07
1
3
5
7
8
10
12
14
15
17
19
21
22
24
25
26
27
28
29
30
31
   

D.D.PANORAMATION フェニックス一輝-鳳翼天翔-レビューもどき。

今回は、聖闘士星矢系玩具の新シリーズD.D.PANORAMATIONから「フェニックス一輝-鳳翼天翔-」のレビューです。

D.D.PANORAMATION フェニックス一輝-鳳翼天翔-5




このシリーズは、従来の聖闘士聖衣神話とは違い、フィギュアを簡略化し、ジオラマベースとセットにして販売されたモノです。

ですが、その評判は発売前から散々でした。

と言うのも、詳しくは後述しますが、フィギュアが小さすぎる上に造形も微妙、その上値段は高いと良い要素が殆ど無かったからです。

事実、発売されたアイテムはどれも大して売れず、Amazonでは投げ売りになる有様。

私も、半額を切らなければまず買おうと思わなかったでしょう。

第一弾の星矢は本当に酷い出来で、特に顔の似てなさは伝説レベルです。

この一輝は顔がまだマシな上、青銅一軍では一番好きなキャラだったので手を出してみました。

取り敢えず、まずはパッケージ










D.D.PANORAMATION フェニックス一輝-鳳翼天翔-2









従来のフォーマットから一新され、非常に薄っぺらい箱でした。

驚きの薄さ!

聖衣はアニメ版初期のモノ。

正直、胸パーツがキグナス(アニメ版初期)とほぼ同じなのであんまり好きじゃないんですよね。

ここはせめて、原作版ないしは新聖衣の方にして欲しかった所。









D.D.PANORAMATION フェニックス一輝-鳳翼天翔-1









裏は説明

特筆すべき点は無し








D.D.PANORAMATION フェニックス一輝-鳳翼天翔-3









これはジオラマ部分のパーツで、柱は全てわざわざ切り取って組み立てないといけないスタイル。

ただでさえ無駄に高いのに、これは無いだろうと言いたい。

ベースも小さいので、予算削減で貧相にされた撮影用セットにしか見えません







D.D.PANORAMATION フェニックス一輝-鳳翼天翔-4








そしてフィギュア本体

一見出来が良さそうに見えるんですが、兎に角小さい上に各部が安っぽいです。

某大型掲示板では「食玩レベル」とまで酷評されていましたが、全くもって否定出来ません

いや、それは食玩に失礼か…。








D.D.PANORAMATION フェニックス一輝-鳳翼天翔-10








接地性もあんまり良く無いので、適当に立たせると前のめりになってしまうのもイマイチ

聖衣もオールプラスチック製で、重厚さも無し

塗装のメッキも剥げ易く、特にマスクの角部分の赤は速攻で剥げ落ちてしまいました。








D.D.PANORAMATION フェニックス一輝-鳳翼天翔-9









こうやってみると、普通のフィギュアに見えるんですがねぇ。

これほど、画像を見るのと実物に触るのとにギャップがある製品も珍しいかと。








D.D.PANORAMATION フェニックス一輝-鳳翼天翔-8









聖衣のショルダー部分も一体成型であり、別々には動きません

非常に作りが荒く、大味な感が。










D.D.PANORAMATION フェニックス一輝-鳳翼天翔-7









フェニックスの尻尾部分も、動きはしますが棒状態で細かい表情付けは無理

固定も出来ない為、大きな動きをさせるのは大変だと思います。

後、スタンドでディスプレイする際にも非常に邪魔だったり。








D.D.PANORAMATION フェニックス一輝-鳳翼天翔-6






顔をアップで。

塗装の剥げが良くお分かりになるかと。

造形は悪く無いのですが、やはりガシャポン食玩レベルと言われても仕方ない出来です。








D.D.PANORAMATION フェニックス一輝-鳳翼天翔-11







こちらは叫び顔

何か幼いです。

顔パーツはこの二種類しか付属せず。

一輝と言えば閉眼が似合うキャラなんですが、ねぇ。







D.D.PANORAMATION フェニックス一輝-鳳翼天翔-14








可動に関しても今ひとつで、首はボールジョイントですが二重構造では無い為、顎を引くのが苦手

肩はボールジョイント+軸可動ですが、引き出しなどはない為あまり大胆な動きは出来ず

肘は単純な軸可動で、腕の回転もここで賄う形に。

可動範囲も何とか90度行くかどうかというお粗末さなのは、ホント残念

手首は差し込み式なので、回転以外の動きは不可能でした。










D.D.PANORAMATION フェニックス一輝-鳳翼天翔-13









胴体の可動は一箇所のみで、一応回転スイング両方こなします。

でもまあ、無いよりマシレベルですが。










D.D.PANORAMATION フェニックス一輝-鳳翼天翔-12









股関節はボールジョイントですが、周囲のアーマーが干渉する為かなり動きが制限されます。

と言うか、サイドアーマーが上下にしか動かないのと、リアアーマーが固定なのは致命的でしょう。

お陰で、かなり可動域を無駄にしている感が。

膝も腕同様の軸可動で、足の回転も兼ねています。

可動域もほぼ同じ90度程度で、立膝などは無理でした。

足首はボールジョイントによりそこそこ動くので、ここと羽根で接地性を上げるとよろしいかと。













D.D.PANORAMATION フェニックス一輝-鳳翼天翔-15









紅蓮の炎をまとい、フェニックス一輝出陣

夏に合わせたのかは分かりませんが、何か連続して炎エフェクトが似合うキャラが続きますなw

ちなみに背後の不死鳥エフェクトは、付属のモノを使用しています。








D.D.PANORAMATION フェニックス一輝-鳳翼天翔-16









その様な戯れ言は…









D.D.PANORAMATION フェニックス一輝-鳳翼天翔-17







このフェニックスの拳を受けてからほざけぇぇぇッ!!

