10
2
4
6
7
9
11
13
14
16
18
20
21
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

HGFC シャイニングガンダムレビューもどき。

今回は、ようやく完成したHGFC「シャイニングガンダム」のレビューです。

HGFC シャイニングガンダム4




と言っても、ガラリと設定と仕様を変更していますが。

この機体は、ギアナ高地に置き去りにされたシャイニングガンダムを、ネオホンコンが回収した後、改修及び改造を施したガンダムという設定になっています。

マスターアジアの予備機としての性質も持つ為、カラーリングはマスターガンダムに準じたモノに。

更に常時スーパーモードを展開する為に、徹底的な強化改造が施される予定でした。

が、このプランを推進していた某盟主が行方不明になった為、計画は頓挫

機体もネオジャパンに返還された為、と化してしまった…と言った感じですね。

ありがちな俺設定はさておき、レビューを始めましょう。





HGFC シャイニングガンダム7





ご覧の通り、カラーリングは黒と赤がメインになっています。

コンセプトが「悪堕ちしたシャイニングガンダム」なので、結構徹底的にイメージを変更しました。





HGFC シャイニングガンダム6







黒と赤はそれぞれ2色ずつ使い分けており、そこそこメリハリが付いた感じになっていると思います。

金色も内部と露出した部分で違う色合いのモノを使用し、違いを演出




HGFC シャイニングガンダム5




常時スーパーモードの設定なので、ノーマルモードは存在しません

一応パーツ処理などはやっていますが、公開するまでもないと判断して割愛

また、ビームソードも使用する予定が無いので、懸架用のサイドアーマーパーツは使用せず






HGFC シャイニングガンダム3







デカールはうるさくない程度に貼り付けたつもりですが、ちょっと多かったかも。

ちなみに、関節まで塗装しているので、これが本当の意味での初全塗装ガンプラと言う事に。

これまでは、関節だけそのままでしたので。





HGFC シャイニングガンダム2




コアランダーが無いと、後ろはすっきりですね。

腰回りのアーマーは、全て裏をエポキシパテで塞いで肉厚に仕上げています。





HGFC シャイニングガンダム1




アンテナもフラッグを切り落とし、少し削っています。

胸のクリアパーツはクリアレッドで塗装し、付属の銀色のシールを貼り付けましたが、ちょっと色が濃すぎたかも。

目は奥まって見えにくいですが、緑ではなくメタリックレッドで塗装。

何と言うか、悪のガンダムって赤い目をしているイメージがあるんですよね。






HGFC シャイニングガンダム10




可動に関しては、古いキットながらそこそこな感じ。

肘は二重関節ですし、今のモノと比べても遜色はあまり無かったですね。

ただ、ちょっと首周りは窮屈だったかも。

構造上、俯くのが苦手っぽい?






HGFC シャイニングガンダム9




腰は基本に忠実な二重構造になっており、過不足無く回ります





HGFC シャイニングガンダム8





足も最近のガンプラと然程変わりは無く、可動も良好

ほぼ完成された域に達していると見ていいかも。




HGFC シャイニングガンダム11





コアランダーを装着

一応塗装して、つや消しスプレーを吹いていますが、使用予定が無い為デカールは貼っていません。

本体はメタリックブラックで、スラスターはガンメタで塗装しています。




HGFC シャイニングガンダム13




ファイティングポーズで。

良く動くので、ポージングが捗ります

通常のハンドパーツはガンメタ塗装




HGFC シャイニングガンダム12




ハイキックで。

股間にはお馴染みのスタンド用ジョイントが完備されているので、浮かせるのも簡単

キットが軽いので、とてもでした。





HGFC シャイニングガンダム14




全体の黒はメタリックブラックですが、二の腕や太腿などはつや消しブラックで塗装しています。

また、目立つ肩やアンテナの赤などはメタリックレッドですが、腹や口元などはフラットレッドで変化を付けました。




HGFC シャイニングガンダム15




2本のビームソードを装備。

使用予定はありませんが、一応クリアパープルで塗装してあります。





HGFC シャイニングガンダム17




かなり刃が長大なので、撮影にも一苦労

拳を分解しなくても何とか持たせられますが、塗膜を削るのでご注意を。





HGFC シャイニングガンダム16




ビームソードを振りかぶって

シャイニングガンダムには、ビームソードを使用した技が無かったのが残念です。

全部シャイニングフィンガーソードに持っていかれた感が。

畜生!全部持ってかれた!





HGFC シャイニングガンダム20




邪悪な色に染まったシャイニングフィンガー

設定上はダークネスフィンガーと同等としています。

「俺のこの手が腐って臭う!お前をかもせと罵り喚く!喰らえ!必殺!デッドシャイニングフィンガー!!」




HGFC シャイニングガンダム19



塗装はソード同様にクリアパープルで行い、更に透明クリアを塗って光沢を出しています。

仕上げも光沢スプレーで行いましたが、思ったよりテカってくれなかった感が。





HGFC シャイニングガンダム18




敵を腐らせる恐怖の一撃。

これを喰らった敵は、漏れ無くDG細胞に感染する特典が付いてきますw





HGFC シャイニングガンダム22





でかいシャイニングフィンガーも一応塗装。

結構面白い趣向のパーツなんですが、あまり採用されていない様で残念。





HGFC シャイニングガンダム21




こんな感じで撮ると、シャイニングフィンガーの迫力が増すので結構良いですな。

アニメの場面を再現するのは丁度良いかと。





HGFC シャイニングガンダム25





そしてシャイニングフィンガーソード…なんですが、何か違いますよね。

なんつーか、凄く貧弱です…。

貧弱貧弱ゥ!





