07
1
3
5
7
8
10
12
14
15
17
19
21
22
24
25
26
27
28
29
30
31
   

今週の機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(第二期)。

恒例の鉄血のオルフェンズ 第42話「落とし前

感想です。




何と言うか、ほぼ前回で予想した通り、一回で片が付きましたな。



ジャスレイ・ドノミコルスよ。念仏は唱え終わったか?鉄華団は貴様を許さない。鉄華団は貴様を逃さない。さあ散らしてもらおうじゃないか。墓前に手向ける赤い花を…

と、いきなり殺る気満々のナレーションから始まったのには、色々な意味でびっくりしましたw

メリビットさんGJ!





ミカは、早速バルバトスルプスレクスで無双開始

相手に名有りエースがいない事もあって、まるで草を刈るかの如く敵を打ち倒して行きます。

新兵器のテイルブレードも難なく使いこなし、最早手が付けられない強さに。

しかもミカ自身が完全に処刑モードに入っているせいか、戦い方に容赦がありません

ケツアゴがこの機体を異様に恐れてましたが、仮にいなかったとしても、処刑方法がニッパーでプチッ!か、レールガンでどかん!かに変わるだけだと思います。

以前は苦戦した百里も、最早今のミカの敵では無く、為す術もないまま撃破されました。

まあ、パイロットがラフタに遥かに劣るクソ雑魚ナメクジ雑魚傭兵だったのもありますが。

雑魚を、中々使える様になって来たハッシュに任せ、自身は防衛線を単騎突破

ケツアゴの旗艦のブリッジど真ん前に降り立ちます。

まさに、悪魔降臨

どうすればいい?オルガ

潰せ

その瞬間、巨大メイスがブリッジを粉砕し、戦いは終わりました

ホント、拍子抜けする位にあっさりと。

トドメは昭宏に任せるかと思ったのですが、ちょっと意外

恐らくは、鉄華団の白い悪魔の名前をもっと売る意味もあったのでしょうか。

戦闘終了後、オルガにルプスレクスの使用感を聞かれたミカ。

いいよ。なんか不思議なんだ。今まで俺に尻尾が付いてなかったのが信じられないくらい

と、何か不穏さを感じなくもない返しをしています。

これ、ミカが人間を確実に辞めて来てる表現じゃないかと思うのは、多分私だけではないはず。

久々の戦闘でもその存在感を示したミカ。

しかし、これ以上阿頼耶識の深みにハマらないで欲しいですよね。

行き着く先は、間違いなくアインでしょうし。









(;´∀`)








オルガは、今回の復讐戦をイサリビから指揮

戦闘中は終始無言でしたが、もう言葉も要らないと言った感じでしたね。

ジャスレイの必死の命乞いにも何の感慨も湧かなかった様で、サクッと処刑

これで一応一段落付きましたが、同時に鉄華団は完全にマクギリスと運命共同体になってしまいました。

何故なら、テイワズの傘下から離れ、クーデリアの会社とも提携を解消したからですが。

それも全ては、鉄華団以外の誰も巻き込まない為に。

みんなよくやってくれた。死んでいったタービンズの人らにこれで弔いができた

帰投したメンバーに、ねぎらいの言葉をかけるオルガ。

喜んでくれたかは分かんねぇがな

ああ。それでも鉄華団なりに筋は通せたと俺は思ってる。これで俺達はテイワズと縁もゆかりもない組織になった。ここからはなんの後ろ盾も望めねぇ

オルガは昭宏の言葉を肯定しつつも、そこにある現実を再確認

しかし、正直何度も言いますが、もう鉄華団にテイワズの後ろ盾はいらないでしょう。

心の拠り所であったタービンズも今は亡く、戦闘能力などもほぼ凌駕している訳ですし。

ナンバー2を自称していたケツアゴですらこの有様ですし、最早テイワズでは鉄華団に勝てないと思われ。

無論、MSなどに関する技術や政治力ではテイワズに軍配が上がりますが、この辺はマクギリス率いるギャラルホルンを当てにしても問題は無い訳で。

事実、鉄華団の為に相当広い宇宙港などを用意するなど、バックアップはしっかりしてそう。

オルガ。一つだけ確認していいか?こいつらの考えはお前の考えと同じなんだな?難しいことは俺らにはよく分かんねぇ。でもよ。こいつらの目指すとこは俺らの目指す場所と一緒なんだよな?