これは、劇場版一作目で瞬を倒していい気になっている亡霊聖闘士、琴座ライラのオルフェウスに対してのセリフですね。








D.D.PANORAMATION フェニックス一輝-鳳翼天翔-18








オルフェウスは流石に発売されていないので、被害者は何故か冥衣サガでw

ミーメかオルフェで代用出来そうですが、どちらも所持せず…。

大きさが倍以上違いますが、遠近法を駆使すれば何とかなりました。

ちゃんとアニメ版幻魔拳用の指差し手首が付属するので、場面再現が捗ります。









D.D.PANORAMATION フェニックス一輝-鳳翼天翔-19









馬鹿め!聖闘士に一度見た拳は二度も通用せん!!

これもやはり、瞬を倒した技を仕掛けて来たオルフェウスに言い放ったセリフ。

瞬はあっさり捕まりましたが、一輝は一瞬でオルフェウスが放った弦を吹き散らしています。

場面再現用に、開き手も両手分付属しているので、非常にありがたい所。









D.D.PANORAMATION フェニックス一輝-鳳翼天翔-20









受けよ!フェニックス最大の拳!!







D.D.PANORAMATION フェニックス一輝-鳳翼天翔-21








鳳翼ッ!天翔ォォォ!!

言わずと知れた、一輝の最強技ですね。

炎エフェクトと、付属のフェニックスエフェクトを組み合わせて再現しています。

ただ、肩の可動がお粗末なので、アニメ版鳳翼天翔は完全に再現出来ず

兎に角前方向に動かせないので、どうしてもこんな不完全なポーズに。

聖衣はアニメ版なのに、それは無いだろうと言いたい。








D.D.PANORAMATION フェニックス一輝-鳳翼天翔-22









うりゃあああああっ!!

追撃の一撃でトドメ

被害者は例によって例の如く冥衣サガ。

劇場版一作目のあの一連のシーンが好きだったので、一応再現出来て満足です。

アニメ版鳳翼天翔は度々演出が変わりましたが、個人的にはこの時期のが派手で良いかなと。

最初のなんて、腕をブンブン振ってるだけでしたしねぇ…。









D.D.PANORAMATION フェニックス一輝-鳳翼天翔-23








付属のストラクチャーパーツ(ジオラマ)を使用して、鳳翼天翔っぽく。

ストラクチャーパーツ自体はショボいので、エフェクトで飾り立てて誤魔化しています。

ベースが非常に小さいので、ホントウサギ小屋みたいなんですよねぇ。











D.D.PANORAMATION フェニックス一輝-鳳翼天翔-25









勿論、マスク無しも再現可能。

マスクをバラし、頭部をほぼ総取っ替えします。

一輝の場合、フェニックスの聖衣が不滅なので、あんまりマスク無しの印象がない気が。

原作冥界編辺りでは、作者が面倒臭がったらしく良く外れてましたが。








D.D.PANORAMATION フェニックス一輝-鳳翼天翔-24









マスク無しで、原作版鳳翼天翔っぽい感じに。

ぽい~?

