10
2
4
6
7
9
11
13
14
16
18
20
21
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

S.H.Figuarts 仮面ライダー響鬼(真骨彫製法)レビューもどき。

今回は「S.H.Figuarts 仮面ライダー響鬼(真骨彫製法)」をレビューしたいと思います。




思えば、超久々のS.H.Figuartsですね。

以前に購入したのが仮面ライダーギルスで、しかもそれしかない辺りとんでもなく久しぶりです。

思えば何故このシリーズを購入しなくなったのかと言うと、はっきり言って以前のはクオリティが低かったからでした。

造形は妙に出来不出来の差が激しいし、関節はすぐヘタる

特にウチのギルスは両腕の肩がプランプランの上に、ヒールクロウを再現しようと右足を跳ね上げたらそれ以降動かなくなる有り様。

その癖妙に高額と来ては、手を出さなくなるのも道理ではないかと。

それならいっその事S.I.C.で良くね?って話になりますし。

しかしながら、S.I.C.は何と言うかでかいんですよね。

大き過ぎて、扱うにも一苦労

やはり、普段弄り倒すには手のひらにすっぽり収まる大きさが1番しっくり来ます。

その点、ROBOT魂は丁度良い大きさでした。

で、色々探していたら最近のS.H.Figuartsの出来はかなり良くなったとの事。

特に鎧武やドライブは大した不満が出ない所まで、レベルが上がっていると聞きました。

その中でも、少しお高めに値段が設定されて発売された「真骨彫製法」シリーズ。

何でも骨格から造形を見直し、よりリアルに近付けた製品だそうで。

その時既に第一弾のカブトが発売されていましたが、今回は敢えて第二弾の響鬼を選択。

理由としては単純にカブトより響鬼の方がデザイン的に好きなのと、カブトで上がった不満点が解消されていると聞いたからでした。

どうせなら最高の出来の物を買ってやれ!と、清水の舞台から飛び降りるが如き覚悟で購入。

まずはパッケージ




仮面ライダー響鬼1






もうパッケージの段階から「普通の製品とは違うのだよ!」と言わんばかりのオーラが溢れています。

妙に豪華な装丁の箱を開けると、コンセプトを解説した冊子と説明書

そして、本命のフィギュアと豊富な付属品が姿を現しました。

冊子の方には兎に角凄くリアルを追求しました!的な事が綴られています。





仮面ライダー響鬼3




で、まず本体を引っ張り出して見ました。

これは中々の再現度ですね。

複雑なデザインと、神秘的な色合いがしっかり合わさって良い感じに。




仮面ライダー響鬼4




横から見てもカッコイイですな。

ベルトは別パーツになっており、全ての装具が取り外し可能となっております。

流石にふんどしは無理ですがw

勿論外した後を埋めるパーツもきっちり付属しており、抜かりはありません




仮面ライダー響鬼5




後ろから見ると、見事な肉体美に惚れ惚れとします。

特に肩甲骨の部分に力を入れたとの事で、確かに中々どうして見事な造形に。




仮面ライダー響鬼8





顔も何処からどう見ても響鬼で、その再現度の高さに思わず唸りました。

塗装にも妥協は無く、バンダイの本気を感じさせます。




仮面ライダー響鬼2





付属品はこんな感じ。

概ね大体の必要なアイテムは付属しています。

現段階では、同シリーズで1番付属品が充実しているのではないかと。

この次に出たクウガは勿論、そして次に予定されているアギトも全く武器などの付属品が無さそうですしね。

特にクウガは付属品が手首6つのみで響鬼と値段が同じとか、ちょっと信じられない構成になっています。

付属品が少ないなら、少ないなりに値段を下げて欲しい物ですが。

閑話休題。




仮面ライダー響鬼7




可動に関しては、まず首がボールジョイントで上下左右に可動。

ボールジョイントの軸も完全にカバーで隠されており、非常にリアルな造形になっております。

肩は前後左右の二軸式ですが、基部がスイングするので相当広い可動域を実現。