副団長のユージンが、最終確認にも似た問い掛けをします。

…そうだ。俺らは生き抜くために…火星の王になるために、こいつらと同じ場所を目指す

少々があったものの、キッパリ答えるオルガ。

こうして、鉄華団はもう戻れない道へと突き進んで行く事になりました。

その後ミカの所を訪問したオルガは、ルプスレクスの具合を確認後、こう問い掛けます

兄貴…なんて言うかな?

怒るんじゃない?

そうだな

いつものミカのそっけない(様に聞こえる)答えに、こちらもあっさり肯定

笑いたいんだ。火星の王とかよ。名前はどうだっていい。俺はよ。辿り着いた場所でバカ笑いしてぇ。みんなで一緒に

いいねそれ

オルガの本音を聞いたミカも、笑顔で言いました。

この芯がブレない限り、鉄華団は初心を忘れないのではないかと。

と言うか、最終回が近付くと、ネットではお約束の様に鉄華団全滅ENDを予想する人間が増えるのは何故でしょうね?

1期ラストも、結局は全滅どころかまずまずの成果を挙げた訳ですが。

大体、これまでのTVアニメのガンダムで、そんな終わり方をした作品がありましたかと言いたい。

え?ガンダム種死?(´・ω・`)知らんがな

ここは1期同様、最後まで鉄華団を信じても良いのではないかと。

マクギリスはイマイチ信用なりませんが。














(`・ω・´)










俺は何度手放したのか…

昭宏は、無念を胸にグシオンリベイクフルシティで大暴れ

によぎるのは、ガラン・モッサの遺した言葉。

守るべきものがある…それは結構。敵を討つ…それも結構!しかしな戦場ではまともな奴から死んでいくのが常

ふざけるな!これ以上大切なものを失うぐらいなら…

次々とニッパーで敵をバッサリカットしながらも、苦悩し続ける昭宏。

昌弘、アストン、ラフタ。すまない。生まれ変わってまた出会えたら…その時に詫びさせてくれ

自身を追い込んでいる昭宏ですが、正直昭宏のせいじゃないんですよね。

昌弘とアストンは共に大切な者を庇った結果ですし、ラフタに至ってはケツアゴが全部悪い訳で。

誰一人として、昭宏を責める人間はいないと思います。

気に病むあまり、死に急ぐ事にならない事を祈るばかり。

他の戦闘メンバーも、今回は全員出撃しています。

シノはフラウロスで危なげなく戦い、仲間のフォローもする頼もしさを発揮

ダンテやチャド達も、阿頼耶識を生かして敵のデブリ隊を圧倒していました。

その件でザックが違和感を覚えた様ですが、チャド曰く。

立場も背景も関係ねぇ。武器を持てば誰しも対等だ。ただ潰すだけ。躊躇してたら死ぬぞ」との事。

これ、どちらが正しいとか間違っているとか、そういう問題じゃないですな。

一般人目線で見れば違和感を覚えたザックが正しいのでしょうし、戦闘員の立場から見れば、チャド達の見方が正しい訳で。

この辺りは、まだまだザックも経験不足という事なんでしょうね。

あのハッシュも「でも敵なんだろ?敵をやらなきゃ俺が死ぬ」とバッサリでしたし。

こんな泥臭い戦いをしなくても生きて行ける世の中になれば、ザックの様な感覚こそが当たり前になって欲しいですな。











(゚д゚)(。_。)(゚д゚)(。_。) ウンウン










クーデリアは、突然の業務提携解消のお知らせにびっくり

鉄華団はアドモス商会と手を切ると。そう仰りたいのですか?火星における共有資産の譲渡並びに、警護輸送など各種業務の提携解消…テイワズにも状況を問い合わせましたが、一向に要領を得ない。鉄華団は今どうなっているのですか?

完全に蚊帳の外だったクーデリアは、状況が掴めずメリビットに詰め寄ります。

その答えは、メリビットが示したギャラルホルン決起放送にありました。

鉄華団はこの革命に参加するのですね。私達やテイワズとの関係を切りファリド公と共に…

大体の事情を悟ったクーデリアですが、それでも納得が行きません

自身も鉄華団という家族の一員だと思っていただけに、この結果は辛いモノでしょう。

しかし、そもそも革命と言えば、革命の乙女たるクーデリア。

彼女がこのまま傍観者のまま終わるとは思えませんし、そうはならないとの事。

クーデリアの巻き返しに期待しましょう。

もう一人のヒロインたるアトラは、イサリビに同乗して給仕に大忙し。

彼女は鉄華団の正式団員なので、こういう時にですな。

正式団員と言えばメリビットも、遂にテイワズを辞めて鉄華団一本に絞った様で。

雪之丞と共に、大人として鉄華団の少年達を支える事を決めました。

数少ない良識ある大人なので、最後まで頑張って頂きたい所。










( ̄ー ̄)bグッ!








