10
2
4
6
7
9
11
13
14
16
18
20
21
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

S.I.C.VOL.72 仮面ライダー鎧武 オレンジアームズレビューもどき。

今回はS.I.C.VOL.72「仮面ライダー鎧武 オレンジアームズ」のレビューです。


S.I.C.VOL.72 仮面ライダー鎧武 オレンジアームズ10




ウィザードに続いて、鎧武がS.I.C.に登場しました。

フォーゼェ…。

デザイン的にはドストライクだったので、迷わず予約

まずパッケージ








S.I.C.VOL.72 仮面ライダー鎧武 オレンジアームズ2








今までのシリーズと同じフォーマットですな。

外からがっちり中身が見えますが、通販では意味は無し…。

この言い回しの意味は後述。








S.I.C.VOL.72 仮面ライダー鎧武 オレンジアームズ1








裏はいつもの説明

元ネタが鎧武者だけに、それを活かしたギミックが売りです。

フルーツ要素は犠牲になったのだ…。









S.I.C.VOL.72 仮面ライダー鎧武 オレンジアームズ5









で、本体

何と言うか、これでもかとアレンジの効いた姿ですな。

特に頭部の角部分が完全に伊達政宗(@戦国BASARA)みたいです。

戦極ドライバーに関しては、色々残念な感が(詳しくは後述)。








S.I.C.VOL.72 仮面ライダー鎧武 オレンジアームズ4








鎧部分は全てリアルな造形に。

特に腰回りにアーマーが追加され、より武者らしくなりました。









S.I.C.VOL.72 仮面ライダー鎧武 オレンジアームズ3






腰の無双セイバーにも立派なが付きました。

抜身で挿しておかなくて良くなったのは、いい事です。

上に見える小刀は固定ですが、より武者らしい雰囲気を演出している感が。









S.I.C.VOL.72 仮面ライダー鎧武 オレンジアームズ8







ちなみに篭手部分の一部にダイキャストが使われています。

ペラッペラですが。

ウィザードみたいに下半身じゃないので、イマイチバランスが取り難いかも。








S.I.C.VOL.72 仮面ライダー鎧武 オレンジアームズ7








後ろから見ると、オレンジアームズの特徴がしっかり残っていました。

この上半身、細かくバラせるのでアームズチェンジが可能に。

恐らくですが、秋ごろ発売のメロン兄貴とも互換性があると思われ。









S.I.C.VOL.72 仮面ライダー鎧武 オレンジアームズ6







頭部をアップで。

ここも面頬っぽく造形されており、フルーツ要素が薄めに。

と言うか、仮面ライダーだと言わなければ多分普通の人は気付かないかとw

実はここにも色々問題があるのですが、これも後述。








S.I.C.VOL.72 仮面ライダー鎧武 オレンジアームズ9








可動に関しては、まず首が軸可動+基部のボールジョイントで良く動きます。

肩は特殊な構造になっており、クッソ長いジョイント部分を斜めに差し込む事で構成されていました。

このお陰で、腕周りが形容しがたい異次元的扱い辛さに。

腕を前に出す際は、特定の方向へ腕を向けてからでないと出来ないとか面倒にも程があります。

二の腕にはロール軸があり、腕の回転を担当。

肘は二重関節により、腕と腕がくっつく位まで曲がります。

手首はお馴染みボールジョイントですが、調整が良いのかハメ辛いなんて事も無し








S.I.C.VOL.72 仮面ライダー鎧武 オレンジアームズ12






胴体は今回可動箇所が非常に少なく、腰の回転&スイングのみに。

恐らくアームズチェンジギミック煽りを喰らったのでしょうが、少し寂しい感が。








S.I.C.VOL.72 仮面ライダー鎧武 オレンジアームズ11






股関節はボールジョイントですが、ハマりが浅いのか抜けやすいです。

調整は悪く無いのですが、少しでも可動範囲を超えるとボロリ

直ぐに治せはしますが、このお陰でを動かす時には結構神経を使います。

腰回りのアーマーはペラッペラの軟質素材製なので、可動を邪魔する事も無し

太腿にはロール軸がスタンバイ、足の回転を賄います

膝は二重関節により、正座が可能な位にまで可動

足首はジョイント可動ですが、左右にはあんまり振れず

つま先には当然の如く可動が仕込まれています。








S.I.C.VOL.72 仮面ライダー鎧武 オレンジアームズ13








腰のロックシードホルダーには、付属のロックシードを懸架する事が出来ます。

フィギュアーツの鎧武の腰が寂しいと常々感じていたので、これはありがたい措置かと。

ロックシードイチゴ・パイン・サクラハリケーン・閉じたオレンジ4つが付属と大充実

