08
2
4
5
7
9
11
12
14
16
18
19
21
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

今週の仮面ライダーエグゼイド&動物戦隊ジュウオウジャー。

恒例の仮面ライダーエグゼイド 第10話「ふぞろいのDoctors!

動物戦隊ジュウオウジャー 第41話「最初で最後のチャンス

感想です。





まずジュウオウジャー

クバル、大方の予想通りミスるの巻。


さて、今回クバルが立てた作戦はこうでした。

まず、ジュウオウジャーを戦力として利用する為に、ニセジニスを用いて操を誘拐

そして、ニセアザルトでナリアをに、本物のジニスも召喚

ジニスの弱点は、母艦と直結しており、そのエネルギー供給が無いと体を維持し続けられない事。

直結厨乙。

そこでクバルは、ジニスを母艦から引き剥がした上で、用意できる最大の戦力を投入してジニス抹殺を図ろうとしたのです。

理由はただ一つ、故郷を滅ぼされた事への報復でした。

敢えてジニスの手駒になり、今まで寝首を掻くチャンスを狙っていたそうで。

この作戦は殆ど完璧なモノであり、クバルの計算ではこれでジニスを葬り去る事が出来るはずだったのです。

が、事態はそうそう上手く行く訳も無く。

ニセ操を使ってジュウオウジャーを言いくるめ、ジニスを追い詰める所までは完璧でした。

しかし、ジニスには切り札が。

そう、ジュウオウホエールとの戦闘時、ナリアが持ち帰ったデータ

これを元に地球自体からエネルギーを吸い上げ、シン・ジニスへ進化したのです。

シン・ゴジラかな?

そのパワーは絶大であり、クバルが集めた手駒はほぼ全滅

残った連中もジニスに操られ、ジュウオウジャーに襲いかかる結果に。

ジュウオウジャーはそれにかかりきりになり、当のクバルは逃亡

ここに、クバルの計画は潰えたのでした。

ただ、まだクバルにはナリアというチップが残っています。

これをどう活かすかで、彼の末路がどうなるか決まりそうですな。

一方ジュウオウジャーは、ジニスよりも本物の操探しを優先し戦線離脱

こちらも一応は生きている様ですが、果たして発見出来るのやら。

にしても、一つ疑問が残ります。

と言うのも、何故クバルはジニスコピーをジニス自身にぶつけなかったのでしょうか。

ジュウオウザワールドを完封する程の力を持つなら、それなりに役に立つと思うのですが。

シン・ジニスにせよ、ジュウオウジャーの記憶からコピーを生み出し、同士討ちさせる事も可能でしょう。

実際、アザルトコピーは戦線に投入していますし。

こちらはオリジナルの再生能力が無いので、脆くも消え去っていますが。

となると、尚更強力な手駒として利用しない理由がありません

この事に付いて、次回辺りで触れて欲しいですね。







一方本物のアザルトは、クバル達を探していたのに何故かバドと遭遇。

こちらも、何だか戦闘が始まりそうな気配です。






次回、クバルが予想外の行動に。

楽しみに待ちましょう。








次は仮面ライダーエグゼイド

壮絶!グラファイト死す!の巻。




前回でボロボロになった永夢は、誰の信頼も得られずCRに戻る結果に。

それでも焦りを隠せない永夢は、恩師に叱咤されます。

そこでようやく目が覚めますが、時既に遅し

前述した通り誰も話を聞いてくれず、貴利矢からは逆に適合手術の事を突っ込まれ困惑

やはり手術の事を知らなかった永夢でしたが、その手術を恩人がこっそり施したのではという貴利矢の推測に激高してしまいます。

通常の手段ではまとまってくれないと見た永夢は、最後の賭けに出ました。

それは、全員にレベル5ガシャットを譲ると電話をかけて集め、勝負を仕掛ける事。

たった一人で三人を相手にした永夢は、目論見通りに三人に自身を倒させ、レベル5への同時接続手段を確保。

更にはグラファイトをゲームエリアに引きずり込み、ターゲットとする事で、共闘を成立させます。

かくして四人のライダーは、全員レベル5に変身し、先を争う様にグラファイトと交戦

最後は全員の必殺技が炸裂し、遂に怨敵グラファイトを駆除する事に成功しました。

グラファイトが滅びた事でウイルスも消滅し、ゼロデイの再現は防がれたのです。

一時的な共闘ではありますが、兎に角目的は達成した永夢。

恩師を始めとする市民も救えたので、前回からの失態もプラマイゼロと言った感じでしょうか。

ただ、結局恩師の謎は残ってしまい、共闘も一時的なモノでしか無く、色々と課題を残す結果になったのも事実

おまけにパラドと壇は何かとんでもない事を企んでいる様なので、油断は禁物です。








(;´∀`)









