08
2
4
5
7
9
11
12
14
16
18
19
21
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

今週の仮面ライダーゴースト&手裏剣戦隊ニンニンジャー。

恒例の仮面ライダーゴースト 第12話「壮絶!男の覚悟!

手裏剣戦隊ニンニンジャー 忍びの43「伝説のニンジャ!妖怪かるた大作戦

感想です。




まずニンニンジャー

何と言うか、色々がっかりも多い回でした。

自分的にはシュリケンジャーの活躍に期待していたのですが、ロクに活躍しなかったのはもうがっかりなんてもんじゃありません

妖怪に付け入られるアイテムを持ち込んだ挙句、必殺技を出しただけで終わりとか悲しすぎでしょう。

人間の姿でも旋風に化けただけとイマイチで、正直出て来る意味が無かった気が。

そこは、正月映画でも共演しているライト辺りでしょうに。

※シュリケンジャーは、以前戦隊に登場していた人間に化けるお約束があります。





で、ようやく復活した牙鬼幻月。

と言うか遅すぎです。

マジで最終回まで寝てるのかと思いました。

しかも、身内のマイナスエネルギーで復活とイマイチ締まりません

まあ、これも全部十六夜の計画通りなんでしょうが。

恐らくは、こいつまだ何か目的を隠し持っている気がします。

ただ牙鬼を復活させたいにせよ、腑に落ちない行動が幾つかありますし。

果たして、何をやらかしてくれるのやら。



次回、新体制で牙鬼軍団が起動。

2回程お休みですが、のんびり待つとしましょう。






次は仮面ライダーゴースト

やはり、父は偉大でした。



全てが振り出しに戻ってしまったタケル。

御成達と協力して眼魂集めを行いますが、あれ以来一個も発見出来ず

科学女も必死に手がかりを探しますが、全て徒労に終わる有様。

その中で、タケル自身何かもう諦めている感があった気が。

御成達の必死さと、燃え尽きてやり遂げた感があるタケルでかなりの温度差がありました。

眼魂を奪いに来たジャベルとの戦いの最中、遂にタケル消滅の時が来てしまいます。

その時が…来たみたいだ

別れの言葉を述べると、金色の光を放ちながら消滅するタケル。

その後の戦いはマコトが引き継ぎますが、完全に劣勢の上変身解除に追い込まれる始末。

消えたタケルは、奇妙な場所に立っていました。

そこで、死んだ父と再会します。

再会を喜び合う親子。

父に頑張りを認めて貰えた事で、タケルは感極まって泣き出しました。

が、龍は「15人の英雄の心を繋げ」と、光になってタケルと一体化

その瞬間、タケルは黄金の炎に包まれて地上へ帰還

手に入れた闘魂ブースト眼魂を使用し、闘魂ブースト魂へとパワーアップします。

恐らく劇場版のトウサン魂は一時的なモノで、こちらが永続的なモノなのでしょう。

どちらの入手にも、龍が関わっている事が大きなポイントかと思われ。

そのパワーは絶大なモノであり、ジャベルの攻撃が全く通用しません

新武器のサングラスラッシャーでジャベルをボコボコにした後、オメガドライブでトドメを刺しました。

こうしてパワーアップ帰還を果たしたタケルですが、甦れた訳ではありません

仙人によると、龍が変則的な方法でタケルのタイムリミットをリセットしてしまったそうで。

再び99日の余裕が出た事で、改めて眼魂探しに意欲を燃やすタケル達。

不可思議現象研究所も再開と言う事で、また眼魂を巡る戦いは続くのでした。





(`・ω・´)





マコトは今回、半分は妹にかかりきりで何も出来ず

後半は妹のお願いもあり参戦しますが、あっさりやられてしまいました。

ゴーストチェンジも全くせずと、やる気もあんまり感じられません

妹の恩人の為なんですから、もう少し頑張りましょうよ

初登場補正が切れた2号ライダー系って、いつもこんな感じですよね。

しかもタケルがパワーアップした為、現段階ではただの足手まといとなってしまいました。

今の段階ではスペクターの強化フォームの情報が無いのですが、この人どうするんでしょうね?