マクギリスは今回完全に裏方の様な感じでしたが、実際どの様な形で動くのでしょうか。

決起集会は若い同志に任せきりでしたし、自身は全く表面に出てないんですよね。

何か妙な事を企んでなければ良いのですが。

次回以降、マクギリスや石動などの掘り下げも行われる様なので、楽しみにしましょう。








で、マクマードは結局、大した事も出来ずに終わってしまいました。

いや、ラスタルと話を付けて、たわけを出撃させなかったのは凄いとは思いますが、ホントそれこそ今更なんですよねぇ。

例え約束通りにたわけが来たとしても、死体が増えるだけです。

たった1機のMS相手に醜態を晒していたのに、相手が戦闘最強の鉄華団となれば、勝ち目は皆無

時間はかかるでしょうが、ケツアゴ共々潰されて終わりでしょう。

それはさておき。

そこまでケツアゴの悪意を知ってながら、最悪の結果が出るまでこの人は何にもしなかった訳で。

特に巨大なシノギをもたらしたタービンズと鉄華団を同時に失ってしまったのは、もう擁護不能という他はありません。

人間としてはともかく、テイワズという組織のトップとしては、もうダメなんじゃないかと。

ホント、なんでもっと早くケツアゴを処理しなかったのかと言いたい

もしかしたら、テイワズもこの人の代で消えていく運命かも知れませんね。

どう考えても、この先の繁栄など無さそうですし。









(´・ω・`)










ラスタル&たわけは、今回出番無し

まあ、自身の悪行を全てぶちまけられては、出る場所すらないでしょうが。

そう、ラスタルが関わった戦争に、たわけが起こした大問題が全部世間に知れ渡る事になったのです。

今までの秩序の番人から一転、ただの無法者集団に転落したアリアンロッド艦隊

たわけを放置していたが為にこうなったのですが、果たしてラスタルはどう出るのか。

まあ、最悪の結果が出るまでに何も出来なかったのは、ラスタルもマクマードも同じですね。

前者はこれから滅びに向かい、後者はゆっくりと衰退して逝きそう。

一方ジュリエッタは整備長に力不足を吐露し、遠回しに阿頼耶識を勧められる有様。

それ、アカンヤツだから!

整備長、どうやらヴィダールの秘密をある程度知っている模様。

ジュリエッタ自身に、阿頼耶識に対する嫌悪感があったのはホッとしました。

以前のハッシュみたいに、ホイホイと阿頼耶識を望んだらそこで人間終了ですし。

で、整備長の言葉からすると、半分位人間辞めてそうなヴィダール。

今回でギャラルホルンの腐敗そのものを見せ付けられた訳ですが、どう行動するのかが注目されます。

まあ、未だにマクギリスの真意がどーとか言ってる辺りは、イマイチ危機感が無さそうですが。










(´ε`;)ウーン…










さて、悪行の限りを尽くしたケツアゴことジャスレイ・ドノミコルスですが、ようやく年貢の納め時です。

こいつのザル計画では、金にあかせて雇った傭兵軍団とたわけの軍勢で鉄華団を挟み撃ちにして殲滅

返す刀でマクマードを追い落とし、自身がテイワズのトップに立つ筈でした。

が、結果は当然ながら思い通りにはならない訳で。

くっ!調子に乗りやがって…宇宙ネズミどもが!

冒頭からいきなりクライマックス…というか、超劣勢です。

雇った傭兵はまるで当てにならず、次々と鉄華団の餌食に。

あの野郎…予定の時間はとっくに過ぎてんだぞ

予定していた戦力が来ず、結果鉄華団の総攻撃を一身に浴びる羽目になったケツアゴ。

一応脳味噌お花畑同士で作戦らしきモノは立てた様ですが、それがこの有様

世間ではそれを「取らぬ狸の皮算用」と言うのですよ。

俺はテイワズのトップに立つって算段だってのに…これだから坊ちゃんは!

人のせいにしていますが、これもまた無能の証明

真に賢きモノなら、戦う前に勝っているモノ。

ましてや希望的観測口約束で彩られたザル同然の作戦では、勝てる訳がありません

くっ!カスが。どんだけ高ぇ金払ったと…おい!坊ちゃんはまだなのかよ!?