飛彩は、相変わらずの態度でしたが、まんまと永夢の作戦に乗せられて共闘してしまう事に。

癪に障る事ではありますが、仇を取る事が出来たのは結果オーライだったのではないかと。

ただ、仇は取ったものの、飛彩自身にはそれ程喜びは無かった様で。

まあ、グラファイトを倒しても恋人は戻って来ませんしね。

本人にもそれは分かっている様で、何ともやるせない気持ちになっていた模様。

何にせよ、一つの節目を迎えた感のある飛彩。

この後どうなるかが、非常に気になる所です。








貴利矢は今回結構神出鬼没でしたな。

特に一回目は呼ばれても無いのに参戦したりと、やる気はちゃんとある様で。

それと、色々疑われた意趣返しを永夢に行なっていた気がします。

この人、飄々としている様で、結構やる事はやる人ですよね。

四人の中ではそれなりに常識を持ち、尚且つ自由が利く存在である貴利矢。

永夢の謎にいち早く切り込んだのも彼であり、これからもイレギュラーではありますが、色々と活躍してくれそうです。







大我は今回、ちょっと目立たなかったですね。

何かそろそろ、悪ぶってるけどそこまで悪人じゃないポジに定着しつつある気がw

基本的にルールは守るし、引き下がる時はあっさりだったりと、ツンデレの匂いすらして来ます。

まあ、ゲームというモノはルールを守らないと、ただのチートクリアになってしまいますし。

この人の立ち位置も、結構面白くなって参りました。

そう言えばこの人もグラファイトとの因縁持ちでしたが、倒した後の描写は無かったですな。








(´ε`;)ウーン…








ポッピーさんと院長は、相変わらずの平常運転

ですが、ポッピーさんの方は永夢のケアも担当しているので、結構頑張ってるかなと。

そして、結局疑惑の真偽は不明なままの日向恭太郎

今回は模範的な師匠を徹底していましたが、一体裏に何を抱えているのやら。









壇は、パラドと共に何かまた悪巧みをしている模様。

完全にグラファイトを捨て駒にして、データ収集を行なっていた様です。

得たデータを元に、一体何をやらかすつもりなのか。

パラドはそれを面白がっている様子なので、バグスターにしてもメリットのある事なんでしょう。

今、一番危険なのはやはりこいつですな。

次回で早速やらかす様なので、要注目ですね。









(゚A゚;)ゴクリ








で、己の力に溺れた挙句、ライダーリンチに遭って倒されたグラファイト。

こんな早く退場するとは思いませんでしたが、あそこまでやらかした以上死ぬしか無かったのでしょうね。

最初から最後まで、自分がやりたい様にやった結果の事ですし、まさに自業自得です。

しかし、自分が壇やパラドに実験材料として泳がされていた事を知ったら、絶望したかもですな。

あるいは、その行動すらプログラムされていた可能性も無きにしもあらず。

色々ヘイトを稼いでいたせいで全く惜しくは無かったですが、そこはかとない哀れさを感じるキャラでした。

南無。









Ω\ζ°)チーン








戦闘では、初めて4人揃っての共闘となりました。

当初はエグゼイド対残り全部の変則バトルでしたが、それは永夢の作戦

一人では手に余るレベル5ガシャットの力を4分割する事で使いやすくし、モンハ○の如くグラファイトを退治

やはり、永夢は天才ゲーマーだったという事でしょう。

パラドもその攻略法に大喜びでしたし、問題無いと思われ。

連携も意外に良く取れており、それなりに息が合っていた様に思います。

何かをにしないと今の所協力出来ない4人ですが、この先果たして何も無しに共闘が可能なのか。

兎に角まともに患者を救おうとする医者が少ないのが、そもそもの大問題

CR所属の飛彩ですら、共闘して病気を潰そうと思わない所はどうなのかと。

それも、これからの課題ですなぁ。









次回、壇の陰謀が炸裂。

楽しみに待つとしましょうか。





( ´ー`)フゥー...

theme : 仮面ライダーエグゼイド
genre : テレビ・ラジオ

comment

Secret

プロフィール

Kivagami

Author:Kivagami
玩具とネトゲ、そして仮面ライダーを始めとする特撮をこよなく愛する孤高人。
中でも悪のライバルキャラとか六人目とかに目が無い。
特撮系イケメンも好き。
クールガイなら尚大好物。
うさぎを始めとする小動物も好き。
現在、14匹の小動物に囲まれてお世話に奔走する日々。

現在ネトゲ流離い人、定住&安住の地を求めて旅は続く模様。
永遠の孤独(ソロ)という、非常にありがたくない称号を持っているらしい…?

注1:基本的にリンクフリー&トラックバックフリーですが、当ブログのテーマとかけ離れ過ぎな場合は削除しますのでご了承下さい。

注2:当ブログの趣旨は基本ツッコミですが、それに加えて「良いモノは良い、悪いモノは悪い」とはっきり述べるレビューブログでもあります。
決してモノを叩くのが趣旨のブログではありません。

注3:コメントの書き込みは基本的に歓迎いたしますが…
当ブログの趣旨を理解頂けていない書き込みだったり、明らかな捨てハンだった場合は警告無視とみなし、削除対象となる事を明記させて頂きます。
コメントをなさる時は、よく内容を吟味なされた上、ちゃんと名乗って頂ける様お願い申し上げます。
特に悪質な狂信者や荒らしだと判断した場合、通報及びアクセス禁止などの手段を執る事もありますので、その点を良くご理解下さいませ。

注4:最近ソフトバンクの携帯からの荒らしコメが良く来るので、一時的にアクセス不能にしてあります。
なのでお手数ですが、それ以外かPCからのアクセスをお願い致します。

注5:このブログに使用されている文章及び画像の無断使用を禁じます。

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

UNIQLO CALENDAR

里親募集WhiteCat

小動物図鑑

リンク

RSSフィード