11
1
3
4
6
8
10
11
13
15
17
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

TFレジェンズ LG33ハイブロウレビューもどき。

今年最後の更新は、TFレジェンズから、LG33「ハイブロウ」のレビューです。

TFレジェンズ LG33ハイブロウ10




11月発売組トランスフォーマーから、まずトップバッターのハイブロウ

先に出たスカージのリデコ品との事ですが、まるで原型が残ってない位に変化しています。

タカトミでは、ここまでごっそり変えちゃう事を「パーシャル」と呼んでいるそうで。

パーシャル解凍かな?

さて、まずはパッケージから。










TFレジェンズ LG33ハイブロウ2

大体いつも通りのフォーマットですね。

海外版ではロボットモードで入っている様ですが、日本版は一貫してビークルモードで入っています。

















TFレジェンズ LG33ハイブロウ1

裏は説明

ここも特筆すべき点は無し



















TFレジェンズ LG33ハイブロウ5

ハイブロウビークルモード

見ての通り、ローターが2つあるヘリコプターです。

旧玩具はローターが3枚だったそうですが、今回は2枚に。





















TFレジェンズ LG33ハイブロウ4

ローターは手動で回転させられます。

後部のローターは残念ながら固定

今回は武器がランディングギアを兼ねるので、最初から武器を装備したままで撮影しました。





















TFレジェンズ LG33ハイブロウ3

後ろから見ると、後部の平べったさが少し目立つかも。

背中部分に見える穴は、スタンド用ジョイント

もう最近は標準装備ですな。
















TFレジェンズ LG33ハイブロウ6

ひっくり返すとこんな感じに。

ギリギリですが、ロボらしさが隠れています。

自分的はまずまずかなと。

なお、ビークルモードで可動するのは前のランディングギア、それとローターキャノピーだけでした。

まあ、飛行TFとしては良い方ですね。


















TFレジェンズ LG33ハイブロウ7

で、武器などを駆使すれば3体までのヘッドマスターと連携させられます。

人員不足につき、ウィアードウルフがこっそり混じってるのは見なかった事にして下さい…;

本体に固定用のジョイントが無いので、武器とパートナードローンを総動員

こうして見ると、ちょっとした移動基地にも見えるかも。





それでは、ロボットモードにトランスフォーム!(ギゴガゴゴ)














