07
1
3
5
7
8
10
12
14
15
17
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

Tree of Saviorオープンβレポもどき。

かの「Ragnarok Online」を作ったスタッフによる新作MMORPG「Tree of Savior

取り敢えず、覗いてみました。




何というか、ホント最近MMOの新作が無くて寂しい限りですが、気を取り直して行ってみましょう。

このゲームは、前述した通り「Ragnarok Online」を手がけた方による新作です。

Ragnarok Onlineと言えば、初期MMORPGの中では相当ヒットした部類でした。

今でもまだまだ続いている辺り、その人気の程が伺えると言うモノ。

最も、このゲームの完成度が高過ぎる余り、続編が次々爆死する悲劇も起きてますが。

Ragnarok Online2は犠牲になったのだ…。

まあ、スタッフが流出してるんじゃ、仕方ないですね。

Ragnarok Onlineはパズドラで有名になったガンホーがサービスしており、こちらは重課金で有名なネクソン

正直どっちもどっちなんですが、ゲームが面白ければまあ良いか的感覚で始めました。

インストールからログインまでは問題無しでしたが、相変わらずの公式からの起動は嫌な感じですね。

しかもChromeを弾くという時代遅れの作りは、いい加減何とかして欲しいモノ。

こういう時代遅れの代物があるから、中々IEを切れないから困る。

で、キャラメイクですが、これはホント唖然としました。

と言うのも、今時髪型しか変更出来ない有様

幾らRagnarok Onlineの後継者的存在とは言え、キャラメイクまでそこでストップせんでも良いのでは?

おまけに名前入力で記号は使えず、キャラ名をフルネームで入れたい自分的には大いに不満でした。

ただし、フルネームに関しては今回グラナド・エスパダの様に家門(チーム名)が決められるので、そちらで対処可能ですが。

名前の横にチーム名が付く事になるので、フルネームとして機能するのです。

最初から選べるは、非常にオーソドックスなものに。

近接職のソードマン

遠距離職のアーチャー

魔法職のウィザード

回復職のクレリック

この基本職がら始まり、凄まじい数の派生職に枝分かれしていくのが一つのセールスポイントになっています。

ただし、キャラビルドのやり直しが利かないので、作る前にwikiなどで良く検討するのがよろしいかと。

少しでもステ振りスキル取り、果てはクラスチェンジ先をミスったら、全く使い物にならないキャラが出来ていた…なんて事も珍しくない様ですので。

取り敢えず、遠距離職が有利と聞いたので、自分はアーチャーを選択。

どーせソロなんですし、PTで必要かどうかは気にしません









Tree of Savior1









キャラをサクッとでっち上げてゲームを開始すると、まずOPが流れます。

突如、世界を植物が覆い尽くす異常事態が発生。









Tree of Savior2








しかも、魔族を率いた魔神までが降臨し、世界はえらい事に。

トドメとばかりに、世界を守護する女神とやらは行方不明の有様。

魔神も女神の不在を訝しんでいたので、こいつらのせいでは無さそう

「あっれ~?いない?まっいっか~」みたいな感じで。

では、一体何処へトゥギャザーしてしまわれたのか?

ルー大柴かな?

それを解明するのも、プレイヤーのお仕事になる模様。









Tree of Savior3











プレイヤーは、散々な状態になった村などからの避難民を護衛している冒険者の一人。

まともに守備も出来ない辺境から、少しはマシであろう大都市へと人々を誘導している感じですね。









Tree of Savior4










宿から出るとちょっとしたチュートリアルがありますが、ホントちょっぴりだけなので、かなり不安が残ります。

なんでこんなあっさり目なのか、イマイチ理解出来ませんね。

で、ここの人から話を聞く事で、ようやく前述した状況がプレイヤーに伝えられます。









Tree of Savior5









プレイヤーも、探し人の司祭がいる様ですが、その方も女神同様絶賛失踪中

仕方が無いので、雑用などをこなしながらその痕跡を辿る旅が始まります。









Tree of Savior6









基本はごく普通のクエストクリア型MMORPG

狩りでも稼げますが、クエストの方が経験値を稼ぎやすいのも大体通常通りでしょうか。

今のRagnarok Onlineもクエスト要素が濃くなった様なので、こうなるのも当然の流れかと。











Tree of Savior7










こうやって、あっちやこっちにお使いクエストで行ったり来たりする事になります。

そのシステムに、目新しい点は無し

ただ、クエスト完了したら、即NPCまでワープ出来る機能は便利ですね。

移動速度もあんまり早く無く、乗り物も入手が見えない現状では大いに助かりますし。

後、ろくに戦闘のチュートリアルも無いのに、ボスキャラが前触れ無く出現するのは結構厄介

自分はスキルの使い方がイマイチ分からず、結局通常攻撃のみで戦い抜く羽目に。

このゲームはアクションMMOなので、テクニックが重要になって来ます。

しかしながら、移動が方向キーで、攻撃がZキーってのはちょいと違和感が。

通常のアクション系とは全然違う操作性なので、面倒であればコンフィグで変えてしまうのもありでしょう。

ただ、従来のWASDはスキルショートカットになっているので、移動に割り当てられるかは分かりませんが。










Tree of Savior8










あれこれ雑用しながら、ようやく大都市の入り口近くまでやって来ました。

何故か入り口周辺でゾンビがたむろしていましたが、これ何なのでしょうね?

