07
1
3
5
7
8
10
12
14
15
17
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

今週の機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ。

恒例の鉄血のオルフェンズ ♯24「未来の報酬

感想です。




何とも、凄まじいとしか言い様が無い回でした。

と言うか、いきなり戦闘三日目の描写で驚いた人も多そう

尺が足りないのは分かるんですが、やはりぶっ飛ばし過ぎな感が。



ミカは、後方で迫り来るギャラルホルンのMS隊と交戦中

都市部には入れなくても、周囲からは襲って来るんですな。

練度は鉄華団の方がですが、数ではギャラルホルンが圧倒的有利

ミカを含むMSパイロットの面々は、疲弊を隠し切れません。

敵の撤退に合わせて一時は一息付けるものの、状況は依然最悪のまま。

蒔苗氏が間に合わなければ作戦の意味がない、と言う訳でオルガが最終作戦を決意しました。

既にオルガに命のチップを賭けていたミカは、マイペースで敵陣に突撃

まだ準備が出来ていない敵を叩く得意の戦法でイニシアティブを取りますが、そこにお邪魔虫が降臨。

そう、ガエリオロボアインです。

最早何の大義を以ってに戦っているかも良く分からんこいつらですが、邪魔だけはきっちりして来るのが困り者

ミカはガエリオと交戦する事になりますが、周囲の問題が気になって集中出来ない有様。

それでも、互角以上にやりあう辺りは流石ですね。

この小競り合いの後、市街地に乱入し殺人マシーンと化したロボアインを間一髪で止めたミカ。

未だフラグクラッシャーミカ健在なり。

行くぞ。バルバトス!

クーデリア達を守ったミカは、改めてロボアインとの戦闘に望みます。

完全に人間辞めてしまったアインを、ミカはどう攻略するのか。

取り敢えず、生かして還してはいけない相手なのは確かです。






(; ・`д・´)






オルガは自らMWで指揮を執りますが、思う様に敵の防衛網を抜けず苦戦

ギャラルホルン内部の諍いが無ければ、もっと苦労していたでしょう。

弾薬もそろそろヤバくなって来た所に、タイムリミットも近いともう踏んだり蹴ったり

そこでオルガは、最終作戦に打って出ます。

囮部隊で敵の大半を引き付け、自分達は少数精鋭で町に乗り込み蒔苗氏をデリバリー

それが、オルガに考え付く事が出来た唯一の作戦でした。

聞こえるか?ミカ。今から最後の攻撃に出る。かなり危険な賭けになる。どうしたってそれなりの被害は避けられねぇ。あいつらにそいつを押しつけなきゃならねぇんだ…

苦渋の決断をせざるを得ないオルガに、ミカが返します

俺はもうオルガに賭けてるよ。最初のあの日から。俺だけじゃないよ。みんなだってそうだ。みんなオルガに賭けてる。だからオルガも賭けてみなよ、俺達に。鉄華団のみんなに

淡々とした口調ですが、その表情はとても優しいモノでした。

ミカの言葉に後押しされたオルガは、最終作戦を開始する事を公表

正直無茶な作戦だ。だが目的を達成するために、今俺が考えられる唯一の手だ。もしこの作戦に乗れねぇんなら、負傷した奴らと一緒に退いてくれて構わねぇ。けど乗ってくれるなら…お前らの命って名前のチップを、この作戦に賭けてくれ!

負傷者はメリビットと共に脱出させる事を明言しつつ、壮大な作戦をぶち上げるオルガ。

当然ながら、良識派メリビットは即座に反論

ふざけないで!囮になる?命を賭ける?この子達を死なせたいの!?

メリビットさん、良い人なんだけどまるで時流が読めていない気が。

しかしオルガはその反論を予想していた様で、淡々と言葉を返します

俺達は命を金と引き換えにして生きてきた。それはこの仕事を始めた時から…いや生まれた時からか。ただな。俺達一人一人の命は、自分が死んじまった時点で終わる消耗品じゃねぇんだ!鉄華団がある限りな!ここまでの道で死んでった奴らがいる。あいつらの命は無駄になんてなってねぇ!あいつらの命もチップとしてこの戦いに賭ける。いくつもの命を賭けるごとに、俺達が手に入れられる報酬…未来がでかくなってく。俺ら一人一人の命が、残った他の奴らの未来のために使われるんだ!

