07
1
3
5
7
8
10
12
14
15
17
19
21
22
24
25
26
27
28
29
30
31
   

今週の仮面ライダーエグゼイド&動物戦隊ジュウオウジャー。

恒例の仮面ライダーエグゼイド 第11話「Who’s 黒い仮面ライダー?

動物戦隊ジュウオウジャー 第42話「この星の行方

感想です。




まずジュウオウジャー

クバル、情けなく散るの巻。

色々と下準備をしたりで期待させてくれたクバルでしたが、結果はあまりにも情けないモノでした。

速攻で逃げ出した挙句、命乞いの為に皆殺しゲームを敢行するとかもう支離滅裂です。

ノーマルジニスを量産してぶつけるとか、他に色々やりようがあったと思うのですが。

折角の便利な能力を、まるで使いこなせていない感が。

あれだけ色々テストしていたのに、このザマはどうなんでしょうね?

星を滅ぼされた壮絶な過去があるのに、それを全く感じさせない情けなさは、ある意味後世に語り継がれるレベルではないかと。

結局、命乞いの為の戦いでジュウオウジャーに倒されていたら意味が無いでしょうに。

最後まで、何とも冴えないイメージが抜けなかったクバル。

それは、根っからのヘタレだったからなのかも知れませんね。






一方、操はジニスへのトラウマを払拭してまた一つ成長しました。

同じトラウマ持ちでも、こうも違うモノかと驚いてしまいます。

それと、大和の父親がご在命だった事が明らかに。

てっきり両親が死んでいるモノと思っていたので、意外でした。

しかし、大和とは結構ありがちな因縁があり、ほぼ断絶状態だったそうで。

あまり話数がないのですが、どう本編に関わって来るのやら。

後、バド対アザルトは勝負付かずでしたが、再生の際に間違ってジュウオウキューブを取り込んだのがになりそう。

取り敢えず、不死身のアザルトの攻略法が見えた感じですね。




次回、色々恒例のクリスマス回。

適当に待つとしましょう。









次は仮面ライダーエグゼイド

社長、遂にカミングアウトするの巻。


永夢は、新しい患者の少年に四苦八苦

どうやら母親との不仲が原因っぽいのですが、永夢はそこまで気付かず

単純に好物とされる物を用意して拒否られ、己の未熟さを痛感する羽目に。

おまけに壇から「黒いエグゼイド」こそがウイルス撒き散らしの張本人だと告げられて、その打倒を目指すのですが…。

そもそも、言った本人がその正体な訳で。

これは、騙されて酷い目に遭うフラグです。

貴利矢の言葉を信用しなかった永夢には、危機に気付く事も無し

なので、壇から患者移送の依頼を受けた時も、まるで疑わずに行う有様。

結果、黒いエグゼイドに襲われ、戦闘に突入する事になってしまいます。

ですが、レベル5ガシャットを一人で使おうとしたせいで、またも暴走

貴利矢のサポートが無かったら、やられていたのではないかと。

改めて貴利矢との信頼関係を結んだ永夢は、駆け付けた他二人とも協力してレベル5に変身

壮絶なライダーフルボッコの末、黒いエグゼイドを追い詰めます

しかし、黒いエグゼイドはライフゲージが終了寸前なのに無理矢理必殺技を発動し、患者を攻撃

流石にミエミエだったせいか、それもあっさりエグゼイドに撃墜されてしまいました。

その時点でゲームクリアとなり、シャカリキスポーツガシャットはエグゼイドの手に。

ですが、ライフゲージがゼロになっても黒いエグゼイドは「ゲンム」という名を名乗る余裕が。

とどめに変身を解除した為、遂にその正体がである事が白日の下に晒されます。

知っていた貴利矢以外は、その事実に衝撃を隠し切れません

なんせ、衛生庁と協力してウイルス駆除を推進していた当人が、利敵行為を働いていたのですから。

その理由を「究極のゲームを作る為」と称し、自身の体で「死のデータ」を取る壇。

衝撃冷めやらぬエグゼイド達は、壇の逃亡を止める事は出来ませんでした。

果たして、この先永夢達はどう動くのか。

そう言えば、しれっとゲキトツロボッツのガシャットを取り返してましたな。








:(;゙゚'ω゚'):









飛彩はあまり出番がありませんでしたが、所々で貴利矢の正しさを認める発言をしてましたね。

と言うかこの人、まともに人の名前を呼ばないので結構面倒臭いです。

研修医だの監察医だのと、こんな紛らわしい呼び方をされたら、結構混乱するんですよね。

もう少し歩み寄って、名前位はちゃんと呼べる様になって頂きたいモノ。






大我も今回はあんまり出番無し

と言うか、いつガシャットを取り返されたんでしょうか。

その辺りがちょいと気になります







貴利矢は一人だけ壇の正体を知っているせいか、今回余裕があった様に思います。

一方で永夢の恩師の調査の方は、特に怪しい事も無く空振りに。

何かあったと言えば、売り切れ続出の人気ゲーム機を頑張って購入し、永夢にプレゼントした程度の事でした。

ワンダースワンがこうなればよかったなぁというバンダイの妄想かな?

