05
1
3
5
6
8
10
12
13
15
17
19
20
22
24
25
26
27
28
29
30
31
   

今週の仮面ライダーゴースト&動物戦隊ジュウオウジャー。

恒例の仮面ライダーゴースト 第18話「逆転!神秘な科学!

動物戦隊ジュウオウジャー 第1話「どきどき動物ランド

感想です。




まずジュウオウジャー

1話としては、ほぼ理想的な感じだったと思います。


今回の敵は宇宙のならず者集団「デスガリアン

決してハムスターではない。

何となくバルバンを彷彿とさせますが、こいつらはもっと質が悪いです。

目的は何とゲーム!

生物を無意味にいたぶるゲームを最高の娯楽としており、今まで99個の惑星を滅ぼして来たんだそうで。

銀帝軍ゾーンの999個にはまるで及びませんが。

邪悪さにおいては、中々の逸材と言っていいかと。

デスガリアンの特徴としては、既にトップがちゃんといる事でしょう。

最近のラスボスは寝ている事が多いのですが、かっては普通に最初からいる事の方が多かったのです。

そのボスが「オーナー」と呼ばれている事から、何らかの商売に関わっている可能性がありますな。

更に戦闘機で大暴れする辺りも昔の戦隊チックな感じですし、まさに原点回帰がテーマになっている感が。

今まで新しい事をやろうとして滑りまくっていたので、ある意味当然の流れと言えます。

まだメンバーの個性は良く分かりませんが、最後まで盛り上げてくれる事を期待したい所。

巨大化は「コンティニューメダル」と呼ばれるアイテムを、斃れたメンバーに投入する事で行われます。

何と言うか、本当に「ゲーム感覚」なんですね。






一方、戦隊はレッド以外が全員人間外と、非常に珍しい構成になっています。

敢えて言えばタイムレンジャーに近い構成ですが、あれもシオン以外は全員人間でしたしねぇ。

レッドは当然ながら「選ばれし存在」であり、それ故にキューブを託されたと思われ。

他の連中は別の世界「ジューマンランド」の住民であり、特に人間界とも交流がありませんでした。

まともに故郷を描写すらしなかったゴセイジャーとは違い、ジューマンランドはしっかりと描写が為されていて良かったです。

こういう描写を省くと、世界観が矮小になるんですよね。

が、大和がやって来た事で状況は激変

しかも大和の持っていたキューブが盗難品だと言う事で、妙な誤解が発生しています。

実際に盗んだのはなのか、今の所まるで不明ですが。

選ばれたジューマン達は、地球を蹂躙するデスガリアンに憤慨し、初変身を試みます。

しかし敵のリーダーは強く、あっさり転がされる4人。

そこで大和がまさかの変身を行い、凄まじい戦闘能力で飛ぶ敵を撃墜し、リーダーを蛇腹剣イーグライザーでフルボッコにします。

モチーフが鳥だったのは、キューブをくれた相手が鳥のジューマンだったからだそうで…トリンかな?

他の連中が専用武器を使えない中、一人だけ使っちゃう辺りもスペシャルだからでしょう。

巨大化した相手には、奇天烈な変形と姿で話題だったジュウオウキングで対応。

今回のモチーフは動物+ドット+キューブだそうで、デザインには全てそれが適用されています。

しかし、マシンは5機あるのに、合体出来たのは3機だけ

素で2機余っている訳ですが、これも戦隊史上初と思われ

※欄で指摘があった様に、このパターンはすでにキョウリュウジンという先駆者が居ました。

合体パターンは違いますが、3機合体の2機余りはキョウリュウジンが最初で問題無さそう。

ゴーオンジャーのロボも似ていますが、余ったロボだけではエンジンオーに合体出来ないので別口。

この2機、いつ合体出来る様になるんでしょうか。

それとも、キューブの組み合わせを入れ替えてフォームチェンジ的な事が出来るとか?

今回のジュウオウキングには1・2・3のナンバーが振ってありましたし、その可能性は

ゲッターロボみたいに入れ替えて別ものになるとかだったら、かなり楽しいと思います。

四角いマシンが積み重なって変形する様は、非常に新しい感じを受けました。

ジュウオウキング自体は非常に強く、巨大化した敵はあえなく斬殺されています。

で、敵を撃退したのは良いのですが、移動用のキューブが破損した事により帰還出来なくなる羽目に。

仕方無いので大和が面倒を見る事になりましたが、グリーンが早くも離反してしまいました。

どうやら、まだ大和が盗賊だと勘違いしているっぽいですね。

果たして、誤解は解けるのでしょうか。




次回、早速グリーンことタスクが問題を起こす事に。

楽しみに待ちましょうか。




次は仮面ライダーゴースト

[悲報]マコト兄ちゃん、ヒロイン扱い



タケルは、ようやくニュートン眼魂が何故逃げているのかを知る事に。

ヒミコゴーストによると、神秘と相容れない為に拒否反応を起こしているそうで。

晩年はオカルトに傾倒していたエジソン辺りは気にしなさそうですが、ニュートンってそんな科学万能主義者でしたっけ?

