07
1
3
5
7
8
10
12
14
15
17
19
21
22
24
25
26
27
28
29
30
31
   

S.I.C.仮面ライダーウィザード フレイムドラゴンレビューもどき。

以前から買おうと思っていた「S.I.C.仮面ライダーウィザード フレイムドラゴン

ようやく予算が用意出来たので、晴れて購入に踏み切りました。

S.I.C.仮面ライダーウィザードフレイムドラゴン4




この時期に購入したのは、があります。

と言うのも、先日プレバン限定で発表された「S.I.C.仮面ライダーウィザード インフィニティースタイル」に、この商品のパーツが使用出来る事が明らかになったからでした。

これがきっかけで、今まで購入を見送っていた層が買い始めて値段が吊り上がる…と言う最悪の事態を避ける為、何とか予算を工面したのです。

実際、一時が4000円を切っていた値段が、今は6000円を超えるまでに上がっているからもうね。

しかも、それをやっているのが転売ヤーではなくAmazon本体なんですから救えません

流石、転売ヤーを野放しにして平気なAmazonですな。

閑話休題。

最強フォームがプレバン送りとか最近のバンダイは色々おかしいですが、そんな事を言ってても仕方無いのでレビューに移りましょう。

所で、フィギュアーツのタイプトライドロンはまだですかな?バンノドライバーなんて発売してる場合じゃないですよ?

今回うっかりパッケージを撮り忘れたので、いきなり本体から行きます。




S.I.C.仮面ライダーウィザードフレイムドラゴン1






フレイムドラゴン!プリーズ!…ボーボーボーボーボゥ!






S.I.C.仮面ライダーウィザードフレイムドラゴン2





シャキィィン!






