08
2
4
5
7
9
11
12
14
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

今週の機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ。

恒例の機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ♯2「バルバトス

感想です。




今回はインターミッションと言った感じの回でしたね。

色々なエピソードが、丁寧に描写されていたのは好感触

特に、ミカが引っ込んでからバルバトスが登場するまでの描写がしっかりされていたのは嬉しかったです。




ミカが帰って来た後、雪之丞はMWの阿頼耶識システムを剥がして、バルバトスにそのまま移植しました。

どうもバルバトスのコクピット回りは、転売目的で秘匿していたマルバによってごっそり売っ払われてしまった模様。

ホント、使えない男ですね。

バルバトスの価値も知らず、知ろうともせずに転売とか頭おかしいとしか思えませんが、何らかの計算はあったのでしょう。

ガンダム売るよ!

私の推測ですが、恐らくは「事なかれ主義」と「拝金主義」が彼をそうさせたのではないかと。

MSなんてモノ持ってたらギャラルホルンに目を付けられて面倒な事になりそうな上、希少なのて高く売れそう。

あの男が考えるなら、この程度の事でしょうね。

実際は、クーデリアの護衛を引き受けた時点で既にアウトだったのですが。

全くもって、読みが甘いと言わざるを得ません。

そして、謎の多かった阿頼耶識システム詳しい解説が為されます。

クーデリア曰く「阿頼耶識?それは成長期の子供にしか定着しない特殊なナノマシンを使用する危険で人道に反したシステムだと…

との事。

補足する様に、雪之丞が「ナノマシンによって脳に空間認識をつかさどる器官を疑似的に形成しそれを通じて外部の機器…この場合モビルスーツの情報を直接脳で処理できるようにするシステムだ

締めます

早い話が、強化人間の様なモノですね。

ナノマシンで体を改造し、MSを操縦し易くさせる。

薬物などやトラウマを利用していないだけマシかもですが、手術の時の負荷は相当なモノ。

おまけに対象が強力であればある程、情報のフィードバックが強くなるそうで。

つまり、精神の弱いモノが強力なMSを操縦すれば、即廃人もありうる訳です。

その事も特に気にしないミカに、クーデリアが思わず「命が惜しくないのか?」的な問いかけをしました。

それに対して。

大切に決まってるでしょ。俺の命も。みんなの命も

事も無げに答えたミカは、そのままバルバトスに搭乗します。

バルバトスと接続されたミカは、その膨大な情報量による負荷に鼻血を吹き出しながらも機体の把握に成功。

機体の名が「バルバトス」である事を知ります。

外を見るモニターも存在しますが、どうやらメインはパイロットの網膜に直接投影される模様。

俺がガンダムだ!

で、戦場に1番近い出口から強制出撃したバルバトスは、グレイズ1機を瞬殺したのでした。

その後、2機のグレイズを相手に大立ち回りを魅せるバルバトス。

アインのグレイズは奇策の前に腕を飛ばされ、割って入ったクランクは、相手が子供である事を知り愕然

そうだよ。あんたらが殺しまくったのも…これからあんたらを殺すのも…

淡々と答えるミカが、中々渋いですね。

得体の知れないMS相手である事、そして子供が乗っている事。

更にアイン機は損傷し、隊長機は大破

その事は、クランクの戦意を奪うには十分でした。

雪之丞のミスで推進剤切れを起こしたバルバトスの隙を突いて、2機は撤退して行きます。

この事から、今のバルバトスは宇宙戦用のセッティングが為されたままだと思われ。

かっての初代ガンダムは、熱核ロケット / ジェットエンジンによって宇宙と大気圏内の推進方法を変更する事が出来ましたが、バルバトスはそうではない模様。

試作ガンダム1号機の様に、換装などで対応するのでしょうか。

まあ、直ぐに宇宙に出る様ならそのままでも良さそうですが。

追撃しようとするミカでしたが、システムからの負荷に耐え切れず失神

ここに、ミカの初MS戦闘は終わりを告げました。




(; ・`д・´)






何とか帰還したクランク達ですが、上官のコーラルは損害の大きさに大憤慨

何しろ、成功間違いなしの作戦で隊長がまさかの戦死

グレイズを一機失った上に、MW隊も戦力を3割を失う有様。

彼のブチ切れ様からしても、特にMSは物凄く高価な代物だという事が良く分かります。

しかし、どうもコーラルの狙いは独立運動自体を止めさせる事ではない模様。

クーデリアを狙ったのも、火星の住民を煽るのが目的でした。

更に、証拠は徹底的に消す事をクランクに厳命しています。

…こいつ、もしかして4大勢力のどれかと繋がっているのでは?

あるいはそので、その勢力から独立してギャラルホルンを頂点に持って来たい?

