05
1
3
5
6
8
10
12
13
15
17
19
20
22
24
26
27
28
29
30
31
   

ROBOT魂 RX-78-3 G-3 ガンダム ver. A.N.I.M.E.レビューもどき。

今回はプレバン限定のROBOT魂「RX-78-3 G-3 ガンダム ver. A.N.I.M.E..」のレビューです。

ROBOT魂 RX-78-3 G-3 ガンダム ver. A.N.I.M.E.5




この機体は、ガンダムの3号機として有名なモノですね。

初出は小説版で、アムロの最後の機体でもありました。

TV版ではザクの攻撃で大破した為、ルナツーで降ろされています。

その後、マグネットコーティング実験機とされ、FAガンダムの素体になったとか、はたまた強奪されて忍者専用機になったとか、色々な説がありますな。

リカラー元であるガンダムを何となく購入しなかった為、こちらを購入してみました。

では、まずパッケージから。










ROBOT魂 RX-78-3 G-3 ガンダム ver. A.N.I.M.E.2


いつものフォーマットではなく、何か特別な感じがするイラストが描かれています。












ROBOT魂 RX-78-3 G-3 ガンダム ver. A.N.I.M.E.1


後ろは説明

これはいつも通りですな。










ROBOT魂 RX-78-3 G-3 ガンダム ver. A.N.I.M.E.4


G3ガンダム本体

非常に落ち着いた色合いですね。

如何にも軍用兵器の実験機と言った感じ。










ROBOT魂 RX-78-3 G-3 ガンダム ver. A.N.I.M.E.3


胸と肩にマーキングあり。

リアルさが増すので、こういうのは歓迎です。










ROBOT魂 RX-78-3 G-3 ガンダム ver. A.N.I.M.E.9


真横から見ると、二の腕に連邦マークが見えます。

このマーキングは、こちらにしかありません。








ROBOT魂 RX-78-3 G-3 ガンダム ver. A.N.I.M.E.8



この角度から見ても、中々カッコイイですね。

やはり、このシリーズは気合の入り様が半端じゃない気が。









ROBOT魂 RX-78-3 G-3 ガンダム ver. A.N.I.M.E.7


真後ろから見ても、まさにG3ガンダム

これまでバンダイが培って来た技術の集大成と言っても、過言ではないかも。









ROBOT魂 RX-78-3 G-3 ガンダム ver. A.N.I.M.E.6


顔もしっかり塗装されています。

塗りミスもはみ出しも無く、完璧でした。









ROBOT魂 RX-78-3 G-3 ガンダム ver. A.N.I.M.E.10


可動に関しては、まず首が二重のボールジョイント接続により、自在に動きます。

後頭部に特別な仕掛けがあり、それによってかなり上に向く事が可能。

肩はボールジョイント+スイングにより、広い可動域を実現。

特に上方向には、ラストシューティング再現の為か、90度曲がる様になっています。












ROBOT魂 RX-78-3 G-3 ガンダム ver. A.N.I.M.E.14


肘は二重関節により、ほぼ折り畳める位まで曲がります。

また、これまでのアイテム同様に二の腕と肘の先にロール軸があるので、細かい調整が思いのまま

手首はオーソドックスなボールジョイント接続ですが、調整も最適化されており問題無し









ROBOT魂 RX-78-3 G-3 ガンダム ver. A.N.I.M.E.13


胴体は中々凝っており、まず胸が3分割され、より深く腕をスイングさせる事が可能に。

腰の上には二箇所可動があり、下が回転、上がスイングを担当している模様。









ROBOT魂 RX-78-3 G-3 ガンダム ver. A.N.I.M.E.12


腰アーマーは、リアアーマー以外全て可動

股関節はボールジョイント

遮るモノが殆ど無いので大体水平近くまで上げられます。

腿にはロール軸があり、足の回転をサポート









ROBOT魂 RX-78-3 G-3 ガンダム ver. A.N.I.M.E.11


膝は優れた二重関節により、何と正座出来てしまいます。

足首はボールジョイント+ヒンジにより、高い接地性を発揮。

カバーつま先も可動する為、ポージングに困る事は無いはず。










ROBOT魂 RX-78-3 G-3 ガンダム ver. A.N.I.M.E.15


