10
2
4
6
7
9
11
13
14
16
18
20
21
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

今週の機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(第二期)。

恒例の鉄血のオルフェンズ 第34話「ヴィダール立つ

感想です。




今回は、更にキャラの掘り下げが行われた回でした。


火星に戻ったミカですが、すっかりハッシュに懐かれ中

あの表情から察するに、迷惑半分それ以外の複雑な感情半分と言った所でしょうか。

残念ながら農場からは一時手を引く事になってしまいましたが、クーデリア達が守ってくれるので大丈夫ですね。

後、やっぱり女性が絡むと素でキョドるミカでした。








'`,、('∀`) '`,、








オルガは歳星に向かい、今回の件の裁きを待つ事に。

相変わらずナンバー2()が突っかかって来てましたが、名瀬の命懸けの発言で黙らせる事に成功

テイワズ的にも様子見と言う事で、取り敢えずは決着した様子。

しかし、器の小さいナンバー2()がこの先何か仕掛けて来そうな雰囲気

最早、テイワズも安心出来るバックボーンでは無くなった感が。

しかも、やらかしたラディーチェの任命責任の追求も無いってのは、どうにも解せませんな。

鉄華団は、火星という超巨大なシノギを入手出来る可能性を持ち帰る成果を挙げたのにですよ?

もう正直、鉄華団にテイワズは必要無い様にも思えます。

初期ならともかく、今や強大に膨れ上がった鉄華団にとって、足枷にしかならん気が。

親父ことマクマードも、以前程の影響力が無くなっている様に感じましたし。

MS製造開発部門だけ奪って、後は潰しても良さそう

イマイチスッキリしないまま、オルガはギャラルホルン火星支部へ。

今後は、ここの宇宙港の一部を自由に使える事になった模様。

この先のスケジュールもぎっしりで、しばらくオルガに心休まる時は無さそうです。

後、あの白い獅電はオルガ専用機でしょうか。

まあ、MWで指揮ってのは危険この上ないですし、専用機を用意出来るならやった方がよろしいかと。









(゚д゚)(。_。)(゚д゚)(。_。) ウンウン








復帰したチャドは、思い入れがあるであろうランドマン・ロディに乗る事に。

早速、ハッシュ相手に猛訓練を積んでいました。

地球支部での屈辱が、彼をそうさせるのでしょう。

しかし、情報の遅さは致命的だった様で、火星本部の連中にはもう周知の事実である、メリビットさんと雪之丞の交際を知らずに大ショック

もしかして、メリビットさんの事を好きだったのかも知れませんね。

あるいは、相手が意外過ぎて、脳内処理が追い付かなかったとか。

まあ、視聴者もびっくりの事実ではありますが。

他のメンバーは概ね平常運転でしたが、若干ランドが気負いすぎな感があります。

同じ年少組のタカキに(密かな?)ライバル心を抱いていたっぽいので、勇気ある決断をした彼に負けたくないという思いが強い模様。

そこをフォローしてやる昭宏、マジ兄貴

ハッシュは前述した通り、今やミカの舎弟状態

初期の態度は何処へやら、忠実な下僕となるべく頑張っている模様。

新米トリオの残り二人も、次々と運び込まれる兵器の整備でフル回転

何しろ相手は、ギャラルホルン最大戦力の保持組織。

幾らあっても足りない位でしょう。

精密機械は整備が肝心

気合を入れ直して、頑張って頂きたい所です。









(`・ω・´)









クーデリアは農場の経営を引き継ぐと同時に、ノブリスに再度の融資の申し込みをする羽目に。

恐らくは、事業拡大にかかる経費の増大が原因なんでしょう。

戦争で食っている輩はこれだから卑しくて嫌ですよ

それを分かって融資を頼むのです。私の方がずっと卑しい

戦争商人であるノブリスにお金を借りなければならない自身の立場を、しみじみと自嘲するクーデリア。

しかし、今は清濁併せ呑み、基盤を整える時期。

利用できるモノは何でも利用する位の気概が無いと、この先大変だと思います。

まあ、もうクーデリアも綺麗事だけでは物事が動く事は無い事を痛い程分かっているので、早々折れる事は無いでしょうが。

一方アトラは、いつも通りのおかんっぷりで安定感抜群。

ホント、この娘は癒やしですな。

そして、メリビットさんは何と雪之丞と恋愛フラグが成立。

てっきりオルガかと思っていただけに、これはチャドでなくても驚いたはず。

これには名瀬の兄貴もがっくし?

まあ、1期を見る限りでは、一番雪之丞と相性が良さそうでしたしねぇ。

雪之丞も清潔を心がける様になったみたいですし、良い事でしょうな。

末永く爆発しろお幸せに。








( ̄ー ̄)bグッ!








