11
1
3
4
6
8
10
11
13
15
17
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

DX超合金 YF-29B パーツィバル(ロッド機)レビューもどき。

今回は「DX超合金 YF-29B パーツィバル(ロッド機)」のレビューです。

DX超合金 YF-29B パーツィバル(ロッド機)5




前回で予告した、TFとは(ある意味)真逆の方向性を突っ走っているアイテムがこれです。

近所の家電量販店で、かなり値崩れしていたので思い切って購入に踏み切りました。

勿論事前に色々情報を集め、一機だけ選ぶとしたら何にするか?と悩んだ末の決断ですが。

まず、リニュ前のは論外としても、メサイアバルキリーはパックが無ければ魅力は半減します。

と言うか、正直素のメサイアはガリガリであんまり好きじゃない…。

で、パック自体が結構プレ値になっている上に、普通に安値で買える機体にはパックが出ていない有様。

プロフェシーのスーパーパックはよ。

そして、かなり新しいクロノスも色々と欠点が多く、ナイトメアもアーマードパックが高騰している上に、変形が地獄との事。

となると、機構はほぼメサイアと同一で、しかも最初からスーパーパックを内蔵するというコンセプトで開発された、デュランダルバルキリー一択。

その中でもゲームのオリジナル機として登場したこのロッド機は、最後発の上に値崩れと条件が丁度良かったのです。

アルト機は再販がかかりましたが、あのカラーリングがちょっと無理。

本当はイサム機が欲しかったのですが、プレバンの定価販売では手が出ませんでした。

そして30周年記念カラーも同様。

兎に角、まずはファイターから。






DX超合金 YF-29B パーツィバル(ロッド機)1






何か妙なデジャヴを感じると思ったら、YF-19に似ているんですよね。

系譜的にはほぼ直系と言っていいでしょうし、似ている事には違和感無し




DX超合金 YF-29B パーツィバル(ロッド機)2






特徴としては、兎に角高額なだけあってでかいんですよね。

特にバトロイド時は、背後のビーム砲まで加えるとTFUWの合体戦士スペリオンより大きい有様。

このファイター形態でもその大きさは健在で、今ある全ての飛行TFより大きくて重いです。





DX超合金 YF-29B パーツィバル(ロッド機)3






ディテールもリアルで、あの複雑な造形を緻密に再現しており、思わず唸ってしまいました。

デカール類は最初から貼り付けられており、リアルさも倍増





DX超合金 YF-29B パーツィバル(ロッド機)4





後ろから見ても、隙の無い格好良さ。

正直、このファイター形態が一番安定していて収まりが良いと感じました。






DX超合金 YF-29B パーツィバル(ロッド機)7





コックピットは当然の如く開閉し、パイロットのフィギュアも着座

座席の後ろのパーツを外せば、複座にも出来る親切設計






DX超合金 YF-29B パーツィバル(ロッド機)6




3箇所にランディングギアが格納されており、台座を使わずとも安定して着陸させておけます。

ランディングギアの車輪は回転する他、基部が金属製なのでそう簡単に折れる事はありません






DX超合金 YF-29B パーツィバル(ロッド機)8





勿論、ハッチに全て完全収納OK

実際の戦闘機さながらのリアルさ

TFではほぼ皆無だったギミックですな。






DX超合金 YF-29B パーツィバル(ロッド機)10




エアインテークは、取り外す事で大気圏内用に換装する事が可能

外すのも、取り付けも簡単です。






DX超合金 YF-29B パーツィバル(ロッド機)9





主翼のエンジンユニットは、ぐるぐると回転が可能。

オスプレイかな?

これのお陰で、垂直離陸も出来るのでしょう。

翼の部分も左右にクリック可動するので、微調整も可能に。

ファイター形態は堪能したので、最大の売りである「変形」を試してみましょうか。





DX超合金 YF-29B パーツィバル(ロッド機)11





まず、機体後方のキャノンユニットを上に上げ、シールドも分離させます。

この時、主翼を縮めて上に上げておくのがポイント。

主翼を上げるのを忘れると、色々な箇所で不具合が出るので忘れずに。






DX超合金 YF-29B パーツィバル(ロッド機)12






そして脚部を降ろして伸ばし、基部だけを機体に再固定

最後に足を展開すれば、セミガウォークモード(仮)に。

マクロス本編では度々登場したフォームですが、フロンティアで出たかは未見なので不明





DX超合金 YF-29B パーツィバル(ロッド機)13




ご覧の通り、足だけを下ろした簡易変形ですね。

ファイターとガウォークの中間形態なので、その性質もお分かりになるかと。

ファイターよりも機動に融通が効き、ガウォークよりも運動性が高い反面、ファイターに劣る速度と、ガウォークに劣る攻撃への柔軟性を合わせ持つので、状況に応じた運用が不可欠になります。

