11
1
3
4
6
8
10
11
13
15
17
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

ECHO OF SOULレビューもどき。

今回は超久しぶりの新規MMORPG「ECHO OF SOUL」をレビューして行きます。




さて、今年のの新規MMORPGはこの「ECHO OF SOUL」のみとなっております。

かっては、季節の変わり目となると怒涛の勢いでネトゲがサービスインしたモノですが、今となっては寂しい事に。

サービス終了したネトゲも数多く、最早絶滅の危機にあると言ってもいいかと。

これも全て「次世代MMORPGへの移行」に失敗した挙句、日本がソシャゲ天国になったせいだと思うのです。

今のソシャゲの様に「簡単で儲かるから」と安易に量産型クリゲを作り続けた結果、もっと簡単に出来るソシャゲに軒並み客を奪われる結果になりました。

その中でも次世代MMORPGを生み出そうと頑張った運営もありましたが、何処も成功には至らず

恐らく、ソシャゲの終焉がネットゲームの終焉そのものになるのではないかと。

簡単で儲かるなんて事はそうあるモノではなく、新しい何かを生み出す事を忘れたら後は飽きられて終了するだけですし。

果たして、終わりの先に待つのは一体何か?

個人的に興味があるので、その辺りを適当に見届けようかと思っています。

それはさておき。

このECHO OF SOULは、ハンゲームが運営する新作MMORPGですね。

ハンゲームの新作とかホント久々なので、アカウントが死んでないかドキドキしました。

物語背景はファンタジーで、悪しき巨人と神々が戦争した後の世界が舞台との事。

激闘の末巨人は敗れましたが、その死体がダイオキシンもびっくりの汚染物質をぶちまけ始めたからさあ大変

結局、一人の女神の犠牲により世界は救われる事に。

ですが神々もあんまり賢くない様で、こいつらも内輪もめの末に自滅の形で退場。

かくして神々の時代は終わり、人間達の時代が到来します。

しかし、封印状態にある巨人の力を狙う勢力が出現

プレイヤーは「アルカナ」と呼ばれる勇者となり、「悪の怪物どもが悪しき巨人を利用して世界を破滅に導く」のを阻止するのが目的です。

アルカナとは、大地を浄化する力を持った特別な存在なので、汚染物質こと「暗黒のソウル」を浄化する事が可能

…なんですが、正直これ北欧神話が元ネタになっている模様。

世界樹ロキウォーダンとかもう北欧神話の固有名詞がバンバン出てきます。

なので、もうこの辺はスルーしてゲーム開始。

ゲームクライアントは数個に分割されており、全部をダウンロードしないとダメな面倒仕様

回線が遅いと、非常に面倒臭い事になりそう。

それを新しいフォルダに全部放り込んで、EXEを起動すればインストール開始です。

終了したらやっとゲームが始められますが、またもIEHPを開かないとスタート出来ないのにはうんざり。

一応クライアントを直接起動出来ますが、自分のアカウントではそのままログイン出来ませんでした。

いつまでもIEに頼る現状を見ていると、ネトゲ業界ってホント進歩する気がないんだなぁと思ってみたり。

愚痴ってても仕方ないので、キャラクタークリエイトに移行します。

このゲームでは性別と職業が固定であり、黒い砂漠を思わせますな。

何か何もかもが退行している気がしますが、このまま退行しきって終了もありえそう。

で、男性が盾職のウォーリアと、アタッカーのローグ

女性がアタッカーと盾のどっちも可能なガーディアン、魔法の専門家ソーサレス、遠距離攻撃の達人アーチャーとなっています。

…また回復職の概念がありませんね。

まあ、ひとつの職に付き2つの特性があるので、ここで攻撃専念支援も出来る様になるかが選べますが。

今回はバランスが良さそうなガーディアンをチョイス。

弄れる箇所は多岐に渡り、ほぼ弄れない箇所は無い感が。

特に肌の色が結構フリーダムに設定出来るので、ガミラス人みたいなのも作れてしまいます。

他にもアイパターンや、刺青の類も設定出来るのでカスタマイズが捗る事請け合い。

私は、良くやる「褐色金髪のデカ女」キャラを適当にでっち上げ、いざスタート







EOS1






簡単なOPが流れた後、インしたのはいきなり末期状態の村。

怪物に攻め込まれて、えらい事になっています。

とは言え、村の中に敵はいないのでご安心を。






EOS15






取り敢えず、この痴女アルカナの教育係のレヴィナ(CV能登麻美子)からクエストを頂きましょう。

にしても、何でこの人こんな寒そうな格好をわざわざしてるんでしょうね?