全てを吐き出すかの様なオルガの言葉に、団員達が次々と呼応

うん。今まではなんとなく俺らは遠くないうちに死ぬんだろうなって思ってた。でも俺らの誰かが死んだとしても、それで鉄華団が見れる未来がでっかくなっていく。俺らの誰かが死んだとしても、残った奴らはその分笑える

みんなの意見を代弁するかの様にタカキが言いました。

そのには、ビスケットのであろう帽子が。

そうだ。誰が死んで誰が生き残るかは関係ねぇ。俺達は一つだ。俺達は家族なんだ。鉄華団の未来のためにお前らの命を賭けてくれ!

堪らず泣き崩れるメリビットを尻目に、オルガの演説は終了

行くぞお前ら!

オルガの号令と共に、作戦は粛々と開始されたのです。

当初は囮部隊の苦戦で中々動けなかったオルガですが、ユージン達が増援に現れた事で事態が急変

敵をユージン達に任せ、MWと装甲トラックで市内へ突入しました。

戦力が集中している隙を突く形なので、上手く辿り着けるかと思われたのですが、突然町中の電力供給がダウン。

それと同時に、漆黒の悪魔ことグレイズアインが降臨。

この異変は、グレイズアインのリアクターによる影響だったのです。

そりゃ、MSの乗り入れが制限される訳ですな。

飛び出したクーデリアをアインが殺害しようとし、それをアトラが庇った時、ミカが到着

吹っ飛んだクーデリアとアトラは、オルガがなんとか確保しました。

そうだよな。お前が俺達をこんな所で終わらせてくれるはずがねぇ。なあ?ミカ

機械の怪物に立ち向かうミカの背中に、そう語りかけるオルガ。

まだまだ、鉄華団は終わりません






(`・ω・´)







シノと昭宏は、押し寄せるギャラルホルンのMSに辟易

それでも阿頼耶識のアドバンテージのお陰で戦闘を有利に進めますが、そこに「鉄華団絶対殺すマシーン」ことグレイズアインが出現

あっという間にアジーとラフタが倒され、シノも粘着されてボコボコに。

パイルバンカーで顔面を砕かれ、更にコクピットハッチも引きちぎられた流星号。

シノの安否や如何に?

昭宏の方は破滅的ダメージこそ免れますが、雑魚掃討に手間取って他に手が回らない状態です。

本来ならミカの次に接近戦最強なはずなんですが、イマイチ活かしきれていない印象が。

そして、意外だったのがユージン達の増援。

しかも、ブルワーズで仲間にした少年兵達も一緒と来たもんだ。

ここぞと言う所で頼りになる男ユージン。

今回もギリギリながら、良いタイミングで来てくれました。

3日もあれば、降りてきて準備する暇はあろうと言うモノ。

これでMWの方は数の不利が解消されたので、なんとか保ちそうな感が。

タカキは、ビスケットの後を継ぐかの様に今回はオルガのMWの操縦を担当。

ビスケットに続いて死なない事を祈るばかり

他にも年少組がほぼ全員前線送りと、非常にキッツぃ事になっています。

ヤマギはまだ非戦闘員だから良いとしても、ライドがそろそろヤバそう

何とか生き延びてくれればいいのですが。







(´ε`;)ウーン…







クーデリアは、気丈に振る舞う事を徹底している印象ですね。

それでいて、蒔苗氏のうっかり発言を厳しく戒める事も忘れません。

更には殺人マシーンと化したアインにも臆する事無く、堂々と名乗り出ています。

何と言うか、フミタン亡き後、完全に振り切ってしまった感が。

全て…振り切るぜ!

最早、彼女には前進あるのみなんでしょう。

一方アトラは、雑務が厳し過ぎてまともに休めない状態に。

怪我人の治療及び世話に食事と、そんじょそこらのブラック企業が逃げ出す勢いです。

そんな状態でも立ち向かう事を忘れない彼女は、クーデリアと蒔苗氏を運ぶ車の運転手にも志願。

人材不足ここに極まれりと言った感じですが、これも仕方の無い事。

どうせクーデリアとオルガが殺られたら終わりなんですし、一緒の方がまだ安全でしょう。

ですが、アインに殺されかけたクーデリアを庇うなど、兎に角無茶が目立ちます。

死に急ぐ事無く、無事生き残って欲しいと切実に感じました。

そして、もう崩壊寸前なのがメリビット。

完全に今の状態に着いて来れず、最早混乱の極みにあります。

違う…そうじゃない。家族っていうのは…こんなの間違ってる!ビスケット君だってフミタンさんだってこんなの望んでない。絶対に間違ってる!