HGFC シャイニングガンダム24



結構長大なんですが、兎に角薄っぺらいんですよ。

しかも拳を分解しないと付けられないし、使い辛い印象ががが。






HGFC シャイニングガンダム23




取り敢えず振り上げてみましたが、アニメ版のあの迫力は無し。

このイメージの全然違うシャイニングフィンガーソード、一体誰が企画したんでしょうね?

喰らえ!悪と!破滅と!哀しみの!シャイニングフィンガー!ケツ!ケツ!ケツゥゥゥゥ!!(ホモかな?)






HGFC シャイニングガンダム28



ROBOT魂マスターガンダムと共に。

カラーリングが近いので、とても統一感があります。





HGFC シャイニングガンダム27



師弟並んでダブルフィンガー

ドモンがマスターアジアに付いていたら、こんな事もあったかも知れませんな。






HGFC シャイニングガンダム26





以上、色々遊んでみたシャイニングガンダム。

好き勝手な俺設定で弄るのが、どんどん楽しくなって来ましたw

後はプレバン限定で発売された紫の炎があればもっとイメージに近くなったのですが、入手に失敗;

一部表面処理が上手く行ってない所もありますが、まあ練習過程の代物なのでご容赦下さいませ。

何とも、ガンプラ道は遠く果てしないです。





(`・ω・´)






古いキットにしては出来の良いシャイニングガンダムですが、欠点もちらほら






HGFC シャイニングガンダム30




まず、ウイングゼロの如く腰がポロリし易いです。

腰を回すと、大概ポロリと行くのが困り者。

この欠点、比較的最近のキットでもしばしばあるので、何とかして欲しい所。





HGFC シャイニングガンダム29




そして、有名な欠点ですが、スーパーモード時のふくらはぎのカバー固定が物凄く不安定です。

触れたら即ポロリなので、物凄く気を使うんですよね。

ここの固定方法も、もう少し考えて欲しかったかも。

ちなみに見えてませんが、ふくらはぎ内部のスラスターはピンバイスで開口、内側を黒で塗装済みです。






HGFC シャイニングガンダム33





更に、太腿から足が抜け易く感じました。

気が付いたら緩んでポロリするので、ここは調整が必要でしょう。

心持ち少し太らせておくと、かっちりするのではないかと。





HGFC シャイニングガンダム32




最後に、やはりこのシャイニングフィンガーソードもどきがどうにも気になってなりません。

全くイメージが違うので、困惑した方も多いかと。

正直、別のキットにオリジナル武装として回した方が良さそう

まあ、ROBOT魂みたいに全く付属しないよりはマシですが。

そのせいか、ROBOT魂版シャイニングガンダムは絶賛価格暴落中。






(´・ω・`)





とは言え、古いキットながらかなり頑張っている感があるので、シャイニングガンダム好きなら買って損は無い逸品。

少なくとも、ROBOT魂版を買う位なら、こちらをオススメします。

何しろ安いので、好き勝手に改造したり色替えしたり出来るのが良い所。






(゚д゚)(。_。)(゚д゚)(。_。) ウンウン







HGFC シャイニングガンダム31



最後は恒例(?)の後ろ振り向き姿で。

コアランダーは別のバックパックと交換予定ですが、これはこれで良い感じですな。



次回の木曜日は、ちょいと面倒な代物のレビュー予定。

今から少し憂鬱かも?




( ´ー`)フゥー...

theme : ガンプラ制作
genre : 趣味・実用

comment

Secret

プロフィール

Kivagami

Author:Kivagami
玩具とネトゲ、そして仮面ライダーを始めとする特撮をこよなく愛する孤高人。
中でも悪のライバルキャラとか六人目とかに目が無い。
特撮系イケメンも好き。
クールガイなら尚大好物。
うさぎを始めとする小動物も好き。
現在、14匹の小動物に囲まれてお世話に奔走する日々。

現在ネトゲ流離い人、定住&安住の地を求めて旅は続く模様。
永遠の孤独(ソロ)という、非常にありがたくない称号を持っているらしい…?

注1:基本的にリンクフリー&トラックバックフリーですが、当ブログのテーマとかけ離れ過ぎな場合は削除しますのでご了承下さい。

注2:当ブログの趣旨は基本ツッコミですが、それに加えて「良いモノは良い、悪いモノは悪い」とはっきり述べるレビューブログでもあります。
決してモノを叩くのが趣旨のブログではありません。

注3:コメントの書き込みは基本的に歓迎いたしますが…
当ブログの趣旨を理解頂けていない書き込みだったり、明らかな捨てハンだった場合は警告無視とみなし、削除対象となる事を明記させて頂きます。
コメントをなさる時は、よく内容を吟味なされた上、ちゃんと名乗って頂ける様お願い申し上げます。
特に悪質な狂信者や荒らしだと判断した場合、通報及びアクセス禁止などの手段を執る事もありますので、その点を良くご理解下さいませ。

注4:最近ソフトバンクの携帯からの荒らしコメが良く来るので、一時的にアクセス不能にしてあります。
なのでお手数ですが、それ以外かPCからのアクセスをお願い致します。

注5:このブログに使用されている文章及び画像の無断使用を禁じます。

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

UNIQLO CALENDAR

里親募集WhiteCat

小動物図鑑

リンク

RSSフィード