火星の不満をギャラルホルンではなく、4大勢力に向ける事が出来れば、良くて共倒れ

悪くても、4大勢力と火星の力を大きく削ぐ事が出来ます。

ですが、そもそもギャラルホルン自体が火星などの不満分子を叩く為に生まれた組織

事はそう簡単には行かないんですよねぇ。

兎に角、コーラルは子供を相手にする事を躊躇するクランクには構わず再攻撃を示唆。

何かクランクに死亡フラグが立った気がします。





(´ε`;)ウーン…





一方、戦場では後片付けが行われていました。

少年兵にも相当な死者が出ており、1話で出撃したダンジも阿頼耶識のピアスを遺して消し飛んでいます。

そこへノコノコと使えない一軍が戻って来ましたが、トップのマルバは行方不明

最早組織としても、崩壊寸前ですね。

そして、食料輸送に訪れたアトラは、ビスケットの2人の妹と遭遇。

入り口でひと悶着あったものの、無事お仕事を完了する事が出来ました。

と言うか、あんな可愛い妹が2人もいるとかビスケットマジ勝ち組。

その後、プレゼントを渡す為にミカを探すアトラでしたが…。

ミカは、雪之丞に起こされてようやく覚醒

どうも、阿頼耶識システムは装着者が起きていないとリンクが切れない模様。

雪之丞によると、犠牲者は参番組は42人。一軍は68人だそうで。

一軍の方が派手にやられているのが笑えますが、参番組も大打撃レベルの損害を被っています。

そのせいか、降りた後のアトラへの対応もそっけないモノに。

これが、アトラの死亡フラグにならない事を祈るばかり

次のシーンではクーデリアの演説から始まりますが、どうもかなり時系列としては先の事みたいですね。

演説を行う彼女の回想で、あの後の事が語られます。

何も出来ない事で、現実を思い知らされる事になったクーデリア。

怪我はあるものの、何とかお付きのフミタンとも合流

改めて、今回の事件がおかしい事を再確認しました。

いつもなら反対する父が反対せず、しかも極秘のはずなのに自分を狙ってギャラルホルンがやって来た。

これだけ状況が揃えば、何が裏であったか分かると言うモノ。

家に戻ろうというフミタンの提案を却下するクーデリアでしたが、かと言って妙案がある訳でも無く…。

ミカにはアトラよりも更にそっけない態度を取られ、更に落ち込んでしまいます。

ふらりと出た先でアトラや姉妹に出会った彼女は、特に姉妹の勢いに圧されるのでした。

後、クーデリアの髪型が横から見ると「(・ω・`)乙  これは乙じゃなくてポニーテールなんだからね!」に見える件について。




'`,、('∀`) '`,、





そしてオルガは、今回の事で一軍の恨みを買ってフルボッコに。

この事が、彼をCGS乗っ取りへと動かす最後のトリガーとなった様です。

参番組の連中を説得し、更には昭弘の黙認も取り付けたオルガ。

ミカがそれを断る訳がないので、これで完全に反乱フラグ成立です。

実際、ミカは話を聞く前に快諾していましたしw

ミカの死んだ仲間への想いは、かなりオルガに影響されていました。

今の所、ほぼ表裏一体の関係とも言えるこの2人。

果たして、この先どんな運命が待ち構えているのやら。

一方、クランクは一人で出撃する事を決意。

誰にも「子供を殺す罪悪感」を背負わせまいとしているのでしょうが、完全に死亡フラグです。

こんな過酷な世界では、良い人程先に死ぬから困る。

で、宇宙を航行していたエリート監査組も到着。

この2人は2人で、また違う事を考えていそうですよね。

敵組織も、やはり一枚板では無さそう

何というか、話がどちらに転ぶか全く予想が付かなくなって来ました。

にしても、今回でクーデターまで行くかなと思ってましたが、きっちりそこまでの流れを描くインターミッション回になっていたのは意外です。

この丁寧さには好感が持てますが、尺が足りなくなる事の無い様にお願いしたい所。




(゚д゚)(。_。)(゚д゚)(。_。) ウンウン





次回、タイトルからしてもう不穏そのもの。

楽しみ(?)に待つとしましょう。



( ´ー`)フゥー...

theme : 機動戦士ガンダム 熱血のオルフェンズ
genre : アニメ・コミック

comment

Secret

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ 第2話 『バルバトス』感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 1 (特装限定版) [Blu-ray]posted with amazlet at 15.10.11バンダイビジュアル (2015-12-24)売り上げランキング: 55Amazon.co.jpで詳細を見る  数個前の記事で行く気満々滾らせてたMBSアニメフェスのライブビューイング、  結局行けませんでした…(;´Д`)  というのも、日程をす...

プロフィール

Kivagami

Author:Kivagami
玩具とネトゲ、そして仮面ライダーを始めとする特撮をこよなく愛する孤高人。
中でも悪のライバルキャラとか六人目とかに目が無い。
特撮系イケメンも好き。
クールガイなら尚大好物。
うさぎを始めとする小動物も好き。
現在、14匹の小動物に囲まれてお世話に奔走する日々。

現在ネトゲ流離い人、定住&安住の地を求めて旅は続く模様。
永遠の孤独(ソロ)という、非常にありがたくない称号を持っているらしい…?

注1:基本的にリンクフリー&トラックバックフリーですが、当ブログのテーマとかけ離れ過ぎな場合は削除しますのでご了承下さい。

注2:当ブログの趣旨は基本ツッコミですが、それに加えて「良いモノは良い、悪いモノは悪い」とはっきり述べるレビューブログでもあります。
決してモノを叩くのが趣旨のブログではありません。

注3:コメントの書き込みは基本的に歓迎いたしますが…
当ブログの趣旨を理解頂けていない書き込みだったり、明らかな捨てハンだった場合は警告無視とみなし、削除対象となる事を明記させて頂きます。
コメントをなさる時は、よく内容を吟味なされた上、ちゃんと名乗って頂ける様お願い申し上げます。
特に悪質な狂信者や荒らしだと判断した場合、通報及びアクセス禁止などの手段を執る事もありますので、その点を良くご理解下さいませ。

注4:最近ソフトバンクの携帯からの荒らしコメが良く来るので、一時的にアクセス不能にしてあります。
なのでお手数ですが、それ以外かPCからのアクセスをお願い致します。

注5:このブログに使用されている文章及び画像の無断使用を禁じます。

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

UNIQLO CALENDAR

里親募集WhiteCat

小動物図鑑

リンク

RSSフィード