夏目漱石かな?

それが今また問い合わせたんですが、全くつながらないんですよ…

まさかケツまくりやがったのか?あのどヘタレが!

最早余裕すらなく、他人を罵るしかやる事の無いケツアゴ

一応数だけは鉄華団より多めに用意した様ですが、それが寄せ集めの烏合の衆では話になりません

尚、マクギリスもそれを完全に見抜いており、この戦いの結末には何の興味も無かった模様。

どうします叔父貴…

デブリだ!ヒューマンデブリどもを全部出せ!

恐らく、これを切り札的存在として見ていたのでしょう。

しかし、現実はそう甘くは無く、鉄華団にはそれを上回る存在が何人もいます。

阿頼耶識を受けていないハッシュの様な普通のパイロットこそ圧倒出来ますが、ミカを筆頭とした鉄華団の阿頼耶識組の敵では無く、次々と落とされる始末。

この結果を考えると、阿頼耶識使ったダンテを軽くあしらうタービンズの姐さん達は格が違った!

やばいぜ叔父貴…奴ら皆殺しにする気だ…

命あっての物種だ。ここは詫びを入れてでも…

今更それが通用するとは思えませんが、味方の惨状に怖気づくケツアゴの一味。

たわけたことぬかすんじゃねぇ!ガキに頭なんざ下げ…

だったらマクマードのおやじとナシつけてくださいよ!

メンツにこだわってる場合じゃねぇぜ叔父貴

未だ諦めないケツアゴを、部下達が集中砲火

人を散々死なせておいて、自身が危機になるとこのザマとか、覚悟が足りないも良い所。

潔く自爆して果てたガラン・モッサ見習って欲しいですな。

あれはあれで、証拠が消えて困ったちゃんなんですけど。

命の危機にビビったケツアゴは、慌ててマクマードに連絡を取るものの、計画の全てが露見している事を知って呆然

更に追い打ちの如く、たわけも来ない事を知らされ一気に絶望のどん底へまっしぐら。

ざっけんじゃねぇ!俺はテイワズのナンバー2ジャスレイ・ドノミコルスだぞ…あのタヌキおやじ、俺のおかげで今までどんだけ甘い汁がすすれたと思ってんだ!

遂に逆ギレを起こすケツアゴ。

そもそも、こいつ本当にナンバー2だったんですかね?

甘い汁がどーたら言ってますが、こいつの功績とやらが未だに謎なのが色々怪しいです。

自身が思い込んでいただけで、傍から見ればただの暴力装置でしか無かったのかも。

叔父貴…どうするんですか?

どいつもこいつも、人の話もまともに聞けねぇ奴らが雁首そろえてよぉ!

あ、それブーメランです。

脳みその代わりにでも詰めてんじゃねぇのか!?戦闘狂の人食いネズミどもが…てめぇらなんざ人間じゃねぇ。二束三文の命よ。そんなもんに…人間様の俺がやられるなんざ道理が通らねぇだろうが!!

最早支離滅裂の悪口雑言をぶちまけるケツアゴ。

全部の言葉が尽くブーメランと化しているのは、もうこいつの芸風なんでしょうね。

身から出た錆」ということわざを、こいつに贈ってあげたいです。

はぁ…鉄華団につなげ

ケツアゴはひとしきり負け犬の遠吠えをかました後、見苦しく命乞いの算段を始めます。

よう。調子はどうだ?ジャスレイ

画面には、ニコリともしないオルガの姿が。

くっ!殺せ!ガ…いやオルガ・イツカ。お前らの力はよ~く分かった。でどうよ?ここらで手打ちといかねぇか?もちろんタダでとは言わねぇ。お前だってただ俺を殺したってなんの得もねぇだろ?ここはお互いの利益のため…

何の話をしてる?

ペラペラと回る舌を止めたのは、オルガの冷ややかな一言。

俺はお前が不様に命乞いする姿を見たかっただけだ。まあこれっぽっちも面白くなかったがな

表情一つ変えず、非情な現実を突き付けるオルガ。

ガキが!調子に乗りやがって!!