メイン武器のビーム・ライフル

非常にシンプルかつ、優秀なデザインですね。










ROBOT魂 RX-78-3 G-3 ガンダム ver. A.N.I.M.E.17

専用武器だけあって、非常にしっくり来ます。

カラーリングも、落ち着いた感じのグレーに。

スミ入れはされていないものの、照準器までしっかり塗装してありました。









ROBOT魂 RX-78-3 G-3 ガンダム ver. A.N.I.M.E.16


照準器とフォアグリップは可動するので、こうやって両手持ちも可能。

本体の可動の優秀さも相まって、問題なくポージング出来ます。








ROBOT魂 RX-78-3 G-3 ガンダム ver. A.N.I.M.E.18


また、ビームエフェクトが付属しているので、ライフル発射シーンを再現可能

このシリーズの、こういう試みは非常に好ましいですね。

エフェクトがあれば、プレイバリューが一気に広がりますし。











ROBOT魂 RX-78-3 G-3 ガンダム ver. A.N.I.M.E.20


シールドも、シックな色合いになっていました。

この地味さが堪りません。









ROBOT魂 RX-78-3 G-3 ガンダム ver. A.N.I.M.E.19


持ち手を付け替える事で、アニメ版の様に前に突き出す事も出来ます。

アニメでは頻繁にこの持ち方してましたし、当然と言えば当然なのですが。









ROBOT魂 RX-78-3 G-3 ガンダム ver. A.N.I.M.E.22


シールドの裏はこんな感じに。

上にあるのがマウント用ジョイントで、グリップはその下に装着する形になります。

グリップの保持も硬めなので、余裕で前に構えられるのはありがたい所。

フリーダムはユルユルでしたしね。

モールドなどもしっかり入っており、安っぽさは無し










ROBOT魂 RX-78-3 G-3 ガンダム ver. A.N.I.M.E.21


更にジョイントを加える事で、ビーム・ライフルをシールドにマウント可能。

腰の後ろに付けられない為の処置なんでしょうが、ちょっと邪魔かも。












ROBOT魂 RX-78-3 G-3 ガンダム ver. A.N.I.M.E.23


マウント用のジョイントはランドセルにも付くので、背負うのも簡単に出来ます。

基部がボールジョイントなので、角度の調整も簡単










ROBOT魂 RX-78-3 G-3 ガンダム ver. A.N.I.M.E.24


ポスターなどで有名なこのポーズも、問題無く可能でした。

各関節やジョイントなどの調整も丁度良いので、ストレスレスで弄れるはず。








ROBOT魂 RX-78-3 G-3 ガンダム ver. A.N.I.M.E.25



ガンダムのもう一つの火器、ハイパーバズーカも暗めの色合いで登場

弾速は遅めですが、破壊力の高い優秀な兵器です。

アムロは最終戦で二丁も持ち出した為、実弾好きの疑いがかかる羽目にw











ROBOT魂 RX-78-3 G-3 ガンダム ver. A.N.I.M.E.26


砲口は開口されていますが、ザクに付属していたバズーカエフェクトは残念ながらくっ付かず

これ、別の機体にまたバズーカ用としてエフェクトを付属させる予定でもあるんですかね。

砲口の造形からして、如何にも何か差し込んで下さい的な感じなんですが。









ROBOT魂 RX-78-3 G-3 ガンダム ver. A.N.I.M.E.27


後方もしっかり造形されており、手抜きは無し

上部のパーツグリップは、共に可動します。










ROBOT魂 RX-78-3 G-3 ガンダム ver. A.N.I.M.E.28


腰の裏にジョイントパーツを差し込む事で、劇中通りマウント可能。

ザクはユルユルでしたが、こっちはしっかりホールド出来ます。













ROBOT魂 RX-78-3 G-3 ガンダム ver. A.N.I.M.E.29


ガンダム、フル武装状態。

バズーカがもう一丁欲しくなりますな。










ROBOT魂 RX-78-3 G-3 ガンダム ver. A.N.I.M.E.30


ライフルを構えて。

やはり、武器全部盛りは良いですな。










ROBOT魂 RX-78-3 G-3 ガンダム ver. A.N.I.M.E.31


そして、ガンダムと言えばこの武器