名瀬はオルガの問題で、重大な会議に臨む事に。

ホントこの人、良い兄貴分ですよね。

それに比べてケツの穴の小さいジャスレイ氏は、チクチクと嫌味しか言って来ません。

こいつ、未だに鉄華団が役立たずの弱小組織だと思っている様で。

今や、おいそれと手が出せない程の強大な武装組織へと成長しているのに、ねぇ。

何でこんな無能が、テイワズでナンバー2()を張っていられるのかが分かりません

こいつを切れないマクマードも、何と言うか影響力に陰りが生じた感が。

鉄華団とジャスレイ、どちらが大きな功績を挙げているかはもう明白だというのに。

最初はちゃんとタービンズの下部組織から始め、相応の手柄を以ってのし上がった鉄華団に文句を付ける時点で、こいつはもう駄目ですな。

最大の宇宙海賊殲滅に、火星そのものの入手より大きな手柄を立てたならともかく、そうでないなら黙っているべきでしょう。

その上アミダにも馬鹿にされる時点で、どんだけしょーもない奴かが分かろうというモノ。

ま、それだからこそナンバー2()の地位を守るのに必死なんでしょうけど。

地位にしがみ付くしか、出来る事がありませんからね。

もし、鉄華団を上回るシノギを以ってではなく、後ろ暗い方法でケリを付けようとしたなら、その時こそジャスレイ氏の最後でしょうな。

無能者に相応しいのは、無残な最期と相場が決まってますし。

アリウム&ラディーチェ「待ってるで~」

閑話休題

タービンズ出向組も、そろそろ任務の終わりが近い様で。

色々揺れ動いているラフタですが、果たしてどんな決断をするのやら。










(;´∀`)









マクギリスは前回に続き、またも少し過去の事情が判明。

やはり、ファリド家に引き取られる前は、ミカ達とあまり変わらない境遇で生きていた様です。

それこそが、1期で口にした「怒りの日々」だったのでしょう。

つまり、スタート地点からもうガエリオやカルタとはまるで違っていたと言う事に。

むしろ、鉄華団の方に近い境遇です。

そりゃ、最後まで分かり合えない訳ですな。

同時に、アグニカ・カイエルの生き様に心酔している様子。

アグニカは実現しようとしていた。人が生まれや育ちに関係なく等しく競い合い望むべきものを手に入れる世界を。素晴らしいと思わないか?

アルミリアにこう語った通り、一応彼の最終目標は「平等を実現する」事でいいのでしょうか。

今までの行動を見ていると、確かにこの方針にブレず動いている様に見えます。

アグニカの理想からすれば、特権階級のセブンスターズなど存在自体がですな。

確かに貴族気取りの連中を叩き出し、ギャラルホルンを真の警察機構に改革出来ればそれも可能でしょう。

しかし、どうしてもその裏に別の思惑がある様に思えてならないのは、私だけですかね。

特にオルガを火星の王に勧誘するシーンなんて、怪しさ爆発でしたし。

妙な気を起こして、鉄華団を陥れる事だけは無い様にお願いしたいモノですが。









(´ε`;)ウーン…









今回アリアンロッド艦隊は、またもコロニーの反乱鎮圧に出動。

こいつら、コロニー相手にしかまともにお仕事出来ないのかと言いたくなります。

そんな戦力があったら、「夜明けの地平線団」が火星に攻めて来た時、最初から自発的に迎撃しろよ…。

正直、明らかな格下相手にしか出動しない印象が。

事実、夜明けの地平線団戦も、あらかたケリが付きかけた時を狙って介入して来ましたし。

それで最大戦力を誇ると言われても、困るとしか。

おまけにイオクはマジモノの産廃の上、出撃したい病の重症患者と来たもんだ。

新型を与えられながら、雑魚すら倒せず、逆にピンチに陥る有様では、ジュリエッタに馬鹿にされても仕方ないかと。

でも、ギャグ補正で不思議と死なない様な気もしてくる罠。

正直、ヴィダールの怪しいガンダムが居なかったら、戦力としてはゴミと言わざるを得ません。

今の所、ミカとまともにやりあえる可能性があるのは、ヴィダール位でしょうし。

そのヴィダールは、やっとガンダムの調整が終わり、満を持して出撃

異様に時間がかかっていただけに、戦闘能力はジュリエッタも「美しい」と呟いてしまう位高いモノでした。

ですが、戦う目的をはっきりと「復讐」と名言した時点で、かなりダメダメ臭が。

今の段階では、絶望から来る憎悪で、物事の本質が見えていないままな印象を受けます。

結局、この人も根っからの貴族様って事ですな。

マクギリスに比較的近い生い立ちを持つアインですら、更に下の虐げられた人達に思いすら及ばなかった訳ですから、この人に見える訳も無く

今のままでは、ただの敵として処理されてお終いでしょうね。

良い意味での「本当の目的」とかがあれば、再評価の余地はあるのですが。

ヴィダールは、果たしてただの芸のない復讐鬼なのか?