ちなみにシールドはほぼ余剰になるので、装着しておきたいならキャノンユニットをファイター時の形状に戻すと良いかと。

では、変形シークエンスを続けましょう。





DX超合金 YF-29B パーツィバル(ロッド機)14






次に足を基部から外し、露出した腕を肩ごと回して前に持って来ます。

ここは説明書通りにやらないと、破損の可能性があるのでご注意を。

金属製パーツがメインなのでそうそう壊れませんが、万が一がありますので。





DX超合金 YF-29B パーツィバル(ロッド機)15




で、脚部を戻して固定し、更にロックパーツで主翼ブロックも固定。

このパーツの登場で、主翼ユニットが垂れ下がるのを防げる様になったのだとか。

最後にと、懸架していたガンポッドを装備させて、ガウォークの完成です。






DX超合金 YF-29B パーツィバル(ロッド機)16




流石元祖ガウォークだけあって、安定性は抜群

私が戯れにやっている飛行TFのなんちゃってガウォークとは、迫力が違いますなw






DX超合金 YF-29B パーツィバル(ロッド機)17





特徴的な足の逆関節も見事に再現し、接地性も抜群。




DX超合金 YF-29B パーツィバル(ロッド機)18




腕も自在に動かせるので、ガウォークの利点である攻撃の柔軟性が生きて来ます。

自分的には、敵のミサイルをガウォークのガンポッドで迎撃するシーンが印象的でした。

その他にも空中での変態機動を可能にするなど、使いこなせば非常に便利な形態です。

更にこのデュランダルではシールドもあるので、防御力もアップしました。

では、最後の変形シークエンスに入りましょう。





DX超合金 YF-29B パーツィバル(ロッド機)19





まず、機首のランディングギア収納ハッチを開いてから、機首自体を折り畳みます

主翼ユニットは縮めて、内側に折り畳んでおきましょう。





DX超合金 YF-29B パーツィバル(ロッド機)20





そしてガウォーク時に伸ばした足を縮め、基部ごと外して前に。





DX超合金 YF-29B パーツィバル(ロッド機)21





次に頭を上に押し出して固定しつつ、機首部分を胸部ブロックの下に格納。

頭部レーザー砲も、この時に整えておきましょう。




DX超合金 YF-29B パーツィバル(ロッド機)22






最後に基部の金属製関節パーツを本体のジョイントと合わせて固定し、主翼ユニットを下げればバトロイドの完成です。






DX超合金 YF-29B パーツィバル(ロッド機)23




非常に大きくて重い為、かなりの威圧感があります。

顔もガンダムとは違い、如何にもなゴーグル仕様でバルキリーらしさ満点

ただし、オズマ機みたいにツインアイの機体もありますが。

この機体は試作機な為、一般仕様機がありません

ちなみにイサム機は頭部のレーザーが、YF-19同様に一本になってたり。






DX超合金 YF-29B パーツィバル(ロッド機)25





横から見ると、意外に薄い事が分かります。

本体は結構すっきりしたデザインなんですよね。





DX超合金 YF-29B パーツィバル(ロッド機)24



斜め後ろから見ると、ほぼ主翼ユニットが主面積を占める様に。

VF-1シリーズと比べると、かなり主翼ユニットが存在感をアピールして来ます。





DX超合金 YF-29B パーツィバル(ロッド機)26





後ろはほぼ主翼ユニットですな。

VF-1系では上に畳まれる形になりますが、こちらはそのまま下に出っ放しに。

この問題に関しては、また後述





DX超合金 YF-29B パーツィバル(ロッド機)27




可動に関しては、まず首がボールジョイントにより縦横無尽に可動。

遮るものが殆ど無いので、存分に動かせると思います。

肩は金属製の二軸式で、装甲パーツも動く為広い可動域を確保

二の腕にはロール軸があり、腕の回転を賄います。

肘は二重関節になっており、拳に近い部分の方にクリックが仕込まれていました。

その為、保持に困る事は無いはず。

曲がる角度も最近のガンプラ並に曲がるので、十分と言っていいかと。

手首はボールジョイントでグリグリ可動し、保持も問題無し

デフォルトでは可動指になっており、親指と人差し指が独立可動する他、残りの指もまとめて動きます。

武器の保持なども普通に行えるので、通常はこれを付けっ放しでも問題無いかと思われ。





DX超合金 YF-29B パーツィバル(ロッド機)28





変形ギミックの為、流石に胴体に可動は無し

…と言いたいのですが、実は胴体ブロックを引き出す事で回転させる事が可能に。