それはそれとして、また妙な霧を起こして魂を刈り取る眼魔スペリング・ナイフと化したイゴールが出現。

しかし、タケルが突如眼魔の世界にすっ飛ばされた為、御成と科学女が対応する羽目に。

一方のタケルは荒涼とした眼魔の世界に愕然とするばかり。

戻って来たら来たで、洗脳されたスペクターとやりあう事になったりと散々です。

その後、眼魔スペリオル・ナイフと交戦しますが、ヒミコ眼魂の力が通用せず苦戦。

どうもイゴールは、一度交戦したを徹底解析して対処する厄介な相手な模様。

そこで何とかニュートンの力を借り、科学と神秘のパワーを合わせて眼魔スペリオル・ナイフの撃破に成功しました。

が、ジャベルとは違い、自身にナイフ眼魔を重ねていたおかげか、イゴールは無事

余裕綽々と言った感じで引き上げて行きます。

脳筋ジャベルとは違い、厄介な敵であるイゴールに、不安を隠せないタケル。

マコトがあの状態だけに、今のタケルは敵だらけなんですよねぇ。

それでも、眼魔とも分かり合う事を諦めない辺り、中々の頑固者です。

まあ、相手を良く知ろうとする事は、悪い事ではないですしね。





(゚д゚)(。_。)(゚д゚)(。_。) ウンウン





マコトは引き続き乗っ取られ状態ですが、今回は回想シーンでの出番がありました。

子供の頃に眼魔の世界に迷い込んだ兄妹は、奇跡的に眼魔に保護されます。

マコトは成長した後、アランの戦闘訓練相手として交流していた様で。

この辺りに、アランがマコトに執着する理由がありそう。

そして御成は、絆創膏だらけのボロボロ状態ながら、タケルの代わりに科学女と共に眼魔に挑む事に。

ですが、科学女を庇って斬られ、魂を抜かれてしまいました。

無茶をやるものだと思いましたが、その勇気は讃えられて然るべきでしょう。

科学女は前回の反省を元に武器を改良し、御成と共に眼魔に挑みます。

が、最初の一撃はイマイチで、しかも御成が自分の代わりに倒される事に。

ブチ切れた彼女が放った一撃は、何と眼魔スペリオル・ナイフに痛打を与えます。

眼魔スペリオル・ナイフ自身も全く理解できないダメージだったそうですが、やはり気迫みたいなモノが威力の増大に関わっているのでしょうか。

次回辺りで、その理由を解明して貰いたいモノです。

上手く行けば、眼魔コマンド程度なら片付けられる武器が出来そうですし。





(`・ω・´)




カノンは、よりによって兄を拐かした相手に兄の捜索をお願いするという抜けた行動を取ってしまいます。

まあ、想像外だったのでしょうが、ちょっと迂闊ですな。

しかもタケルが現れた事で、それが速攻でバレ、彼女もアランの所業を知る事に。

もしかしたら、マコトとカノンの存在が、アランを変えるかも知れませんね。

だって、アランって眼魔の世界では孤立している感じでしたし。





で、ぼっち疑惑がいよいよ深まって来たアラン。

ジャベルもイゴールも兄の手駒であり、自身の手駒はゼロと言っていいかと。

心を許せたのはマコトとカノンだけであり、相当疎外感を味わっていた模様。

恐らくは、あの兄の存在が強すぎて、大した存在として見て貰えてない感じがします。

メガウルオウダーを持ち出したのも、誰も信用出来なかったからでしょうし。

カノンに誘拐がバレてからも、マコトを手放さないアラン。

挙句の果てに出会った時の事を回想しだす辺り、眼魔の世界に味方がいなさそう

タケルがつけ込む隙は、十分ありそうです。





'`,、('∀`) '`,、





イゴールは、自ら魂を集める為に行動を開始。

こいつの所業も未だ何を狙っているのか不明ですが、何にせよ沢山の魂が必要なのは確かでしょう。

一応今回撃退はされたものの、ナイフ眼魔を切り離す事で危機を回避

なるほど、伊達にジャベルの後釜に居座っている訳では無さそうです。

一度見た攻撃を解析して無効化したりするなど、厄介さが増したイゴール。

早めに始末しておかないと、面倒な事になりそう。




(;´Д`)