ROBOT魂 RX-78-3 G-3 ガンダム ver. A.N.I.M.E.32


そう、ビーム・サーベルです。

何気にビーム・ライフルより早く登場しており、劇中で幾度と無く活躍しました。

ランドセルの基部が可動する事もあり、引き抜く動作も余裕








ROBOT魂 RX-78-3 G-3 ガンダム ver. A.N.I.M.E.33


このサーベルパーツはパースが付いたモノであり、劇中のあのしなり具合を再現出来ます。

こういうパーツがあると、更に場面再現が捗りますな。









ROBOT魂 RX-78-3 G-3 ガンダム ver. A.N.I.M.E.34


勿論、通常のサーベルパーツも2本付属。

その辺は抜かりなし









ROBOT魂 RX-78-3 G-3 ガンダム ver. A.N.I.M.E.35


更に一本だけですが、長い柄も付属するのでパース付きのサーベルパーツと共に使用するのがよろしいかと。










ROBOT魂 RX-78-3 G-3 ガンダム ver. A.N.I.M.E.36


サーベル二刀流

こうなると、相手役にギャンが欲しくなりますね。

サザキ・ススム「ガタッ」








ROBOT魂 RX-78-3 G-3 ガンダム ver. A.N.I.M.E.37


また、ビーム・ライフルエフェクトも何故か付けられるので、サーベルオーバーロード(@GP-02)的な使い方も可能です。

その逆もまた然りなので、パース付きのをビーム・ライフルに付けると面白い事に。










ROBOT魂 RX-78-3 G-3 ガンダム ver. A.N.I.M.E.39


更に、今回はバルカンエフェクトまで付属。

バァルカン!!

ガンダムが最初に使用した武器なので、非常に印象深いですね。









ROBOT魂 RX-78-3 G-3 ガンダム ver. A.N.I.M.E.38


エフェクト自体は、ブレードアンテナを丸ごと交換して再現しています。

僅か数分で全部撃ち尽くす程の装弾数しかありませんが、牽制などに役立つ武器でした。

尚、エフェクト付属のブレードアンテナは軟質素材なので破損の心配も無し










ROBOT魂 RX-78-3 G-3 ガンダム ver. A.N.I.M.E.40



ザクに付属したバーニアエフェクトも、色違いで付属します。












ROBOT魂 RX-78-3 G-3 ガンダム ver. A.N.I.M.E.41


ランドセルに噴射口が2つしかないので、付ける所に迷う事は無し











ROBOT魂 RX-78-3 G-3 ガンダム ver. A.N.I.M.E.42



当然の如く、足の裏にも装着可能。

特に逆噴射の表現などに重宝します。

アニメ版の機体はスラスター数が少ないので、機体制御とか大変そうですよね。












ROBOT魂 RX-78-3 G-3 ガンダム ver. A.N.I.M.E.43



G3ガンダム、シャア専用リック・ドムと接敵。

折角ですから、少し遊んでみましょう。









ROBOT魂 RX-78-3 G-3 ガンダム ver. A.N.I.M.E.44


G3ガンダムの先制ビーム・ライフルを、華麗に回避するシャア。

と言うか、完全にオワタ式なので大変です。








ROBOT魂 RX-78-3 G-3 ガンダム ver. A.N.I.M.E.45



今度はシャアの反撃バズーカ

当たれば、ガンダムとて無事には済みません

当たれば…ですが。









ROBOT魂 RX-78-3 G-3 ガンダム ver. A.N.I.M.E.46


咄嗟にシールドで防御

ザク付属の爆発エフェクトが、ここで生きて来ます。

このエフェクトは、ザクよりガンダムの方が似合う気が。

ザクの場合、一発喰らったらアウトのオワタ式ですし。

尚、ガンダムもシールドにしか装着出来ない模様。










ROBOT魂 RX-78-3 G-3 ガンダム ver. A.N.I.M.E.47


シールドが破壊されたので、速やかに近接戦闘に移行。

尚、バズーカは捨ててしまった模様。

リック・ドムも、ヒートサーベルを引き抜いて迎え撃ちます。









ROBOT魂 RX-78-3 G-3 ガンダム ver. A.N.I.M.E.49


最後は、サーベル同士のぶつかり合いで。

以上、色々弄って来たROBOT魂 「RX-78-3 G-3 ガンダム ver. A.N.I.M.E.