S.I.C.仮面ライダーウィザードフレイムドラゴン5



と言う訳で、本体です。

優秀なウィザードの素体はそのままに、更にをまとった様なアレンジがされたフレイムドラゴン。

上半身の殆どが新規造形になっていて、明らかな違いを感じさせます。

逆に下半身はほぼフレイムスタイルのままで、アーマーの形成色が変更されるだけに留まっていました。

と言うより、フレイムスタイルの下半身が元からドラゴンの方に近いアレンジがしてあったせいなんですが。





S.I.C.仮面ライダーウィザードフレイムドラゴン3





横から見ると、の様になったローブが良く映えます。

通常版では魔法陣が描かれていましたが、今回はクリアパーツになっているのでオミット

リングホルダーにセットされている指輪も、ドラゴン仕様に変更されていました。




S.I.C.仮面ライダーウィザード フレイムドラゴン6





後ろ姿のイメージも大分変わりました。

背中には様々な接続ポイントがありますが、使わない時は全て塞いでおけるのは素晴らしいです。

穴が開きっぱなしのfigmaには見習って頂きたい。

ローブの可動も通常版と変わらないので、ストレス無く弄る事が。

ただ、個体差なのかちょっとした欠点も。

詳しくは後述します。




S.I.C.仮面ライダーウィザード フレイムドラゴン7



顔もフレイムスタイルからガラリと変わって、より複雑な構造に。

と言うか、ガルーダモードの顔が融合した様な感じになってますな。

フレイムスタイルではポロリが悪夢の域に達する位酷かったですが、今回はパーツの付け替え自体が無いので非常に安定しています。




S.I.C.仮面ライダーウィザード フレイムドラゴン8





可動に関しては、殆どフレイムスタイルに準拠。

ただし、胸だけは仕様変更によりアーマーのスライド機構が消滅

パーツを付け替えないといけない箇所なので、これは仕方無いですね。

兎に角、元が優秀なので良く動きます





S.I.C.仮面ライダーウィザード フレイムドラゴン9



アーマーのスイングが無くなったとは言え、胴体の可動自体は優秀なまま。

結構豪快に捻る事が出来ます。




S.I.C.仮面ライダーウィザード フレイムドラゴン10




下半身の可動も、以前のものに比べると優秀になりました。

腿はほぼ水平まで上がる様になり、膝も正座が出来る位まで曲がります

足首もグリグリ動きますし、つま先の可動もしっかり完備

なので、ポージングに苦労する事は無いはず。





S.I.C.仮面ライダーウィザード フレイムドラゴン11




ドラゴタイマーをセット。

装着時には、手首のリングパーツを丸ごと交換します。

クリアパーツ使用で、造形も細かく成されていて文句無し

ただ、他のドラゴンが発売されないので本編の分身再現は無理ですが。

通常版もウォータードラゴン以降は音沙汰無しですし、これはもうダメかもわからんね。





S.I.C.仮面ライダーウィザード フレイムドラゴン12




本体にウィザーソードガンは付属しませんが、通常版から借りて来る事は可能。

持ってて良かったフレイムスタイル。

ただ、フレイムドラゴンにも付属してくれたら、二刀流が出来たと思うと残念な気も。






S.I.C.仮面ライダーウィザード フレイムドラゴン13




交換手首の規格は共通なので、手首ごと装着する事が出来ます。

心なしか、武器の保持力が上がっている様な気も。





S.I.C.仮面ライダーウィザード フレイムドラゴン14




スペシャルを発動させて、ドラゴスカル装着。

胸部アーマーを外して、丸ごと交換します。




S.I.C.仮面ライダーウィザード フレイムドラゴン15





必殺技発射形態へ。

ドラゴスカルのはボールジョイントで、はヒンジで可動

なので微調整も自由自在です。

恐らくこのパーツをインフィニティーに流用する事で、キックを再現出来ると思われ。

インフィニティードラゴンゴールドになれるかは、まだ不明ですね。

通常のフレイムドラゴンならここまでなんですが…。

今回は更に、全部のドラゴンパーツが付属するというスペシャルな仕様となっております。

…と言う事は、残りのフォームは未発売決定って事ですかね?