これをやっておかないと、胴体が回らないばかりか後述する問題も抱える事になるので要注意

股関節は金属製のボールジョイントで良く動き、保持もそこそこ

膝の真上にはロール軸があり、足の回転をサポート

膝はクリック可動ですが、色々干渉するモノがある為、90度位が限界

足首はボールジョイント接続で、接地性も良好

つま先と踵も変形ギミックを利用して動かせるので、非常に自由度が高くなっております。






DX超合金 YF-29B パーツィバル(ロッド機)29




背中のキャノンユニットも上下回転自在に可動するので、死角は真後ろ位でしょうか。






DX超合金 YF-29B パーツィバル(ロッド機)30




肩にはミサイルポッドが仕込まれており、これが「スーパーパックを内蔵した機体」と呼ばれる所以にも。

これがあれば、真後ろだろうがミサイルで迎撃が可能ですな。





DX超合金 YF-29B パーツィバル(ロッド機)31




ミサイルポッドは脚部にもたっぷり内蔵されており、凄まじい瞬間火力を発揮する事も可能。

何と言うワンマンアーミー

VF-19にも似た様な装備がありますが、装弾数は段違い

怖いのは誘爆ですが、それをさせない為の運動性能なのでしょう。





DX超合金 YF-29B パーツィバル(ロッド機)32



全砲門を正面に向けて、フルファイア

恐らくは、VF-1シリーズのスーパーパックの全弾発射を凌駕するレベルの火力と思われ。





DX超合金 YF-29B パーツィバル(ロッド機)33




そして、メサイア同様に近接戦闘用武器としてアサルトナイフが付属。

普段はシールド内部に収納されています。

マクロス7以降を知らない私的には、かなりびっくりの武装ですね。

YF-19のピンポイントバリアパンチまでは、まともな近接武装を頑として搭載しなかったのが不思議な位です。

恐らくは、多様化する敵に対応する為でしょう。





DX超合金 YF-29B パーツィバル(ロッド機)34



アサルトナイフを抜き放って構え。

肩の可動が優秀なので、抜き放つポーズも余裕で行けます。





DX超合金 YF-29B パーツィバル(ロッド機)35




アサルトナイフでアタック

過去に少しだけマクロスフロンティアを見た事があるのですが、丁度その時にナイフを使用していて驚いた記憶が。

バルキリーも遂に刀剣を装備する様になったのか…と、時の流れをしみじみと感じさせました。

ちなみに何故か1話と最終話というね。





DX超合金 YF-29B パーツィバル(ロッド機)36




そしてメインウェポンのガンポッドも、実弾からビームへパワーアップ

こちらも頑なに実弾兵器に拘っていたバルキリーだけに、結構驚いた覚えが。

おまけに銃剣まで付いて来るとか、ゴージャスなんてもんじゃありません。

銃剣は伸び縮みさせる事が可能なので、使わない時はしまっておけます。





DX超合金 YF-29B パーツィバル(ロッド機)37






バレル部分は展開させる事が出来、より強力なビームを撃つ事が可能。

タメ攻撃まで備えているとか、どんだけ火力重視なんだと言いたくなりますなw





DX超合金 YF-29B パーツィバル(ロッド機)38





スコープ部分も展開し、基部を可動させられます。

そういう部分が全部収納式な辺り、相当空力に気を使った設計なのでしょう。






DX超合金 YF-29B パーツィバル(ロッド機)40




その他の付属品は、無可動の交換手首一式と、ガンポッド懸架用パーツ。

従来のデュランダルバルキリーでは懸架用パーツがいらなかったのですが、ガンポッドへ銃剣が付いた為、より正確に正面を向かせて装着させる為の補助が必要になったとか。

無くても懸架は可能ですが、しっかり前を向かないので使用するのがかと。

手首に関しては、可動手首で十分と判断した為完全に未使用です。






DX超合金 YF-29B パーツィバル(ロッド機)39






専用台座を使用して。

専用だけあって、クッソ重い機体を各形態でしっかりと保持してくれます。





DX超合金 YF-29B パーツィバル(ロッド機)41




最後はガンポッドを構えて。

以上、初めてDX超合金のバルキリーに触れましたが、中々凄いアイテムでした。

緻密な造形に、要所要所に使用された金属パーツが充実した重量感を与えてくれます。

確かにこれは、お高いだけあるなと感じさせられました。

カラーリングも自分好みだったので満足です。

ネットで言われている様な不具合も無かったので、一安心。






(`・ω・´)