このシリーズの出来の良さは折り紙付きですが、このG3ガンダムも流石の出来栄え

リック・ドム同様、欠点らしい欠点が見当たらないナイスアイテムでした。

来年にはフルアーマーガンダムも出るそうなので、まだまだこの型が使われそうな気が。

優れた素体なので、バリエーションが出るのもやむ無しですな。

フルアーマー・リアルタイプと来れば、次はプロトタイプかいな?







(`・ω・´)








さて、製品自体の欠点は無いのですが、一点だけ。






ROBOT魂 RX-78-3 G-3 ガンダム ver. A.N.I.M.E.48


ネットなどでも良く言われている代表的欠点(?)が、この頬の謎の凹み

アニメ版と称しながら、アニメに無いディテールだった為、かなり非難されている様で。

私はあんまり気にならなかったのですが、言われて見れば確かに何の為に入れたのか気になります。

全てのモデルに付いたままになっている為、最早これが今回のスタンダードになると見て良さそう

折角本体が優秀なのに、これの違和感のせいで購入を見送った人も多そうなのが、残念と言えば残念ですね。








(´ε`;)ウーン…








とは言え、本体は本当に優秀なので、この型のガンダムは購入して損は無いブツです。

全てにおいて高水準でまとまっている為、あれこれ遊べるのが良い感じ。

この技術を、これからのアイテムにも是非生かして貰いたいですね。

ザクウォーリアは犠牲になったのだ…。









ROBOT魂 RX-78-3 G-3 ガンダム ver. A.N.I.M.E.50







最後は恒例(?)の後ろ振り向き姿で。

初めシールド無しで撮影したのですが、何か寂しいのでシールドありで撮影し直しましたw

これも中々良く決まっているのではないかと。






次の木曜日も、購入したアイテムのレビュー予定。





( ´ー`)フゥー...

theme : 玩具レビュー
genre : 趣味・実用

comment

Secret

プロフィール

Kivagami

Author:Kivagami
玩具とネトゲ、そして仮面ライダーを始めとする特撮をこよなく愛する孤高人。
中でも悪のライバルキャラとか六人目とかに目が無い。
特撮系イケメンも好き。
クールガイなら尚大好物。
うさぎを始めとする小動物も好き。
現在、19匹の小動物に囲まれてお世話に奔走する日々。

現在ネトゲ流離い人、定住&安住の地を求めて旅は続く模様。
永遠の孤独(ソロ)という、非常にありがたくない称号を持っているらしい…?

注1:基本的にリンクフリー&トラックバックフリーですが、当ブログのテーマとかけ離れ過ぎな場合は削除しますのでご了承下さい。

注2:当ブログの趣旨は基本ツッコミですが、それに加えて「良いモノは良い、悪いモノは悪い」とはっきり述べるレビューブログでもあります。
決してモノを叩くのが趣旨のブログではありません。

注3:コメントの書き込みは基本的に歓迎いたしますが…
当ブログの趣旨を理解頂けていない書き込みだったり、明らかな捨てハンだった場合は警告無視とみなし、削除対象となる事を明記させて頂きます。
コメントをなさる時は、よく内容を吟味なされた上、ちゃんと名乗って頂ける様お願い申し上げます。
特に悪質な狂信者や荒らしだと判断した場合、通報及びアクセス禁止などの手段を執る事もありますので、その点を良くご理解下さいませ。

注4:最近ソフトバンクの携帯からの荒らしコメが良く来るので、一時的にアクセス不能にしてあります。
なのでお手数ですが、それ以外かPCからのアクセスをお願い致します。

注5:このブログに使用されている文章及び画像の無断使用を禁じます。

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

UNIQLO CALENDAR

里親募集WhiteCat

小動物図鑑

リンク

RSSフィード