自身の立場も弁えずキレかけたケツアゴの前に、悪魔が降り立ちました。

ま…待て!じゃねぇならなんだ!?詫びか!?だったら指の10本100本も詰めてやっからよぉ!だからここは…

意味不明な命乞いの台詞を並べ立てた瞬間、バルバトスのメイスブリッジごとケツアゴと仲間達の意識を永遠に刈り取りました。

稀代の小悪党ジャスレイ・ドノミコルスは、こうして自己責任と因果応報の名の元に、この世から強制退場

格好良く散って逝った名瀬の兄貴達とは天と地程の差がある、誠に無様な最後だったと思います。

その名は永く宇宙犯罪史に残るでしょうし、ある意味凄いと言えなくも無いかも?

なんにせよ、ゴミがまた減ったのは喜ばしい事ですね。

次こそは、元祖「日曜日のたわけ」の番でしょうか。









( ゚д゚)、ペッ









戦闘に関しては、前述した様に鉄華団無双でしたね。

特にルプスレクスの戦闘は凄まじいモノで、初の武器のはずのテイルブレードを存分に使いこなしていました。

まさにさすミカ。

対ハシュマル戦では苦労させられた武器だけに、味方にあると非常に頼もしい感が。

攻撃して良し、防いで良し、捕まえて良しと八面六臂の大活躍です。

テイルブレードに隠れて目立ち難いですが、定番のメイスも大型化しており、より敵を「殺し切れる」様になっていました。

その他サブアーム飛び道具も搭載しており、遠近共に隙の無い機体に仕上がっています。

話数的にも、今回はこれが最終形態なんでしょうね。

実際、もう奪わないといけない敵兵器もないですしね。

え?ダーインスレイヴ?あれはフラウロスに似たモノが積んでありますしおすし。

その他、様々なカラー違いのMSが多数登場しました。

特にマンロディとユーゴーは、リックドムを思わせる渋めのカラーリングで中々良かったです。

また、ラフタの形見である辟邪を、ハッシュが受け継いたのも感慨深いモノが。

ハッシュ曰く「これが辟邪なんだ…獅電より反応が速い。すげぇ扱いやすい!」との事。

あれだけラフタ達が頑張って調整した機体ですから、当然ですね。

特徴らしい特徴がない事が最大の特徴と言われる辟邪ですが、それは同時に扱いやすいという事でもあります。

阿頼耶識の無いハッシュにとっては、うってつけの機体と言えましょう。

流石に敵の阿頼耶識持ち機体には厳しいですが、それでも良い動きでした。

それと、ハッシュが乗る事で、これからの出番にも恵まれそうですよね。

そう考えると、結構恵まれた機体なのかも知れません。

百里「せやな」









次回、ヴィダールが問う、マクギリスの真意とは?

楽しみに待つとしましょう。





( ´ー`)フゥー...

theme : 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ
genre : アニメ・コミック

comment

Secret

プロフィール

Kivagami

Author:Kivagami
玩具とネトゲ、そして仮面ライダーを始めとする特撮をこよなく愛する孤高人。
中でも悪のライバルキャラとか六人目とかに目が無い。
特撮系イケメンも好き。
クールガイなら尚大好物。
うさぎを始めとする小動物も好き。
現在、19匹の小動物に囲まれてお世話に奔走する日々。

現在ネトゲ流離い人、定住&安住の地を求めて旅は続く模様。
永遠の孤独(ソロ)という、非常にありがたくない称号を持っているらしい…?

注1:基本的にリンクフリー&トラックバックフリーですが、当ブログのテーマとかけ離れ過ぎな場合は削除しますのでご了承下さい。

注2:当ブログの趣旨は基本ツッコミですが、それに加えて「良いモノは良い、悪いモノは悪い」とはっきり述べるレビューブログでもあります。
決してモノを叩くのが趣旨のブログではありません。

注3:コメントの書き込みは基本的に歓迎いたしますが…
当ブログの趣旨を理解頂けていない書き込みだったり、明らかな捨てハンだった場合は警告無視とみなし、削除対象となる事を明記させて頂きます。
コメントをなさる時は、よく内容を吟味なされた上、ちゃんと名乗って頂ける様お願い申し上げます。
特に悪質な狂信者や荒らしだと判断した場合、通報及びアクセス禁止などの手段を執る事もありますので、その点を良くご理解下さいませ。

注4:最近ソフトバンクの携帯からの荒らしコメが良く来るので、一時的にアクセス不能にしてあります。
なのでお手数ですが、それ以外かPCからのアクセスをお願い致します。

注5:このブログに使用されている文章及び画像の無断使用を禁じます。

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

UNIQLO CALENDAR

里親募集WhiteCat

小動物図鑑

リンク

RSSフィード