オルガの演説が終わった後、そう言いながら彼女は泣き崩れました

それに応えたのが雪之丞

ああ。間違ってるさ

その大きな手の平が、メリビットの頭に優しく置かれます。

間違ってるのに…どうしてなの?もう…何も…言えない…

彼女は無力感に打ちひしがれます。

この反応からしても、この人は本当に表の仕事しかして来なかったんだなぁとしみじみ思いました。

名瀬がメリビットを鉄華団に付けたのも、こういう現場の現実を見せて経験を積ませる意味が大きかったのかもですな。

実際、タービンズ組は特に動揺する事もありませんでしたし。

メリビットは出来る女ではありますが、この世界の最底辺が感じている過酷な現実は体験した事が無い様です。

確かにこの状況は間違っているのでしょう。

しかし、それは=鉄華団が間違っているとはなりません

に間違っているのは、子供すら容赦無く使い倒すしかないこの世界そのものです。

それを正す為、クーデリアは矢面に立って戦っている訳で。

彼女は、これをなんとか乗り越えて真の「大人の女」として覚醒して貰いたいモノ。






(;・∀・)







タービンズ組は、遂にえらい事になってしまいました。

今まで犠牲ゼロに抑えていた有能集団でしたが、ロボアイン降臨でそれが急変

まずアジーがまさかの瞬殺状態

阿頼耶識で強化されたグレイズアインの動きは、その巨大さに反して瞬速でした・・・。

漏影の頭部が完全に粉砕され、コクピットのアジーは生死不明

大量の出血が見られる為、生きていても瀕死ではないかと。

悲劇はまだ続きます

アジー!アジー返事して!なんなのよこいつ…!

アジーの沈黙を知ったラフタが襲いかかるものの、グレイズアインのドリルキックを喰らって機能停止

やはりこちらもコクピット付近に攻撃を受けており、大量の血の跡が。

…これ、どう贔屓目に見ても致命傷ですよね・・・。

鉄血ではビームで機体ドカンが無くなった分、ダメージ表現が非常に生々しいから困る。

むしろビームを喰らって爆発する方が変なんですよねぇ。車や飛行機が爆発炎上するのは燃料に引火するからですが、MSは基本液体燃料では動いてませんし。大体、アムロがビームサーベルでコクピットを貫いた時は爆発しないのに、コクピットをビームライフルで撃ち抜かれたら爆発するのがちょいと違和感。

中世に戻ったかの様な鈍器によるどつき合いがメインなんですから、こうもなろうと言うモノ。

一応まだ公式では死亡宣告が出ていませんが、ビスケットみたいに意図的に遅くする事もあるので油断なりません

特にラフタはまだ何か昭宏に対して伏線があったので、無事なのを祈るばかり






:(;゙゚'ω゚'):







