11
1
3
4
6
8
10
11
13
15
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

TAV29 バンブルビーシュープリームモードレビューもどき。

今回は、クモ姐さん同様に10月発売組のTAV29「バンブルビーシュプリームモード」のレビューです。

バンブルビーシュープリームモード5




さて、このアイテムはアニメ「トランスフォーマーアドベンチャー」最終回で登場した、バンブルビーの強化フォームです。

前々からTAVのバンブルビーが欲しかったのですが、この最終フォームが出るまで予算の都合が付かずに来てしまいました。

まあ、結果オーライだしいいかと思い、あんまり迷う事も無く購入。

と言うのも、このフォームは何かとお得なんですよね。

それを踏まえて、レビューして行きます。

まずはパッケージ





バンブルビーシュープリームモード1




大体何時も通りのフォーマットですな。

強化されたバンブルビーの勇姿が描かれています。





バンブルビーシュープリームモード2



裏面は説明

一部アニメの画像も使用されていました。

ただ、説明のシチュと実際のアニメのシチュとは微妙に差異がありますが。

説明ではバンブルビーだけが強化されたとありますが、本編ではバンブルビー・ストロングアーム・サイドスワイプの三人が剣を合わせて同時にシュプリームモードに強化されています。





バンブルビーシュープリームモード4





ビークルモードで。

この状態では強化された部分が全部隠れているので、ほぼ従来品と同じですな。





バンブルビーシュープリームモード3





以前紹介したロストエイジ版とは打って変わって、スタイリッシュになっています。

アニメ版との差異もほぼ皆無で、最早変形玩具において進化の頂点を極めたと言っていいかも。






バンブルビーシュプリームモード8






後ろは少し手抜き感がありますが、クラス(ウォーリアクラス)を考えたらこんなモノかなと。







バンブルビーシュプリームモード7






裏返すとこんな感じ

単純に中身がただ詰まっている訳ではない事が分かります。

少なくとも、一見してロボパーツと分かる部分が少ないのは大いに評価して良いかと。





バンブルビーシュプリームモード6



付属武器は、当然の如く全てマウントする事が可能。

相変わらずの余剰が出ない作りは、流石と感心させられます。

ビークルモードでの可動は転がし走行のみですが、車なので問題無いかと。

それでは、ロボットモードにトランスフォーム!(ギゴガゴゴ)