TFレジェンズ LG33ハイブロウ9

まず、両肩のジョイントを外し、腕を開放

ついでに、手首部分に折り畳まれたも引き出します。

















TFレジェンズ LG33ハイブロウ8

そして脚のジョイントを外し、折り畳まれた足部分を伸ばします。

同時に脚の向きを正面にし、を引き出しておくとよろしいかと。

















TFレジェンズ LG33ハイブロウ15

で、腰の余剰部分を胴体に収納し、機首を後ろに畳みます。

最後に、胸のプレート部分を引き出せば、合体準備完了
















TFレジェンズ LG33ハイブロウ14

後は、ヘッドマスターをへっぽんヘッド・オンさせれば完成。

もさっとしたヘリモードから、スマートなロボットモードになりました。



















TFレジェンズ LG33ハイブロウ13

関節各部の調整も丁度良く、しっかり立たせられます。

ここの調整が適当だと、途端に遊ぶ事すら苦行になりますしね。

自分で調整も可能ですが、その手間が無いに越した事はありません

















TFレジェンズ LG33ハイブロウ12

から見ると、機首部分ががっつり残ってます。

ウィアードウルフもそうですが、もうこういう部分の処理は諦めちゃったんですかね。

まあ、可動の邪魔にはならないので大して問題は無いのですが。

どうも、グレンドラゴトロンの壮絶なガワがトラウマになっている模様。

















TFレジェンズ LG33ハイブロウ11

ローターのせいもあって、後ろは非常にギチギチですね。

このローターがまた問題なんですが、詳しくは後述

足から突き出た踵パーツのお陰で、接地性は高め

どこかの合体兵士のボデイ担当みたいに、勝手に収納されちゃう事も無く、がっちりしています。

















TFレジェンズ LG33ハイブロウ17

真後ろから見ると、それ程ぎっちりしている様には見えませんね。

むしろスッキリして見えます。

ただ、あちこちの空間が気になりますが。























TFレジェンズ LG33ハイブロウ16

顔も、日本版に合わせて作り直されています。

キリリとした、中々のイケメン顔

ヘッドマスターも、ウィアードウルフみたいに足がポロリしまくる事も無し

どうもピンのある無しが、保持力に関わっている模様ですが、ウチのはピンが無いのにポロリしませんでした。

その代わり、保持力は皆無ですがw




















TFレジェンズ LG33ハイブロウ20

可動に関しては、首がヘッドマスターのを軸に多少の上下運動と、360度の回転が可能。

ただ、ここにも問題点があるのですが、それも後述。

肩は基部が上下に可動し、腕側にはボールジョイントがあるので、見かけ以上に良く動きます

更にここにも問題点が潜んでいるのですが、またまた後述。























TFレジェンズ LG33ハイブロウ19

でかい肩パーツの下にはロール軸があり、腕の回転を賄います

最近は手首が固定な事が多いので、この機構は非常にありがたい所。

肘は見た通り、いつも通りの90度可動でクリックも無し

調整が渋めなので、保持力に問題はありませんでした。

手首は変形の関係で左右に振れますが、恐らく使い道は無いかなと。






















TFレジェンズ LG33ハイブロウ18

腰は変形の都合で可動部分無し

股関節は、オーソドックス二軸式

遮るモノが無い為、前と横にはほぼ水平まで上がります。

腿にはロール軸がスタンバイ、足の回転をここで受け持つ事に。





















TFレジェンズ LG33ハイブロウ21

膝はやはり変形の都合により、正座寸前まで曲げる事が可能

足首やつま先には可動無し

しかし、踵パーツのお陰で接地は良好です。






















TFレジェンズ LG33ハイブロウ24

武器を装備し、ハイブロウ出撃

名無しのライフルが2丁ですが、単純ながら色々遊べるアイテムになっています。

ビークルモードでは、ランディングギアを兼ねた射撃兵器として機能。

ロボットモードでは、取り回しの良いメイン武器として非常に優秀です。












TFレジェンズ LG33ハイブロウ23

武器を構える姿が、中々になっていますね。

メインのお仕事は修理や開発ですが、戦闘も十分こなせる感じに。

















TFレジェンズ LG33ハイブロウ22

前方へ向けてフルファイア

やはり、2丁拳銃は良いですよね。

ただ、サイバトロンヘッドマスターは全員武器が射撃兵器なのが気になります。

デストロンヘッドマスターが全員近接兵器と銃の2つ持ちなので、余計に心細い感が。

なんせ、トランスフォーマーの世界で銃は豆鉄砲程度の威力ですしw

ただしムービー版は除く。
















TFレジェンズ LG33ハイブロウ25

先にやりましたが、武器は一つに合体させる事が可能

両手持ちで、大型砲に早変わりです。

何かジェネ版スタスクタイプの武器に似ている…。

ヘッドマスターも搭乗させられますし、非常に高いプレイバリューを誇っていると言っていいかと。


















TFレジェンズ LG33ハイブロウ27

更には、後ろに回した機首部分のジョイント穴に差し込む事で…。
















TFレジェンズ LG33ハイブロウ26

固定武装にもなります。

勿論翼のジョイントにも装備出来ますが、ここが一番カッコイイかなと。

ガンダムF90Dタイプみたいで。


















TFレジェンズ LG33ハイブロウ28

ここで一旦本体から離れて、パートナードローンの「カルゴ」の紹介を。

名前からしてカタツムリ型のドローンっぽいですね。

小さいですが中々の多機能で、まずこれがビークルモード

ヘッドマスターを乗せて、エアカーとして走る事が可能。

ただし、下はスカスカなので、どこのモダン石器時代の車だと言いたくなりますが。




















TFレジェンズ LG33ハイブロウ29

更にひっくり返して砲台を起こすと、そのまま砲台モード

ヘッドマスターの操作により、敵を狙い撃ちます
















TFレジェンズ LG33ハイブロウ30

そして最後はウエポンモード

砲台モードとの違いは、後部のグリップ部分を下ろすか下ろさないかの違いですが、一応変形ですw

付属漫画では、カルゴキャノンと呼ばれていました。

この様に、今回のパートナードローンは全てトリプルチェンジャーとなっております。

ロボットモードはありませんが、色々と遊べるナイスなアイテムですね。


















TFレジェンズ LG33ハイブロウ31

カルゴキャノンを構えて。

メイン武器を固定武装にしても、これがあるので問題無し

これだけで、相当な火力があるのではないかと。

















TFレジェンズ LG33ハイブロウ32

最後は、元の手持ち武器と合わせて2丁拳銃で。





以上、色々弄って来たTFレジェンズ LG33「ハイブロウ

かなり問題は抱えているものの、概ね及第点の出来ではないかと。

兎に角、全身の保持力がしっかりしているのが救いですね。

変形難易度も簡単過ぎず難し過ぎずと、丁度良い感じに。

サイバトロンヘッドマスターをコンプリートするにも必須ですし、是非手に入れておく事をオススメします。

最近のレジェンズ系は入荷する場所が少ない上に、生産数も少ないらしいので後からの入手は困難ですし、ね。

自分も、未だハードヘッドを入手出来ず;









