08
2
4
5
7
9
11
12
14
16
18
19
21
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

HGBF 百万式レビューもどき。

以前から組んでいたHGBF「百万式」が、ようやく完成したのでレビューしてみたいと思います。


HGBF百万式1




このキットは、HGUCデルタガンダムデルタプラスをベースに、変型をバッサリオミットしてギミックに特化したモノです。

なので、変型はしませんが色々と遊べる構造に。

BFT本編では、大阪の変態超絶ビルダーのサカイ・ミナトが、友人のスドウに請われて製作した改造キットと言う設定でした。

劇中では強豪の一角である「北宋の壺」を一蹴し、トライファイターズと激戦を繰り広げています。

コンセプトとしては、恐らく「いつでもメガバズーカランチャーが撃てる百式」と言った所でしょうか。

その最大の特徴は、背中に装着した「メガライドランチャー

ZZに登場した「メガライダー」を彷彿とさせるモノで、百万式のバックパック兼移動用ブースター兼武器として、縦横無尽に活躍しました。

更に近接戦闘でもプラフスキー粒子を収束可能なビームサーベルを使用し、遠近共に隙の無い戦闘が可能。

残念ながらトライファイターズには敗れはしたものの、本編ラストエピローグでスドウがこのキットを大事に整備しているシーンがあったりします。

私はこのキットを敢えて百式風に仕上げようと最初から考え、購入しました。

設定としては、地球連邦軍が宇宙世紀0100年を記念して開催する祝典に合わせてレストアされた機体という事になっています。

当然ながら100年と百式をかけたモノなんですが、この時期に百式の実機自体が残存していませんでした。

仕方無いので唯一残っていたデルタプラス(恐らくリディが乗り捨てたアレ)を元に、出来る限り集めた資料を使い再生する事に。

MSの小型化問題でアナハイムと少し険悪ムードだった連邦は、自力でレストアを行う羽目になってしまいます。

結果、百式なんだかデルタプラスなんだか良く分からない機体が仕上がってしまいました。

おまけとばかりに背中に付けたメガライダーの量産試作機が、更に百式のシルエットから遠ざかる要因になってしまいます。

それでも式典で使えればいいやとばかりに連邦を前面に押し出したマーキングを施し(アナハイムへの嫌がらせを兼ねて)、百式R(リペア、あるいはリターンズ)として出品したのでした。