蒔苗氏は、相変わらずマイペースですが、少し過激な発言でクーデリアを苛つかせる事も。

ただ、彼は彼なりにこの戦いで流れる血の量を危惧してはいる様ですが。









ギャラルホルン側は、もう恥も外聞もかなぐり捨てた猛攻を繰り出します。

堂々とアーブラウに対して軍事的干渉を行っている時点で、お察し下さい状態。

その異様さに、一般の兵からも疑問の声が上がる有様。

それでもまだ、一般の連中は上の利権を守る為のコマとは言え、命令を受けて戦っているだけマシです。

例えそれが私兵集団スレスレの行為だとしても。

問題は、最早私怨と意地で戦っているガエリオと、完全に復讐マシーンと化したアイン。

こいつらに関しては、もう擁護不能でしょう。

やらなくても良い事にわざわざを突っ込んで来て、返り討ちに遭ったら逆ギレ

ガエリオ達のやって来た事は、概ねこの一文で説明出来るから困る

ガエリオにしろ、カルタにせよ、本来なら前線などに出て来なくても良いレベルの存在です。

セブンスターズとは、そういう事でしょう。

ガエリオに至っては、今のギャラルホルンが腐っている事を自覚している訳で。

なのに、ギャラルホルンを変えるかも知れないクーデリアを、ただ捕縛する為にのみ執心する有様。

相方のマクギリスは結構あっさりクーデリアと鉄華団を利用する方へ鞍替えしましたが、ガエリオはアインと共にダメな方向へまっしぐら。

火星の人間の地獄の様な現実も、ドルトコロニーでの虐殺も見て見ぬふりし、鉄華団を襲ったのは最悪という他はありません

特にアインの執念は異常なレベルであり、それにノンポリに近かったガエリオが引っ張られた感はありますね。

しかし、マクギリスの様に行動するでも無く、腐敗を口にするだけで何もしなかったガエリオ。

この人、本当はギャラルホルンを変える気なんて無かったのでは?

ただ、漠然と「変わるといいなぁ」と思っていただけで。

今の行動も、正義を行使する己に酔い、アインの復讐を手伝うと共に自業自得で死んだカルタの敵討ちという、何の建設性も持たないモノ。

鉄華団の前に登場した時の、「お前達はここで終わりだ!」のセリフがそれを物語っています。

そもそも、終わりにしてどうするんですか?

腐ったギャラルホルンはそのままで、底辺の人間は相変わらず虐げられたままでいろと?

お前の正義とは、一体何かと今こそ(小一時間)問い正したい

某ガンダムパイロット「お前は正しいのか?」

生き延びて来られたのも運が良かっただけなのに、それを実力と勘違いしてそうなのもどうなのかと。

アインが庇わなければ、カルタより先に退場していたはず。

故に、ガエリオには最早「お邪魔虫」以外の感情を持っていません

裏で暗躍するマクギリスの手のひらの上で、ただただ踊る道化に成り果てたガエリオ。

カルタのも、鉄華団の進撃も、全てマクギリスのお膳立てだと知ったら、一体どんな顔するでしょうね?

しかも、その当人が全てに幕を下ろすべく、ガエリオの前に立ち塞がりました

どう足掻いてもガエリオに勝ち目は無さそうなんですが、ガエリオに起きる「死ぬより辛い事」と言うのは、マクギリスがこれまでの暗躍を全部ぶちまけちゃうんでしょうなぁ。

果たして、ガエリオ・ボードウィンはこのまま何も成せないまま、絶望の中で死ぬのか。

それとも、逆転ホームランがあるのか。

それは、次回の成り行き次第

で、もう完全にアカン物体と化してしまったアイン。

人機一体と言えば聞こえは良いですが、その実体はF91の鉄仮面の如くエゴが激しく強化された復讐マシーンでした。

その頭の中にはもう復讐の二文字しか存在しないらしく、クランクが元使用していたグレイズを嬉々として破壊するなど、すっかり狂ってしまった感が。

クランク二尉やりましたよ!あなたの機体を取り戻しました!

こんなセリフをのたまいながら、機体をボコボコにするシーンにはドン引きした人も多いはず。

アジーとラフタの機体も容赦無く破砕し、やりたい放題のアイン。

更には、禁止されている町中へも、無法に乱入

この事からも、既に人間としての理性が無い事が分かります。

イズナリオの根回しが全て無意味になった瞬間である。

倒れた車の中から飛び出し、生身で対峙するクーデリアを見下ろすアインは、謎の理論展開を開始。

ああこんな所にいたのですね。CGSまでお迎えに上がったのですが…こちらについてきてくださればクランク二尉が死ぬこともなかった!そもそもあなたが独立運動などと…

何かもう支離滅裂です。

ああそうかあなたのせいでクランク二尉は…その思い上がり…この私が正す!

勝手に盛り上がり、捕らえるはずのクーデリアを殺そうとする始末。

生身の人間に、MSの斧を振り上げて攻撃するという発想が出る時点で、もうアインという人間は「死んだ」と考えて良いでしょう。

ここにいるのは、かってアインだったモノの残りカスに過ぎない。

「これはもう、アインじゃない。」

そう考えると、何とも哀れとしか言い様がありません

クランク二尉もあの世で嘆いてそう。

人間としての良心すら捨てて殺人機械と化してまで、やりたかった事がただの「復讐」とは、正直泣けて来ます

たった1つの命を捨てて、生まれ変わった不気味な体。鉄の華々を叩いて砕く。アインが殺らねば誰が殺る!