バンブルビーシュプリームモード9




まず、両方のドアのジョイントを外して、基部ごとにカチ上げます。

その後、車体後部のジョイントを外して腕を開放





バンブルビーシュプリームモード10




そしてルーフ部分のジョイントを外し、限界まで下ろします。

この辺りで、もう大体ロボのパーツが分かる様に。





バンブルビーシュプリームモード11




胴体を腰で180度回転させ、ボンネットを留めているジョイントを外してに。

同時に、折り畳まれているつま先を降ろしておきます。




バンブルビーシュプリームモード15




最後に、トランク部分を後方に回してジョイントで留めれば完成

非常に少ないステップで、劇中と遜色の無いバンブルビーが出現しました。

ロボットモードはクリアパーツがふんだんに使用されており、見たまんまのスペシャルな感じがします。





バンブルビーシュプリームモード14




プロポーションの崩れも少なく、素直にカッコ良いですね。





バンブルビーシュプリームモード13




後方のドアの張り出し方が、まさにバンブルビーと言った感じ。

また、ルーフ部分のお陰でかなり接地性が高くなっております。






バンブルビーシュプリームモード12



斜め後ろから見ても、結構スッキリしたフォルムに。

ガワが少な目なので、ガワ嫌いな方もそこそこ満足するかと思われ。





バンブルビーシュプリームモード17




後ろから見ても、やっぱり格好良いですな。

後部にもう少し塗装が欲しい所ですが、コストダウンの為には仕方無いのでしょう。

腰回りに余計なモノがないので、アクションもやりやすそう。






バンブルビーシュプリームモード16






クリアパーツが増えた事で、よりイケメン度が増したフェイス部分。

従来品とは違う新規造形であり、かなりが入っています。

集光ギミックはほぼクリアパーツ全般に及んでおり、光で照らすと全般的に輝くのも良ポイント。

最終回での活躍の記憶が蘇る様ですな。






バンブルビーシュプリームモード18




可動に関しては、まず首はボールジョイントですが周囲のパーツが干渉するので、あんまり動きません

上下にはそこそこ動きますが、回転は真横まで行かないです。

肩はボールジョイントで良く動きますが、背後のドアが干渉するのでその都度避けてやる事が必須。

二の腕には何時も通りのロール軸があり、腕の回転を全て賄います。

ただし、色々パーツが干渉するので非常に回し難いですね。

肘は普通の関節で、安心と信頼の90度可動

手首は残念ながら固定

何か最近このパターン多いですよね。






バンブルビーシュプリームモード20





腰は変形機構も兼ねたロール軸により、グルングルン回す事が可能に。

腰が回るだけでポージングが楽になるので、非常にありがたい所。





バンブルビーシュプリームモード19




下半身は、股関節が前後開脚の二軸式になっております。

遮るモノが無いので、どちらの方向にも水平程度まで上げる事が可能に。

太腿にはロール軸がスタンバイ。

足の回転を全て賄う重要ポイントですね。

膝はルーフ部分が相当干渉するので、60度程度しか曲がりません

が、干渉が無くても膝の位置が高いのもあって、あんまり曲げられない感が。

足首は固定ですが、つま先が変形機構を兼ねて動かせるので自立させる時重宝します。







バンブルビーシュプリームモード21





武器をフル装備

残念ながら、本編で良く使用していた豆鉄砲(名称不明)は付属しません





バンブルビーシュプリームモード22




まずは「

ディセプティコンハンターが変形したモノですが、本編最終回で出現したプライムソード似の剣ではなく、従来品付属のモノと同じ造形になっています。

ここが地味に残念ポイント

ちなみに、頑張れば両手持ちもOK





バンブルビーシュプリームモード23





そして、同じくディセプティコンハンターが変形した…槍?

七支刀三鈷杵みたいな形なので、何だか良く分かりませんね。

本編でも、ちょくちょく変形していた記憶が。





バンブルビーシュプリームモード24




何処を握らせるのかが一見分かり難そうですが、見ればほぼ一発で分かる様になっています。

ただし、あんまり手にフィットしない感じが。

ビークルモードでもポロリし易いですし、地味に面倒な武器かも。





バンブルビーシュプリームモード25






を振りかぶって。

(?)の方は、使用しない時ビークルモードと同じ場所にマウントしておく事も出来ます。





バンブルビーシュプリームモード26



武器を合わせて

そこはかとなく漂う光線が出そう感が結構好み。




バンブルビーシュプリームモード28




剣を構えて突進

意外な事に、本編でこの剣は殆ど使用されていません

大抵肉弾戦か、豆鉄砲を適当に乱射していた覚えが。





バンブルビーシュプリームモード27



飛び蹴りで一撃。

スチールジョー辺りがいれば、色々絡ませられたのですが。

トランスフォーマーって、結構肉弾戦が好きですよね。

銃が殆ど豆鉄砲な事もあって、どのシリーズでも良く殴り合っていた印象が。

ただし、超神マスターフォースからZまでは除く。





バンブルビーシュプリームモード29





ビークルモードで、爆発をぬって爆走

地球人に見つからない為に、ビークルモードは非常に重要な位置にありました。

なので、本編でもロボットモード同様に活躍シーンが多めになっております。

公道を使っての長距離移動に、人間の協力者やビークルモードを持たないグリムロックの輸送及び戦闘時のひき逃げアタックなどなど。





バンブルビーシュプリームモード30



炎の上を大ジャンプするスタントシーンを。

この辺りで、撮影していて何か楽しくなって来ました。





バンブルビーシュプリームモード31




稲妻エフェクトを使用して、シュプリームモード出現シーン

ストロングアームサイドスワイプがいないのが残念ですが、彼等にもシュプリームモードを出して貰いたいです。





バンブルビーシュプリームモード32





オーラエフェクトも使用して、パワーを貯めているシーンを。

足りない人材をエフェクトで補ってみましたが、まあまあ見れるモノになったのではないかと。






バンブルビーシュプリームモード33




最後は、メガトロナスに放った必殺の一撃で決め。

使用エフェクトは、ULTRAーACT「ウルトラマンゼロ」付属の合体光線エフェクトです。

まさか、オプティマスプライムではなく、バンブルビー達がメガトロナスを倒すとは思わずびっくり

非常に燃えるシーンだったので、嬉しい誤算でした。

2010から見ている身としては、バンブルビーの成長っぷりにホロリと来ますね。





(`・ω・´)