肩パッドは腕の方に設置されており、これも上下に可動するので肩の動きを損ないません

おまけに肩の接続部分にもカバーがあり、出来る限り可動部が露出しない様に配慮されています。

肩の下にはやはりカバー付きのロール軸があり、腕を自在に回す事が可能。

肘は流石にカバー無しですが、二重関節により良く曲がります。

デザイン的にひっつくまでは曲げられませんが、これでも十分ですね。

で、驚いたのが手首の構造

何と、手袋部分が軟質素材の別パーツで構成されているんですよね。

ここまでやるか!?と驚いてしまいました。

しかも、手袋部分が回る様になっており、手の表情付けに大きく貢献します。

手首はボールジョイントで、グリグリ動きますね。

付け外しもな上、ジョイント部分が完全に埋まってしまうので不自然さも無し





仮面ライダー響鬼6





胴体は胸の下と腰に可動が仕込んであり、それぞれボールジョイントでスイングと回転が可能。

ここも不自然にならない様にと、極力ジョイント部分が露出しない構造に。

股関節は特殊な二軸式で、やはり前後左右にほぼ水平まで上がります。

最早頭おかしいんじゃないか?と思う位可動が神がかってて恐ろしいですな。

当然ながら特製のカバーが付けられており、股関節を拝むには足を外すしかありません。

もしヘタっても補強が容易なのは、非常にありがたい所。

腿にはカバーに覆われたロール軸があり、足の回転を賄います。

膝も肘同様の二重関節で、正座こそ無理ですがかなり深く曲がるのでポージングに支障はないですね。

足首は回転の他、内側へも可動するので接地性は高め

つま先にも可動が当然の如く仕込まれており、膝立ちなどのポーズ付けに重宝するかと。





仮面ライダー響鬼9





よろしくなっ!(シュッ)」

響鬼の代名詞とも言えるこの決めポーズも、専用の手首でバッチリです。






仮面ライダー響鬼10






(キィィィンッ)「ハァァァァ・・・・!!






仮面ライダー響鬼12





ハァッ!!」(バシィーン!)

変身シーンも、音叉の専用持ち手のお陰で楽々再現

紫の炎が無いので、普通の炎エフェクトで代用していますw






仮面ライダー響鬼13





頼んだぜ!

ディスクアニマルを起動するシーンも、これまた専用持ち手により簡単再現。

響鬼を象徴するシーンの再現が容易なのは、流石の一言。







仮面ライダー響鬼11




敵に向かってハイキック

これも綺麗に決まります。





仮面ライダー響鬼19






殆どやりませんでしたが、ライダーキックで。

飛翔してのキックが似合うキャラではありませんが、中々良い感じです。

尚、スタンド穴はないので魂STAGE4を使用






仮面ライダー響鬼14





太鼓の音撃戦士である響鬼のメインウエポン、2本の音撃棒「烈火」を装備。

専用手首によりしっかりと保持され、人差し指にリングを通す所まで余すところ無く再現しています。





仮面ライダー響鬼15





行くぜ!」(シャリーン)

先端の霊石である「阿吽」は、ちゃんとそれぞれ違う造形がなされていますね。

神木から削り出された柄の部分と組み合わせる事で、妖怪に痛打を浴びせる強力な武器となります。






仮面ライダー響鬼20





放映前に公開されたポスターのポーズっぽく。

背景を変えれば、そのまま番宣ポスターとして通用しそうですよね。




仮面ライダー響鬼16






音撃打、爆裂強打!!







仮面ライダー響鬼17





巨大な魔化魍に、敢然と立ち向かう響鬼。

鍛え上げられた肉体がしっかり表現されており、これまでのライダーにない生々しさを感じさせます。





仮面ライダー響鬼18







音撃打、火炎連打!!

魔化魍のに乗り、音撃鼓を貼り付けて叩き込む清めの音撃!

柔軟な可動により、数々の名シーンを再現。

大きな音撃鼓が付属していないのは残念ですが、取り外し可能なだけマシですね。






仮面ライダー響鬼21





鬼棒術、烈火弾!





仮面ライダー響鬼22





ハァァア!ハッ!

