07
1
3
5
7
8
10
12
14
15
17
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

TFレジェンズ LG04 ロードバスターレビューもどき。

今回はようやく手に入れたLG04「ロードバスター」のレビューです。

ロードバスター10



このロードバスターは、レジェンズシリーズでは比較的前期に出たアイテムでした。

しかし、中々予算の都合が付かない内に年末近くまで入手が遅れてしまう事に。

私的にこのアイテムは、非常に感慨深いモノがあります。

かって私が子供の頃、「特装機兵ドルバック」というロボアニメが放送されていました。

恐らくはバルキリーなどの影響を受けたと思われる変形ロボが多数登場したり、ガンダムの影響を受けたと思われる量産型の機体などが登場するなど、受けそうな要素を満載して始まったこのアニメ。

主題歌も全くロボの名前が出ないどころか、謎の地球へのラブソングとフルスロットルで攻めていました。

タイトルのドルバックという名前もロボの名前ではなく、チーム名な辺りガンダムを越えようと必死だったのではないかと。

しかし結果は迷走した挙句放送短縮という、この時期のロボアニメにありがちな終焉を迎えています。

全36話という中途半端さが、この作品の中途半端さを表しているかの如しですな。

何と言うか、慣れないリアルロボットモノを作ろうとして、無駄に小難しくした結果失敗した感が。

作品自体は歴史の闇に消え去りましたが、メカのコンセプトが優秀だった所に目を付けたのがタカラ(現タカラトミー)。

放送終了後のほぼ一年後にアニメが始まり、本格稼働するトランスフォーマーに組み込んだのでした。

このロードバスターは、ドルバックの主役メカであった「ムゲンキャリバー」が生まれ変わった姿。

スタイルも殆ど変わらないまま、新規造形で送り出されています。

付属漫画でもその辺がギリギリのネタとして使用されていましたねw

閑話休題。

まずはパッケージ






ロードバスター1






シンプルな、レジェンズお馴染みのパッケージデザインですね。

この箱型は、保存にも最適なのでありがたい所。






ロードバスター2






裏は説明ですね。

これでもかとばかりに盛られた武装に、なんだかワクワクして来ました。






ロードバスター5






そして、素のビークルモード

比較的ベーシックな装甲車と言った感じですね。

ムゲンキャリバーは屋根がないジープでしたが、こちらはガチガチの装甲車に。

しかし、カラーリングウインチに色濃くムゲンキャリバーの面影が。






ロードバスター4







このアイテムの特徴は、全身至る所に設置された武器装備用ジョイント穴の存在でしょう。

ビークルモードで6つ、ロボットモードで9つとかなりのに及びます。

なので、好きなTFから武器を借りて来て、ハリネズミの如く武装させるのも可能








ロードバスター3






後部は非常にスッキリしたデザインになっております。

ムゲンキャリバーであったライトなどの意匠は、完全にオミット

何か最近、ビークル後部を手抜きする事が多い気が。






ロードバスター8






ビークルモードでフル武装

ジョイントが多いだけに、本体にも6つの武器が付いてきます。

全部そのまま装備すると、画像の様に全てのジョイント穴を埋める事が可能。






ロードバスター7






武器自体にもジョイント穴などが設けられており、適当にまとめてしまう事も出来ます。

と言うか、そうしないと不格好な武器が結構あるんですよね。

天井にインしている2門の武器は、一番武器らしくまともなモノ。

片方はアサルトライフルに似た感じで、もう片方はミサイルキャノンと言った所ですか。

ミサイルキャノンの方は基部が上下可動する他、お馴染みの射出ギミックがあるので暴発にご注意。

ドアの下に付いているのがミサイルランチャーで、その後ろがハンドガンっぽい武器です。

ミサイルランチャーは綺麗に色分けされている一方、ハンドガンっぽいのは銃口に穴すら無い有様。

なので、最初は何だか分かりませんでしたw






ロードバスター6




こちらのドア下に付いているのが大型ハンドガンっぽい武器と、その後ろが…えーと、筒?でしょうか?