このままでは空気と化してしまいますので、何とかして頂きたい所。





(´ε`;)ウーン…






あれだけ眼魂を集めた御成ですが、その後はまるで振るわず

一個たりとも見つからないとか、一体何処へ消えたのでしょうか。

少なくとも3個は、何処かにあるはずなんですが。

一方の科学女も、何の成果も得られないまま期日を迎える事に。

この時点で、手詰まり感がアリアリでした。

2人の絶望的な表情が、かなりきつかった事を示しています。

それでも、頑張ったのは確か。

平成ライダーの仲間の中でも、かなり役に立つ部類に入るかも。






(゚д゚)(。_。)(゚д゚)(。_。) ウンウン







眼魔側は、アランがスペクターに宣戦布告

最早、友達でもなんでもないって事なんでしょう。

更にはジャベルから眼魂を取り上げると、兄に会うべく眼魔の世界へ。

兄弟の不和に関して、何らかの手を打つつもりでしょうか。

一方でジャベルは、全く良い所無し

アランから前回の失態についての叱責を喰らった挙句、手に入れた眼魂も全部失う羽目に。

腹いせ(?)にスペクターをボコっていたら、突如復活したゴースト闘魂ブースト魂に遭遇

攻撃がまるで通用しないまま、あっさり蹴り殺されてしまいました。

眼魂も砕けたので、完全に死んだと見ていいかと。

もう少し頑張るかと思ったのですが、まあ第一部のボスキャラと言った所ですかね。

恐らくは、これからジャベル以上の強力な眼魔が登場するのでしょう。

でなければ、ただの雑魚ですし。




(;´Д`)







戦闘では、やはり闘魂ブースト魂の圧倒的な強さが光ります。

位置的にはドライブで言うデッドヒート、鎧武で言うジンバーの位置付けでしょうか。

その姿は真っ赤に燃えるゴーストと言った感じで、かなり格好良いですね。

戦闘力も絶大であり、2人がかりで何とか抑えていたジャベルを事も無げに葬るパワーを持っていました。

全身を超高熱のフィールドで覆っており、触れただけでも敵にダメージが入るとんでもなさ。

フィールドは防御にも使用出来、今までとは比べ物にならないカタログスペックを誇ります。

武器のサングラスラッシャーは、ほぼガンガンセイバーの上位版と言った感じでしょうか。

ガンガンセイバーとの大きな相違点は、眼魂をセット出来る事。

サングラスを模した箇所に2個まで装填出来、強力な必殺攻撃をぶっ放す事を可能にします。

ガンガンセイバー同様にガンモードにもなり、また別の必殺攻撃を繰り出す事も出来る模様。

ただし、ガンガンセイバーとの連携及び、ガジェットとの連携出来無さそうな感じが。

加えて、玩具情報ですが眼魂の認識も出来ないとか。

ドライブで全く互換性の無い武器ばかり出して失敗したのに、そこはあんまり学習しないのですな。

鎧武では出来ていたのに、何故出来ないのかと問いたい。

玩具の闘魂ブースト魂は、特別なだけにこれだけ光ったり鳴ったりする様です。

中間強化形態にしては、豪華な仕様ですよね。

ドライブでは、タイプトライドロンまで封印されていましたのに。

ただ、電源スイッチは無いわ、音のバリエーションは無いわ、その癖高いわと少し不評の様ですが。

劇中の活躍に反して、玩具方面はお粗末な印象なのが残念ですが、今後の活躍に期待ですな。




次回、ゴエモン魂登場…なのですがお正月で一回休み。

なので、多分買った物のレビューかなと。



( ´ー`)フゥー...

theme : 仮面ライダーゴースト
genre : テレビ・ラジオ

comment

Secret

プロフィール

Kivagami

Author:Kivagami
玩具とネトゲ、そして仮面ライダーを始めとする特撮をこよなく愛する孤高人。
中でも悪のライバルキャラとか六人目とかに目が無い。
特撮系イケメンも好き。
クールガイなら尚大好物。
うさぎを始めとする小動物も好き。
現在、14匹の小動物に囲まれてお世話に奔走する日々。

現在ネトゲ流離い人、定住&安住の地を求めて旅は続く模様。
永遠の孤独(ソロ)という、非常にありがたくない称号を持っているらしい…?

注1:基本的にリンクフリー&トラックバックフリーですが、当ブログのテーマとかけ離れ過ぎな場合は削除しますのでご了承下さい。

注2:当ブログの趣旨は基本ツッコミですが、それに加えて「良いモノは良い、悪いモノは悪い」とはっきり述べるレビューブログでもあります。
決してモノを叩くのが趣旨のブログではありません。

注3:コメントの書き込みは基本的に歓迎いたしますが…
当ブログの趣旨を理解頂けていない書き込みだったり、明らかな捨てハンだった場合は警告無視とみなし、削除対象となる事を明記させて頂きます。
コメントをなさる時は、よく内容を吟味なされた上、ちゃんと名乗って頂ける様お願い申し上げます。
特に悪質な狂信者や荒らしだと判断した場合、通報及びアクセス禁止などの手段を執る事もありますので、その点を良くご理解下さいませ。

注4:最近ソフトバンクの携帯からの荒らしコメが良く来るので、一時的にアクセス不能にしてあります。
なのでお手数ですが、それ以外かPCからのアクセスをお願い致します。

注5:このブログに使用されている文章及び画像の無断使用を禁じます。

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

UNIQLO CALENDAR

里親募集WhiteCat

小動物図鑑

リンク

RSSフィード