こちらに攻撃して来ないので、スルーしましたが。









Tree of Savior9









ここが入り口なんですが、避難民が多過ぎて対処しきれていない状況の様子。

ヨーロッパかな?

殆どの避難民は、この門前で待たされる事になっています。

プレイヤーは他の人間とはちょっと違うと言う事で、行方不明の司祭探しを正式に依頼される事に。










Tree of Savior10










このでかい女神像は、所謂ワープポイントみたいなモノ。

見つけたら、祈っておくとよろしいかと。










Tree of Savior11







かくして、長い戦いが始まりました。

兎に角いなくなった人間が多すぎるので、西新宿の人探し屋にでもなった気分です。

女神がいなくなり、一番えらい司祭も消え、それを追ってそこそこえらい司祭も行方不明と、行方不明のバーゲンセール









Tree of Savior12










道中には魔物が出ますが、通常はノンアクティブ

ただし、轟音と共に突然登場するアクティブモンスターもおり、こいつらはしつこく追い縋って来るのでご注意を。








Tree of Savior13








時折が降ったりと、天候が変わるのが面白いですね。

ただ、何というかキャラの外見の個性の無さが気になりました。

Ragnarok Online同様に特徴のある頭部装備以外、外見に反映されないので似た様なキャラがゾロゾロ

防具を交換する楽しみが全くありません

今時、この仕様は無いんではないかと思います。










Tree of Savior14








この橋の前の女性NPCからは、イヌを交えたクエストが受けられます。

失踪した司教PTの一人に飼われていたそうで、遺留品(?)を見つけるのに大活躍

1クエスト限りの参戦ですが、少し癒されました








Tree of Savior15









その後も、追跡は続きます。

定期的(?)にボスの出現もあるので、気が抜けません

ちなみに回復はお馴染みのお座り回復と、回復ポーションで行います。

バランス的にはポーションの出番はボス程度ですが、お座り回復していると、たまーに辻ヒールが飛んでくる事も。

このゲームのヒールは敵にダメージを与えるフィールド付き魔法なので、かなり性能が高い様です。

自分は回復し、敵はダメージを受け続けるとかなにそれこわい。

安心して回復出来る他、攻撃に転用も可能と使い道は沢山

こういうのは非常にありがたいですね。









Tree of Savior16










そして、ようやく行方不明その2の司祭を発見。

この人はボスキャラに追い詰められている為、即ボス戦闘になります。

ここのボスはかなり凶悪であり、自分も初のデスペナを喰らってしまいました。

まず取り巻きを召喚しつつ、オブジェを設置して空から稲妻を落として攻撃して来ます。

加えて、本体の魔法攻撃も強烈で、連続で喰らえば即死は免れません。

なのでプレイヤーは取り巻きを攻撃しつつ、更にオブジェを破壊しつつ、敵本体も攻撃しなきゃならない羽目に。

もう忙しいなんてもんじゃなく、文字通り必死になりました。








Tree of Savior17









死闘の末司祭を救出すると、行方不明その1の司祭が「ある目的」を持って魔族から逃亡生活をしている事が判明

それが何かはさっぱりなので、結局救助に向かうしかありません。

この司祭が襲われたのは、単に魔族に取って邪魔者だったからでしょう。

ターゲットへの増援とか、防ぐにこした事はありませんし。








Tree of Savior18









国のえらい人からも正式な依頼を受け、救出作戦を行う事に。

雑貨屋で補給物資を受け取って準備したら、救出した司祭と共に更なる作戦行動に移ります。

いつから自分は救急戦隊ゴーゴーファイブになったのかとカン違いしてしまいそうな位、救出作戦が多い気がw

果たして、この先に待ち受けているのは一体何か?