大型ハンドガンっぽいのは、アサルトライフル風の武器と直接連結が可能。

また、基部がミサイルキャノン同様に上下可動させられるので付けたまま狙いを変える事が出来ます。

筒みたいなのは、最初は照準器かと思ったのですが、どうも簡易のロケットランチャー(あるいはバズーカ)の様ですね。

が無ければ、完全に照準器として扱ってしまう所でした。

これの下部に切り込みがあり、アサルトライフルの上部に装着する事が出来ます。

それでは、そろそろロボットモードにトランスフォーム!(ギゴガゴゴ)






ロードバスター9






まず、中央から後部にかけての装甲を引剥がし、展開します。

足が意外な所から出て来るので、びっくりした人も多いかと。





ロードバスター11





そのままつま先を開いて前(下)へ向け、タイヤを折り畳みます。




ロードバスター12






次に立たせつつ、をジョイントから開放して展開

ここで上のボンネット部分が少しでもに折れていると、腕が中々取り出せないので注意です。







ロードバスター15





最後にボンネットを下ろしジョイントで留め、ウインチの左右を閉じれば完成

ボンネットを留める本体側のジョイントは、しっかり差し込まないと即外れるのでここも注意ポイント





ロードバスター14




ロボットモードのプロポーションも良好で、ドルバックファンも(多分)ニッコリ

ただ、サイズがまた中途半端でデラックスクラスなのか、ヴォイジャークラスなのかがさっぱり分かりません。

以前レビューしたプレダコンのブドーラとほぼ同じ位ですな。

デラックスクラスのバンブルビーよりは大きく、ヴォイジャークラスのブレインストームなどより小さいと言うね。






ロードバスター13



横から見てもどっしりとしており、スカスカ感はし。




ロードバスター21







斜め後ろから見ても、隙の無い格好良さですね。






ロードバスター17






後ろから見ると、少し足のスカスカが目立ちます。

完全にフレームだけみたいな感じになっているので、これはホント惜しい






ロードバスター16




顔はムゲンキャリバーを残しつつも、少し雑魚っぽさが入っている感が。

特に頭部が丸いのと、口辺りのモールドのせいでザクっぽく見えるんですよね。

ゴーグルタイプの目は集光ギミック入りで、とても綺麗に光ってくれます。







ロードバスター18





可動に関しては、まず頭部がボールジョイントで良く動きますね。

上下回転自由自在なので、視線を振るには苦労しないはず。

肩は二軸式ですが、クリック可動が採用されており保持力は抜群

二の腕にはロール軸がありますが、ここにとんでもない爆弾が(詳しくは後述)。

肘は変形の都合もあり、二重関節みたいになっており、TFにしては破格の可動域を実現しています。

が、クリック関節が拳に近い方にしか採用されておらず、おまけに肩側の関節が緩めなので全体的な保持力が落ちる事に(これも詳しくは後述)。

拳は残念ながら固定





ロードバスター19






腰は無可動ですが、構造上仕方無いですね。

股関節は前後左右の二軸式で、ここにもしっかりクリック可動がスタンバイ。

ですが、ウインチ部分と腿のアーマーが干渉する為、少し足を回してやらないと水平まで上がりません

素立ちのままだと、画像程度までしか上がらない辺り、ちょいと曲者と言えるかも。

更に開脚方向にはクリックが無いので、あまり武器を盛ると自重で股裂け状態になりそう。

腿にはロール軸がありますが、硬いので注意。

膝も変形の関係上二重関節になっており、こちらは上下共にクリック可動を採用。

普段はいつもの90度可動ですが、タイヤを展開してやると正座出来るレベルまで曲げる事が出来ます。

タイヤが起きてしまうと、足がマジですっからかんになるので、適度使い分けした方が良さそう。

足首は変形の関係上、前後左右回転と大きく動かせる為、上手く調整すればかなり無理なポーズも可能。

逆に調整をミスると、前か後ろにすっ転ぶシビアさもあるので調整は慎重に。

自由度が高いが故の不幸ですな。







ロードバスター20





付属武器をフル装備

ジョイントはビークルモードから3つ増えて、全部で9つに。

もう好きなだけ武器を盛る事が可能ですな。

この装備位置は、公式のモノを再現しています。





ロードバスター22




勿論、そうしなければいけない訳ではないので、この様に自分で考えて武装させるのも自由

武器や組み合わせが多いので、デフォルトの武器だけでもかなり遊べます





ロードバスター24






自由な発想で武装させて、自分だけのロードバスターを作りましょう。

このプレイバリューの広さが、ロードバスター最大の売りと言っていいかと。





ロードバスター25




全武装をフルファイアし、敵陣地を無差別爆撃

銃がヘボい事が多いトランスフォーマーの世界ですが、これだけ撃ち込まれたら大抵は沈黙しそうです。






ロードバスター23





そして全ての武器を合体

あまりの重量に、クリックがない方の関節が負けてしまってます;





ロードバスター26




合体武器で、マキシマムレベルシュート!