現代に居たら、速攻でヲタのカメラの餌食になりそうですな。

まあ、この世界でもスクリーンショットという便利なモノがありますがw

私みたいにあまりにも物珍しいのでうっかり撮ってしまったモノから、欲望の赴くままに撮る方々まで様々でしょう。

クッソ強い癖に自分では何もしない痴女様レヴィナ様からクエを貰い、いざ戦場へ。






EOS2





ここで人々を襲っている鬼の様な連中を、意のままに切り刻んで行きます。

無法者の上に雑魚なので、容赦なくバッサバサ狩ってOK。

如何に自分が力を持たない雑魚助であるかを、きつぅく思い知らせてやりましょう。





EOS3




戦闘自体はオーソドックスなクリック戦闘

少しアクション要素がありますが、大体はクリックで何とかなります。

MPの概念は無く、代わりに「エネルギー」なるモノが消費される事に。

これは食事をする事で回復可能で、スキルを繰り出す為には必須となるモノ。

初期には目玉焼きを3つ持っているので、即全消費して問題はありません

ただし、それとは別に「満腹度」と言う数値があり、これがいっぱいだとエネルギーの回復は不可能

放っておいても勝手に減りますが、アイテムで消化を助けて減らす事も出来ます。

最初のウチはエネルギー回復の方が多いので、特に気にしなくても大丈夫

エネルギー回復の方が間に合わなくなって来たら、少ない満腹度でエネルギーを大きく回復させる食物を食べるか、アイテムで強制的に満腹度を下げましょう

それとは別にCP(コンバットポイント)と呼ばれるゲージもあり、最初はゼロですが戦闘なりスキル使用なりで増やすとより強力なスキルを行使する事が可能に。

何もしないと下がって行くので、戦闘は集中的に行うのが良さそう。






EOS4






ここらの敵を散々ぶちのめし、人々を救出したりすると次の任務を授かります。

何かこの先で面倒が起きているので、それも解決してくれとの事。

人使いの荒い痴女様レヴィナ様だなぁと思いつつ、次のクエスト場所へ。

ちなみに背中に生えているのは、ログインキャンペーンか何かで貰ったアバターです。

どうせならもっと禍々しい翼が欲しかったのですが、タダなので文句は言えません






EOS5





…何かいきなりどう見ても人類からかけ離れた方がいました。

まあ、プレイヤーの方も色々やれるので人間の定義は果てしなく曖昧ですが。

と言うか、こんな感じの方が遊戯王ゼアルに居ませんでしたっけ?






EOS6




それはともかく、またこの先で怪物が暴れてるとの事なので暴徒鎮圧に向かいます。

暴徒鎮圧はアトリームで慣れています!