いずれイチゴやパインアームズのパーツ販売も行なって欲しい所。









S.I.C.VOL.72 仮面ライダー鎧武 オレンジアームズ15








の無双セイバーを抜刀

可動範囲が広いので、こういうポーズも問題無し








S.I.C.VOL.72 仮面ライダー鎧武 オレンジアームズ14







別角度から。

こちらの方がになっていますね。







S.I.C.VOL.72 仮面ライダー鎧武 オレンジアームズ18








無双セイバーをスラリと抜き放つ鎧武。

劇中よりも更に長く、日本刀らしく進化。







S.I.C.VOL.72 仮面ライダー鎧武 オレンジアームズ17









ビルバインのエフェクトを借りて斬撃

意外と手首の保持力が弱いので、ポーズ制限がかかるのが残念

ブレードの大きさはピッタリなので、上手く調整すればもっと格好良くなるかも。









S.I.C.VOL.72 仮面ライダー鎧武 オレンジアームズ16







ガンモードで銃撃。

戦極ドライバーとは違い、こちらは模様もしっかり造形されているので安っぽさは無し








S.I.C.VOL.72 仮面ライダー鎧武 オレンジアームズ20






当然の如く、ロックシードを装填可能

必殺技遊びが捗ります

ただし、ハンガーの造形は無し










S.I.C.VOL.72 仮面ライダー鎧武 オレンジアームズ19









続いて大橙丸を抜刀。

こちらもスラリとした長刀に進化しています。

通常の大橙丸から、長いオーラの刃が噴出しているかの如き造形に。










S.I.C.VOL.72 仮面ライダー鎧武 オレンジアームズ22








抜き放って二刀流

見慣れた光景ではありますが、やはり格好良いですな。








S.I.C.VOL.72 仮面ライダー鎧武 オレンジアームズ23







刃を合わせて

二刀流キャラには、ついついやらせたくなりますw

多分サムライトルーパーのせい。









S.I.C.VOL.72 仮面ライダー鎧武 オレンジアームズ22







ここからは俺達のステージだ!!

と、紘汰の叫びが聞こえそうなポーズで。

非常に安定感があるポージングですよね。







S.I.C.VOL.72 仮面ライダー鎧武 オレンジアームズ24








勿論、差し替え無しで二刀を連結可能

元々長いのに、更に長さがアップ

でも実は、前に紹介したデスインパのエクスカリバー連結とほぼ同じ長さなんですよねw

如何にデスインパの武器が大きいかが分かろうというモノ。








S.I.C.VOL.72 仮面ライダー鎧武 オレンジアームズ25









身長よりも長いナギナタモードは、やはり鉄板の格好良さ

武器としては扱い難そうですが、格好良ければOKですw

勿論両手持ちも問題無し








S.I.C.VOL.72 仮面ライダー鎧武 オレンジアームズ26








そして決め

関節などの調整はキツ目なので、ポーズもかっちり決まります。









S.I.C.VOL.72 仮面ライダー鎧武 オレンジアームズ27







そして無頼キック

今回は何故かスタンド穴が存在しないので、浮かせるのに苦労しました。

ウィザードでは標準装備だったので、この変更は地味に痛いです。

これも恐らくは、アームズチェンジ機能のせいでしょうが。









S.I.C.VOL.72 仮面ライダー鎧武 オレンジアームズ29










更に、本体をバラして別の骨組みに取り付ける事で甲冑の様に飾る事も可能

兜からアーマーに至るまで、かなり細かく分解出来るので、かっての2モード換装が可能だった頃の製品を思い出した人も多そうですね。

しかもポロリも無いという恐ろしさ。

刀も専用の台座に飾れるので、インテリアとしても違和感無く置いておけるかも?

ちなみに、置物時専用の面頬だけダイキャスト製だったりします。

何故普段使いの方じゃないのかが、イマイチ良く分かりません

また、バックの金色の屏風はパッケージの台紙を流用して使用出来る様に。

これは嬉しいおまけですな。









S.I.C.VOL.72 仮面ライダー鎧武 オレンジアームズ30









最後は甲冑を剥がされた抜け殻で。

何か、こんなモンスターが何処ぞのゲームに居た気がしますw

後、何処となく黒影トルーパーにも似ている。

以上、色々弄って来たS.I.C.VOL.72「仮面ライダー鎧武 オレンジアームズ

非常に細かいギミックが満載で、中々楽しいアイテムに仕上がっていました。

造形も見事な出来栄えなので、鎧武好きなら買って後悔はしないかと。

既にメロン兄貴の発売も決まっているので、恐らくメイン四人は出る可能性が

なので、フルコンプを目指すも良しですな。

オデノサイフハボドボドダ!