バンダイの底力を感じさせられたこのデュランダルバルキリーですが、残念な所もちらほら





DX超合金 YF-29B パーツィバル(ロッド機)44




まず、この頭部の軟質素材で出来たレーザー砲がしっかり立たないのが問題です。

治してもふにゃりと曲がり、手が付けられません

破損対策なのは分かるのですが、出来れば硬質のモノと交換出来る様にして欲しかったですね。






DX超合金 YF-29B パーツィバル(ロッド機)43





次の問題は肩の装甲

何と言うか、結構ポロリし易いです。

気が付いたら落っこちている事も多く、ここの保持もどうにかならんかったのかと思いました。

恐らくは、これも破損や塗装剥げ対策に外れやすい様にしてるのでしょうが。





DX超合金 YF-29B パーツィバル(ロッド機)45






で、前述した腰の部分

腰が前に引き出せるのに気付かないと、足が殆ど上がらず難儀する事に。

引き出していないこの状態では、どう足掻いても補助翼と干渉します。

説明書の解説では非常に構造が分かり辛いので、少し考慮してくれたらなぁと思いました。

後、引き出した部分の保持がちょっと弱めなので、うっかり戻してしまう事もしばしば。

ここの保持も、もう少し強めにして欲しかったですね。

画像の大部分が戻ったままで撮影されているのに気付いて、真っ青になったのは秘密です。








DX超合金 YF-29B パーツィバル(ロッド機)46



それと、主翼ユニットが固定されない仕様もどうかと。

傾けた程度では開きませんが、手で動かすと軽々と開いてしまいます。

ここはジョイントなりなんなりで固定出来る様にするべきだと思うのですが、構造上無理なんですかねぇ。

最後に、やはり非常に変形難易度が高いのが気になります。

マジで立体パズルに近い変形なので、一つ変形させるのも一苦労

購入した当時、ガウォークにすら変形させるのが面倒臭かったのは私だけでしょうか?

しかも、変形させたらさせたで、一ヶ月程バトロイドのまま放置されていた経緯あり。

で、レビューの為にまたファイターに戻すのに小一時間四苦八苦するというね。

もう少し、難易度が下がらないかなぁと思ってみたり。

まあ、ブラックナイトグリムロック程面倒じゃないですが。





(´ε`;)ウーン…






とは言え、総合的な出来は良いと感じました。

リアルなディテールに、極限まで練られた可動

これまでの技術蓄積が、ここに生きています。

後は個体差さえ無ければ、何処に出しても恥ずかしくないナイスアイテムかと。

値崩れした今が入手のチャンスなので、バルキリーが欲しいけど高い!と考えている方にオススメします。

単体でのプレイバリューが高いので、例えスーパーパックが無くても何とかなりそうなのがミソ。

でも、そろそろパーツィバル用スーパーパックも用意して貰いたいモノですね。

やはり、これが無いと完璧と言えない気がしますので。






DX超合金 YF-29B パーツィバル(ロッド機)42



最後は恒例(?)の後ろ振り向き姿で。

これまでのロボとは、また違った良さがありますな。





次回の木曜日は、買ったモノかガンプラのレビューになる予定。



( ´ー`)フゥー...

theme : 玩具レビュー
genre : 趣味・実用

comment

Secret

プロフィール

Kivagami

Author:Kivagami
玩具とネトゲ、そして仮面ライダーを始めとする特撮をこよなく愛する孤高人。
中でも悪のライバルキャラとか六人目とかに目が無い。
特撮系イケメンも好き。
クールガイなら尚大好物。
うさぎを始めとする小動物も好き。
現在、14匹の小動物に囲まれてお世話に奔走する日々。

現在ネトゲ流離い人、定住&安住の地を求めて旅は続く模様。
永遠の孤独(ソロ)という、非常にありがたくない称号を持っているらしい…?

注1:基本的にリンクフリー&トラックバックフリーですが、当ブログのテーマとかけ離れ過ぎな場合は削除しますのでご了承下さい。

注2:当ブログの趣旨は基本ツッコミですが、それに加えて「良いモノは良い、悪いモノは悪い」とはっきり述べるレビューブログでもあります。
決してモノを叩くのが趣旨のブログではありません。

注3:コメントの書き込みは基本的に歓迎いたしますが…
当ブログの趣旨を理解頂けていない書き込みだったり、明らかな捨てハンだった場合は警告無視とみなし、削除対象となる事を明記させて頂きます。
コメントをなさる時は、よく内容を吟味なされた上、ちゃんと名乗って頂ける様お願い申し上げます。
特に悪質な狂信者や荒らしだと判断した場合、通報及びアクセス禁止などの手段を執る事もありますので、その点を良くご理解下さいませ。

注4:最近ソフトバンクの携帯からの荒らしコメが良く来るので、一時的にアクセス不能にしてあります。
なのでお手数ですが、それ以外かPCからのアクセスをお願い致します。

注5:このブログに使用されている文章及び画像の無断使用を禁じます。

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

UNIQLO CALENDAR

里親募集WhiteCat

小動物図鑑

リンク

RSSフィード