S.I.C.仮面ライダーウィザード フレイムドラゴン17





まず、ドラゴウイングを装備。

従来ならハリケーンドラゴンに付属するモノですが、こっちに付いて来ます。

通常版のガルーダウイングとは比べ物にならない凝った造形に、付け根はボールジョイントでグリグリ可動。

翼自体も二箇所に可動が仕込まれており、中央に被さっている別パーツもしっかり可動します。

保持力も悪く無いので、よりナマモノちっくな翼を楽しむ事が。




S.I.C.仮面ライダーウィザード フレイムドラゴン16




ちなみにこのパーツが、唯一インフィニティーに流用出来ないパーツですね。

インフィニティーには武器をバラした独自の翼が付いて来るので、こいつは使用しません

でも、ナマモノっぽさが格好良いので問題無しですな。







S.I.C.仮面ライダーウィザード フレイムドラゴン18



次にドラゴヘルクローを装備。

不人気で有名(?)なランドドラゴンのパーツですな。

前腕を丸ごと交換する豪快な方法で装着し、しっかりと固定出来ます。





S.I.C.仮面ライダーウィザード フレイムドラゴン19




凶悪な爪は、ヒンジ可動で上下に動かせます。

肘の可動も生きているので、ストレスレスに弄れるかと。

このパーツは、インフィニティーに流用する事でインフィニティードラゴンの一部をも成します。

目立つ位置にあるパーツだけに、何げに重要だったり。





S.I.C.仮面ライダーウィザード フレイムドラゴン20




更にドラゴテイルを装着。

これはウォータードラゴンに付属するはずのモノですね。

本編では凍らせた敵を粉砕するなど、極悪な威力を秘めていました。




S.I.C.仮面ライダーウィザード フレイムドラゴン21



基部はジョイントで固定され、上下左右に可動させる事が可能。




S.I.C.仮面ライダーウィザード フレイムドラゴン23




尻尾本体にも二箇所の可動が設けられ、表情付けに役立ちます。

ちなみにこのパーツもインフィニティーに流用する事により、インフィニティードラゴンの一部に。

何かどんどん人型から外れて行きますが、今回はこんなものじゃありません。

従来ならここでオールドラゴンが完成するのですが、よりドラゴンに近付ける為新規パーツが導入されています。





S.I.C.仮面ライダーウィザード フレイムドラゴン24




それが、この足用ドラゴヘルクロー

これを履かせる事により、更にドラゴン度がアップ。

通常版にも似た装備がありましたが、ポロリが酷すぎて笑うしかありませんでした。

しかし、これは接続ダボが長めになっており、ポロリする事が少なくなっています。

まあ、油断しているといつの間にか落ちているんですがw

腕の爪同様に、足の爪も上下に可動するので浮かせても不自然さは無し。




S.I.C.仮面ライダーウィザード フレイムドラゴン22



と言う訳で、晴れてオールドラゴンの完成です。

流石に凄まじいボリューム感があり、動かすのも一苦労

ですが、格好良さも半端ないですね。




S.I.C.仮面ライダーウィザード フレイムドラゴン25





横から見ても、その壮絶なボリュームが分かろうと言うモノ。

これでポロリは最低限ってんですから、凄い進化です。





S.I.C.仮面ライダーウィザード フレイムドラゴン26




ドラゴヘルクローで敵を撃破

ランドドラゴンは不遇でしたが、パーツ単位ではかなりの存在感が。





S.I.C.仮面ライダーウィザード フレイムドラゴン27




炎エフェクトで火炎放射

かなりやっつけですが、それなりににはなったかなと。





S.I.C.仮面ライダーウィザード フレイムドラゴン28




お前にフィナーレはない…

対フェニックス最終戦のラストをイメージして。

こんなに格好良くてクッソ強いのに、脚本の都合で出番が少ないのが本当に残念

スペック自体では、インフィニティーより上なんですがねぇ。

さて、今回はまだ終わりません

更なる追加パーツのお陰で、より上級のスタイルに変身する事が可能になっているのです。





S.I.C.仮面ライダーウィザード フレイムドラゴン30




それがこの、S.I.C.オリジナル形態。

首がドラゴンに変わる事により、ほぼ直立したドラゴンと化しています。

最早、これを「仮面ライダー」と言い張っても誰も信用してくれないレベルにまでドラゴン化。




S.I.C.仮面ライダーウィザード フレイムドラゴン29




オーズのプトティラも大概でしたが、これはそれを軽く上回りますね。

ファントムと並べても、仲間だと思われそうな気がw





S.I.C.仮面ライダーウィザード フレイムドラゴン32




装着自体は簡単で、ドラゴスカルを外した穴に首パーツを装着、後はドラゴスカルを首パーツの先端に差し込むだけ。

完全に頭を覆う形で首が被さりますので、原型が分かり難くなっているのがポイント。

可動はドラゴスカルの基部を調整して上下左右に振れる程度ですが、必要十分でしょう。




S.I.C.仮面ライダーウィザード フレイムドラゴン31




口から超高温のブレスを放射。

何もかもを焼き尽くすかの如く、恐るべき威力がありそう。




S.I.C.仮面ライダーウィザード フレイムドラゴン33



をまとって咆哮

最早怪獣ですな。



以上、色々遊んでみた「S.I.C.仮面ライダーウィザード フレイムドラゴン

兎に角、値段以上の付属品の充実に感動する事請け合い。

適当に装備するパーツを取捨選択して、オリジナルの形態を作ったりしての遊びが捗ります

可動も引き続き優秀で、ポージングに困る事はないはず。

フレイムスタイルで不評だった部分も大幅改良され、決定版と言える出来になっています。

値段が6000円前後であれば、即買いしても後悔はしないアイテムかと。

パーツは一部インフィニティーにも流用可能ですしね。





(゚д゚)(。_。)(゚д゚)(。_。) ウンウン





欠点と言えば、個体差かも?な点が殆どなので人によっては気にならないかもですね。

ウチのフレイムドラゴンは、まず左のローブの保持力が皆無でした。

右は問題無いのですが、左のローブがポロポロ落ちます。

フレイムスタイルにも無かった欠点なので、思わず首を傾げてしまいました。

次に、ハンドオーサーも頻繁にポロリします。

これもフレイムスタイルになかった症状なので、マジでハズレを引いたのかも。

そして胴体も保持力があんまり無く、すぐカクカクになったのでマスキングテープで補強を施しています。

最後に、左足の膝も保持力が皆無で、そこから崩れ落ちる事が多々ありました。

膝に矢を受けてしまってな。

そもそもAmazonから来た時点で箱の蓋が開いており、下手したら中古品を押し付けられた可能性も無きにしもあらずですな。

まさにkonozama。

まあ、付属品の欠けも無いし汚れも無いので、個体差と割り切って脆弱箇所の補強を粛々と行う事にします。







(´・ω・`)





S.I.C.仮面ライダーウィザード フレイムドラゴン34




最後は恒例の振り向き姿で。

結構格好良く撮れた気が。




次回の木曜日は、まだ未定ですね。

適当に何かやると思うので、暇なら見て行って下さい。



( ´ー`)フゥー...

theme : 玩具レビュー
genre : 趣味・実用

comment

Secret

プロフィール

Kivagami

Author:Kivagami
玩具とネトゲ、そして仮面ライダーを始めとする特撮をこよなく愛する孤高人。
中でも悪のライバルキャラとか六人目とかに目が無い。
特撮系イケメンも好き。
クールガイなら尚大好物。
うさぎを始めとする小動物も好き。
現在、19匹の小動物に囲まれてお世話に奔走する日々。

現在ネトゲ流離い人、定住&安住の地を求めて旅は続く模様。
永遠の孤独(ソロ)という、非常にありがたくない称号を持っているらしい…?

注1:基本的にリンクフリー&トラックバックフリーですが、当ブログのテーマとかけ離れ過ぎな場合は削除しますのでご了承下さい。

注2:当ブログの趣旨は基本ツッコミですが、それに加えて「良いモノは良い、悪いモノは悪い」とはっきり述べるレビューブログでもあります。
決してモノを叩くのが趣旨のブログではありません。

注3:コメントの書き込みは基本的に歓迎いたしますが…
当ブログの趣旨を理解頂けていない書き込みだったり、明らかな捨てハンだった場合は警告無視とみなし、削除対象となる事を明記させて頂きます。
コメントをなさる時は、よく内容を吟味なされた上、ちゃんと名乗って頂ける様お願い申し上げます。
特に悪質な狂信者や荒らしだと判断した場合、通報及びアクセス禁止などの手段を執る事もありますので、その点を良くご理解下さいませ。

注4:最近ソフトバンクの携帯からの荒らしコメが良く来るので、一時的にアクセス不能にしてあります。
なのでお手数ですが、それ以外かPCからのアクセスをお願い致します。

注5:このブログに使用されている文章及び画像の無断使用を禁じます。

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

UNIQLO CALENDAR

里親募集WhiteCat

小動物図鑑

リンク

RSSフィード