(`・ω・´)









かように素晴らしいアイテムではあるのですが、新たなギミックを組み込んだ弊害か、欠点もちらほら










S.I.C.VOL.72 仮面ライダー鎧武 オレンジアームズ28









まず最初は、品質不良のお知らせ。

良く見て貰えれば分かると思いますが、バイザーの所に豪快な傷が入っています。

流石にこれはびっくり&がっかり

高額商品なんですから、品質管理はきちんと行なって頂きたいモノ。

後、兜の角部分の接続ピンも破損し易いのでご注意を。








S.I.C.VOL.72 仮面ライダー鎧武 オレンジアームズ34







次に、肩アーマーも少し外れ易く感じました。

肩が特殊構造の為、無理な力がかかる事が多くなり、結果ポロリと逝く様になったのでしょうか。

基部がボールジョイントなので調整すればOKですが、出来れば考慮はして欲しかった気が。







S.I.C.VOL.72 仮面ライダー鎧武 オレンジアームズ33







で、ある意味今回一番の問題点とも言えるのが、この肩の構造

兎に角奇妙な構造をしていて、扱い辛い事この上ないです。

と言うか、腕を前に出すのに説明書が必要な可動フィギュアとか初めて見たんですが。

何でこんな不思議な機構にしたのか、さっぱり分かりません

正直、前の仕様に戻して欲しいです。

でないと、この先のアイテムは見送りの可能性が大になりますし。








S.I.C.VOL.72 仮面ライダー鎧武 オレンジアームズ32









更に、戦極ドライバーの手抜きが酷いです。

まさか、フィギュアーツ以下のクオリティになるとは思わず、しばし唖然

なんせブレードは固定の上、鎧武の横顔が描かれているはずの場所は何故か青く塗り潰されている有様。

そのお陰で、ブレードカットからの必殺技の再現が不完全に。

この商品より小さいフィギュアーツでも出来ていた事が、何故大きいS.I.C.出来ないのか。

ウィザードはちゃんとハンドオーサが可動したというのに。










S.I.C.VOL.72 仮面ライダー鎧武 オレンジアームズ35








最後に、全体の重量バランスなどが悪いのか、兎に角自立に苦労しました。

立たせようとすれば、高確率で後ろか前にすっ転ぶのは困り者。

これ、ダイキャスト部分をウィザード同様に足のアーマーにしておけば、解決した問題じゃないかと。

如何にも「ダイキャストにして下さい」と言わんばかりのパーツが、脛に付いているというのに。

重心が下ではなく上に寄っているので、結果的にバランスが悪くなっている気がします。

撮影中も事ある毎にひっくり返り、卒倒中の鎧武が写って台無しになる事もしばしばでした。

これ、ホント後続商品では改良して頂きたいモノです。








(´・ω:;.:...








色々残念な部分は多かったですが、それでも新しい事をやろうという試みだけは評価します。

例えそれが、尽く裏目に出たとしても。

バンダイは出来る子だと思っているので、今後に期待と言った所でしょうか。

是非、カチドキまでやって欲しいですね。









S.I.C.VOL.72 仮面ライダー鎧武 オレンジアームズ31







最後は恒例(?)の後ろ振り向き姿で。

造形はとても素晴らしいので、非常にになりますな。







次々回の火曜日は、わりとテキトーに更新予定。





( ´ー`)フゥー...

theme : 玩具レビュー
genre : 趣味・実用

comment

Secret

プロフィール

Kivagami

Author:Kivagami
玩具とネトゲ、そして仮面ライダーを始めとする特撮をこよなく愛する孤高人。
中でも悪のライバルキャラとか六人目とかに目が無い。
特撮系イケメンも好き。
クールガイなら尚大好物。
うさぎを始めとする小動物も好き。
現在、14匹の小動物に囲まれてお世話に奔走する日々。

現在ネトゲ流離い人、定住&安住の地を求めて旅は続く模様。
永遠の孤独(ソロ)という、非常にありがたくない称号を持っているらしい…?

注1:基本的にリンクフリー&トラックバックフリーですが、当ブログのテーマとかけ離れ過ぎな場合は削除しますのでご了承下さい。

注2:当ブログの趣旨は基本ツッコミですが、それに加えて「良いモノは良い、悪いモノは悪い」とはっきり述べるレビューブログでもあります。
決してモノを叩くのが趣旨のブログではありません。

注3:コメントの書き込みは基本的に歓迎いたしますが…
当ブログの趣旨を理解頂けていない書き込みだったり、明らかな捨てハンだった場合は警告無視とみなし、削除対象となる事を明記させて頂きます。
コメントをなさる時は、よく内容を吟味なされた上、ちゃんと名乗って頂ける様お願い申し上げます。
特に悪質な狂信者や荒らしだと判断した場合、通報及びアクセス禁止などの手段を執る事もありますので、その点を良くご理解下さいませ。

注4:最近ソフトバンクの携帯からの荒らしコメが良く来るので、一時的にアクセス不能にしてあります。
なのでお手数ですが、それ以外かPCからのアクセスをお願い致します。

注5:このブログに使用されている文章及び画像の無断使用を禁じます。

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

UNIQLO CALENDAR

里親募集WhiteCat

小動物図鑑

リンク

RSSフィード