(`・ω・´)














しかしながら、このハイブロウは「え?」と言いたくなる位の問題点を抱えています。






TFレジェンズ LG33ハイブロウ33

まず最初にして最大の問題点がここ

首の基部のジョイントが広がり過ぎているせいで、ヘッド・オンさせても首がグラグラするのです。

これは元のスカージもそうだった様で、欠点がそのまま残っている感じに。

兎に角基部がダメなので、誰をヘッド・オンさせてもそうなる有様。

一応分解してパーツを取り出し、広がった部分をお湯で成形し直すという補修方法があるので、どうしても気になる場合はそちらを試してみるのもよろしいかと。

にしても、分かっている欠点改修して欲しかったです。


















TFレジェンズ LG33ハイブロウ34

次に、肩のローターが固定出来ないのがホントに痛い

これがくるくる回るせいで、物凄く肩の可動に干渉するから困る。

肩を動かそうとすると、かなり高い確率でこいつが引っかかり、ちょいとイラつきます

押し込んだら固定出来る様にするとか、色々やりようがあったのではないかと思うと残念


















TFレジェンズ LG33ハイブロウ35







TFレジェンズ LG33ハイブロウ36

最後に、この手足の空間も物凄く気になります。

もうホントスッカスカ

どうやって動いてるんだ?と言いたくなる位、何にもありません

ウィアードウルフだと上手く処理していたのに、こんな豪快に開けられては手抜きと思われても仕方ないかと。

普通のデラックスクラスよりお高めなんですから、蓋位は付けて欲しかったですね。










(´・ω・`)










とは言え、貴重なヘッドマスターのリメイクですし、抑えておいて損はないかと。

旧玩具に比べたら、流石に天地程の開きがありますし。

ムービー版は完全に別人ですしね。

何より、ヘッドマスター全員が出るのですから、出来るだけ欠員は避けたい所。

当方は、ハードヘッドの再販を心待ちにしております。

ザ☆ヘッドマスターズが好きなら、持っていて損はないアイテムかと。
















TFレジェンズ LG33ハイブロウ37

最後は恒例(?)の後ろ振り向き姿で。

後ろがごちゃついてるわりには、結構決まってます







次回の日曜日も、休まずアイテムのレビュー予定。

では、皆様良いお年を!





( ´ー`)フゥー...

theme : 玩具レビュー
genre : 趣味・実用

comment

Secret

プロフィール

Kivagami

Author:Kivagami
玩具とネトゲ、そして仮面ライダーを始めとする特撮をこよなく愛する孤高人。
中でも悪のライバルキャラとか六人目とかに目が無い。
特撮系イケメンも好き。
クールガイなら尚大好物。
うさぎを始めとする小動物も好き。
現在、14匹の小動物に囲まれてお世話に奔走する日々。

現在ネトゲ流離い人、定住&安住の地を求めて旅は続く模様。
永遠の孤独(ソロ)という、非常にありがたくない称号を持っているらしい…?

注1:基本的にリンクフリー&トラックバックフリーですが、当ブログのテーマとかけ離れ過ぎな場合は削除しますのでご了承下さい。

注2:当ブログの趣旨は基本ツッコミですが、それに加えて「良いモノは良い、悪いモノは悪い」とはっきり述べるレビューブログでもあります。
決してモノを叩くのが趣旨のブログではありません。

注3:コメントの書き込みは基本的に歓迎いたしますが…
当ブログの趣旨を理解頂けていない書き込みだったり、明らかな捨てハンだった場合は警告無視とみなし、削除対象となる事を明記させて頂きます。
コメントをなさる時は、よく内容を吟味なされた上、ちゃんと名乗って頂ける様お願い申し上げます。
特に悪質な狂信者や荒らしだと判断した場合、通報及びアクセス禁止などの手段を執る事もありますので、その点を良くご理解下さいませ。

注4:最近ソフトバンクの携帯からの荒らしコメが良く来るので、一時的にアクセス不能にしてあります。
なのでお手数ですが、それ以外かPCからのアクセスをお願い致します。

注5:このブログに使用されている文章及び画像の無断使用を禁じます。

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

UNIQLO CALENDAR

里親募集WhiteCat

小動物図鑑

リンク

RSSフィード