こんな攻撃を喰らったら、大抵の敵は消し飛びそう





ロードバスター28




ビークルモードで、重火力に物を言わせながら進撃

正直、戦車より火力があるのではないかと。

レジェンズメガトロン「あ?」





ロードバスター30





最後は、謎のロードバスタータンクで〆。

レジェンズメガトロンの武器も借りて、恐ろしい程の火力を得た反面、運動性能がガタ落ちしそうな変形ですな。

尚、この状態では自立しないので、立て掛けて撮影しております。





'`,、('∀`) '`,、






かようにコスパの良いロードバスターですが、欠点もちらほら。





ロードバスター31




まず、ルーフ部分に位置している2つのジョイントが浅すぎて武器取り付けに難儀します。

オマケに少し径が広いらしく、結構簡単に武器がスッポ抜けるのが問題点。

もう少し深めに取ってくれてたら…と思うと、心底残念です。





ロードバスター29




そして、前述した関節の保持力の問題。

肩から出て直ぐの部分が保持力の弱い部分で、ここにかなりの爆弾を抱えています。

と言うのも、弱さに加えて根本のロール軸を回転させた途端、ポロリと外れてしまうんですよね。

なので、実質ウチのロードバスターの右腕ロール軸はほぼ使用不可能に。

一方で左は外れないので、純粋に不良だと思われ。

手首が残念仕様なのにこれは痛い

他にも前述した股関節の癖や、良く緩む胴体のジョイントなどもあり、結構扱い辛い感じがします。





(´・ω・`)






とは言え、相当遊べるアイテムなのは確か。

変形も丁度良い感じなので、何度も変形させて遊んでも苦になりません

やはりトランスフォーマーなんですし、変形させてナンボです。

丁度良い難易度のアイテムが、長く遊ばれるのは当然かと。

ブラックナイトグリムロックは猛省する様に。

装備も充実しているので、色々応用も効くナイスアイテムかと。




ロードバスター27




最後は恒例(?)の後ろ振り向き姿で。

戦士の背中は、いつ見ても無骨で格好良いですな。





来週の木曜日は、自分的にかなりの難物のレビューになるかと。

何と言うか、このロードバスターの真逆を逝くアイテムなんですよね。

まあ、頑張ってレビューしたいと思います。




( ´ー`)フゥー...

theme : 玩具レビュー
genre : 趣味・実用

comment

Secret

プロフィール

Kivagami

Author:Kivagami
玩具とネトゲ、そして仮面ライダーを始めとする特撮をこよなく愛する孤高人。
中でも悪のライバルキャラとか六人目とかに目が無い。
特撮系イケメンも好き。
クールガイなら尚大好物。
うさぎを始めとする小動物も好き。
現在、19匹の小動物に囲まれてお世話に奔走する日々。

現在ネトゲ流離い人、定住&安住の地を求めて旅は続く模様。
永遠の孤独(ソロ)という、非常にありがたくない称号を持っているらしい…?

注1:基本的にリンクフリー&トラックバックフリーですが、当ブログのテーマとかけ離れ過ぎな場合は削除しますのでご了承下さい。

注2:当ブログの趣旨は基本ツッコミですが、それに加えて「良いモノは良い、悪いモノは悪い」とはっきり述べるレビューブログでもあります。
決してモノを叩くのが趣旨のブログではありません。

注3:コメントの書き込みは基本的に歓迎いたしますが…
当ブログの趣旨を理解頂けていない書き込みだったり、明らかな捨てハンだった場合は警告無視とみなし、削除対象となる事を明記させて頂きます。
コメントをなさる時は、よく内容を吟味なされた上、ちゃんと名乗って頂ける様お願い申し上げます。
特に悪質な狂信者や荒らしだと判断した場合、通報及びアクセス禁止などの手段を執る事もありますので、その点を良くご理解下さいませ。

注4:最近ソフトバンクの携帯からの荒らしコメが良く来るので、一時的にアクセス不能にしてあります。
なのでお手数ですが、それ以外かPCからのアクセスをお願い致します。

注5:このブログに使用されている文章及び画像の無断使用を禁じます。

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

UNIQLO CALENDAR

里親募集WhiteCat

小動物図鑑

リンク

RSSフィード