(;゚д゚)ゴクリ…










とまあ、駆け足で紹介して来たこの「Tree of Savior

正直、期待したレベルに全く達していない印象しか受けませんでした。

前述した色々な問題に加え、無意味な装備劣化システムもイマイチ。

何でこんな意味不明なシステムを採用したのか、理解に苦しみます

兎に角全体的な作りが古く、その上お使いゲーなので目新しさも皆無

キャラの移動も遅ければ、自動移動も無し爽快にゲームさせる気が無い様に思えますね。

その辺の適当な量産型MMORPGに、Ragnarok Onlineっぽいガワを被せ、申し訳程度のアクション要素を加えただけなので、そりゃ飽きも早くなるというモノ。

職業こそ沢山ありますが、使い物になるのは本当に一部だけでしかないのもどうかと。

しかも、失敗すればキャラデリしてやり直ししかないとか、頭沸いてるんですか?

戦闘のバランスも悪く、特に敵の魔法の凶悪さは洒落になりません。

連続ヒットする自動追尾必中魔法とかどないせいっちゅーねんと言いたい。

キャラメイクも、キャラビルドも、ゲーム進行に至るまで、自由度がほぼ皆無と来れば、一体何を愉しめばいいのやら。

コンテンツがもう絶望的に存在しないので、只管お使いIDを回るしか無いってのは、最早ギャグ通り越して喜劇です。

ドット絵が綺麗なのは結構ですが、その代わり衣装は変えられませんなどという、欠点の方が上回る仕様なのもどうなのかと。

最古の部類に入るRagnarok Onlineならともかく、最新のこれで許される仕様では無いと思います。

トドメにオンラインでは重要なチャットシステムも使い難く、ギルドも特定の職でしか作れない上、200レベル以上無いと作成出来ない有様。

このゲーム、一体何を目指して製作されたんでしょうね?










(´・ω・`)








唯一良いと言えるのは、壮大なBGM。

かのグラナド・エスパダを思わせる、重厚なBGMだけ絶賛されても良いレベルです。

何というか、こんなスカスカゲーに勿体無い位のBGMでした。

とは言え、BGMだけで続けられるかと言えばそれは

最早プレイするのも苦痛なので、私はとっとと離脱する事にします。

もう、MMORPGはダメなんでしょうねぇ…;

黎明期からプレイして来た身としては、こんな時代が来るとは予想もしてませんでした。

あの頃はもっともっと進化したネトゲを楽しめるものとワクワクしたモノですが、現実はまさかの先祖返り

簡単なブラゲやガチャゲーが猛威を振るい、MMORPGは最早絶滅危惧種レベルにまで衰退

コンピュータゲームの始祖とも言える据え置き型ゲーム機ですら、その地位を失い、最早末期状態です。

VRが一般的になれば少しは変わるのかもですが、そもそもゲーム部分がまともに作れていないのに、急に名作を作れる訳がないんですよね。

もうどーすりゃいいんだか。









次回は、気を取り直して買ったもののレビュー予定。

と言っても、こちらもちと微妙な代物なんですが。





( ´ー`)フゥー...

theme : Tree of Savior
genre : オンラインゲーム

comment

Secret

プロフィール

Kivagami

Author:Kivagami
玩具とネトゲ、そして仮面ライダーを始めとする特撮をこよなく愛する孤高人。
中でも悪のライバルキャラとか六人目とかに目が無い。
特撮系イケメンも好き。
クールガイなら尚大好物。
うさぎを始めとする小動物も好き。
現在、19匹の小動物に囲まれてお世話に奔走する日々。

現在ネトゲ流離い人、定住&安住の地を求めて旅は続く模様。
永遠の孤独(ソロ)という、非常にありがたくない称号を持っているらしい…?

注1:基本的にリンクフリー&トラックバックフリーですが、当ブログのテーマとかけ離れ過ぎな場合は削除しますのでご了承下さい。

注2:当ブログの趣旨は基本ツッコミですが、それに加えて「良いモノは良い、悪いモノは悪い」とはっきり述べるレビューブログでもあります。
決してモノを叩くのが趣旨のブログではありません。

注3:コメントの書き込みは基本的に歓迎いたしますが…
当ブログの趣旨を理解頂けていない書き込みだったり、明らかな捨てハンだった場合は警告無視とみなし、削除対象となる事を明記させて頂きます。
コメントをなさる時は、よく内容を吟味なされた上、ちゃんと名乗って頂ける様お願い申し上げます。
特に悪質な狂信者や荒らしだと判断した場合、通報及びアクセス禁止などの手段を執る事もありますので、その点を良くご理解下さいませ。

注4:最近ソフトバンクの携帯からの荒らしコメが良く来るので、一時的にアクセス不能にしてあります。
なのでお手数ですが、それ以外かPCからのアクセスをお願い致します。

注5:このブログに使用されている文章及び画像の無断使用を禁じます。

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

UNIQLO CALENDAR

里親募集WhiteCat

小動物図鑑

リンク

RSSフィード