ぎな場合は削除しますのでご了承下さい。

注2:当ブログの趣旨は基本ツッコミですが、それに加えて「良いモノは良い、悪いモノは悪い」とはっきり述べるレビューブログでもあります。
決してモノを叩くのが趣旨のブログではありません。

注3:コメントの書き込みは基本的に歓迎いたしますが…
当ブログの趣旨を理解頂けていない書き込みだったり、明らかな捨てハンだった場合は警告無視とみなし、削除対象となる事を明記させて頂きます。
コメントをなさる時は、よく内容を吟味なされた上、ちゃんと名乗って頂ける様お願い申し上げます。
特に悪質な狂信者や荒らしだと判断した場合、通報及びアクセス禁止などの手段を執る事もありますので、その点を良くご理解下さいませ。

注4:最近ソフトバンクの携帯からの荒らしコメが良く来るので、一時的にアクセス不能にしてあります。
なのでお手数ですが、それ以外かPCからのアクセスをお願い致します。

注5:このブログに使用されている文章及び画像の無断使用を禁じます。

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

UNIQLO CALENDAR

里親募集WhiteCat

小動物図鑑

リンク

RSSフィード