それとも、秘めたる真意があるのか?

この辺りが、とても興味深いです。

ジュリエッタへの接し方から見ても、まだ人間性を残している可能性は十分ありそう?

まあ、ラスボス化する可能性も非常に高いのですが。








:(;゙゚'ω゚'):







戦闘では、ガンダムヴィダールの強さを存分に見る事が出来ました。

明らかに戦闘方法はキマリス時のそれなのですが、動きが阿頼耶識システム並に洗練されている気がします。

やはり、中枢にはアインをユニット化して組み込んでいるか、それともグレイズアインのデータをぶち込んでいるかのどちらかでしょうか。

戦闘終了後の「ああそうか。忘れていた。今はただこいつと戦うのが楽しかった」という台詞も、違和感を感じます。

普通は「こいつで戦う」と表現するモノでしょうに。

となると、何らかの方法でアインがインストールされているのはほぼ確定かと。

マクギリスやミカとの実力差を埋めるには必要不可欠な行為とは言えますが、そもそもどうやってグレイズアインを回収したのでしょうか?

あの状況だと、トップに立ったマクギリス辺りが入手してそうなんですが。

最初から参加していないアリアンロッド艦隊とラスタルなんぞ、お呼びでないでしょう。

そこの実態も含めて、今後の解明が待たれる所です。

私の考察なんぞ及びもしない様な、凄い展開を期待したいですね。

一方、歳星に送られた謎のガンダムは、正式にガンダムフラウロスである事が判明しました。

これはもう形状からして決定事項でしたし、予定調和と言っていいかと。

問題は、もう一体です。

MWもどきのデカブツは、何と全くデータに無かったそうで。

これ、一体何なのでしょうね?

この機体に関しても、詳しい正体の解明が待たれる所。

どちらにせよ、破壊されたクタン参型の代わりとして運用出来ればラッキーって感じですか。

後、コロニー反乱軍の使用していたジルダも、以前登場した機体とは頭部と武装が異なっているそうで。

中々芸コマですが、果たしてキット化されるのやら。

ガルム・ロディもそうですが、こういう雑魚メカこそキット化を優先して欲しいですね。

劇中で一体しかいない機体よりは、数が売れるはずですし。









次回、不穏なタイトルに、嫌な予感がビンビン。

戦々恐々としつつ、楽しみに待ちましょうか。





( ´ー`)フゥー...

theme : 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ
genre : アニメ・コミック

comment

Secret

プロフィール

Kivagami

Author:Kivagami
玩具とネトゲ、そして仮面ライダーを始めとする特撮をこよなく愛する孤高人。
中でも悪のライバルキャラとか六人目とかに目が無い。
特撮系イケメンも好き。
クールガイなら尚大好物。
うさぎを始めとする小動物も好き。
現在、14匹の小動物に囲まれてお世話に奔走する日々。

現在ネトゲ流離い人、定住&安住の地を求めて旅は続く模様。
永遠の孤独(ソロ)という、非常にありがたくない称号を持っているらしい…?

注1:基本的にリンクフリー&トラックバックフリーですが、当ブログのテーマとかけ離れ過ぎな場合は削除しますのでご了承下さい。

注2:当ブログの趣旨は基本ツッコミですが、それに加えて「良いモノは良い、悪いモノは悪い」とはっきり述べるレビューブログでもあります。
決してモノを叩くのが趣旨のブログではありません。

注3:コメントの書き込みは基本的に歓迎いたしますが…
当ブログの趣旨を理解頂けていない書き込みだったり、明らかな捨てハンだった場合は警告無視とみなし、削除対象となる事を明記させて頂きます。
コメントをなさる時は、よく内容を吟味なされた上、ちゃんと名乗って頂ける様お願い申し上げます。
特に悪質な狂信者や荒らしだと判断した場合、通報及びアクセス禁止などの手段を執る事もありますので、その点を良くご理解下さいませ。

注4:最近ソフトバンクの携帯からの荒らしコメが良く来るので、一時的にアクセス不能にしてあります。
なのでお手数ですが、それ以外かPCからのアクセスをお願い致します。

注5:このブログに使用されている文章及び画像の無断使用を禁じます。

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

UNIQLO CALENDAR

里親募集WhiteCat

小動物図鑑

リンク

RSSフィード