後世の歴史には、革命の乙女を付け狙う狂気の殺人機械として、その存在を記されるのでしょうか。

いずれにせよ、アインに残された時間は長く無さそうです。






(´・ω:;.:...








前回に引き続き、今回も激しい戦闘回でした。

MWでの絶望的な攻防戦に、数の暴力を味わったMS戦

どれもこれも、誰が即死んでもおかしくないレベルの激戦です。

と言うか実際、3人程生死不明ですし。

こんだけやってんですから、そろそろギャラルホルン側にも相応の血を流して貰わないと帳尻が合いません

ガエリオはともかく、最早人間性を喪失したアインは、永遠に眠らせてやるのがせめてもの情けでしょう。

ハイクを詠め!カイシャクしてやる!

例え人間では無くなったとしても、人間性を失ってしまえばもう終わりな訳で。

村雨良「そうだそうだ」風祭真「んだんだ」南光太郎「ゆ"る"ざん"!」

意外だったのが、グリムゲルデの出番がまだあった事。

マクギリスはこのまま高みの見物かと思われましたが、まさか自ら出撃して来るとは思わずびっくり

恐らく、ユージン達を運んだのもマクギリスなんでしょう。

この世界の軍人は、兎に角自分で出撃しないと気が済まない人間が多い様です。

グリムゲルデのが、ガエリオの血で更に赤く染まるのか?

これはマクギリスの本気度によって変わりそう

と言うか、マクギリスって本気で戦った事無いですよね?

二期になったら本気出すとかだったら勘弁。

その本気を遂に出すのかが、次の大きな見ものでしょうか。





次回、勝者無き戦いの果てにあるものは?

粛々と待つとしましょう。




( ´ー`)フゥー...

theme : 機動戦士ガンダム 熱血のオルフェンズ
genre : アニメ・コミック

comment

Secret

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ 第24話 『未来の報酬』感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 5 (特装限定版) [Blu-ray]posted with amazlet at 16.03.22バンダイビジュアル (2016-04-22)売り上げランキング: 209Amazon.co.jpで詳細を見る  何もかもが辛くて、胸の苦しみと戦いながら見ていた24話。  でも、本当の苦しみ(主にガエリオにとって)は一番最後に待っていました…。  書...

プロフィール

Kivagami

Author:Kivagami
玩具とネトゲ、そして仮面ライダーを始めとする特撮をこよなく愛する孤高人。
中でも悪のライバルキャラとか六人目とかに目が無い。
特撮系イケメンも好き。
クールガイなら尚大好物。
うさぎを始めとする小動物も好き。
現在、19匹の小動物に囲まれてお世話に奔走する日々。

現在ネトゲ流離い人、定住&安住の地を求めて旅は続く模様。
永遠の孤独(ソロ)という、非常にありがたくない称号を持っているらしい…?

注1:基本的にリンクフリー&トラックバックフリーですが、当ブログのテーマとかけ離れ過ぎな場合は削除しますのでご了承下さい。

注2:当ブログの趣旨は基本ツッコミですが、それに加えて「良いモノは良い、悪いモノは悪い」とはっきり述べるレビューブログでもあります。
決してモノを叩くのが趣旨のブログではありません。

注3:コメントの書き込みは基本的に歓迎いたしますが…
当ブログの趣旨を理解頂けていない書き込みだったり、明らかな捨てハンだった場合は警告無視とみなし、削除対象となる事を明記させて頂きます。
コメントをなさる時は、よく内容を吟味なされた上、ちゃんと名乗って頂ける様お願い申し上げます。
特に悪質な狂信者や荒らしだと判断した場合、通報及びアクセス禁止などの手段を執る事もありますので、その点を良くご理解下さいませ。

注4:最近ソフトバンクの携帯からの荒らしコメが良く来るので、一時的にアクセス不能にしてあります。
なのでお手数ですが、それ以外かPCからのアクセスをお願い致します。

注5:このブログに使用されている文章及び画像の無断使用を禁じます。

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

UNIQLO CALENDAR

里親募集WhiteCat

小動物図鑑

リンク

RSSフィード