正直、マスク有りより扱い易いです。

理由は後述











D.D.PANORAMATION フェニックス一輝-鳳翼天翔-26









外したマスクを足元に転がして、ピンチっぽく。

原作後半は、大概こんな感じで即マスクが飛んでましたな。

足元に転がる柱は説明書の通り、破損した柱っぽさを演出する為に置いてあるんですが、形が破損した感じではないのでイマイチ。










D.D.PANORAMATION フェニックス一輝-鳳翼天翔-27









そして、やっぱり鳳翼天翔

商品名にもなってるので、仕方ないですね。









D.D.PANORAMATION フェニックス一輝-鳳翼天翔-30








最後は大きさ比べで。

つか、まさか前にレビューしたバルバトスと殆ど変わらない大きさだとは思いませんでしたw

後ろにそびえるEXのサガとは、前述した様に二倍以上の大きさの差があります。

サガだけに。

鳳翼天翔エフェクトも非常に小さい上、台座も低いので使い難い事この上無いです。

正直、遠近法を最大限に駆使するしか無さそう。

以上、色々弄って来たこのD.D.PANORAMATION「フェニックス一輝-鳳翼天翔-

前評判やAmazonの評価通り、心底微妙過ぎるアイテムでした。

余程気合の入った一輝ファン以外には、全くオススメ出来ません

定価で買った人は、本当にご愁傷様でした…。








(;´д`)トホホ…









欠点に関しては、もう挙げるとキリが無いので致命的なモノのみ。









D.D.PANORAMATION フェニックス一輝-鳳翼天翔-28








まず、兎に角マスクがバラけやすいです。

特に角部分はしょっちゅうポロリする有様。

マスク無しの方が扱い易いと書いた理由は、まさにこれ

ただでさえアニメ版マスクは格好悪いのに、その上まで取れるとマジで雑兵にしか見えません。

更に散々ポロリに悩まされた挙句、取り付け作業に追われた結果、塗装まですっかり剥げて悲惨な状態になってしまいました。











D.D.PANORAMATION フェニックス一輝-鳳翼天翔-29








次に、肩アーマーのヒンジ接続がホントダメダメ

少しでも肩を水平以上に上げると、途端にマックスまで跳ね上がるのはどうなのかと。

肩パーツの方が全然調整が利かないので、腕の角度で何とか調整するしかありません。

聖闘士聖衣神話で培った技術が、何一つ生かされていないってのはある意味凄い

胸の聖衣も小さいのに交換出来たりしないので、アニメ版鳳翼天翔を完全再現出来ないのも大きなマイナス点










D.D.PANORAMATION フェニックス一輝-鳳翼天翔-32









更に、を少しでも水平に近付けようとすると、サイドアーマーが即座に弾け飛びます

キャストオフかな?

立膝が出来ないのは、大体これのせいですね。

聖衣を外れない方式にして安定させたはずなのに、こんな簡単に弾け飛んでどうするのでしょう?

いっそ腰回りのアーマーを全部削り落として、原作版に近付けてやりたくなります。









D.D.PANORAMATION フェニックス一輝-鳳翼天翔-33









最後に、ガナーザクウォーリアの如く足が閉じれないのもイマイチ。

画像のがほぼ精一杯で、これ以上は閉じません

これじゃ、格好良く歩いてくるシーンを再現出来ないじゃないですか。

劇場版二作目で、倒した敵を引きずりながら炎をまとって出現するシーンとかも無理ですな。

あんだけ足がぶっといドムですら足が閉じられるのに、これは無いだろうと。

他にも色々言いたい事はありますが、涙を飲んで割愛








(´・ω:;.:...









正直、ここまで値段に見合っていない仕様だとは思いませんでした。

食玩レベルの造形や可動のフィギュアに、微妙な出来のストラクチャーパーツ&エフェクトで定価3千円越えはちょいと酷い気が。

私も、二千円を切ってなければ買ってないです。

ぶっちゃけ、これ買う位ならユニバーサルユニットフルコンプした方がなんぼか満足感があるのではないかと。

前述した通り、気合の入った一輝ファンにしかオススメ出来ない(悪い意味での)逸品です。











D.D.PANORAMATION フェニックス一輝-鳳翼天翔-31








最後は恒例(?)の後ろ振り向き姿で。

エフェクトで何とか見れる様には撮りましたが、ホントやってて辛かったですね。

うちの一輝は、もうマスク無しがデフォで行きたいと思います。






次々回の火曜日は、多分(かなり)以前買ったモノのレビュー予定。






( ´ー`)フゥー...

theme : 玩具レビュー
genre : 趣味・実用

comment

Secret

プロフィール

Kivagami

Author:Kivagami
玩具とネトゲ、そして仮面ライダーを始めとする特撮をこよなく愛する孤高人。
中でも悪のライバルキャラとか六人目とかに目が無い。
特撮系イケメンも好き。
クールガイなら尚大好物。
うさぎを始めとする小動物も好き。
現在、19匹の小動物に囲まれてお世話に奔走する日々。

現在ネトゲ流離い人、定住&安住の地を求めて旅は続く模様。
永遠の孤独(ソロ)という、非常にありがたくない称号を持っているらしい…?

注1:基本的にリンクフリー&トラックバックフリーですが、当ブログのテーマとかけ離れ過ぎな場合は削除しますのでご了承下さい。

注2:当ブログの趣旨は基本ツッコミですが、それに加えて「良いモノは良い、悪いモノは悪い」とはっきり述べるレビューブログでもあります。
決してモノを叩くのが趣旨のブログではありません。

注3:コメントの書き込みは基本的に歓迎いたしますが…
当ブログの趣旨を理解頂けていない書き込みだったり、明らかな捨てハンだった場合は警告無視とみなし、削除対象となる事を明記させて頂きます。
コメントをなさる時は、よく内容を吟味なされた上、ちゃんと名乗って頂ける様お願い申し上げます。
特に悪質な狂信者や荒らしだと判断した場合、通報及びアクセス禁止などの手段を執る事もありますので、その点を良くご理解下さいませ。

注4:最近ソフトバンクの携帯からの荒らしコメが良く来るので、一時的にアクセス不能にしてあります。
なのでお手数ですが、それ以外かPCからのアクセスをお願い致します。

注5:このブログに使用されている文章及び画像の無断使用を禁じます。

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

UNIQLO CALENDAR

里親募集WhiteCat

小動物図鑑

リンク

RSSフィード