10
2
4
6
7
9
11
13
14
16
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

何故に仮面ライダー2号は良く殺されるのか?


最近DVDで出た「仮面ライダーTHENEXT」の未公開シーンを見る機会があったのですが…






そこに描かれていたのは…



ホッパー2こと仮面ライダー2号、一文字隼人の

…としか思えない場面でした。


つーかここで殺すのはある意味無責任では?と思ってしまったのは私だけでしょうか?

V3が加わったとはいえ、ショッカーの組織力は強大。

この後にライダーマンやXとかが参戦してくれるかもまだ不明。

一号とV3だけで戦い抜いていけるか、全く不透明。

ある意味、これショッカーの勝利ラストでは?



…未公開シーンにして正解だと思います(;´∀`)


思えば、原作で死んだのは一文字でなく本郷なんですよね。

脳味噌だけで生きてる様な状態ですが、確かに一度は死んだようです。

2号はラストまでぴんぴんしているんですが…

そもそも2号が死んじゃうのは、知る人ぞ知る小説版仮面ライダーだけだったと記憶してます。

そもそもなんで2号が不調…なんて設定を採用したのでしょう?

新生ライダーシリーズ(と勝手に呼ぶ)は好きですが、この設定だけしっくり来ない。

こんな橘右京状態のライダーなんて、まず他に存在しないですよね(;´Д`)

変身すればするほど弱っていくとかならともかく、改造システム上の欠点。

これ、2号イジメですか?

たった二人の成功例とかなら、ライダーっぽいんですが…

一号だけ置いて逝ってしまう2号なんて、どーかと思います(;^ω^)

小説版といい、NEXTといい…

作者(あるいは脚本家)は何か2号に恨みでもあるんでしょうか?

昔の新2号の赤い手袋が気に入らなかったとか…

本郷に先駆けて「変身」を炸裂させたのが気に食わないとか…(何処の本郷マニアだ)

そもそも一文字隼人の存在自体が嫌いだとか…

うーん、どれもこれも動機としては完全に逆恨みくさいし可能性は低そうです。


まあそれはさておき。

カットされたシーンと言う事で、この死は無かった事にして頂けると私的にはありがたいですね。

まさか、当初次回作を創る気が無かった?


んー、カットされて良かったと思います。

次があるとすれば、再改造でリジェクションを克服する2号と強化される1号が是非見たいですね。

え?

死にそうになりながら戦う2号もいいって?

ま、まあ…NEXTでの2号は血さえ吐かなければ異様に強かったですし。

そういう方向で死にそうで死なないキャラとして行くのも…まあありかなとw



( ´ー`)フゥー...



theme : 特撮
genre : サブカル

comment

Secret

プロフィール

Kivagami

Author:Kivagami
玩具とネトゲ、そして仮面ライダーを始めとする特撮をこよなく愛する孤高人。
中でも悪のライバルキャラとか六人目とかに目が無い。
特撮系イケメンも好き。
クールガイなら尚大好物。
うさぎを始めとする小動物も好き。
現在、14匹の小動物に囲まれてお世話に奔走する日々。

現在ネトゲ流離い人、定住&安住の地を求めて旅は続く模様。
永遠の孤独(ソロ)という、非常にありがたくない称号を持っているらしい…?

注1:基本的にリンクフリー&トラックバックフリーですが、当ブログのテーマとかけ離れ過ぎな場合は削除しますのでご了承下さい。

注2:当ブログの趣旨は基本ツッコミですが、それに加えて「良いモノは良い、悪いモノは悪い」とはっきり述べるレビューブログでもあります。
決してモノを叩くのが趣旨のブログではありません。

注3:コメントの書き込みは基本的に歓迎いたしますが…
当ブログの趣旨を理解頂けていない書き込みだったり、明らかな捨てハンだった場合は警告無視とみなし、削除対象となる事を明記させて頂きます。
コメントをなさる時は、よく内容を吟味なされた上、ちゃんと名乗って頂ける様お願い申し上げます。
特に悪質な狂信者や荒らしだと判断した場合、通報及びアクセス禁止などの手段を執る事もありますので、その点を良くご理解下さいませ。

注4:最近ソフトバンクの携帯からの荒らしコメが良く来るので、一時的にアクセス不能にしてあります。
なのでお手数ですが、それ以外かPCからのアクセスをお願い致します。

注5:このブログに使用されている文章及び画像の無断使用を禁じます。

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

UNIQLO CALENDAR

里親募集WhiteCat

小動物図鑑

リンク

RSSフィード