このゲーム、最初はイベント用のインスタンスフィールドに放り込まれる模様。

で、そこの治安を回復させたら、ようやく通常のフィールドに戻される仕組みの様です。





EOS7




その辺でウロウロしているバカを狩りつつ、採集などもこなしてに進みましょう。

基本的にバランスはぬるいですが、アクティブモンスターが多いのでご注意。

引っ掛けるとしつこく追ってくるので、その時は八つ裂きにして差し上げるとよろしいかと。

自分が一体誰に喧嘩を売っているのか、そのを以って知らしめてやる事も必要です。






EOS8





問題を解決しながら進んで行くと、見覚えのあるケツが。

痴女様レヴィナ様が自ら、ボスキャラ討伐の指揮を執っておられる模様。

遠くに見えるのがボスキャラで、既に配下の戦士達と交戦中との事。






EOS9




では、私がそのクッソ面倒な戦いに終止符を打って差し上げるとしましょうか。

中に突入すると、ボスキャラに全戦闘力をこれでもかとぶつけます






EOS10





すると、特に苦戦する事も無くあっさり終了

口ほどにもない雑魚でした。

力が無いと言う事は、こうやって負けて果てる末路を迎えるしか無いのです。

身にまとっている妙なオーラは、多分痴女様レヴィナ様がかけてくれたバフだと思われ。





EOS11






敵の死屍累々な大地を越え、休む暇も無く次の戦いへ。

敵は次々と手を変え品を変え、平和を脅かす為にその魔手を伸ばして来ます。

まともに戦えるのは、我々アルカナだけなのですから。






EOS12





敵のボスを倒した事で、通常フィールドに戻った様ですね。

エネミーも様変わりして、動物系がメインになっています。




EOS13





村もすっかり平和になっていました。

さっきの真っ赤な地獄の如き風景が、嘘の様ですな。





EOS14





痴女様レヴィナ様も戻って来ている様で、色々報奨を頂きました。

ここで我がキャラも、新衣装にお着替え。

相変わらず、スタイリッシュな服装です。





EOS16




その後は、単発のボスをしばき倒したりしつつ…。





EOS17




ソウルの浄化に付いても学びます。

敵が落とす悪しきソウルは、浄化する事で自分の力に変える事が可能。

浄化は街や村で可能ですが、プレイヤー同士で相互浄化をする事も出来ます。

街や村ではこのオブジェみたいなモノの近くにいれば可能ですが、それ以外では他プレイヤーの協力が必要に。

また、ソウルの変換率も相互浄化の方が良い模様。

この他プレイヤーとの協力もクエストに入って来るのでぼっちには難題ですが、それを見越してかオブジェの近くで相互浄化サービスを行っているプレイヤーさんもいました。

私はどうしようか悩んでいた所、見知らぬ人から相互浄化を持ちかけられたのでサクっと終了

非常にありがたい事です。







EOS18





この後は、またも別の村が魔物に襲われたという報告が入り出撃する事に。

ここでこの妙な動物を乗り物として、借り受ける事が出来ます。

乗り物に乗っていると、敵からの視認率が下がったり移動速度が上がったりと良い事づくめ

ただその反面、騎乗しての戦闘は出来ませんし、攻撃を受けたら一定の確率で落馬してしまう事も。

今は借り物なので、1回のマップ移動で消えてしまう為特に何も考えずに目的地まで行きましょう。






EOS19




インスタンスフィールドのに到着すると、そこには地獄絵図が。

雑魚助共が、好き勝手に暴れてくれちゃってる様です。

まずは村人達の救出を行いましょう。






EOS20






に隠れていた村人達を助けて行きます。

邪魔する雑魚助は、槍のサビにしてやりました。

こういう所に出る敵はアクティブなので、採集などをする時は近くの敵を滅殺してから行うとよろしいかと。

リポップ時間も長めなので、その間に作業が出来ます。

行方不明の村長を発見したら、後は首謀者の処刑を行うのみ。





EOS21




はい、何の盛り上がりも無く終了です。

特にセリフも無ければ、強さもHPが少し多いだけの雑魚助ですし。

身の程を知らないゴミには、相応の報いをくれてやりましょう。






EOS22




多数の犠牲は出たものの、村に平和が戻りました。

この後は、首謀者と繋がっていると思われるフロッグマンとやらを追う事に。

多分蛙男商会とは関係ない。





EOS23




今度は美しい森を駆け抜けながら、カエル共を切り刻むお仕事が始まります。

まあ、その中にあんまり関係ない野生動物の駆除依頼まで入って来ますが。






EOS24





この森は何ブロックかに別れており、所々で拠点が設けられています。

そこでソウルを浄化したり、ついでにサブクエストを受けたりすると良いかと。





EOS25




あそこにいる奴が、湿気を生み出してフロッグマンを強化しているとの事なので処刑

こいつも特に何も語る事が無い雑魚助でした。






EOS26





で、フロッグマンどもが人さらいを行っているとの事で調査しましたが、さらわれた女性は既に死亡している事が判明。

ついでに人さらいの理由は、フロッグマンのバックにいる奴が何らかの実験に使う為だった事も判明し、被害者の兄激おこ

生きているのかと思わせておいて、近付いたら死体だった時は唖然としました。

中々エグい展開を見せてくれます。







EOS27





その後、密書を持って来いと言われて探しまわるものの、居るのはボス臭い奴だけ。

クエスト内容をもう一度確認すると、ボスが持っているから奪えと書いてあるのでサクっと殺害

こいつが少女殺害の実行犯でしょうし、遠慮は必要ありません

取り巻きが1匹いますが、気にせず仲良くあの世に送ってあげましょう。

フロッグマン殺すべし!慈悲はない!インガオホー!