中々遊べるアイテムであるバンブルビーシュプリームモードですが、欠点もちらほら。

まず、首の周囲の干渉が酷すぎてあんまり回転させられないのは悲しいです。

おまけに首を回すと顔の角度が不自然になるので、正面以外はイマイチ決まりません

そして、肩と背後のドアの干渉も地味にイラッと来るかも。

ストレス無しに、腕を上げたり出来ないのは誠に残念

更に前述したプライムソードの付属無しと、槍(?)のマウント時の保持力の弱さもマイナス点ですね。

保持が弱いと言えば、背中のジョイントの保持も弱めなので、いつの間にかドア部分が基部から降りている事もしばしば。

それと手首が固定なのも、地味~に響いて来ますな。

最後に、やはり膝の可動が物足りないのは痛い。

日本版では改良されてはいる様ですが、兎に角曲がらない感が酷いです。





(´・ω・`)






とは言え、TAVのシリーズでは出来が良い方なので、バンブルビーが欲しいならこれを購入しておけばOKかと。

ストロングアームの出来の悪さは多分レジェンド。

クリアパーツは豪華で美しいですし、集光も派手なので見て楽しむ事も出来ます。

何より一番評価したい所は、変形難易度が丁度良すぎて癖になる事でしょう。

部品の合いも良いので、何かと変形させて遊んでおります。







バンブルビーシュプリームモード34




最後は恒例(?)の後ろ振り向き姿で。

シュプリームモードだと、ノーマルと違った格好良さがありますな。





次回の木曜日も、予告通り購入物のレビュー予定。



( ´ー`)フゥー...

theme : 玩具レビュー
genre : 趣味・実用

comment

Secret

プロフィール

Kivagami

Author:Kivagami
玩具とネトゲ、そして仮面ライダーを始めとする特撮をこよなく愛する孤高人。
中でも悪のライバルキャラとか六人目とかに目が無い。
特撮系イケメンも好き。
クールガイなら尚大好物。
うさぎを始めとする小動物も好き。
現在、14匹の小動物に囲まれてお世話に奔走する日々。

現在ネトゲ流離い人、定住&安住の地を求めて旅は続く模様。
永遠の孤独(ソロ)という、非常にありがたくない称号を持っているらしい…?

注1:基本的にリンクフリー&トラックバックフリーですが、当ブログのテーマとかけ離れ過ぎな場合は削除しますのでご了承下さい。

注2:当ブログの趣旨は基本ツッコミですが、それに加えて「良いモノは良い、悪いモノは悪い」とはっきり述べるレビューブログでもあります。
決してモノを叩くのが趣旨のブログではありません。

注3:コメントの書き込みは基本的に歓迎いたしますが…
当ブログの趣旨を理解頂けていない書き込みだったり、明らかな捨てハンだった場合は警告無視とみなし、削除対象となる事を明記させて頂きます。
コメントをなさる時は、よく内容を吟味なされた上、ちゃんと名乗って頂ける様お願い申し上げます。
特に悪質な狂信者や荒らしだと判断した場合、通報及びアクセス禁止などの手段を執る事もありますので、その点を良くご理解下さいませ。

注4:最近ソフトバンクの携帯からの荒らしコメが良く来るので、一時的にアクセス不能にしてあります。
なのでお手数ですが、それ以外かPCからのアクセスをお願い致します。

注5:このブログに使用されている文章及び画像の無断使用を禁じます。

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

UNIQLO CALENDAR

里親募集WhiteCat

小動物図鑑

リンク

RSSフィード