当然ながらアナハイムは激おこ

以前にもアナハイム製のMSユニコーンのデータをパクってフェネクスなる3号機を製作した前科持ちの連邦軍だけに、アナハイムも開いた口が塞がらない状態に。

この知られざる事件が水面下で決定的な決裂を産み、宇宙世紀0111年にアナハイムはコンペに敗北する事になったとか。

ヤケクソになったアナハイムは、サナリィから非合法にデータを盗み出して意趣返しとも言えるMSを製作するのですが、それはまた別のお話。




'`,、('∀`) '`,、




そんな適当な俺設定を元に製作したキットですが、まずはノーマル状態から。





HGBF百万式2




塗装はほぼ完全に百式を踏襲したモノにしています。

全身の金色は、色々試行錯誤した結果タミヤのチタンゴールドで塗装しました。

塗りムラを解消すべく、何度も色を塗り重ねています。

赤部分は全てメタリックレッドで塗装。

全塗装の前には合わせ目消しゲート処理、そして肉抜き埋めを施しました。

右肩に光るのが、上記の連邦マークですなw

左肩ののデカールは、市販の漢字デカールを使用。




HGBF百万式3





横から見ても、しっかり連邦の所属である事がアピールされています。

HGUCの百式と比べてもかなりスタイルが良くなっており、別物と言っていいかも。




HGBF百万式4




後ろは背負いモノが無いと、ランドセルすら存在しないのでスッキリです。

ベースがデルタプラスなので、恐らくのスラスターがメインになるのでしょう。




HGBF百万式5





頭部は百式に似せるべく、デルタガンダムと百万式のパーツをミキシングしています。

やはり、アンテナが無いと百式に見え辛いですしね。




HGBF百万式6





で、これがメガライドランチャー

塗装は百式のバックパックを参考にしているので、本体の色がZ系ブルーになっています。

実は一応ほんの少しだけアナハイムに配慮して、これにだけアナハイムのマーキングが入ってたりw



HGBF百万式7




見た通り、ZZに登場したメガライダーを縮小した様な感じに。

そのせいか、かなり良い使い勝手を誇るアシストウエポンとなっています。





HGBF百万式8





でかいバーニアが特徴の後ろ姿

バーニアの外側は黒鉄色で、中はメタリックレッドで塗装しています。





HGBF百万式9





フル装備で。

メガライドランチャーを背負い、付属のライフルを装備しています。

何か一気にシルエットがゴツくなりました。





HGBF百万式10





後ろから見ると、最早別物

メガライドランチャーが本体か?と言いたくなるレベルですね。





HGBF百万式11





ライフルを構えて。

ライフルは本体をつや消しブラックで塗装し、センサーをHアイズに置き換えています。

更にHアイズの裏をシルバーで塗装し、表もクリアグリーンで念入りに塗装しました。

百式のライフルに比べたら、恐ろしく大型のモノになっていますな。

モノとしては、デルタガンダムに付属したライフルとほぼ同一だそうで。

本体の可動はほぼデルタガンダムに凖じますが、元キットが新しいので良く動きます。

色々動かしていて、不備を感じる事はありませんでした。




HGBF百万式12




プラフスキー粒子収束機能を持つビームサーベルを手に。

日本刀みたいな形状になっており、これでRギャギャの自慢の盾を両断していましたね。

柄はメガライドランチャーの方にセットされており、ちゃんと2本付属します。

最近はサーベルの柄を収める場所が無いキットも多いので、これは良ポイント





HGBF百万式13




そしてメガライドランチャー最大のギミックである、メガランチャーモード。

メガライドランチャーを変型させ、本体の方もパーツ組み換えする事でしっかり固定させられます。

更にでも支えるので、より安定感がアップ。





HGBF百万式14




本編ではそこまで猛威を振るう事は無かったのですが、気軽に大型砲が撃てるのはかなりの強みかと。

エネルギー供給用のMSもいりませんしね。

変型自体も簡単で、それでいて砲に見えるのは見事の一言に尽きます




HGBF百万式15





で、メガライドランチャーの最後の機能がこの移動モード

百万式を曳航して、自在に飛行する事が可能。

形としては、メガライダーモードの翼の位置を組み替えた程度ですね。

全て余剰パーツ無しの組み換え変型なのは、中々頑張ったと言えるのではないかと。





HGBF百万式16





本体にもスタンド穴があるので浮かせるのは簡単ですが、今回は使用せず

百万式の腕とバランスだけで、何とか態勢を維持していますw

ぶら下がり用のグリップは折り畳み式なので、邪魔になる事も無し






HGBF百万式19




で、用意していたもう一丁のライフルを装備

これはガンダムデルタカイに付属していた、デルタプラスのライフルですね。

長い事使用する機体が現れず放置されていましたが、百式Rの武器として鮮やか(?)に新生





HGBF百万式20





合わせ目消しとつや消しブラックの塗装及び、デカール貼り付けを行い、統一感を出しています。

また、素のままでは装備出来ないのでグリップを削りました

盾が無く左手が寂しかったので、ライフル2丁持ちも悪くはないかなと。





HGBF百万式18




増えたライフルで弾幕を張る事で、本体への被弾を減らす意味を持たせています。

Zの最終局面でも、明らかに百式だけ火力不足が否めませんでしたし。

以上、あれこれやってて物凄く製作時間がかかりましたが、何とかイメージ通りに仕上げる事が出来ました。

製作テクニックはまだまだですが、少しづつ向上させて行ければなあと思っております。

キット自体は変型をオミットしたお陰で安定感が増しており、飾るにも遊ぶにも良い傑作キットではないかと。

余剰パーツで適当な頭が組めたりもしますし、自分なりの改造もしやすい感が。

顔も敢えてツインアイを採用していない所が、自分的には気に入っています。

ただでさえ、BFTはガンダムタイプばっかりでしたからねぇ。





(;´Д`)





欠点としては、まずメガライドランチャーと本体を繋ぐパーツが破損し易く感じました。

自分は両方共に破損してしまったので、修理しながらの撮影となっています。

更にライフルの銃口パーツも折れやすいのでご注意を。

そして、腕の追加装甲の可動部分もポロリし易い気が。

少し調整が必要かもですね。

最後に、銃持ち手が付属していないのは残念

平手が両手分付いているのに、銃持ち手が無いのはちょっと微妙かなと。




(´ε`;)ウーン…






とは言え、欠点はその程度なので安心して購入をオススメ出来る良キットです。

遊んで良し、飾って良しとガンプラの王道を往くナイスアイテムでした。







HGBF百万式17





最後は普通の立ち姿で。

軽い気持ちで始めた百式カラーでしたが、思った以上に似合ってて良かったです。




次回の木曜日も、買ったモノのレビュー予定。

ドライブの映画は、来週行こうかなと。



( ´ー`)フゥー...

theme : 模型・プラモデル
genre : 趣味・実用

comment

Secret

プロフィール

Kivagami

Author:Kivagami
玩具とネトゲ、そして仮面ライダーを始めとする特撮をこよなく愛する孤高人。
中でも悪のライバルキャラとか六人目とかに目が無い。
特撮系イケメンも好き。
クールガイなら尚大好物。
うさぎを始めとする小動物も好き。
現在、14匹の小動物に囲まれてお世話に奔走する日々。

現在ネトゲ流離い人、定住&安住の地を求めて旅は続く模様。
永遠の孤独(ソロ)という、非常にありがたくない称号を持っているらしい…?

注1:基本的にリンクフリー&トラックバックフリーですが、当ブログのテーマとかけ離れ過ぎな場合は削除しますのでご了承下さい。

注2:当ブログの趣旨は基本ツッコミですが、それに加えて「良いモノは良い、悪いモノは悪い」とはっきり述べるレビューブログでもあります。
決してモノを叩くのが趣旨のブログではありません。

注3:コメントの書き込みは基本的に歓迎いたしますが…
当ブログの趣旨を理解頂けていない書き込みだったり、明らかな捨てハンだった場合は警告無視とみなし、削除対象となる事を明記させて頂きます。
コメントをなさる時は、よく内容を吟味なされた上、ちゃんと名乗って頂ける様お願い申し上げます。
特に悪質な狂信者や荒らしだと判断した場合、通報及びアクセス禁止などの手段を執る事もありますので、その点を良くご理解下さいませ。

注4:最近ソフトバンクの携帯からの荒らしコメが良く来るので、一時的にアクセス不能にしてあります。
なのでお手数ですが、それ以外かPCからのアクセスをお願い致します。

注5:このブログに使用されている文章及び画像の無断使用を禁じます。

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

UNIQLO CALENDAR

里親募集WhiteCat

小動物図鑑

リンク

RSSフィード