ノーマル響鬼唯一の遠距離攻撃手段であるこの技も、専用エフェクトパーツで再現出来ます。

鬼火も遠距離攻撃っぽいですが、あんまり遠くまで飛ばせない印象が。

別作品に客演した際にも結構使用しているので、エフェクトパーツがあるのも当然ですね。

尚、響鬼紅になったら遠距離から音撃を叩き込めるのでお役御免の模様。




仮面ライダー響鬼23





こんな感じで薙ぎ払う様に使っても、非常にカッコイイですな。

本体の出来が良いので、どんなポーズでもビシっと決まります。





仮面ライダー響鬼25





炎の気を腕に纏わせてのパンチ

属性がの響鬼には、やはり炎が良く似合います





仮面ライダー響鬼24




ハァァァァ・・・・!!!

鍛え直した響鬼が、炎の気を高めて響鬼紅に進化するシーンっぽく。

今の所予定には全くありませんが、響鬼紅装甲響鬼出て欲しいですね。

兎に角、動かして良し、遊んで良しの素晴らしいアイテムだと思います。






(`・ω・´)






欠点と言えば、変型後のディスクアニマルと烈火剣、そして巨大化した音撃鼓が付属しない事。

そして鬼爪、鬼火も交換用パーツが無い為残念ながら再現不可能です。

この2つも使用頻度こそ少なめですが、響鬼の攻撃方法としては有名なので何とかして欲しかった所。

それと、個体差かもですが烈火弾のエフェクトと、腰の変身音叉音角が妙に外れ易い感がありました。

烈火弾の方は大きさ的に無くしそうな物ではないのですが、変身音叉音角の方は小さいので無くさない様にご注意を。






(´・ω・`)






とは言え、ホント欠点はその程度なので定価を切っていれば即買いして後悔しないアイテムかと。

その時はバンダイの本気に驚く事でしょう。

特に私みたいに過去のS.H.Figuartsにがっかりした人間にこそ、手に取って頂きたいですね。

この造形に可動を持ったフィギュアが5千円以下で買えるとか、ホント良い時代になったものです。









仮面ライダー響鬼26







最後は恒例(?)の振り向き姿で。






次回の木曜日は、(自分的に)ちょっとした大物をレビューしようかと。




( ´ー`)フゥー...

theme : 玩具レビュー
genre : 趣味・実用

comment

Secret

プロフィール

Kivagami

Author:Kivagami
玩具とネトゲ、そして仮面ライダーを始めとする特撮をこよなく愛する孤高人。
中でも悪のライバルキャラとか六人目とかに目が無い。
特撮系イケメンも好き。
クールガイなら尚大好物。
うさぎを始めとする小動物も好き。
現在、14匹の小動物に囲まれてお世話に奔走する日々。

現在ネトゲ流離い人、定住&安住の地を求めて旅は続く模様。
永遠の孤独(ソロ)という、非常にありがたくない称号を持っているらしい…?

注1:基本的にリンクフリー&トラックバックフリーですが、当ブログのテーマとかけ離れ過ぎな場合は削除しますのでご了承下さい。

注2:当ブログの趣旨は基本ツッコミですが、それに加えて「良いモノは良い、悪いモノは悪い」とはっきり述べるレビューブログでもあります。
決してモノを叩くのが趣旨のブログではありません。

注3:コメントの書き込みは基本的に歓迎いたしますが…
当ブログの趣旨を理解頂けていない書き込みだったり、明らかな捨てハンだった場合は警告無視とみなし、削除対象となる事を明記させて頂きます。
コメントをなさる時は、よく内容を吟味なされた上、ちゃんと名乗って頂ける様お願い申し上げます。
特に悪質な狂信者や荒らしだと判断した場合、通報及びアクセス禁止などの手段を執る事もありますので、その点を良くご理解下さいませ。

注4:最近ソフトバンクの携帯からの荒らしコメが良く来るので、一時的にアクセス不能にしてあります。
なのでお手数ですが、それ以外かPCからのアクセスをお願い致します。

注5:このブログに使用されている文章及び画像の無断使用を禁じます。

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

UNIQLO CALENDAR

里親募集WhiteCat

小動物図鑑

リンク

RSSフィード