確かにその事が永夢の人生を変えたのは間違いないのですが、手術をこっそり行なったかに関しては全く証拠は出ず

そういう事実もあり、貴利矢は調査を諦めて永夢を信じる事に。

早速暴走するエグゼイドを止め、立て直す事に尽力しました。

後はみんなでゲンムをフルボッコにし、正体が壇であった事で信用も回復しています。

ようやく嘘吐きの汚名を晴らした貴利矢でしたが、一方で嫌なフラグも。

まさか退場はしないと思うのですが、貴利矢の運命や如何に?








(´ε`;)ウーン…








そして、遂に正体バレした壇。

と言うかを全部ゲンムになすりつけた時点で、もう隠す気が無かったのかも。

壇は密かに開発した11個目のガシャットを完成させる為、「死のデータ」が必要だと語ります。

その為に永夢を利用し、戦闘を仕掛けました。

しかし、凶行はライダー達に阻止され、患者を狙った攻撃も撃墜されて詰み状態に。

ですが、それこそが壇の狙い

死に瀕した自身の体を以って、データを回収しガシャットを完成させたのです。

恐らくは、自分と患者、どちらからもデータを取れる様にしていたと思われ。

患者を殺してデータを取れれば良し、自身が倒されてもデータが取れるから良し。

どう転んでも、目的が達成出来る様にしていたとしか思えません

壇がこういう行動に出たのは、プロトガシャットの使い過ぎで自身の体に限界が来ていた事もあった様です。

正体を自らカミングアウトし、完全にバグスター側に回った壇。

未だ倒れていないのは、恐らく完成させた「デンジャラスゾンビガシャット」の効力ではないかと。

文字通りのゾンビ状態になったと思われるのですが、そこまでして完成させたい究極のゲームとは何か?

一体バグスターと組んで、何を企んでいるのかが気になる所。










(゚A゚;)ゴクリ








そう言えば、一度倒したソルティバグスターが強化されて復活しましたね。

ゲンムの陰に隠れてインパクトはありませんでしたが、これは異常事態なのは確か。

しかも分離させなくても勝手に分離するなど、レベル1の存在を無意味にする様な特性を持っています。

戦闘能力自体はレベル3に及ばない程度でしたが、この先バグスターウイルス自体が変質して来る前兆か何かでしょうか。

パラドや壇が色々暗躍しているせいで、何が起こるか分からないのが怖いです。









(;´Д`)








戦闘では、前回同様のライダーフルボッコが展開。

流石にあれでは勝ち目などありませんが、それを壇は計算済みでした。

なので、勝ってガシャットは手に入れたものの、壇の掌の上で踊っていた感は否めません。

ソルティバグスターは逃亡し、壇も同じく逃亡した為、戦闘自体は結構中途半端だったかも。

その辺も、次回に持ち越しでしょうか。






次回、狙われた貴利矢。

戦々恐々としつつも、楽しみに待ちましょう。




( ´ー`)フゥー...

theme : 仮面ライダーエグゼイド
genre : テレビ・ラジオ

comment

No title

確か、前回の冒頭での三人ライダーVSグラファイトで
レベル3用のガシャットを大我が落として、永夢のは貴利矢が回収
その後のエグゼイドVS三人ライダーの時に貴利矢が落としたのを永夢が回収していましたよ

No title

※1様。

ご指摘ありがとうございます。
ちゃんと回収していた様で、一安心しました。
しかしながら、当ブログでは捨てハンは禁止となっております。
今回は内容がこちらの見落としへのご指摘なので、自身の戒めも込めた意味で、削除は致しません。
が、もし次がありましたら、規定により削除対象となりますので、その辺をご了承下さいませ。
Secret

プロフィール

Kivagami

Author:Kivagami
玩具とネトゲ、そして仮面ライダーを始めとする特撮をこよなく愛する孤高人。
中でも悪のライバルキャラとか六人目とかに目が無い。
特撮系イケメンも好き。
クールガイなら尚大好物。
うさぎを始めとする小動物も好き。
現在、19匹の小動物に囲まれてお世話に奔走する日々。

現在ネトゲ流離い人、定住&安住の地を求めて旅は続く模様。
永遠の孤独(ソロ)という、非常にありがたくない称号を持っているらしい…?

注1:基本的にリンクフリー&トラックバックフリーですが、当ブログのテーマとかけ離れ過ぎな場合は削除しますのでご了承下さい。

注2:当ブログの趣旨は基本ツッコミですが、それに加えて「良いモノは良い、悪いモノは悪い」とはっきり述べるレビューブログでもあります。
決してモノを叩くのが趣旨のブログではありません。

注3:コメントの書き込みは基本的に歓迎いたしますが…
当ブログの趣旨を理解頂けていない書き込みだったり、明らかな捨てハンだった場合は警告無視とみなし、削除対象となる事を明記させて頂きます。
コメントをなさる時は、よく内容を吟味なされた上、ちゃんと名乗って頂ける様お願い申し上げます。
特に悪質な狂信者や荒らしだと判断した場合、通報及びアクセス禁止などの手段を執る事もありますので、その点を良くご理解下さいませ。

注4:最近ソフトバンクの携帯からの荒らしコメが良く来るので、一時的にアクセス不能にしてあります。
なのでお手数ですが、それ以外かPCからのアクセスをお願い致します。

注5:このブログに使用されている文章及び画像の無断使用を禁じます。

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

UNIQLO CALENDAR

里親募集WhiteCat

小動物図鑑

リンク

RSSフィード