EOS28






フロッグマンを焚き付けた黒幕を追って、次の拠点へと到着。

何やらの様ですね。






EOS29






ここでも新しいクエストを請け負いながら、事件を更に追って行く事に。

アルカナの果てしなき旅路はまだまだ続きます。





(`・ω・´)





とまあ、駆け足でレポしてきたこの「ECHO OF SOUL

ゲームとしての感想は「普通」と言わざるを得ません。

システムに目新しい点も無ければ、致命的にダメな部分も無し。

ある意味今どき珍しい、ごく普通のMMORPGです。

スキルもレベルアップで勝手に覚えますが、レベル10になると攻撃型か守備型かの選択が可能に。

この後は自分で選択して、スキルを覚えていく事になりそう。

私は基本ソロなので、誰かを支援したりする事も無い為迷わず攻撃型一択

力こそパワーなのですよ。

移動に関しては、乗り物が結構早めに手に入るのでストレスは感じないはず。

最初に貰えるのは、さっき画像であった奴の四色いずれか。

なんとなく灰色を選びましたが、何か面倒だったので結局プレイ終了まで召喚する事も無し

攻撃喰らったら落っこちますし、何より移動があんまり苦にならなかったのです。

マップが無駄の無い作りになっているっぽいので、乗り物が無くても何とでもなる感が。

自動移動に関しては搭載されていない様に思われました。

今時珍しいですが、クエストナビはしっかりしているのであんまり迷う事は無いはず。

また、ペットもいますがどうもアイテム拾い荷物持ちしかしてくれない上に、一週間が過ぎると「時の砂」と呼ばれるアイテムが無いと再起動してくれない模様。

アイテムはFキー連打で拾えますし、時の砂の入手方法もどうも課金で手に入れる様なので、それなら用無しと切り捨てました。

この戦闘に使えないタイプのペットは、課金しないと使い物にならない事が多いですね。

放置ゲーで有名なグラナド・エスパダでもそうでしたし、何か嫌な感じが。

運営もあのハンゲームですし、この先の期待も出来無さそうに思えました。




(´ε`;)ウーン…





後、ソロで生き残り易いのはウォーリアかガーディアンの守備系だそうで。

戦闘に強いのはアーチャーだともっぱらの噂。

遠距離攻撃で何も出来ないまま、敵が死んでいく模様。

まあ、クリゲーの上強さが装備依存なのでそこで壁にぶち当たってリタイアする人も多そうですな。

多少のアクション要素も、キャラの性能差まで覆す事は難しいのでしょうね。





(´・ω・`)





取り敢えず、このゲームを続ける理由があんまり見当たらないので撤退を決意。

プレイにストレスは感じませんでしたが、かと言って楽しいかと言えばそうでもないのがまた困りもの。

しかしながら、普通のゲームをお求めの方にはオススメ致します。

適当にクエストこなしながら、だらだらプレイするのには向いていると思いますので。

暇潰しに丁度良いかと。





次々回の火曜日は、また何か買ったモノをレビューしようかと。



( ´ー`)フゥー...

theme : ECHO OF SOUL
genre : オンラインゲーム

comment

Secret

プロフィール

Kivagami

Author:Kivagami
玩具とネトゲ、そして仮面ライダーを始めとする特撮をこよなく愛する孤高人。
中でも悪のライバルキャラとか六人目とかに目が無い。
特撮系イケメンも好き。
クールガイなら尚大好物。
うさぎを始めとする小動物も好き。
現在、14匹の小動物に囲まれてお世話に奔走する日々。

現在ネトゲ流離い人、定住&安住の地を求めて旅は続く模様。
永遠の孤独(ソロ)という、非常にありがたくない称号を持っているらしい…?

注1:基本的にリンクフリー&トラックバックフリーですが、当ブログのテーマとかけ離れ過ぎな場合は削除しますのでご了承下さい。

注2:当ブログの趣旨は基本ツッコミですが、それに加えて「良いモノは良い、悪いモノは悪い」とはっきり述べるレビューブログでもあります。
決してモノを叩くのが趣旨のブログではありません。

注3:コメントの書き込みは基本的に歓迎いたしますが…
当ブログの趣旨を理解頂けていない書き込みだったり、明らかな捨てハンだった場合は警告無視とみなし、削除対象となる事を明記させて頂きます。
コメントをなさる時は、よく内容を吟味なされた上、ちゃんと名乗って頂ける様お願い申し上げます。
特に悪質な狂信者や荒らしだと判断した場合、通報及びアクセス禁止などの手段を執る事もありますので、その点を良くご理解下さいませ。

注4:最近ソフトバンクの携帯からの荒らしコメが良く来るので、一時的にアクセス不能にしてあります。
なのでお手数ですが、それ以外かPCからのアクセスをお願い致します。

注5:このブログに使用されている文章及び画像の無断使用を禁じます。

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

UNIQLO CALENDAR

里親募集WhiteCat

小動物図鑑

リンク

RSSフィード