戦闘では、いきなりヒミコ眼魂が敗れるという異変が起きています。

前回で「眼魔を狩るのに特化した能力持ち」と分析しましたが、まさかそれを無効化するとは思わずびっくり。

ニュートン眼魂の協力が無ければ、負けていたかもですな。

イゴールの能力がどこまで及ぶかは分かりませんが、全ての眼魂を見切られる前に始末しておきたい所。

しかし、メガウルオウダーを作ったのはイゴールである可能性が浮上して来ましたな。

と言うのも、自身がメガウルオウダーっぽいアイテムを使用していたからですが。

まあ、解析して使いやすい廉価版を作っただけという可能性もあります。

何にせよ、仙人が作ったモノではない事は確定でしょうか。




次回、友好的な眼魔が出現?

愉しみに待つとしましょう。




( ´ー`)フゥー...

theme : 仮面ライダーゴースト
genre : テレビ・ラジオ

comment

No title

キョウリュウジンも三体合体で二体余ってませんでしたか?

No title

>Z様。

コメントありがとうございますv

そういえばそうでした!ご指摘助かります。
あまりにも姿が違いすぎるので、結びつけるのに時間がかかりました。
キョウリュウジンでは腕の2体をその都度入れ替えてましたが、ジュウオウキングでは体そのものを入れ替える様ですね。
これからの展開が楽しみです。

燃やせ、燃やせ、怒りを燃やせ

ジュウオウジャーを観て、ダイナミックプロの「獣神ライガー」を連想してしまいました。

キューブ型オブジェが動物型ロボットに変形して、さらに合体してロボになるというのは「ゴールドライタン」や「ウルトラマンガイア」など、バンダイ名物「バナナの皮むき変形」を継承し、さらに一歩進めたのかな。

No title

>すーぱーぺるる様。

コメントありがとうございますv

ああ、確かに感じが似てますね。
動物モチーフはとでも多いので、何処かで似てしまうのも仕方無いかと。

キューブ型オブジェ変形合体は、ネットでは格好悪いという事で不評ですが、アイデアとしては秀逸だと思います。
積み木の組み換え感覚で簡単に合体出来て、入れ替えも自由なので、知育玩具的な遊び方が可能ですし。
完全にギミック重視にしたので、実際に遊ぶ子供さんの方は結構楽しめそうですね。
Secret

プロフィール

Kivagami

Author:Kivagami
玩具とネトゲ、そして仮面ライダーを始めとする特撮をこよなく愛する孤高人。
中でも悪のライバルキャラとか六人目とかに目が無い。
特撮系イケメンも好き。
クールガイなら尚大好物。
うさぎを始めとする小動物も好き。
現在、19匹の小動物に囲まれてお世話に奔走する日々。

現在ネトゲ流離い人、定住&安住の地を求めて旅は続く模様。
永遠の孤独(ソロ)という、非常にありがたくない称号を持っているらしい…?

注1:基本的にリンクフリー&トラックバックフリーですが、当ブログのテーマとかけ離れ過ぎな場合は削除しますのでご了承下さい。

注2:当ブログの趣旨は基本ツッコミですが、それに加えて「良いモノは良い、悪いモノは悪い」とはっきり述べるレビューブログでもあります。
決してモノを叩くのが趣旨のブログではありません。

注3:コメントの書き込みは基本的に歓迎いたしますが…
当ブログの趣旨を理解頂けていない書き込みだったり、明らかな捨てハンだった場合は警告無視とみなし、削除対象となる事を明記させて頂きます。
コメントをなさる時は、よく内容を吟味なされた上、ちゃんと名乗って頂ける様お願い申し上げます。
特に悪質な狂信者や荒らしだと判断した場合、通報及びアクセス禁止などの手段を執る事もありますので、その点を良くご理解下さいませ。

注4:最近ソフトバンクの携帯からの荒らしコメが良く来るので、一時的にアクセス不能にしてあります。
なのでお手数ですが、それ以外かPCからのアクセスをお願い致します。

注5:このブログに使用されている文章及び画像の無断使用を禁じます。

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

UNIQLO CALENDAR

里親募集WhiteCat

小動物図鑑

リンク

RSSフィード